みずほマイレージクラブカード/ANAとは?メリット、デメリットを解説!

みずほマイレージクラブカード/ANAのことは・・ご存知でしょうか?

実は、2022年4月以降ANA陸マイラーにとって要注目のカードなんですが、意外にその実像があまり知られていない・・・。

簡単に言うと、あまり知名度の高くない(笑)カードなんですよね。

例えば、みずほ「マイレージクラブ」カードの「マイレージクラブ」は、実はみずほ銀行の会員サービスのことで、ANAマイレージクラブとは一切関係ありませんし(笑)・・。

肝心のANAマイル還元率も、このカードを普通にクレジットカード利用しても0.35%(10万円利用で350ANAマイル)と非常にショボいカードなんですよね。

しかもこのカード、ANAカードですらないですからね?

みずほマイレージクラブカード/ANAとは?そのメリット・デメリットを解説します。

スポンサーリンク

みずほマイレージクラブカード/ANAとは

では、まずはこの最大の疑問からお答えしましょう(笑)。

みずほマイレージクラブカード/ANAって?ってことですね。

カードの概要
  • 「みずほマイレージクラブカード」と「ANAマイレージクラブカード」の機能が一枚になったもの
  • 「みずほマイレージクラブ」は、みずほ銀行の顧客優遇プログラム
  • 「みずほマイレージクラブカード」は、みずほ銀行のキャッシュカードとクレジットカードが一体になったもの
  • クレジットカードの発券元はUC(セゾン)カードで、貯まるポイントは「永久不滅ポイント」
  • 「みずほマイレージクラブカード/ANA」は、ANAカードではない

ということで、いきなり頭が超混乱するんですが(笑)・・。

一つ一つ、ひも解くように確認していきたいと思います。

まず、この「みずほマイレージクラブカード/ANA」とは、上記のようにANAマイレージクラブカードと、みずほマイレージクラブカードの機能が、一枚になったものです。

そして、冒頭にも記載したとおり「みずほマイレージクラブ」とはみずほ銀行の顧客優遇プログラムであり、ANAマイレージクラブとは別物です。

さらに、「みずほマイレージクラブカード」は、この「みずほマイレージクラブ」の会員証機能を持つ、「みずほ銀行キャッシュカード」「クレジットカード」の機能が一体になったもので・・。

クレジットカードの発券元は、UC(セゾン)カードのため、永久不滅ポイントが貯まります。

そして、ここが最大の注意点ですが・・。

このカード、ANAカードじゃないんですよね(笑)。複雑すぎですが。

ご注意
  • 本カードは、ANAカード(クレジット機能付)とは異なります
  • したがって、ご入会時やご搭乗時のボーナスマイルや機内販売をはじめとした各種割引ANAカードファミリーマイルへのご参加、ANAカードマイルプラス、ビジネスきっぷのご購入などANAカード固有の特典・サービスは利用できません。

このため、ANA側の紹介ページには、わざわざ上記のような注意書きがあります。

本カードはANAカードではないので、入会&搭乗ボーナスマイルや、機内販売などの割引、ANAカードファミリーマイルへの参加など、ANAカード固有の特典・サービスは利用できない・・。

つまり、例えば空港のANA FESTAでいくら使っても、5%割引などはない!ってことになります。

当然のようですが、これ超重要ですからね。

まずはこのカードの概要について、ご理解いただければと思います。

ANAカードのメリットを解説!使って分かった本当の利用価値とは?

スポンサーリンク

カードスペック

選べる国際ブランド MASTERカード
年会費 本会員 : 無料
家族会員 : 無料
ポイント 永久不滅ポイント(ポイント期限がありません)
提携先 みずほ銀行
付帯サービス ANAマイレージクラブ機能付き
お申し込みのカードは、ICチップ付きのカードとなります。(本会員のみ)ICカードについて
お申し込み資格 みずほ銀行に普通預金口座をお持ちの方が対象となります。
※みずほ銀行の普通預金口座をお持ちでないお客様も普通預金口座、みずほマイレージクラブ、みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)を同時にお申し込みいただけます。

そして、お次が・・カードのスペックですね。

まず、選べる国際ブランドはマスターカードのみとなっています。

ここが大きいのですが、年会費は永年無料なのは・・嬉しいところですね。

また、発券元は前述のとおりUC(セゾン)カードですので、ポイント期限のない永久不滅ポイントが貯まります。

そして、最後にお申込み資格ですね。

前述のとおり、このカードはあくまで「みずほ銀行」の顧客優遇プログラムである「みずほマイレージクラブ」機能付きのキャッシュカード+クレジットカードという位置づけなので・・。

みずほ銀行の口座を持っている、18歳以上の方のみが申込できるカードです。

もちろん、上記のチャート一番右のとおり、みずほ銀行の口座をお持ちでない方は、口座開設と同時にWebから申込できますので、ご安心を。

また、既にみずほ銀行の口座を持っている方も、みずほダイレクトに契約済みまたはみずほマイレージクラブに入会済みであれば、インターネットからカードの発券手続きができます。

一方、既にみずほ銀行の普通預金口座をお持ちで、みずほダイレクトもしくはみずほマイレージクラブに入会済みで無い方は・・。

上記のとおり、店舗での申し込みが必要となります。

そんなの超めんどくさいので、みずほダイレクトまたはみずほマイレージクラブに入会した後、Webから申し込む・・ってのが、普通ですかね。

ただ、みずほダイレクトorみずほマイレージクラブへの入会も・・面倒なんですが(笑)。

ちなみに、みずほ銀行の口座開設と同時にWebから申し込むと・・。

まずはみずほ銀行の口座開設に約2週間、さらにみずほ銀行側に書類の提出などを行って・・。

約1か月後の忘れたころに、みずほ銀行の口座開設なのにセゾンカードから電話があるという・・仕組みを理解していないとめちゃ混乱する手続きでカードが発券されます。

また、上記のとおり発券には約1か月かかるので、欲しい方は早め、早めの手続きを心がけましょう。

なお、このカードは上記のとおりみずほ銀行の会員機能付きキャッシュカードという特殊な(笑)カードですので、ポイントサイト案件としては・・少なくとも私は見たことはありません。

ただでさえ発券に時間がかかるので、大人しく、公式サイトから入会した方が良いと思います。

スポンサーリンク

ポイント/ANAマイル還元率

そして、ちょっとだけ気になる(笑)、この「みずほマイレージクラブカード/ANA」のポイント&ANAマイル還元率も簡単にご紹介しておきます。

まず、永久不滅ポイントの還元率ですが・・。

永久不滅ポイント還元率
  • 1,000円=1P(5円相当)=0.5%

上記のとおり、ショッピング1,000円ごとに永久不滅ポイント1P(5円相当)ですので・・0.5%となっています。

一言で言えば少な!!って感じですね(笑)。

年会費無料のカードですので仕方ありませんが、さすがにポイント還元率0.5%はちょっと寂しいものがあります。

そして、ANAマイルへの交換率ですが・・後程詳しくご紹介しますがこのカードの最大のメリットである・・。

永久不滅ポイント100ポイント(500円)を350ANAマイル・・つまり0.7倍で交換できるというブースト機能を使っても、0.5%×0.7倍=0.35%に過ぎません(笑)。

つまり、このカードを10万円決済して、やっと貯まるポイントは100永久不滅ポイント(500円)=0.5%ですし・・。

10万円決済して貯まるANAマイルは、350ANAマイル(0.35%)に過ぎない、ということになります。

一応、さらに永久不滅ポイントが貯まる「パートナーズサービス」もありますが、ほぼ、焼け石に水状態です(笑)。

もしあなたがANA陸マイラーなら、このカードをメインカードにする必要は・・ありませんね。

日常の決済には、ANAカードやSPGアメックスを利用した方がお得だと思います。

ANAVISAワイドゴールドカードのメリットを徹底解説。マイル還元率1.3%の旅行者必携カード!

マリオット・ボンヴォイ・アメックスの特典とメリットを完全解説。超絶お得な3つの理由!

スポンサーリンク

メリット

ということで、普通に使うとなんとポイント還元率0.5%

ANAマイル還元率0.35%という見るところのない(笑)カードであるみずほマイレージクラブカード/ANAですが・・。

ANA陸マイラーにとって最大にして最強のメリットが、こちらになりますね。

そう、2022年4月以降ANA陸マイラーが自宅でのポイント交換のみで、ポイントサイトで貯めた1円=0.7ANAマイルに交換できる、業界最高倍率の交換ルート「みずほルート」が利用できるんですよね。

そして、その「肝」となるこのカード固有のメリットが・・。

前述の100永久不滅ポイント(500円)を2022年4月以降の業界最高タイとなる0.7倍でANAマイルに交換できる交換機能です。

このカードを使って貯めたポイント(0.5%)をこの倍率でANAマイルに交換しても、マイル交換率は0.35%と低すぎる交換率なんですが・・。

ポイントサイトで貯めたポイントを交換すると、超絶お得になるというのが・・まさにポイント交換の面白いところですね。

なお、このポイント交換ルートを利用するためには、もう1枚「JQカードセゾン」というカードが必須になります。

みずほルートのメカニズム
  • ポイントサイトで貯めたポイントはJQカードセゾンのポイント「JRキューポ」に等価交換できる
  • JQカードセゾンがあれば、「JRキューポ」を永久不滅ポイントに交換できる
  • 「永久不滅ポイント」はポータルサイトに「おまとめ登録」したカード間で相互利用できる
  • 「JQカードセゾン」と「みずほマイレージクラブカード/ANA」をおまとめ登録すれば、JQカードセゾンの永久不滅ポイントを、0.7倍でANAマイルに交換できる

このみずほルートのメカニズムを簡単にご紹介したものがこちら。

ポイントサイトで貯めたポイントは、直接永久不滅ポイントに等価交換ができません。

しかし、JQカードセゾンのポイントプログラムである「JRキューポ」経由なら、永久不滅ポイントに等価交換ができるんです。

永久不滅ポイントはポータルサイトに「おまとめ登録」したカード間で相互利用できるので、ポイントサイトのポイントを0.7倍でANAマイルに交換できるんです。

これが、このカードの最大にして・・年会費永年無料を除けば唯一の(笑)メリットですね。

みずほルートについては、以下の関連記事で詳しく解説しています。

みずほルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率70%】

スポンサーリンク

デメリット

そして、この「みずほマイレージクラブカード/ANA」のデメリットは・・。

まずは普通に使っても、ANAマイル還元率が0.35倍全くANAマイルが貯まらないカードってことですかね(笑)。

ただまあ、このカードは年会費永年無料のカードですので、ここは我慢すべきでしょう。

ということで、実際に発券した人間として感じたデメリットは・・やっぱり、その仕組みや発券方法が複雑、かつ発券に時間がかかるってことですかね。

みずほ銀行という・・まあまあトラブルの多い銀行の銀行口座+キャッシュカードが元々の主要機能ですので・・。

発券までにかなり時間がかかる&ストレスが溜まります。

発券する方があまり多くない時期でこれですので、発券者が多くなると、これ大丈夫か?って気もしますしね(笑)。

気になる方は、早めの発券がおすすめですね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、2022年4月以降のANA陸マイラー必見カードである「みずほマイレージクラブカード/ANA」について解説しました。

正直、このカードの最大のメリットは、ANAマイルへの0.7倍の交換機能です。

そもそもANAカードですらないですし(笑)、普通に使ってANAマイルが貯まる!ってカードではありませんので、そのメリット・デメリットを良く理解した上で利用するカード・・って感じですかね。

そしてこのカード、特にポイントサイト案件もありませんし、上記のとおりANAカードでもないのでマイ友(会員紹介)プログラムも利用できません。

こちらの公式ページから、ひっそりと(笑)発券しましょう。

以上、分かったようでよくわからない、みずほマイレージクラブカード/ANAとそのメリット・デメリットについてご紹介しました!

みずほルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率70%】

ニモカルートでANAマイルを貯める方法。交換率0.7倍/陸マイラー必須の交換ルート

ソラシドルートでソラシドエアマイルを貯める方法&交換方法【特典航空券爆安!】

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD