【朗報】Gポイントに直接交換可能サイトに「マイボンバー」が追加!LINEルートが多彩に!

2018年9月12日から、待望の「あの」ポイントサイトが、Gポイントへの直接交換を始めることになりました。

このブログでも何度も紹介してきましたが、Gポイントへの直接交換が可能となることで、ANAマイルへの交換の手間がほぼ最小となる4回で済み、「PeX」および三井住友カード「ワールドプレゼント」経由よりも1か月以上、ANAマイルへの交換期間を短縮することができます。

ANAマイラーに久々の朗報!i2iポイントがGポイントに直接等価交換可能に

2018.09.01

Gポイントへの直接交換のメリットは、上記記事にも詳しく紹介しています。

しかも、ポイント交換可能となったサイトは、ただのポイントサイトではなく「あの」サイトなんです。

陸マイラー待望の、Gポイントへの直接等価交換可能となったサイトについて紹介します。

スポンサーリンク

アドボンバー(マイボンバー)がGポイントへの直接交換を開始!

2018年9月12日(水)からGポイントへの直接等価交換を開始するサイト。

それが、「アドボンバー(マイボンバー)」です。

このブログでも何度も紹介しているのでご存知の方も多いとは思いますが、アドボンバーはASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)なので、本来、ブログ運営者が自分のブログに広告を載せるために使うサイトです。

しかしながら、そのアドボンバー内のサービス「マイボンバー」を使うことで、通常ブログ運営者しか利用できない、ASPの広告の自分利用(自己アフィリエイト)が利用できるんです。

この「自己アフィリエイト(本人アフィ)」の利用により、ポイントサイトよりも高額のポイントが期待できます。

何故ポイントサイト広告より、マイボンバーの「本人アフィ」の方が大きなポイントがもらえるのか?を簡単に解説したものが、上記の図の通りとなります。

ポイントサイトのビジネスモデルは、基本的には上記の流れとなっていて、左から順にまず広告主が広告を出し、代理店やASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)を経て、ポイントサイトや個人ブログを経由して、エンドユーザーがその広告を閲覧します。

そして、この広告を閲覧したエンドユーザーがめでたく広告を利用した場合、広告主から報酬が支払われ、代理店やASP、そしてポイントサイトや個人ブログがそれぞれ手数料を徴収したうえで、(報酬が発生する場合は)エンドユーザーに報酬として渡される、という仕組みになっています。

一方、オレンジ色の枠内を見てください。

アドボンバーでは、本来個人ブログを運営していないと利用することのできないASPの広告を、なんと直接利用することができるんです。

このため、立場としては個人ブロガーやポイントサイトの立場として、広告利用することができます。

つまり、エンドユーザーとして受け取ることのできる報酬と、本来個人ブログやポイントサイトが徴収していた手数料を両方貰ってしまうことができるんです。

これが、マイボンバーがポイントサイトに比べて圧倒的にポイントがもらえる秘密です。

ブログ運営しなくてもアフィリエイトの本人申込ができる。マイボンバーの本人アフィサービスはおすすめ

2018.01.06

マイボンバーについては、上記で詳しく解説しています。

マイボンバーの本人アフィを実際にやってみた評判を口コミ。セディナゴールドカードで15,120P

2018.01.12

実際に私もマイボンバーでクレジットカード等を発行していますが、ポイント付与も確実で早く、かなりおすすめのサイトだと思います。

スポンサーリンク

マイボンバーがANAマイル戦線に復帰!

このように、超お得なマイボンバーだったんですが、1点だけ・・致命的な欠点がありました。

それが、ポイント交換先が「換金」「Pollet」「ドットマネー」の3つしかない・・正確には「なかった」ということなんです。

このため、ANAマイラーにとっては、ドットマネーを経由して1円=0.28ANAマイル、0.28倍の倍率でANAマイルに交換するしかないという・・かなり致命的な問題を抱えていました。

【2018年9月最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

2018.05.29

【2018年9月最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

2018.05.28

1円=0.81ANAマイルに交換できるLINEルートに比べると、かなり交換率的に目減りしていたんですよね。というか、交換しちゃダメなレベルでした。

JALマイラーにとっては、ドットマネーでも0.5倍が最大倍率ですので問題なかったのですが、ANAマイラーにとっては、ポイント交換率的に、ポイントサイトとしての利用を若干躊躇していたのは確かだったんです。

このGポイントへの直接等価交換開始で、一気にANAマイラーにとっても魅力的なポイントサイトになりました。

スポンサーリンク

Gポイント直接交換の破壊力

これはGポイント/ポイントタウンに直接交換できないポイントサイトから、LINEルートを経てANAマイルに交換するまでの交換ルートです。

※2018年9月現在、ワールドプレゼントからポイントタウンへの直接交換はシステムメンテナンスにより停止中です。

なんと、交換を6回も行う必要があります。そして、最終のANAマイルに至るまで、なんと約3か月もかかってしまうということになります。

なんと言っても、Gポイント/ポイントタウンに交換するまでに「PeX→ワールドプレゼント→Gポイント/ポイントタウン」を経由する必要があることが一番のボトルネックです。

さらに、PeXへの交換ができないサイトの場合、そもそもこのLINEルートに乗せることができません。

しかし、今回上記赤枠内のとおり「Gポイントへの直接交換」という武器を手に入れたことで、ANAマイルへの最大倍率0.81倍での交換が可能になるとともに、最短ルートでANAマイルへの交換が可能になりました。

このメリットはかなり大きいです。朗報と言えますね。

Gポイントへの直接交換開始は9月12日から!

マイボンバーは、モッピーなどのいわゆる一般顧客向けのポイントサイトではなく、ブロガー向けのASPという位置づけなので、案件のラインナップやポイント付与率が通常のポイントサイトとはかなり異なります。

案件数はまだ正直あまり多くはありませんが、ポイントサイトでは見かけないような案件があったり、ポイントサイトに比べると前述のとおりもらえるポイント数が高値安定傾向にありますので、たまに覗いてみると面白い案件が見つかると思います。

LINEルートへの急遽参戦でANAマイラーにとって明らかに魅力を増した「マイボンバー」。Gポイントへの交換開始は9月12日を予定しています。

マイボンバーへの登録は以下からどうぞ。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年8月最新版】

2018.04.22

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15



AD