【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

「陸マイラー」って言葉、聞いたことありますか?

「陸マイラー」とは、一切空を飛ぶことなく、陸上のポイント獲得活動(=ポイ活)で航空会社のマイルを貯めている人のことを言います。

私自身も年間50万マイル貯めている陸マイラーですが、空を飛ぶことによるマイル・・つまりフライトマイルは一切貯めていません

そもそもそんなに自腹でフライトなんかしませんし、出張族でもないので、飛行機の利用によるフライトマイルを貯める機会はないんです。

でもこれって、私だけではないですよね。多くの方は、大量マイルを貯めるほど飛行機なんて乗らないと思います。

でも、ご安心ください。一切空を飛ばなくても、マイルを貯めることはできます。しかも家族でガンガン海外はもとより国内ならほぼ自由自在に旅行に行けるだけの、大量ANAマイルが貯まります。

こちらは、私が2020年8月~2021年1月の半年間で実際に貯めたマイルです。

ANAマイルの有効期限は3年なので、期限を迎えるマイルからの表示になっていますが・・。半年間でなんと20万ANAマイル貯めています。

2020年以降はコロナで海外旅行に行きたくても行けないので、マイルを貯めるペースをかなり落としていますが・・それでも驚異的なペースでマイルを貯めることができてます。

そして、マイル残高がこちらです。

私個人的にも正直信じられないくらいの大量ANAマイルですが、陸マイラーなら、年間合計約50万マイル以上貯めることは夢でもなんでもないんです

現役陸マイラーが実践している、大量ANAマイルの貯め方を早速解説します。

スポンサーリンク

知恵と行動力があればANAマイルは貯まる

個人的に思うんですが・・。

飛行機での海外/国内旅行って・・本当に露骨に貧富の差を見せつけられる現在の世の中でも数少ない場所だと・・思いませんか?

お金持ちの方や、会社のお金で出張する方は、例えば海外旅行ならビジネスクラス、ファーストクラスで快適に旅行ができるんです。羨ましいですよね。

これら上級クラスでの旅行の場合、出発カウンターでは行列のエコノミークラスのカウンターを尻目に、専用カウンターで並ぶことなく快適に通過、ラウンジでシャンパン飲んで寛いで、優先搭乗で広い座席にご案内・・・。

機内では優雅な機内食を食べて、フルフラットになる広いシートで熟睡、到着後は誰よりも早く降機し、優先返却で誰よりも早く出てくる荷物を受け取って・・と・・。

超快適なフライトで旅行してるんです

もちろん、国内旅行でも機内食付き、至れり尽くせりのプレミアムクラスでの優雅な旅!ですからね。正直、激狭のエコノミークラス/普通席とは雲泥の差です。

一方、私のような普通の人の場合、海外はエコノミー、国内は普通席!が一般的ですので・・長蛇の列の出発カウンターに並び、固い座席の待合で搭乗を待ち、それなりの機内食を食べ、狭い座席で眠れず窮屈なフライトをやり過ごす・・ことになります。

このため、個人的には特に長時間フライトの海外旅行では「フライトは苦痛」以外の何ものでありませんでした。

でも、今は違います。

大量ANAマイルを貯めることにより、海外旅行はビジネスクラス、ファーストクラスが「当たり前」になり、本当にフライトが楽しくなりました。もちろん、家族もビジネスクラスでハワイに連れて行っています。

そして、これ別に私がお金持ちになったわけじゃないですからね?

そうなんです。知恵と行動力ANAマイルを貯めることで、この貧富の格差は、乗り越えることが可能になるんですよ。

あなたが、「絶対無理」と思っていたかもしれない、ビジネスクラスやファーストクラス、また国内線プレミアムクラスでの旅行が、ANAマイルを貯めれば、実は完全無料で実現ができるんです。

私がANAマイルを貯める理由は、まさにここにあります。

私は、あまり裕福ではないサラリーマン家庭に生まれ、私自身も現在普通のサラリーマンです。

本来なら、海外旅行は10年に1回行ければよい方、さらに海外旅行ならチケット1人分だけで数十万円!もするビジネスクラスなんて夢のまた夢なんです。

それでも、知恵と行動力さえ駆使してANAマイルを貯めれば、海外旅行も国内旅行も、ビジネスクラスやプレミアムクラスなど、上級クラスのフライトに乗り放題に・・なれます。マジで。

