2021年SFC修行ルートの検討結果。PP単価と搭乗回数の関係、修行日数など

2021年の個人的な大目標は、搭乗費用完全無料※でのSFCの取得です。(※空港までの交通費や現地宿泊費等は除く)

そして、このSFC修行解脱までのフライトルートは、正直これが「正解」というものはなく、人によってルート・考え方が大きく違うと思います。

搭乗回数や、搭乗数の増加に伴う肉体的・精神的負担は度外視!完全にコスト重視!って方もいらっしゃいますし、コストは重視するけど、同じくらい負担軽減を重視する!(=私)って考え方もありますからね。

そして、2021年のSFC修行の大きなポイントとしては、国際線でのPP取得がほぼ期待できない・・ってことが挙げられますよね。

例年なら国際線も視野に入れた修行ルートが組めますが、全て国内線でPPの獲得を考える必要があるのも、2021年の大きな特徴でしょう。

2021年SFC修行の個人的なルート検討&考察結果をご紹介します。

スポンサーリンク

SFCと所要PP

まず、簡単におさらいですがSFC(Super Flyers Card)取得に必要となるのが、ANAの「プラチナステータス」です。

このANAプラチナステータスorプラチナステータス事前サービス期間中に限り、SFCを申し込むことができます。ちなみにSFCはANAカード(クレジットカード)ですので、折角プラチナステータスに到達しても肝心のSFCの発券時にクレカ発券の審査落ちしたら眼も当てられません。

SFC修行前に、ANAカードは発券しておくべきですね。

そして、このSFC取得に必要となるプラチナステータスに到達するためには、ANA便に搭乗することで得られるPP(プレミアムポイント)50,000PPが必要です。

2021年度は「プレミアムメンバーステイタス獲得チャレンジ」が開催され、例外的に30,000PP+ANAカードで年間600万円決済+ANAの7サービス利用でもプラチナステータスに達成できるようになりましたが・・。

さすがに年間600万円のカード決済のもしくはANAPay決済というのはあまり現実的ではありませんからね。このため、実質的には例年と同じく2021年中に50,000PPを目指すという方向性には大きな変化はありません。

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)とは?SFC修行のメリットを徹底解説!

ANA上級会員プログラムのステータス獲得条件追加&変更!SFCへの影響は?【改善or改悪?】

スポンサーリンク

PP単価とSFC修行の仕上がりコスト

では、この50,000PPを獲得するルートを考えていくわけですが・・ここでしっかりと把握しておきたいのがPP(プレミアムポイント)の積算条件です。

まず、上の画像は・・ご覧になったことがある方はすぐにピンときますよね。そう、ANA公式HP上の、PPの獲得シミュレーション画面です。

まず、パッと見て分かるのが、フライトマイルとPPは全く別物ということです。

PPの計算式
  • 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×路線倍率+搭乗ポイント

フライトマイルとは別のカウントとなるPP獲得の計算式がこちらですね。

区間基本マイレージがベースとなり、クラス・運賃倍率路線倍率(海外or国内)を乗じたものに、搭乗ポイントを加えて算出され、ANA便名で搭乗した場合のみ積算されます。

これらの変数のうち、路線倍率は国内線の場合「2倍(×2)」で統一されていますが、クラス・運賃倍率と搭乗ポイントは、原則としては高い運賃種別のフライトの方が多くもらえる計算になります。(※搭乗ポイントは例外あり)

ベースとなるのが区間基本マイレージですので、まず基本となるのが「より遠くの目的地」。さらに係数の高い運賃種別でフライトした方が、一回のフライトで多くのPPが獲得できる・・ということになります。

なお、実は国際線を絡めれば、さらに国際線航空券の国内線区間料金など、各種裏技的なPP単価引き下げ修行ルートが組めるのですが・・。

2021年は何しろ国際線への搭乗は期待薄ですので、国内線限定で検討する必要があります。これが、2021年SFC修行の大きな特徴でしょう。

スポンサーリンク

PP単価

そして、SFC修行の一つの基準?というか、目安となる指標にPP単価があります。

PP単価の計算式
  • 区間航空料金÷獲得PP=PP単価

PP単価の計算式は・・ある意味当然ですが上記の通りです。

PP単価とは、つまり1PPを獲得するために必要な費用、ということになります。例えば10,000円で1,000PPを獲得できれば、PP単価は10円ということになり・・目標である50,000PP獲得には50万円が必要ということになりますね。

このPP単価10円が、修行の一つの目安と言われていますが・・。

ここが重要なポイントなのですが、SFC修行は、単純に一番安い運賃で行えばいいというものでも・・ないんですよね。

前述のとおり、運賃が安いと、その分もらえるプレミアムポイント(PP)が少なくなります。

また、PP単価を重視しすぎると、深夜、早朝などの便を選択せざるを得なかったり、もらえるPPが少ないので50,000PP獲得のために必要な搭乗回数が多くなるなどのデメリットもあります。

例えば、こちらはある日の名古屋ー沖縄路線のスーパーバリュー45運賃。運賃は11,760円と安いですが、獲得PPはかなり少な目の片道1,213PPです。

一方、プレミアムクラスの場合スーパーバリュープレミアム28で、最安31,960円。

スーパーバリュー45運賃と比べると約3倍超と高額ですが、獲得PPは片道2,422PPとスーパーバリュー45の2倍近くに達します。

PP単価
  • スーパーバリュー45:11,760÷1,213=9.69円
  • スーパーバリュープレミアム28:31,960÷2,422=13.19円

PP単価を比較したものがこちらです。

PP単価的にはスーパーバリュー45の方が断然お得、9.69円と10円を切る単価になりますが、その分獲得できるPPが半分程度です。

獲得できるPPが少ないということは・・その分、50,000PP獲得までに必要な搭乗回数が多くなるということになります。スーパーバリュー運賃の沖縄ー名古屋往復で50,000PPに達しようと思うと50,000÷1,213=41.22回、つまり21往復が必要になります。

一方、スーパーバリュープレミアム28運賃なら、PP単価的には若干不利ですが、獲得PPが多いので50,000÷2,422=20.64回、つまり約半分となる11往復で解脱が可能です。

スーパーバリュー運賃など安い価格でのフライトは、当然いわゆる「エコノミークラス」のため座席が超狭いですからね。搭乗回数が多くなれば当然肉体的・精神的な疲労も蓄積しますし、空港までの交通費等も馬鹿になりません。

一方、プレミアムクラスならPP単価的には不利ですが、座席が超快適ですし、フライト中は食事も出ますしアルコール含むドリンクも飲み放題です。また、空港ではラウンジが利用できるので超絶快適に時間を潰せます。

そして、そもそも空港に行く回数も減りますので、交通費等もかなり軽減されます。

安い運賃を追求し、回数と体力勝負の「The 修行」の日程を組むか?それともプレミアムクラス中心の、体と心に優しい(笑)日程を組むか?

これは本当に個人の考え方によると思います。

スポンサーリンク

2021年SFC修行の狙い目路線・フライト

ということで、個人的な2021年の狙い目路線ですが・・以下の2つに絞っています。

2021年狙い目路線
  • 沖縄離島(石垣、宮古)のプレミアムクラス(プレミアム28)
  • VALUE TRANSIT 28(北海道 or 沖縄)

まず、メインの修行路線とする予定なのが、沖縄離島(石垣、宮古方面)のプレミアムクラスです。

プレミアムクラスは、まずPPの積算率が区間マイルの125%とかなり多く、さらに搭乗ポイントが片道400Pもらえるのも超魅力的です。

また、沖縄離島は日本国内のフライトでは本州からなら最も区間マイルが稼げる目的地になりますからね。何しろ石垣島といえば緯度的にはほぼ台湾です。

ANA VALUEプレミアム28であれば価格的にもほぼ安定しておりで、往復7万円前後。それでいてPPは片道3,000PP程度、往復で6,000PP(石垣島の場合)が稼げるので、PP単価11円台に到達可能です。

フライト時間は距離がある分長めですが、プレミアムクラスなら正直かなり楽々で移動できます。PP単価11円台とそこそこの水準ですが、獲得PPが多いので全9レグ程度で十分解脱できるお手軽さも魅力的です。

また、東京在住の方なら成田発那覇行きのバリュープレミアム28がディスカウント価格で購入できることもあり、成田ー那覇をプレミアムクラスで往復というのが、最も価格と搭乗価値に見合ったフライトだと思います。

そして、もう一つの狙いがANA VALUE TRANSIT28を利用して、北海道や沖縄方面を狙って行くこと。

ANA VALUE TRANSIT(運賃6)は乗り継ぎを含む運賃種別ですが、直接往復のANA SUPER VALUE75(運賃7)に比べると、搭乗ポイント200PPがもらえるのが超魅力的です。これで往復なら400PP違いますからね。

例えばこちらは名古屋ー北海道女満別空港のバリュートランジット28運賃。

千歳空港を経由し女満別空港に向かうフライトで、片道16,080円で獲得PPは1,307PP。PP単価は12.3とまずまずです。

そう何回も沖縄の離島ばかりに行っていても仕方ありませんからね(笑)。バリュートランジット28も何度か使って、折角なら各地の観光フライトも組み込みたいと思っています。

スポンサーリンク

SFC修行の「不適地」?名古屋

そしてこれは私特有の事情なんですが・・正直私の居住地名古屋は、SFC修行僧にとっては「不毛の地」と呼ばれています。

そもそもANA国内線のフライト数がそう多くありませんので、あまりディスカウント価格のフライト設定が無く・・沖縄方面のバリュープレミアム28運賃もほぼ価格が一定なんですよね・・。

このため、PP単価が10円を切る路線を探すことの方が難しいんです。国内路線での修行を考えると、沖縄離島方面のプレミアムクラスか、バリュートランジット28しかほぼ選択肢がない・・というのも事実です。

ただ、ここまでご紹介した考え方は同じですので、東京・関西在住の方は沖縄離島方面のプレミアムクラスか、バリュートランジット28がファーストチョイスになるものと思います。

スポンサーリンク

まとめ

以上、2021年のSFC修行のルートやPP単価等について検討してきたわけですが・・。

個人的に最も大事だと思うのは、SFC修行の何に重点を置くか?という自分なりの考え方、「軸」を持つことだと思います。

あえて言っちゃいますが、SFC修行なんて普通の人の日常生活の一ページでは絶対にないわけです。

相当な旅行好き、飛行機好き、そして私のように大量ANAマイルを貯めて完全無料だからSFC修行やる・・みたいな、世間的にみるとかなりトンガった人のやることですからね。

だから、もう正解とか「型」なんてないんじゃないんですかね?

PP単価にこだわり、とにかく誰よりも安価にSFC取得!を追求するのもありですし、私のようにとにかくプレミアムクラスメインでとにかく楽して・・ちょっと観光を入れて、およそ修行とは思えないSFC修行をするのも「あり」でしょう。

私の場合、知恵と行動で、航空業界の空港&フライトでの露骨な貧富の格差を乗り越えることを最大のモチベーションとしているので、プレミアムクラス中心の修行!でも、実はフライトは貯めたマイルで完全無料!という下剋上を果たしたいと思います(笑)。

何しろ、SFC修行なんて普通はやらないんです。もちろん一般の人は毎年やるようなものじゃないですからね?私もコロナで大量マイルが余り気味な今年だからやりますが、こんなことは多分一生に一回きりだと思います。

つまり、非日常ですから楽しんだ者勝ちってこと・・ですよね。

PP単価、搭乗回数、総費用・・いろいろ比較したくなりますが、一定の比較後は個人的には深く考えすぎず、それぞれの予算と時間の許す範囲で、思いっきり楽しんでやろうと思っています。

以上、2021年のSFC修行のルートやPP単価等についての超個人的な検討結果について解説しました。

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)とは?SFC修行のメリットを徹底解説!

2021年SFC修行をついに開始します【ノーコストSFC修行】

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD