全国旅行支援とは?割引と使い方を解説!ついに再開するGoToトラベル代替策とは?

2020年12月以降、休止?中止?となっていたあの伝説「GoToトラベル」事業が・・。

ついに、「全国旅行支援」に名前と装いを変え、ついに、2022年9月末に大復活を遂げそうです!!

共同通信さんの報道が上記のとおりですが、各旅行予約サイトの動きをみていても、Xデーは目前って感じですね!!

GoToトラベルという名称を使わないのは正直政治的意図を感じるところですが、旅行好きの消費者としてはそんな(名前の)ことは正直どうでもいいですからね(笑)。

GoToトラベルあらため全国旅行支援は2021年中に何度も復活の機運が高まりつつ・・新型コロナ第X波(笑)の影響などもあり、結局県民割という中途半端な施策でお茶を濁されてきた経緯にあるので・・。

この全国大の施策の復活は、旅行好きの方にとっては大注目の施策です!

というか、すでに施策効果?もあり、旅行代金も値上がりしつつあるので・・旅行の予定がある方は早めの予約がおすすめです!

あ、これ県民割と違い後から「全国旅行支援」適用も可能?かどうかかなり怪しくなってきました

早速、ご紹介します!!

重要追記
  • 9月14日まで楽天トラベル、じゃらんに表記のあった「後から適用可能」の表記がひっそりと消えています。
  • 事後適用不可の可能性もあるので、ご注意ください。

スポンサーリンク

GoToトラベルと「全国旅行支援」の違い

えーっと、ではまずはGoToトラベルが再開した場合に予定されていたGoToトラベルキャンペーンの割引概要と・・。

名前は違いますがGoToトラベルとほぼ同じ施策となる「全国旅行支援」の、直接的なお得度の比較から確認していきましょう。

GoTo 全国旅行支援
割引
  • 宿泊7,000円
  • 交通込み10,000円
  • 交通付き8,000円
  • 上記以外5,000円
地域クーポン
  • 休日1,000円
  • 平日3,000円
  • 休日1,000円
  • 平日3,000円
上限 13,000円 11,000円

ということで、まずは多くの方が利用すると思われる「宿泊」での旅行に対する割引金額(1人あたり)の比較がこちらです。(※日帰りは別)

再開後の「新しい制度」として予定されていたGoToトラベルの補助上限額は13,000円(1人あたり)とアナウンスされていましたが・・。

今回久々に再開となるGoToトラベル・・もとい(笑)、「全国旅行支援」の割引上限金額は、交通付旅行商品で上限8,000円、クーポン券平日で3,000円、合計11,000円となっています。

正直GoToトラベル(初代)や、再開後のGoToトラベルの支援金額が異次元だっただけで、この全国旅行支援もかなりの割引金額です。

そして、特筆すべきなのが、これ割引上限40%、そしてその割引金額は、1人あたり交通付きの場合上限8,000円それ以外(宿泊のみ等)の場合5,000円なんですが・・。

上記の割引金額とはに、地域クーポン券(1人あたり平日3,000円、休日1,000円)がもらえてしまうんです。

宿泊のみでも、最大8,000円(割引5,000円(40%)+クーポン平日3,000円)がもらえるという、ぶっ飛び施策なんですよ(笑)。

全国旅行支援
宿泊代金 12,500円 ▲5,000円
クーポン ▲3,000円
合計 4,500円(64%オフ)

例えば、上記のとおり12,500円のホテルに平日1人で1泊した場合・・。

まず、宿泊代金12,500円の40%上限5,000円が宿泊代金から割引され・・それとは別に、平日クーポン3,000円がもらえます。

つまり、12,500円のホテルに実質8,000円割引64%オフで宿泊できる!ってことになるんです!!

これは最高割引率での計算ですが、うまく使えばかなりの爆発力になります!!

注意点

ということで、この超絶お得な「全国旅行支援」ですが・・。

そうはいっても、何点か注意点があります。

まず1点目としては、この「全国旅行支援」は県民割とかなり連動しているので、詳細の発表はこれからですがグループ全員がワクチン3回接種していることが、利用の条件となりそうです。

ワクチンは打ってないわ・・って方は、チェックイン時に新型コロナ陰性証明(PCR検査・抗原定量検査、抗原定性検査における陰性結果通知書)が必要になるので、これは結構めんどくさいですね(笑)。

あ、12歳未満の方は同居する親等の監護者が同伴する場合は、接種済みの証明書等の証明は不要です。

そして、もう一つの注意点としては・・。

旅行代金は割引額と地域限定クーポンの配布額の合計を下回らないことが大前提、つまり、割引額+クーポンの方が多くもらえる・・要するに旅行すればするほど儲けが出る!ってことは当然ながらNGとなっています。

このため、例えば宿泊のみの場合、5,000円未満・・例えば4,500円の宿泊代金の場合割引額が40%で1,800円平日クーポン3,000円もらえると、トータル割引4,800円で300円得(宿泊費4,500円ー割引4,800円)することになるんです。

ということで、宿泊のみの利用の場合1人あたりの宿泊代金が5,000円未満の場合適用されません

つまり、あまり安い宿泊では、割引対象にならないんです。

この点も、くれぐれもご注意ください。

スポンサーリンク

事後適用が可能?

ということで、久々に再開する・・要は「GoToトラベル」である(笑)全国旅行支援ですが・・。

これ、ものすごく大きなメリットとして、事後適用ができます(笑)。

県民割では予約時に争奪戦のクーポン適用が必要だったので、事後適用は実質不可だったんですが、この全国旅行支援は何しろ投入される予算規模が半端じゃないため・・。

クーポンとか関係なく、事後適用が可能という表記が9月14日まで・・・。

上記のとおり楽天トラベルさんや・・。(※全国旅行支援のページにリンクしています)

じゃらんさんなどで、この「全国旅行支援」について後から割引適用の準備を進めている旨、あったんですが・・。

9月15日に入り、ひっそりと消されてます。これはひどい・・。

正直、この施策を見越して各ホテルの旅行代金がなぜか値上がり傾向にあるので・・。

実際に旅行を計画している&キャンセル料がかからない代金であれば、早めの予約がおすすめです!

スポンサーリンク

再開はほぼ間違いなし!早めの予約を!

以上、ついに2020年12月以来・・約1年半以上ぶりに再開することが確定的となった・・。

GoToトラベルあらため「全国旅行支援」について解説しました!

これ、宿泊代金40%助成(交通付上限8,000円、宿泊のみ5,000円)に加え、地域限定クーポン最大3,000円(平日は1,000円)宿泊助成とは別にもらえると言う爆裂キャンペーンでして・・。

さらに、令和4年度の予算としてはすでに支出済みの県民割と合わせて合計1兆4,442億円もの予算を有する国家規模のプロジェクトです(笑)。

県民割では・・多分そんなに使ってないと思いますので・・。

この予算規模はかなりのフィーバーの予感です(笑)。

お早めの予約をどうぞ!

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ



AD