さらに、何しろANAマイルがあればフライトはほぼ完全無料!ですので、普通席で良ければ時間の許す限り、日本・海外に旅行し放題です。

というか、突き詰めればフライト・ホテルともに完全無料の旅行も実現できるんです。

このように、お金持ちや会社役員、出張族等、持って生まれたもしくは現在の立場にほぼ関係なく、本当に誰でも大量ANAマイルを貯めることができるのが、この陸マイラー活動の最大の利点です。

本当に、絶対に努力を裏切らないんです。必ずフライトでの格差をひっくり返せるんです。こんな絵にかいたような下剋上が実現することって、なかなか無いと思います。

一歩を踏み出しさえすれば、必ずこれまで絶対経験することの無かった世界を見ることができるんです。

スポンサーリンク

ANAマイルの貯め方

では、早速年間50万ANAマイルの貯め方を解説していきます。

まず、冒頭にも記載のとおり、私は飛行機に搭乗してのマイルは一切貯めていません。実際に飛行機に乗って大量マイルを貯めるのは、海外出張が多いビジネスマンでもない限り不可能です。

普通、航空会社のマイルって、航空機の利用で貯めるものって考えますよね。でも、その先入観で考えていると、ANAマイルは全く貯めることができません。

大量ANAマイルは飛行機に乗って貯めるものではない」んです。

また、クレジットカードの決済でもマイルは貯まりません。通常のクレジットカードの場合、マイル還元率は良くて1%近辺ですので・・50万マイル貯めようと思うと、なんと5千万円のカード決済が必要になります。

つまり、大量ANAマイルは、クレジットカードの決済で貯めるものでもないんです。

まず、ここでこれまでの先入観を完全にリセットしてください。

スポンサーリンク

大量ANAマイルを貯めるには、たった2つの方法しかない

では、フライトマイルを貯めることは一切せずに、陸の活動だけで大量のANAマイルを貯める方法って、一体どのような方法なんでしょうか。

陸でマイルを貯める方法は、実は非常に単純明快です。

以下の2つの方法を実践するだけで良いんです。

これはもうマイルの貯め方を知っているか、知らないかだけの違いだといっても過言ではないと思います。

大量ANAマイルを貯める2つの方法
  1. ポイントサイトで貯めたポイントを、ANAマイルに交換して貯める
  2. クレジットカードの入会キャンペーンを利用して貯める

これが、ANAマイルを貯める2つの方法です。なんだそんなことなの?と思われましたか?

でも、この2つの方法を愚直に、地道に毎日追求していけば、お金持ちでなくても、出張族でなくても、だれでも絶対に大量ANAマイルを貯めることができるんです。

再度ご紹介しますが、この約75万マイル・・当然使っているのでこれ以上貯めてますが(笑)、この大量ANAマイルは、本当に上記の方法で貯めたマイルです。

スポンサーリンク

①ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換して貯める

では、まず大量ANAマイルを貯める1つ目の方法から解説していきます。

それが、ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換して貯める方法です。

そして、これが超重要です。

陸マイラーとしてマイルを獲得するメインとなる方法は、この、「ポイントサイトの広告を利用してポイントを貯め」、「貯めたポイントをANAマイルに交換する」サイクルを恒常的に継続すること。

この説明で、ほぼ8割が説明し尽くせます。

このサイクルを継続できるかどうかに、陸マイラーとして大量マイルを貯められるかの8割以上が掛かっているといっても良いでしょう。

「ポイントサイトでポイントを貯める」とは?

例えば、こちらがポイントサイトに掲載されているクレジットカード発行案件です。

これはメジャーなポイントサイト「ハピタス」のライフカードの発行の広告ですね。

ライフカードは年会費永久無料のカードです。この年会費無料のカードをポイントサイト「ハピタス」経由で発行するだけで12,000円分のハピタスポイントがもらえるんです。

年会費無料のカード発行だけで12,000円分のポイントですよ?凄くないですか??

クレジットカードの発行者、つまりあなたの手出しのお金は一切ゼロ。つまり完全無料です。とんでもないですよね。こういう世界があるんです。これがポイントサイトの世界です。

そして、この後詳しく説明しますが、この12,000円分のポイントは特定の交換ルートで超高倍率でANAマイルに交換することができるんです。

スポンサーリンク

ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換する

ここまで、ポイントサイトを利用すれば実は超簡単に高額ポイントが貯まるという事実をご紹介しました。

ポイントサイトを活用すれば、1万円分くらいのポイントなら、例えばクレジットカードの発行やFX口座開設+利用など、たった1回のアクションで簡単に貯めることができます。

ただし、もうお気づきと思いますが、ここまでの行動は「ポイントを貯めているだけ」です。

次に、この貯めたポイントを、効率的にANAマイルに交換する方法を解説します。この「効率的にANAマイルに交換する方法」、ここに陸マイラーのメソッドが詰め込まれています。

とはいえそんなに難しいことではありませんけどね(笑)。

せっかく貯めたこのポイントですが、実は普通にANAマイルに交換すると、1ポイント(1円)=0.5ANAマイル程度の価値にしか交換できません。

1円(1ポイント)=0.5ANAマイル

これがポイントサイトのポイントをANAマイルに交換する際の基本的な相場だと思っていただければと思います。

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOカード」なら1円=0.75ANAマイルに!

このように、ポイントサイトのポイントを普通にANAマイルに交換すると、1円分のポイントが0.5ANAマイルにしか交換できません。

しかしながら、この1円分のポイントを0.75ANAマイルに交換できるクレジットカードがあります。

それが、ANATOKYUカード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO)です。

ANATOKYUカードのポイントプログラム「TOKYU POINT」なら、前述のとおり、ポイントサイトの常識を超える1円=0.75ANAマイルに交換することができます。

これ、他のTOKYUカードではダメです。ANATOKYUカード限定のポイント交換レートですのでお気を付けください。

このように、普通に交換するより明らかに高い「1円=0.75ANAマイル」という交換率を誇るこのANATOKYUカードが持つポイントプログラムの、ANAマイルへの「ポイント交換機能」を利用することが、ポイントサイトで大量のANAマイルを貯める最大のコツになります。

TOKYUルートの概要

そして、ここまでご紹介したANAマイルをザクザク貯めるためにANA陸マイラーが必須で覚えておく必要があるポイント交換ルート「TOKYUルート」の概要がこちらです。

上の図を、左から目で追ってみてください。

各ポイントサイトで貯めたポイントを、ドットマネーを経由して東急ポイントに交換し、ANAマイルに交換するだけです。

あ、「各ポイントサイト」って何?と思われた方、取り敢えず「ポイントサイトの種類」だと思って読み進めてください。この交換ルートで通常のマイルの交換率1円=0.5ANAマイルを遥かに超える、1円=0.75ANAマイルに交換できます。

ポイントサイトのポイントを特定の交換ルートで交換すると一言でご紹介しましたが・・これ、はじめは確かにとっつきにくいかもしれません。

しかしながら、何をはじめるのでもはじめはハードルが高いものです。

でも、足を一歩踏み出せば体で覚えられます。私自身、説明だけ聞いても「よくわかんない・・」と思っていましたが、実際にやって見たら実に簡単にできました。

要は、単なるポイント交換です。

ポイント交換をわらしべ長者的に繰り返すことで、ANAマイルに交換していけば良いんです。特段難しいことはありません。面倒臭がらずにまずはやって見てください。

一歩を踏み出せば、すぐに仕組みが理解できると思います。

このTOKYUルートでポイント交換する方法や、必要となるクレジットカード、交換スケジュールなどの詳細は、以下の関連記事からご確認ください。

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

ポイント中継・まとめサイト3選!陸マイラー、ポイ活ユーザー必須登録サイトの比較&重要性とは?

ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換して、マイルを貯める

さて、ここまでの解説で皆さんもうお分かりいただけたのではないかと思います。

①ポイントサイトを利用した陸でのマイルの貯め方は、以下の手順で行うのが正解です。

①ポイントサイトでマイルを貯める方法
  1. ポイントサイトの広告を利用して、大量ポイントを貯める
  2. 貯めたポイントを、クレジットカードのマイル交換機能を利用してANAマイルに交換する

これが、ポイントサイトを利用したANAマイルの「貯め方」です。意外に簡単ではないですか?

スポンサーリンク

ポイントサイトでの「ポイ活」で疲れる必要はない

よーし・・そうか・・。

ポイントサイトのクレカ発行で10,000円もらって、TOKYUルートでANAマイルに交換すれば、それだけで7,500ANAマイル・・。確かに、これならガンガンマイルが貯まる!

そのご理解は、正解です。ですが、焦らないでくださいね。

陸マイラー活動は、短距離走ではありません。例えるならマラソンですので、とにかく挫折せず長期間続けることが本当に重要です。

例えばクレジットカードは短期間に集中発行すると、審査落ちのリスクがあります。

そして、長期間にわたってANAマイルを着実に貯めることで、長期間、「上級クラスで超贅沢旅行」「フライト料金はほぼ無料」というメリットを享受できるので・・。

とにかく、ANAマイルを貯めることを「挫折しない」「長続きさせる」ことが、陸マイラー活動の大きなポイントなんです。

そして、実はポイントサイトでの陸マイラー活動は、月1回程度で十分です。これでも、年間数十万マイルは確実に貯まります。

それよりも、陸マイラー活動に疲れたり、挫折しないことの方が重要です。

初めのうちは「マイルが貯めたい!」という気持ちが大きくなり、全てのものがマイルに見えてきたりするものですが・・。

正直、その活動方法では挫折リスクがあり、危険です。

陸マイラー活動は、繰り返しですが長距離を長時間走り続けるマラソンと同じです。短距離のペースでは絶対に息切れしますからね。

自分のペースで着実にマイルを貯める、そのリズムを探してみてください。

ポイントサイトで大量ANAマイルを貯める方法

陸マイラー挫折の原因と対処法。陸マイラー生活を無理なく継続する方法とは?

マイル、ポイントが貯まらない陸マイラー&ポイ活ユーザーに伝えたい成功のコツ

②クレジットカード入会キャンペーンで貯める

次に、②クレジットカード決済でマイルを貯める方法を紹介します。

クレジットカードのショッピングではマイルが貯まらない・・と実は上記でもご紹介しました。それは事実ですが、ちょっとだけ「誤解」をしている方も実は多いんですよね。

確かに、普通にカードを利用して、カード決済のマイル還元ではマイルはほとんど貯まりませんが、入会キャンペーンをうまく使うことで、年間10万マイル以上を貯めることができます。

各クレジットカードは、ほぼ常時「入会キャンペーン」を開催しています。クレジットカードに入会して、「一定期間内」に「一定額」以上の利用をすると数万マイルもらえる、というキャンペーンです。

【2021年最新】アメックス・ゴールドカードの入会キャンペーンが激得!最大60,000ANAマイルもらえる!【還元率12%】

2021年7月29日

【2021年最新】ANAアメックスの入会キャンペーン徹底解説!最大90,000ANAマイルもらえる!

2021年7月16日

例えば、上記のようなキャンペーンですね。

例えば、上記はANAアメックスゴールドカードの入会キャンペーンで貯めたポイントですが、これだけで138,422ANAマイルです。

ちなみに、これANAアメックスゴールドに入会して、3か月間に一定額の決済利用・・それだけで獲得できたANAマイルです。簡単ですよね。

アメリカンエキスプレスのポイントは、1P=1ANAマイルに交換できますので、ポイントと同じ額のANAマイルに交換することができるんです。

このように、クレジットカードの入会キャンペーンを攻略し、そのポイント獲得条件が満了するまでカードを使い終わったら、また次のカードを発行して入会キャンペーンを攻略する。

この入会キャンペーンでの獲得マイルが、実はボディーブローのように効いてきます。

もし、「どのカードから発券すればいいかわからない!」って方がいらっしゃったら、まずは下記関連記事を参考に、アメックスゴールドカードを発券してみてください。

まさに「人生が変わる」体験ができると思います。

アメックスゴールドカードで人生が一変!?陸マイラー驚きの8つのメリットを徹底解説

ポイントサイトで年間40万マイル+クレジットカードで10万マイルは夢ではない

大量ANAマイルを貯める方法
  1. ポイントサイトの広告利用で年間40万マイル
  2. クレジットカードの入会キャンペーンで10万マイル

お分かりいただけましたでしょうか?

この記事では、大量ANAマイルを貯める2つの方法をご紹介しました。

上記2つの方法が、年間50万マイル貯めるための陸マイラーのメソッドになります。この方法を本気で地道に続ければ、確実に大量のANAマイルを貯めることができます

スポンサーリンク

ANAマイルの価値は、現金を遥かに超える

そしてこの大量に貯めたANAマイルは、1マイル=2円以上の価値で確実に使えます。

つまりこの50万ANAマイルは100万円・・・場合によってはそれ以上の価値で実際に使える、ということです。

例えば国内なら週末にふらっと国内どこでも自由に旅行できます。沖縄でも函館でも、国内旅行は家族4人なら数万マイルですので、これは本当に「はした金」ならぬ「半端マイル」です。どこでも気楽に旅に出ることができます。

そして海外旅行でも、これまで乗ったこともなかった国際線ファースト/ビジネスクラスいとも簡単に乗れます。例えば国際線ファースクラスなら1マイルの価値は15円以上、ビジネスクラスなら8~9円以上にまで跳ね上がります。

繰り返しですが、国際線ファーストクラス/ビジネスクラスは、本当のお金持ちや企業役員、出張族など、限られた方しか垣間見ることができない世界です。

いわば現代の「身分の壁」を簡単に取っ払えるのが、現金を上回るマイルの最大の魅力なんです。

マイルの価値を徹底解説。1ANAマイルは一体何円なのか?

2019年1月26日

スポンサーリンク

特典航空券は予約できるか

そして、ここでもう一つ重要なポイントを解説します。

それが、ANAマイルの「使い道」です。というのも・・よく「ANAのマイルは、貯まりやすいけど実は特典航空券が取りづらい」とも言われるんですよね。

何故なら、特典航空券には1便あたりの「発券枠」が決まっており、いくら普通に現金購入する有償航空券に空席があっても、この枠を超えて発券することはできません。

例えば、ANAハワイ便のビジネスクラス特典航空券は、ANAマイレージクラブの平会員の場合、1便あたり2席です。たったの。

このため、実際に特典航空券は特定の路線ではかなり取りづらいのは確かですが・・。個人的な経験としては、工夫すれば、問題なく特典航空券も取れます。

と言うか、実は爆発的にマイルを貯めれば、特典航空券という次元を超越することができます。ほぼ自由自在にフライトの予約はできてしまいますね。

特典航空券よりお得で便利な陸マイラー的ANAスカイコインの使い道

【完全版】ANAマイルで国際線特典航空券を予約する7つの方法。もう取れないとは言わせない!

2021年夏のANAハワイ・ホノルル行きA380ビジネスクラス航空券親子4人分をマイルで発券しました

スポンサーリンク

マイルは人生を変える

以上、大量ANAマイルの貯め方についてご紹介しました。

冒頭にもご紹介しましたが、ANAマイルは地道に努力すれば必ず貯めることができ、そしてフライトの世界での露骨な貧富の差を確実にひっくり返すことができるという・・。

現代では珍しい、必ず実現する夢なんです。

努力すれば必ずかなうって・・これ、本当に凄すぎです。普通は、努力しても叶わないことの方が多いですからね。

大量ANAマイルを貯めれば、国際線ビジネスクラスやファーストクラスに搭乗することもできますし、お金持ちでしか実現できなかった、家族を自由自在に旅行に連れて行くことも、ハワイにビジネスクラスで連れて行くこともできてしまいます。

そして、ANAマイルを貯めるのに、早いも遅いもありません。今から始めても、確実に大量マイルは貯まります

後は、あなたの決断次第です。

一歩を踏み出してみましょう。あなたの努力で、必ず思ってもみなかった楽しい未来が実現できます!

ANAファーストクラス搭乗記。NH223羽田ーフランクフルト12時間の快適フライトの全貌公開

タイ国際航空A380ファーストクラス搭乗記。バンコク~成田/TG676便

アシアナ航空仁川-ホノルルOZ232便ビジネスクラス搭乗記。親子4人の初ハワイフライト!

スポンサーリンク

関連リンク

ポイントサイトで大量ANAマイルを貯める方法

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

ポイントサイトの家族登録のルールと注意点総まとめ。家族紹介可能で安心なサイトはここ!

特典航空券よりお得で便利な陸マイラー的ANAスカイコインの使い道

マイル、ポイントが貯まらない陸マイラー&ポイ活ユーザーに伝えたい成功のコツ



 

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください