ソラシドルートでソラシドエアマイルを貯める方法&交換方法【特典航空券爆安!】

九州、宮崎県に本社を構える「九州の翼」こと、ソラシドエアのことはご存知でしょうか??

スカイマーク、エアドゥに続く3番目の新規参入の航空会社としておなじみですし・・ANAとの提携関係からANAとのコードシェア便も多く飛んでいるので、「乗ったことある!」って方も多いかもしれません。

そして、このソラシドエア、マイレージプログラム「ソラシドスマイルクラブ」を擁しているんですが・・。

このソラシドエアのマイルって、実は信じられないくらい滅茶苦茶マイルが貯めやすいんですよ!!

正直、本当?ってくらい簡単に大量のマイルが貯まるんです!

ANAのように全国区の国内路線を保有しているわけではないので対象路線限定ではありますが、うまく利用すれば超絶お得に主に九州・沖縄方面の国内旅行が楽しめてしまうんです!!

2022年3月にANAマイルを0.75倍で貯めるTOKYUルートが閉鎖になり、ANAマイルも貯めにくくなるので・・。

このソラシドルートも上手に利用したいところですね!!

早速、このソラシドエアマイルの貯め方とお得な使い方を解説します!!

スポンサーリンク

ソラシドエアマイルの貯め方

では早速ソラシドエアマイルの貯め方を解説していきます!

そして、このソラシドエアのマイルは、当然ですがソラシドエアのフライトで貯めるわけではありませんからね(笑)。

こちらがソラシドエアの実際の搭乗でもらえるマイルの一例です。

100%積算される運賃で搭乗して、やっと東京ー宮崎の片道で561マイルです。正直、こんな積算率ではいくらフライトしてもマイルは全然たまりません。

何しろ、10往復(20回搭乗)してやっと11,200マイルですからね。

これでは、フライトだけで大量マイルを貯めることは、よほどのソラシドエアのヘビーユーザーでもない限りほぼ不可能です。

ではどうやって貯めるか?というと・・ポイントサイトで貯めたポイントソラシドエアマイルに交換して貯めるんです。

ANAマイルやJALマイルもこのポイントサイトで貯めたポイントを交換する方法で貯めている方が多いので、これは結構メジャーな方法だと思いますが、ソラシドエアの場合はここからが一味違うんです。

何しろポイントサイトのポイントをマイルに交換する・・この交換率が・・ちょっとどうかしているんじゃないか?ってくらい超絶高い交換率なんです。

信じられないくらいマイルが貯まるので、ANAマイルを貯めている方などは、このソラシドマイルに交換する方法は覚えておいて絶対に損はないと思います。

スポンサーリンク

ソラシドルートに必須のカード

そして・・この記事でご紹介する陸でソラシドエアマイル方法を実践するためには、1枚のカードが必須のカードとなります。

それが・・こちら、「Solaseed Air」カードです。

このソラシドエアカードが唯一、各種ポイントサイトで貯めたポイントを1円=2マイルという驚異の交換率で交換できる機能を有するカードなんですよね。

このカードを所有していないと1円=2マイルという交換率は実現しない・・。

というか、そもそもソラシドエアマイルへのポイント交換ができませんので・・。

ソラシドエアのマイルを貯めたい!って方は、絶対に必要なカードとご認識ください。

ちなみにソラシドエアカードは三井住友カードとソラシドエアの提携カードです。

一般カードとゴールドカードがありますが・・一般カード、ゴールドカードともにソラシドエアへの交換率1円=2マイルは同じですし、ゴールドカードは初年度から年会費10,000円(税抜)が掛かるので、特にこだわりが無ければ一般カードで十分だと思います。

なお、一般カードは初年度年会費無料翌年度以降は1,250円(税抜)となっています。

年会費割引サービスも特にないので年会費がちょっと気になりますが・・・。

ただ、実はカード継続毎に、継続特典の500マイルがもらえるんですよね。さらに、この1円=2マイルの超絶交換率を考えればこれは納得の年会費と言えると思います。

何しろ、三井住友カードのポイントサービスは「Vポイント」ですが・・貯めたVポイントをソラシドマイルに1円=2マイルで交換できるのは、唯一、このソラシドエアカードだけですからね。

そしてこの交換は、当然ながらソラシドカードのショッピング利用で貯めたポイント(200円=1P)が想定されているので・・。

200円で貰った1Pが2マイルに交換できる・・・。

つまり、「100円ごとに1マイル貯まる」という表現になっています。

ですが・・この1P=2マイルという交換率を利用して、ポイントサイトで貯めたポイントを三井住友カード「Vポイント」に交換し、ソラシドエアマイルに交換することもできてしまうんです。

この機能を利用することで、1円=2マイルという驚異の交換率が実現するんです。

スポンサーリンク

交換率が異次元

そして・・上記ではさらっと1円=2マイル貯まる・・と書きましたが・・。

これ、本当に超驚異的なマイル交換率なんです。

ポイントサイトのマイル交換率
  • ANAマイル TOKYUルートで1円=0.75マイル
  • JALマイル 1円=0.5JALマイル
  • 他航空会社 1円=最大0.6マイル

ちなみに、ポイントサイトポイントを他の航空会社マイルに交換した場合の交換率の相場が上記の通り。

ANAマイルで最大1円=0.75ANAマイル、JALマイルで1円=0.5JALマイル、他航空会社でも最大1円=0.6ANAマイルくらいというのが相場なんですが・・。

ソラシドエアマイルの場合、なんと1円=2マイルも貯まるんです!!

なんと、ANAマイルの2.7倍も貯まりやすいマイル!!ということになります。

TOKYUルート閉鎖後は、2.85倍も貯まりやすいマイル!になりますね(笑)。

区間 L R H
東京 宮崎 9,500 12,000 14,000
熊本
長崎
鹿児島
大分
沖縄 福岡 9,500 12,000 14,000
宮崎
鹿児島
神戸
東京 11,000
13,000
15,000
名古屋
石垣 7,500 9,500 11,500
名古屋 宮崎 9,500 12,000 14,000
鹿児島 9,500 11,000 13,000

え・・そんなに貯まりやすいってことは、特典航空券の所要マイルが多いとか・・何かがあるんじゃないの?って思われるかもしれませんが、そんなことも全くありません。

上記が、ソラシドエアの運航区間と、往復の航空券発券に必要なマイルですが・・。

ね?ごく普通ですよね?

ANAやJALの国内線特典航空券発券のマイル数とほぼ同じか、若干少ないくらいのマイル数で特典航空券を発券できます。

特に実用性が(笑)高いのが、赤字で示した沖縄(那覇)路線です。

例えば東京ー那覇間の場合、R(レギュラー)シーズンなら往復の特典航空券が13,000マイルで発券可能です。

つまり、ポイントサイトで貯める必要があるポイントは、なんと6,500円分でOKってことなんですよ。たったの。

いいですか、ものすごく重要なことなんでもう一度言いますよ。

なんとポイントサイトでたった6,500円分のポイントを貯めるだけで、東京ー那覇が往復できるんです。

もっと言うと・・6,500円という超絶簡単に貯められる、ポイントサイトで貯めた無料のポイントで東京-那覇が往復できるんです。

【復活】外為どっとコムFXのポイントサイト案件が総額24,000円大爆発!損失目安400円!陸マイラー的攻略法も!

というのも・・ポイントサイトで6,500円貯めるのは超絶簡単なんです。

例えば、上記関連記事のFX案件・・この案件の場合、損失目安600円でなんと20,000円分のポイントがゲットできます。

この20,000円分のポイントをソラシドエアマイルに交換すると・・なんと40,000マイル貯まるってことですからね?

これだけで、R(レギュラー)シーズンの東京ー那覇の往復チケット3人分(※39,000マイルで発券可能)を発券できる計算になります。

かつて、こんなに簡単に特典航空券が手に入るマイルが貯まることってあったか?ってくらい、本当に凄まじいマイル交換率です。

ちなみに、ポイントサイトで大量ポイントを貯める方法は、以下の関連記事をご覧ください。

この記事は「ANAマイル」を貯めることがタイトルになっていますば、大半の記事はポイントサイトでのポイントの貯め方をご紹介しています。

貯めるマイルを「ソラシドエアマイル」に読み替えていただければ、その他の事項は共通です。

ポイントサイトで大量ANAマイルを貯める方法

スポンサーリンク

ポイント交換方法

では、実際にソラシドエアマイルを貯める交換方法/交換ルートを解説します。

まず、こちらが基本となる交換ルートですね。

上記のとおり、各種ポイントサイトで貯めたポイントを、ポイントサイト「Gポイント」を経由し、三井住友カード「Vポイント」へ交換。

その後、1円=2マイルという高い交換率を利用し、ソラシドエアマイルに交換するだけでOKです。

なお、交換にかかる期間も、上記のとおり最短2日と滅茶苦茶早いのでおすすめですね。

もう一つ、同じくポイント経由地サイトである「PeX」を経由する方法もあるのですが・・。

交換にかかる期間が・・ポイントサイトからPeXへの交換は即時~1週間、三井住友カード「Vポイント」からソラシドエアマイルへの交換は2日後とかなり早めなんですが・・・。

PeXからVポイントへの交換月末締めの翌月25日頃とかなり長いのがボトルネックなんです。

Gポイント経由のルート、PeX経由のルートいずれも交換手数料等はかからないので、特にこだわりが無ければGポイント経由ルートの方が・・おすすめですかね。

スポンサーリンク

交換方法

では、実際の交換方法も簡単に。

まずは、各ポイントサイトでポイントを貯めてください(笑)。その後、各ポイントサイトのポイントをGポイントに交換します。

Gポイントへの交換を経由しないとVポイントへの即時交換ができないので・・まだ口座開設していない方はこちらからサクッと登録してください。登録するだけで50円分のGポイントがもらえます。

次に・・上記のとおりGポイントをVポイント(三井住友カード)へ交換します。

その後、初回のみ電話番号認証が必要になりますが・・。

番号認証(提示された電話番号への電話発信)が終了すると、上記のとおり三井住友カード「Vpass」へのログイン画面に遷移するので、ソラシドエアカードが登録されているVpassへログインしてください。

なお、三井住友カードのポータルサイト「Vpass」は、保有カードを全て「おまとめ登録」ができるため・・。

上記のとおり、ソラシドエアカードが含まれているVpassのIDでのログインであれば、それでOKです。

VpassのIDと連携ができれば、あとは交換ポイント数を入力し、交換するだけです。

Gポイント500P以上から交換が可能です。

上記のとおり、無事交換ができました。

交換は、即時に完了します。超早いです(笑)。

次に、三井住友カード「Vポイント」から、ソラシドエアマイルへの交換です。

まずは三井住友カードのポータルサイト「Vpass」へログインして・・上記のとおり操作中のカード「ソラシドエアカード」に変更します。

操作中のカードを変更しないと、ソラシドエアマイルへの交換に際して上記のとおり「利用できない」旨のメッセージが表示され、交換ができませんからね。

ということで、冒頭にも書いたとおりソラシドエアカードが無いとこの交換できないんです。

操作中のカードを変更したら、ポイント交換メニューから「他マイレージへ移行」をクリック。

次に、「ソラシドスマイルクラブ」をクリックです!!

ご覧の通り、1P(1円)=2マイルに交換できますからね(笑)。

はい。

ご覧のとおり、ポイント交換画面が開きました。

三井住友カード「Vポイント」には、上記のとおり、ANAマイル移行可能ポイントとその他ポイントの区分しかないので、ポイントサイトから交換したVポイントも、問題なくソラシドマイルに交換できます。

後は、申込ポイント数と、ソラシドスマイルクラブの会員番号を入力して・・。

交換ボタンをクリックすれば、交換完了です。

交換申請後、約2日後に、ソラシドエアマイルへの交換が完了します。

思った以上に簡単に交換ができるので、この交換方法も是非積極的に利用しちゃいましょう!!

スポンサーリンク

ソラシドエアマイルの使い方

さて次に、この超絶貯まりやすいソラシドマイルの上手な使い方をご紹介していきましょう!!

ソラシドエアマイルは冒頭に「九州の翼」とご紹介したとおり、本拠地が宮崎市という九州・沖縄路線に特化した航空会社です。

このため、北海道に行きたい!という用途には使えませんが(笑)、九州・・特に沖縄旅行に無類の強さを発揮します。

東京(羽田)-宮崎 6往復  12便/日
東京(羽田)-熊本 5往復  10便/日
東京(羽田)-長崎 4往復  8便/日
東京(羽田)-鹿児島 5往復  10便/日
東京(羽田)-大分 4往復  8便/日
東京(羽田)-那覇 3往復 6便/日
沖縄(那覇)-宮崎 1往復  2便/日
沖縄(那覇)-鹿児島 2往復  4便/日
沖縄(那覇)-神戸 3往復  6便/日
沖縄(那覇)-名古屋(中部) 1往復  2便/日
沖縄(那覇)-石垣 3往復  6便/日
沖縄(那覇)-福岡 1往復  2便/日
名古屋(中部)-宮崎 1往復  2便/日
名古屋(中部)-鹿児島 1往復  2便/日

こちらが、ソラシドエアの定期就航路線です。

東京からは九州方面の旅行に、そして関西(神戸)・名古屋・福岡からは沖縄方面の旅行がかなりおすすめですね。

また、東京から那覇へのフライトが復活し、さらに旅行先の選択肢が広がりました!!

区間 L R H
東京 宮崎 9,500 12,000 14,000
熊本
長崎
鹿児島
大分
沖縄 福岡 9,500 12,000 14,000
宮崎
鹿児島
神戸
東京 11,000
13,000
15,000
名古屋
石垣 7,500 9,500 11,500
名古屋 宮崎 9,500 12,000 14,000
鹿児島 9,500 11,000 13,000

そして、再度特典航空券の発券に必要なマイル数を確認しておきましょう。

例えハイシーズンでも東京から沖縄へ、最大で15,000マイル(7,500円分のポイント)で大人1人が往復できるんですよこれ・・。

本当に、驚異的にお得です。

7,500円で沖縄往復ですからね?超絶驚異的です。

九州なら大体レギュラーシーズンで12,000マイル、沖縄でも13,000マイル程度で往復できちゃいます。

ちなみに、割引料金で購入した場合、東京(羽田)-沖縄の往復の料金は‥。

往復で大人1人37,620円。

そりゃそうですよね。沖縄の往復ですから、これでも安いくらいなんですが・・。

そう考えると、たった7,500円分のポイントでこの区間の特典航空券が取れるって、どれだけ驚異的か、お分かりいただけるのではないかと思います。

除外期間に注意

さて、このほぼ完全無欠に思えるソラシドマイルですが・・。一点だけ、注意点があります。

それが、除外期間の設定です。

除外期間というのは・・・多客期などに設定される、特典航空券での予約ができない期間のことです。

除外期間は区間によって違いますが・・年末年始、GW、お盆期間が鉄板の除外期間です。

2020年は新型コロナの影響でGWが除外期間設定されていませんでしたが、例年GWも除外期間ですのでご注意いただければと思います。

スポンサーリンク

ソラシドマイルの特徴

このほかにも、ソラシドマイルには様々な魅力的な特徴があるので、こちらも簡単にご紹介しておきますね。

まず、第一の特徴というかメリットが・・特典航空券の発券できる名義人の自由度が高いこと。

特典航空券をご利用いただける方
  • 会員ご本人様または会員が予約時に指定した利用者に限りご利用が可能

会員本人または会員が予約時に指定した利用者・・。

これ、解釈がかなり広くって、当然、家族はOKですし・・。

ANAのようなファミリーマイル登録等の制度はないので、例えば遠い親戚、九州の(義理も含めた)両親など、幅広い利用者を指定し、特典航空券を発券することができるんです。

これ、地味ですが・・何しろマイルが滅茶苦茶貯まりやすいので、かなり使える特徴です。

覚えておいて損はありません。

また、もう一つの特徴がこちら。

マイルの有効期間は、加算した月から3年間となっています。かなり有効期間としては長いので、上手に利用することができそうですね。

スポンサーリンク

ソラシドマイルは「狙って」貯めよう!

以上、かつてないほどにマイルが貯まる!ソラシドエアのマイルの貯め方と使い方をご紹介しました!

ちなみに、上記の写真は私が実際にソラシドエアの名古屋ー那覇線に乗った時の写真ですが・・。ソラシドエアはLCCではないので、シートピッチも81cmと下手するとANAより広いシートピッチを確保していますし・・。

ドリンクサービス等もANAと同等のサービスがあるため、超快適に搭乗できます

ただ、このソラシドエアマイルは正直、大量に貯めても使い道に困ってしまうので、例えば沖縄旅行に必要な分!など、「狙って貯める」のが、一つの「コツ」と言えそうです。

例えば、神戸ー沖縄、名古屋ー沖縄便の場合、往復の特典航空券の発券に必要なマイルはレギュラーシーズンの場合12,000~13,000マイルですから・・。

親子4人の場合、48,000~52,000マイルあれば、特典航空券の発券が可能です。

そして・・この48,000~52,000マイル貯めるのに必要なポイントは・・あえて言えば、たったの24,000円~26,000円分のポイントでOKですからね。

例えば沖縄旅行とか、長崎旅行!とか、狙った旅行に対し狙った分のマイルを交換するのがおススメです。

そして、このソラシドエアマイルを貯めるのに必須となるのが、「Solaseed Air カード」です。このソラシドエアカードはポイントサイト等で見たことはありませんので・・。

普通に、ソラシドエアカードの公式HPから申込しちゃってOKです。

なお、ソラシドエアカードの申込に際しては、事前にWeb会員専用サービス「ソラシド スマイルクラブ」への会員登録が必要ですので、まずは会員登録をお忘れなく!!

本当に、びっくりするくらい簡単に大量マイルが貯まりますから、航空会社マイルを貯める一つの選択肢に、このソラシドエアマイルも是非入れてみてください・

そして・・マイルの「素」となる大量ポイントの貯め方は、下記関連記事で詳しく紹介していますので、こちらも是非ご参照ください。

ポイントサイトで大量ANAマイルを貯める方法

以上、ソラシドエアマイルの貯め方&使い方のご紹介でした!!

みずほルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率70%】

ニモカルートでANAマイルを貯める方法。交換率0.7倍/陸マイラー必須の交換ルート

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD