【初年度年会費無料】JFRカードのポイントサイト経由発行で14,000円!この水準を逃すな!!

初年度年会費無料!で普段使いでもかなり使えるクレジットカードが、超得水準に到達です。

個人的にポイントサイトのクレジットカード案件は「年会費無料で8,000円もらえる!」を一つの目安としているんですが、このカード・・数週間前から7,000円~7,800円くらいをふらふらしていたんですよね。

そして、8,000円に到達したと思ったら今度は陸マイラー的にはちょっとおすすめが難しいサイト・・とかだったのですが、ここにきて、やっと個人的にご紹介できるポイント水準にまで到達しました!!

それが、この記事でご紹介する大丸松坂屋で超絶お得なクレジットカード「JFRカード」です!!

早速、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

恒例のどこ得チェック

では、ポイントサイト案件紹介時恒例の「どこ得」チェックから見ていきましょう!!

老舗ポイントサイトである「ちょびリッチ」さんで、ようやく?8,000円の高額水準を叩き出しています!!

その下、ECナビさんでは実はちょっと前に8,000円水準を叩き出していたんですが・・ECナビさんは残念ながらドットマネーへの交換ができないため、TOKYUルートでのANAマイルへの交換ができません。

このため、ちょびリッチさんなどで8,000円水準に達するのを待っていたんですが、ここにきて、納得の8,000円水準が来ましたね!!

ちょびリッチさんのポイントはTOKYUルートでANAマイルに交換ができるので、この8,000円分のポイントは、なんと6,000ANAマイルに交換ができます。

このカード案件、初年度年会費無料ですので、完全無料で6,000ANAマイルもらえる!という計算になります。凄すぎますよね。

そして、ここからご紹介しますが、この8,000円分のちょびリッチポイントに加え、公式入会キャンペーンでさらに最大6,000円、合計14,000円分のポイントがもらえますからね。

これ、かなり狙い目の水準だと思います。

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

スポンサーリンク

案件詳細

では、案件の詳細も見ていきましょう。ちょびリッチさんの案件がこちらですね。

JFRカード(大丸松坂屋カード)の発行「だけ」で、なんと8,000円分のポイントがもらえます。

キャッシング枠の設定や、翌月末までに一定額の利用等の条件は一切ありません発行だけでOKですので、これはかなりお手軽な案件だと思います。

ちなみに、なんで大丸松坂屋カードなのに「JFRカード」なの?って疑問を持たれる方も多いかもしれませんが・・。

大丸松坂屋の持ち株会社の名前が、「J Front Retailing」(ジェイフロントリテイリング)なんですよね。このため、この持ち株会社の英字の頭文字をとって「JFRカード」なんです。

スポンサーリンク

ポイント獲得条件

お次が、ポイント獲得条件です。

対象カードは、上記の通り大丸プロパーカード、さくらパンダカード、ゴールドカードとなっています。

ゴールドカードは年会費も掛かるので、普通に大丸プロパーカードを申し込んでおけばOKです。

ちなみに、大丸プロパーカードにはVISAブランドとMASTERブランドがありますが、ブランドはどちらでもOKです。

さらに・・ちょびリッチでの案件をクリックした申込ページから同じく申込できる「さくらパンダカード」でも、ポイント獲得可能です。

このさくらパンダカードも、初年度年会費無料、さらに大丸松坂屋プロパーカードと機能・サービスは同じですので、後はピンクリボン運動を応援していることや、デザイン等の好みで選んで大丈夫です。

私は・・ちょっと恥ずかしくて選べません・・(笑)。

ポイント却下条件

そして、同じくポイント却下条件がこちらですね。

過去、大丸松坂屋カードをお持ちだったことがある場合は、残念ながらポイント対象外です。

一方で、同一住所や夫婦申込不可条件はないので、夫婦そろっての申込で、合計16,000円分のポイントを獲得することは可能です。

その他、特記すべき却下条件はありませんね。

スポンサーリンク

公式サイトのキャンペーンでさらに最大6,000円!

そして、このちょびリッチの8,000円分のポイントだけじゃないんです。

公式サイトの入会キャンペーンが併用でき、合計最大6,000円分のポイント、ちょびリッチポイントと合わせると合計最大14,000円分のポイントがもらえてしまうんです。

これ、かなり強烈ですよね。

まず、ちょびリッチ経由でオンライン新規入会するだけで、なんと2,000円分のポイントがもらえます。

まず1,000円分のJFRカードポイントは、入会するだけでカードに付与する形でもらえ・・その後、さらに1,000円分のJFRカードポイントが自動的に付与されます。

さらに、JFRカード会員の専用オンラインサービスのメール配信を「可」としたうえで、一定額のクレジットカード利用をすることで、これまた新規入会ポイントがもらえます。

具体的には、上記の通り申込月を含む3か月以内2万円(税込)以上で1,000円5万円以上で1,500円10万円以上で4,000円分の、それぞれJFRポイントがもらえるんです。

もちろん、この最大で10万円の利用は特に大丸松坂屋での利用に限りません。VISA、MASTER加盟の店舗での日常の利用でOKです。

正直、この2つの条件いずれもそれほど難しくはないので、新規入会キャンペーンのボーナスである6,000円分のポイントを満額もらうことは簡単だと思います。

これで、ちょびリッチポイントと併せて14,000円分のポイントですからね!?

これはかなりお得案件と言えますね!!

スポンサーリンク

JFRポイントは大丸松坂屋でのショッピング利用限定

ただ、ここで1点だけ注意点を。

この新規入会キャンペーンでもらえる最大6,000円分のJFRポイントは、ANAマイルをはじめとした他社ポイント等には交換ができません

大丸・松坂屋各店や、大丸松坂屋オンラインショッピングでのみ、1P=1円単位で利用が可能です。

このため、ANAマイルを貯める!という観点からすると、ちょびリッチポイント8,000円分のみが、ANAマイルへの交換対象となります。

ただ、そうはいっても大丸・松坂屋で使えますから、使い場所がない!!なんてことは絶対にないと思います。

つまり、お得ってことですね(笑)。

スポンサーリンク

JFRカードについて

そして、このJFRカードですが、実は意外に「使える」カードなんですよね。

まず、大丸松坂屋カードですから・・当然ながら大丸・松坂屋での優待が超デカい

なんと、大丸・松坂屋のショッピングで、100円で5ポイント(円)ものポイントバックがあります。(特価品・食品・レストラン利用は1P)

つまり、5%ポイントバックってことですからね?これは結構大きいです。

さらに、現金支払いの場合でも、カードを提示すれば優待ポイントが同率で貯まります。

そして、さらに海外旅行傷害保険がなんと「自動付帯」(海外旅行の費用支払いが無くても「持っている」だけで適用)です。

疾病治療で50万円限度ですが、海外旅行傷害保険は、例えば50万円上限のカードを10枚持っていた場合、合算の500万円まで補償されるので、海外旅行傷害保険が自動付帯のカードは持っていて全く損がありません

エポスカードのポイントサイト案件で過去最高12,500円!年会費無料!海外旅行保険充実カードは今が超得!

横浜インビテーションカード最強伝説。海外旅行保険が超充実で年会費無料!

そして、これだけのメリットがあって初年度年会費無料なんですが・・。

実は、この大丸松坂屋カード(JFRカード)、2021年1月にリニューアル予定なんですよね。

このため、リニューアル後の年会費、海外旅行保険の補償等はまだ発表されていないんです。とりあえず初年度は年会費無料なのでOKですが、翌年度以降まで継続するかは、このリニューアルを見極めてからにした方が無難だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

以上、陸マイラー的な「納得水準」である、初年度年会費無料で8,000円もらえる!JFRカードの「ちょびリッチ」のポイントサイト案件をご紹介しました。

難易度超低めの公式サイトの入会キャンペーンを併用すればなんと合計14,000円がもらえる!!という超絶案件です。

ポイントサイトのポイントが微妙に低かったので(笑)ここまで紹介しませんでしたが、8,000円水準、しかもちょびリッチさんなら超おすすめのポイントサイトですので、このタイミングでの発券を超おすすめします。

ちょびリッチのJFRカード案件はこちらから利用が可能です。

また、ちょびリッチへの入会がまだの方は、以下のバナーから登録をどうぞ。このバナーから登録し、1pt(0.5円相当)以上のポイントを獲得することで250円分の新規入会ボーナスポイントがもらえます。

ちなみに、1ptは入会完了後例えば誰にでも表示されるアンケートに1つ回答するだけでももらえるので、忘れずに1ポイントは獲得しておきましょう。

アンケートに答えて1P獲得するだけで、250円追加でもらえますよ!!

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチでのポイントの稼ぎ方とANAマイルへの交換方法を徹底解説!

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD