マリオット・ボンヴォイ・アメックスの特典とメリットを完全解説。超絶お得な3つの理由!

マリオット・ボンヴォイ・アメリカン・エキスプレスプレミアムカード

旧名称「SPGアメックス」でお馴染みのこのカードは、旅を愛するすべての方に、超絶おすすめしたいクレジットカードです。

この記事では、このマリオット・ボンヴォイ・アメックス・プレミアムカードを所有者である私が、系列ホテルであるウェスティンホテルやマリオットホテルなどの高級ホテルに宿泊・利用して、実際に超絶メリットとして体験した特典やメリットについて、体験談を交えつつ解説します。

正直、このカードを発行してからは、高級ホテルに無料宿泊できたり、最も安い部屋からオーシャンビュールームへのアップグレードなど超絶お得体験ができたり・・。

レイトチェックアウトで旅行最終日を超絶有意義に過ごせたりと、とにかくお得しかないんですよね。

さっそく、このマリオット・ボンヴォイ・アメックスプレミアムカードの超絶3大メリットを徹底解説します。

スポンサーリンク

マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードの種類

では、マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードの特典とメリットをご紹介する・・。

その前に(笑)、マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードの2つのカード種別とその違いをご紹介しておきます。

実は、マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードには2つの種類があり、それぞれ年会費と特典が違うんです。

そして、その種類が、「マリオット・ボンヴォイ・アメックス・プレミアム」カード(以降「MBアメックスプレミアムカード」)と、「マリオット・ボンヴォイ・アメックス」カード(以降「MBアメックス一般カード」)の2種類なんですよね。

このうち、旧SPGアメックスの後継カードの位置付けとなるのがMBアメックスプレミアムカードです。

MBアメックス一般カードは、2022年2月からの新規発券カードとなりますね。

なお、すでにSPGアメックスをお持ちの方は、2022年2月以降カード付帯特典・サービスと年会費が順次このMBアメックスプレミアムカードに切り替わるので、ご注意ください。

プレミアム 一般
年会費 本会員 49,500円 23,100円
家族会員 1枚目無料
エリート会員資格 シルバー 標準付帯
ゴールド 標準付帯 ○(年間100万円以上利用)
プラチナ ○(年間400万円以上利用)
継続特典 無料宿泊 ○(年間150万円以上利用) ○(年間150万円以上利用)
宿泊実績 15泊 5泊

そして、MBアメックスプレミアムカードと一般カードの違いがこちらです。

詳しい内容はこれからご紹介しますが、一番の違いは、赤字でも記載しましたがカードを所有するだけで付与されるマリオット・ボンヴォイのエリート会員資格とご理解ください。

結論から申し上げますと、マリオットのエリート会員資格はゴールド会員以上でないと意味がなくシルバー会員資格にはメリットはほぼありません(笑)。

MBアメックス一般カードに付帯するのはマリオットのシルバー会員資格なので・・これ、所有する意味はほとんどないんです。

このため、どうせ高い年会費を出してこのカードを所有するなら、ゴールド会員資格が付帯するMBアメックスプレミアムカード一択です。

当然、私が所有しているのもMBアメックスプレミアムカード(旧SPGアメックス)になります。

この記事では、「MBアメックスプレミアムカード」(マリオット・ボンヴォイ・アメックスプレミアムカード)の特典とメリットに絞って解説を続けます!

スポンサーリンク

メリット①マリオット「ゴールドエリート会員」資格が自動付帯

では、このマリオット・ボンヴォイ・アメックスプレミアムカード(MBアメックスプレミアムカード)が、何故これほどまでに旅行者に支持されるのか?

そして、私自身もおすすめしてしまうのか?その理由を解説していきます。

まず、おすすめする最大の理由であり、MBアメックスプレミアムカードのメリットその①がこちらです。

なんと、このカードを発行・所有するだけで、世界最大のホテルチェーンであるマリオット・グループが運営するホテル会員プログラム「Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)」の・・。

上級会員資格「ゴールドエリート」がステータスマッチで提供されるんです。

通常、マリオット ボンヴォイのゴールドエリート会員資格を取得するためには、このマリオット・グループという高級ホテルに1年間25泊以上の宿泊が必要です。

中には、このゴールドエリート資格を取るためだけに高級ホテルに宿泊するという「ホテル修行」を行うような方もいらっしゃるくらいです。

ホテルの宿泊には、当然ホテル代や移動に掛かる交通費等がかかります。

このため、ゴールドエリート会員資格を手に入れるには、本来数十万円単位の費用が掛かります。

ですが、このMBアメックスプレミアムカードを発行すれば、そういったお金も、労力も一切掛けることなく、いきなりマリオットのゴールドエリート会員資格が手に入るんです。

この「ゴールドエリート会員資格のステータスマッチ」こそが・・。

このMBアメックスプレミアムカードが多くの旅好きの絶大な支持を受ける大きな理由の一つなんです。

MBアメックスプレミアムカードは、保有するだけでマリオット・グループのゴールドエリート会員資格が取得できる。

マリオットのゴールドエリートの威力

そして、このマリオット・ゴールドエリートの凄さですが・・。

上記ご覧のとおりの超絶高級ホテルでのゴールドエリート特典!と考えると、すぐにお分かりいただけるのではないかと思います(笑)。

なにしろ、マリオットにシェラトンウエスティンにリッツ・カールトンセントレジスですからね?

凄すぎです(笑)。

あ、ちなみに元々、マリオットホテルグループと、ウェスティンやシェラトン、セントレジスなどの高級ホテル群を運営するスターウッドホテル・グループは、完全に別資本だったんですよね。

しかし、2016年以降このスターウッド・ホテル・グループがマリオット傘下入りしたことで・・。

マリオット・ゴールドエリートは、全世界130か国に6,500軒、110万室を数える巨大ホテルチェーンであるマリオット・グループで、ゴールドエリートとしてのサービスを受けられることになったんです。

つまり、全世界のほとんどをカバーする高級ホテルチェーンで活用できる、年間25泊以上の宿泊を行うことでしか手に入れることのできない上級会員資格「ゴールドエリート会員」資格が、MBアメックスプレミアムカードの発行だけで手に入るんです。

これ、ここからご紹介しますが超絶メリットと言えます。

このため、旅好きの間で、MBアメックスプレミアムカードはまさに必携のカードとも言える存在なんです。

SPGグループの世界最大のホテルグループであるマリオットグループ傘下入りにより、MBアメックスプレミアムカードは世界中でゴールド会員特典が受けられるカードに。

マリオット・グループのホテル

ということで・・。

所有するだけで、マリオット・グループのゴールドエリート特典とステータスマッチされるこのMBアメックスプレミアムカード。

では、一体どのホテルで上級会員としてのサービスを受けることができるのでしょうか。

マリオット・グループは実に30以上ものホテルブランドを運営しており、これらのホテルで上級会員のサービスが受けられます。

順に、そのホテルブランドをご紹介します。

ラグジュアリー
  • ザ・リッツ・カールトン
  • セントレジス
  • JWマリオット
  • リッツ・カールトン・リザーブ
  • ラグジュアリーコレクション
  • ブルガリ
  • Wホテル
  • エディション・ホテル
プレミアム
  • マリオット
  • シェラトン
  • マリオット・バケーション・クラブ
  • デルタ・ホテル
  • ルメリディアン
  • ウェスティン
  • ルネッサンス・ホテル
  • ゲイロード・ホテル
セレクト
  • コートヤード・バイ・マリオット
  • フォーポイント
  • スプリングヒル・スイート
  • プロテア・ホテル
  • フェアフィールド・イン&スイート
  • ACホテル
  • アロフトホテル
  • モクシー・ホテル
長期滞在
  • マリオット・エグゼクティブ・アパートメント
  • レジデンス・イン
  • タウンプレース・スイート
  • エレメント
コレクション
  • オートグラフコレクション・ホテル
  • デザインホテル
  • トリビュートポートフォリオ

どのホテルもどこかで聞いたことのあるホテルばかりだと思いますが、特に赤太字のホテルはメジャーなホテルですよね。

この赤太字のホテルを中心に、マリオット・グループのホテルとしては、日本国内では約70棟超ほどのホテルが運営されています。

この高級ホテルで、なんとマリオット・ボンヴォイ「ゴールド会員」としてのサービスが受けられるんです。

これ、本当に大きいですよね。

MBアメックスプレミアムカードを所有していると、全世界29ブランド、約6,500のホテルで上級会員「ゴールドエリート」としてのサービスが受けられる。

スポンサーリンク

Marriott Bonvoy ゴールドエリート会員特典とは?

次に気になるのは、いったいマリオットのゴールドエリート会員資格って、どれだけお得なの?ってことだと思います。

早速、ゴールドエリート会員に与えられる会員特典を確認しましょう。

ゴールドエリート特典
  • 客室のアップグレード(スイートは不可)
  • 14時までのレイトチェックアウト
  • 対象となるホテルの支払い1ドルあたり10ポイント+25%のボーナスポイント
  • ウエルカムポイントの進呈(250Por500P)
  • 無料の客室内高速インターネットサービス
  • エリート専用予約電話番号
  • 完全予約保証
  • モバイルキー
  • 特典除外日なし
  • 即座にポイント交換 等

ゴールドエリート会員資格で得られる様々な特典を、魅力的な順に上から並べてみました。

なんといっても嬉しいのは、上から2つ、赤字で記載した「客室のアップグレード」と、「最大14時までのレイトチェックアウトサービス」です。

例えば客室のアップグレードにより、一番お安い部屋・・例えば部屋からの眺めが「駐車場」なんてお部屋を予約しておいたにも関わらず、オーシャンフロントなど超絶眺めの良いお部屋にアップグレードされたりすることもあるんですよ。

また、フライトを伴う旅行で出発便が午後便などの際に滅茶苦茶役立つのが14時までのレイトチェックアウト

お部屋が14時まで使えると、午前中の時間を丸々観光に利用できます。

午前中チェックアウトだと、折角の午後便なのに結局ほぼ1日移動日になったりしちゃうんですが、午前中をフリーに使えるメリットは計り知れないものがあるんです。

その他、ボーナスポイント25%や、ウェルカムポイントの進呈、無料のWifiサービスなど、とにかく嬉しい特典が盛りだくさんなのがお分かりいただけましたでしょうか。

マリオット・ボンヴォイゴールドエリート会員資格があれば、お部屋のアップグレードや14時までのレイトチェックアウトなどのサービスを受けることができる。

スポンサーリンク

MBアメックスプレミアムカードの威力

ここまで、MBアメックスプレミアムカードに付帯するマリオット・ゴールドエリート会員資格が利用できるホテルと・・。

その会員特典をご紹介してきました。

でも、なんといっても気になるのは「ホテルに宿泊した際の、実際のサービスはどうなんだ?」ということですよね。

確かに、特典ラインナップは凄くても、実際には使えない・・では意味ないですからね。

MBアメックスプレミアムカード会員の私が、実際にマリオット・グループのホテル宿泊で経験した、ゴールド会員の威力をご紹介していきます。

スポンサーリンク

シェラトン・ワイキキ

まず最初にご紹介するのが、貯めたマリオット・リワードポイントを利用したポイント利用の無料宿泊旅行なのに、超絶アップグレードが受けられた・・。

誰もが憧れの「ハワイ」「シェラトン・ワイキキ」での宿泊体験です。

この旅行では、私はマリオット・リワードポイントを利用した無料宿泊特典を利用しました。

ちなみに、マリオット・リワードポイントを利用した無料宿泊特典では、一番グレードの低いお部屋しか予約ができません。

このため、予約しておいたのはビーチ沿いのホテルにも関わらず「シティ・ビュールーム」。

これは仕方ありませんよね。何しろ無料宿泊ですからね。

チェックインに際し、まずは「ゴールドエリート会員さま、いつもご利用ありがとうございます」とのご挨拶がありました。まずはしっかりゴールド会員として認識されていることが分かり、ちょっと安心です。

そして、案内されたお部屋は・・。

キター!!なんと、一番低グレードのシティビュールームから、「ハイ・オーシャンフロントルーム」にまさかのアップグレードです。バンザーイ!バンザーイ!

シェラトン・ワイキキのお部屋のグレード
  1. シティービュールーム ←予約
  2. パーシャルオーシャンビュー
  3. オーシャンビュー
  4. オーシャンフロント ←アップグレード!
  5. デラックス・オーシャンフロント
  6. オーシャンフロント・クラブ
  7. ラージ・ラグジュアリー・オーシャン
  8. スイート(5種類あり)

シェラトン・ワイキキのお部屋のグレードを可視化したものがこちらです。

繰り返しですが、この宿泊はポイントを利用した無料宿泊なんです。それなのに、実質なんと4グレードもアップグレードされたことになります。

マリオット・ボンヴォイのゴールドエリート会員資格では、クラブルームやスイートへのアップグレードはできませんので、無料宿泊なのに実質上から3番目のグレードにアップグレードされたことになりますね。

しかも、これ8月の夏休み真っ最中の、しかも3連泊でですからね?

1泊とかならお部屋の融通も利くと思いますが、3連泊でこのアップグレードは驚異的です。

お陰さまで3日間、ワイキキの海を独り占め状態でのんびり過ごすことができました。

ラナイ(ベランダ)に出て海を見ながらボーっとビールを飲む・・。これこそがビーチリゾート。そしてこの時間こそがハワイですよね。思いっきりハワイを満喫できました。

ありがとう、MBアメックスプレミアムカード。

このように、お部屋の超絶アップグレードが凄まじい頻度で期待できるのが、MBアメックスプレミアムカード付帯の「ゴールド・エリート」特典の最大の魅力なんです。

スポンサーリンク

ウェスティンリゾート・グアム

次に、お部屋のアップグレード+レイトチェックアウトという、MBアメックスプレミアムカード付帯のゴールド・エリート特典の2大メリットの威力をまざまざと見せつけられたのが・・・。

ウェスティンリゾート・グアムでの宿泊体験です。

この時の、ウェスティンリゾート・グアムの予約は無料宿泊特典ではなく、有償での予約。

親子4人での訪問で、予約をしておいたお部屋は「ロイヤルビーチクラブ」(RBC)ルームのパーシャルオーシャンビューのお部屋です。

ウェスティンリゾート・グアムのお部屋のグレード
  1. デラックス(パーシャルオーシャンビュー)
  2. コーナー(ヒルサイドビュー)
  3. デラックス(オーシャンビュー)
  4. RBC(パーシャルオーシャンビュー) ←予約したお部屋
  5. RBC(オーシャンビュー)
  6. プレミアムオーシャンフロント
  7. オーシャンフロントヴィラ
  8. RBCスイート
  9. RBCエグゼクティブスイート
  10. プレジデンシャルスイート

RBCルームはいわゆる「クラブルーム」ではありますが、ランクとしては、下から数えた方が速い4番目のランクのお部屋です。

果たして、グアムでもゴールドエリート会員の特典である「客室のアップグレード」は受けられるのでしょうか

ウエスティン・リゾート・グアムのRBCルーム宿泊者のチェックインは、L(ロビー)フロアにあるソファー完備の「RBCルーム専用レセプション」で行います。

この専用レセプションには、SPGゴールド&プラチナメンバーという表記もありますので、一般ルーム宿泊のマリオット・ボンヴォイゴールドエリート会員でも利用できます。

まず確認があったのが、ゴールドエリート特典の一つであるウェルカム・ギフトです。

ボーナス ポイント/お部屋での無料インターネット/ドリンクサービス(1滞在につき1回)から選べます。

RBCルームの場合、お部屋での無料インターネットはRBCルーム特典として無料サービスが含まれていますので、ここはボーナスポイントにします。

このように、250ポイントが確かに反映されていました。

そして、今回の旅の最大のメリットにもなった、ゴールドエリート特典である14時までのレイトチェックアウトも当然OK。

最終日の帰国便は夕方17時出発なので、ぎりぎりまで部屋が使えるのが、子連れには非常にありがたいポイントです。

と、ここまでは、MBアメックスプレミアムカードによるゴールドエリート会員特典をしっかり享受できました。

しかし、気になるのはお部屋のアップグレードは果たしてしてもらえたのか?ということです。

結論から申し上げますと、このチェックイン時点ではお部屋のアップグレードに関する言及は一切ありませんでした。(特段期待はしていなかったので、私からも確認しませんでした。)

そして・・・お部屋に入ってバルコニーに出ると、パーシャルオーシャンビューだったはずのお部屋の窓には、全面の海が。

子ども達も大歓声です。

これまたキター!!って感じですね!

どうやら、RBCルームの「オーシャンビュールーム」(しかもかなりのオーシャンフロント)にアップグレードされたようです。チェックイン時に何も言われなかったので、これはかなり嬉しい誤算でした。

具体的なお部屋の位置は上記赤枠内になります。

ちなみに、赤枠内より左の、より海側のお部屋は、バルコニーを2つ占有したより面積の広い上位クラスのお部屋となっていますので、RBCルームのオーシャンビュールームとしては最も海に近いお部屋だといえます。

そして、本当にありがたかったのがマリオット・ゴールドエリートに付帯する14時までのレイトチェックアウト

これ、本当に凄いメリットです。

帰国便が夕方だったのですが、レイトチェックアウトができたので、午前中一杯プールとビーチで遊び、さらに昼食はホテル内のレストラン「プレゴ」で無料のキッズピザづくり体験を楽しみ・・。

さらにパスタ食べ放題のランチまで十分楽しんでから、ゆったりとチェックアウトができました。

通常だと11時チェックアウトですから、朝食食べたら何となく荷物をまとめてチェックアウト・・って感じの微妙な時間です。

荷物をまとめたり、濡れた水着の扱いのなどを考えると、プールやビーチにも、何となく行くのためらってしまいますが、14時チェックアウトなら午前中の時間を本当に有効に活用できます

レイトチェックアウトが利用可能だと、とにかくホテル最終日を滅茶苦茶充実したものにできるんです。客室の無料アップグレードとレイトチェックアウトの威力は、本当に絶大でしたね。

このレイトチェックアウトは、特に出発が午後便などの場合、超絶威力を発揮します。

これもかなりお得なメリットと言えますね。

スポンサーリンク

軽井沢マリオットホテル

次の宿泊体験が、国内ホテルでのアップグレードです。

こちら「軽井沢マリオットホテル」は、私が毎年紅葉の時期に、後述するMBアメックスプレミアムカードの継続特典である無料宿泊特典で宿泊することを恒例にしているホテルです(笑)。

なにしろ無料宿泊特典での予約なので、予約できるのは最もお安いお部屋である、「スーペリアルーム(ツイン)」です。

そしてもちろん、紅葉の時期の軽井沢マリオットは無料宿泊特典で予約をとることがすでに激戦なので、そうそうアップグレードはないんですが・・。

この日は、ついに!

ノースウイングの「部屋露天温泉付きプレミアルーム」にアップグレードされました!!

ガチのゴールドエリート特典・・これは本当にすごい!!家族で大歓声をあげましたよ!!

まさかの部屋露天ルームに無料宿泊ですからね!!これが、本当にMBアメックスプレミアムカードの真骨頂といえますね!!

軽井沢マリオットホテル宿泊記&口コミ!レストランのTボーンステーキディナーが凄かった!

スポンサーリンク

名古屋マリオット・アソシアホテル

そして、もう一つ国内ホテルでのアップグレード体験をご紹介しておきましょう!!

この日に宿泊したホテルは名古屋マリオット・アソシアホテル。

予約したのは、スタンダード・ツインルームの有償予約です。

名古屋マリオット・アソシアホテルは地上52階建ての超高層ホテルです。このうち、ホテル客室は20F~49Fに位置します。

そして、クラブルームを除く、いわゆる一般ルームの配置は20F~44Fとなっています。

予約したのはスタンダード・ツインルームですから、最悪20Fという低層階のアサインも覚悟すべきところです。

しかしながら、SPGアメックスの「ゴールド・エリート」の威力が炸裂し、なんと客室はアップグレードのデラックス・ツインルーム。さらに一般ルームでの最高層階である44Fのフロアがアサインされました。

何ですか、この景色。

名古屋のランドマークであるスパイラルタワーを見下ろすお部屋で、まさに最高のひと時を過ごすことができました。

お部屋からの夜景はこんな感じでした。

最上階にあるスカイラウンジ「ジーニス」からの景色にも全く引けを取らない景色でしたね。これ、多分アップグレードとしては最大のアップグレードだったんじゃないかと思います。

ここまでの解説でお分かりのとおり、お部屋のアップグレードは空室さえあればかなりの頻度で享受することができるんです。

名古屋マリオットアソシアホテル宿泊記。SPGアメックスのアップグレードが炸裂!

2019年2月24日
ゴールドエリート会員としてのお部屋のアップグレードとレイトチェックアウトサービスは、かなりの確率で受けることができる。特に子連れ旅行ではレイトチェックアウトの威力が凄い。

メリット②貯まりやすく使いやすいポイント制度

ここまで、MBアメックスプレミアムカードの強烈なメリットである、Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員特典について、実際のメリットを交えご紹介しました。

既にここまでで十分お得なんですが、さらなるメリットがあるんです。

それが、MBアメックスプレミアムカードの「貯まりやすく」「使いやすい」ポイント制度です。

MBアメックスプレミアムカードのポイントは非常に貯めやすく、しかもホテルの無料宿泊はもちろん、ANAマイルやJALマイルへの交換など、とにかく使いやすいポイントなんです。

スポンサーリンク

ポイントの貯め方

まず、MBアメックスプレミアムカードのポイントの貯め方です。

MBアメックスプレミアムカードの場合、通常のカード利用100円につき3ポイントのMarriott Bonvoyポイントがもらえます。

100円につき3ポイントですので、1万円カード利用した場合300ポイントがもらえるという計算になります。

月間のカード利用は私の場合月20万円を軽く超えますが、20万円の利用ならなんとたった1か月で6,000ポイントも貯まります

さらに、MBアメックスプレミアムカードをマリオット・グループホテルでの宿泊で利用することで・・。

さらに強烈にポイントを貯めることができます

こちらは、公式サイトに掲載されているマリオット・グループホテル宿泊時にもらえるポイントの計算例です。

カード利用ポイントが100円あたり6P、さらにゴールドエリートによる宿泊ボーナスポイントが1米ドルあたり12.5Pも加算されるので・・。

上記の2万円のホテル料金の支払いの場合、合計で3,700ポイントが貯まる計算です。

さらに、ここには記載されていませんが実はウェルカムギフトとしてさらに500ポイントもらうことも可能なので、なんと2万円の宿泊1泊だけで、4,200ポイント以上のポイントが貯まります。

実際に、私がブダペスト・マリオットホテルでの宿泊で獲得したポイントがこちらです。

通常ポイントが1,028P+ボーナスポイントが1,028Pで、トータル2,056P

さらに、ゴールドエリート特典(1米ドルあたり12.5P)で2,344P。ウェルカムギフトで500P。

ブダペスト・マリオットホテルの宿泊料金は約2万円でした。

このため、確かに総合計ではたった1泊2万円強のホテルの宿泊で、4,900Pものポイントを手に入れることができました

これ、MBアメックスプレミアムカードホルダーなら、本当にもらえるんです。

MBアメックスプレミアムカードを持たずにマリオット系列ホテルに宿泊するのは本当に「大損」だと思います。

SPGアメックスの宿泊ポイントは本当に18.5%還元?確認結果と計算方法

旅好き、ホテル好きの方なら、宿泊するだけで本当にザクザクポイントが貯まるカードであることがご理解いただけたのではないかと思います。

MBアメックスプレミアムカードは、ポイントが非常に貯めやすいクレジットカード。特にマリオット系列のホテル利用時に大量にポイントが獲得できる。

スポンサーリンク

ポイントの使い方

このように、超絶貯まりやすいマリオットのリワードポイント。

このマリオット・リワードポイントの使い道は、大きく2つになります。

そしてこのリワードポイントの使い道は、2つとも超絶お得です。

マリオット・リワードポイントの使い道
  1. ホテルの無料宿泊
  2. 航空会社マイルへの交換

まず、ホテルの無料宿泊からご説明します。

①ホテルの無料宿泊

MBアメックスプレミアムカードで貯めたマリオットのリワードポイントは、マリオット・グループホテルの無料宿泊に使えます。

冒頭でもご紹介したとおり、マリオット・グループは世界最大のホテルチェーンですから、必ずやお目当てのホテルが見つかるはずです。

例えばこちらはタイ王国の首都・バンコクにある「ロイヤルオーキッド・シェラトン・ホテル&タワーズ」。

バンコクの中心部に位置し、アイコンサイアムや王宮などの観光スポットもほど近い位置にある、このシェラトンブランドのホテルは、たったの12,500ポイントで無料宿泊できます。

このホテルを有料で宿泊した場合の宿泊料金は、ご覧のとおり11,571円となっています。

つまり、1ポイントの価値は0.92円で利用できるということになります。

そして、忘れてはならないのは、MBアメックスプレミアムカードのポイントは100円につき3ポイントもらえるレートなんです。

このため、実質的なポイント還元率は、100円に対しなんと驚異の2.7円(2.7%ということになります。

そして、もう一つのお得な使い方は、上記の「イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル」のような泣く子も黙る超高級ホテルに貯めたポイントで無料宿泊することです。

このイラフSUIは、まともに宿泊すると上記のとおり1泊9万円近くする超高級ホテルですが・・。

このホテルに実際に貯めたポイントで無料宿泊できるんです。

宿泊に必要なポイントが80,000ポイント・・・これ、かなり凄いポイント数に思えますが、ここまで何度もご紹介したとおり、MBアメックスプレミアムカードなら100円の利用につき3ポイント貯まります。

日常利用するクレジットカードをMBアメックスプレミアムカードに切り替えれば、月15~20万円くらいは普通に使うと思います。

月20万円の利用で、年間約200万円利用すれば、6万ポイントは貯まる計算です。

さらに前述のとおり数万円のホテル利用で5千ポイントくらいのポイントをすぐに貯めることができるので、このMBアメックスプレミアムカードを日常の決済に使うだけでも年間10万ポイント超貯めることも決して夢ではありません

そして、MBアメックスプレミアムカードを保有してポイントを貯めることにより、これまで絶対に選択肢に入れることのなかった超高級ホテルへの宿泊も、決して手の届かない世界のお話ではなくなるんです。

これ、すごく夢のある話ですよね。

イラフSUI宿泊記&旅行記をブログでご紹介!アッパーオーシャンビュールームを満喫!

イラフSUIの朝食が素敵すぎ!TIN’INでのハーフビュッフェ朝食をレポート!

貯めたポイントは、高級ホテルへの無料宿泊特典としてお得に利用できる。

マリオットのポイントは無料宿泊とマイル交換のどちらがお得?徹底比較してみた

「ポイントアドバンス」が超秀逸

そしてさらにこのポイントを利用した無料宿泊特典をさらにお得に利用できるのが、「ポイントアドバンス」の仕組みです。

このポイントアドバンスを利用することで、無料宿泊に必要な手元のポイントが不足していても、とりあえず、ポイントを利用した無料宿泊のお部屋を確保しておくことができます

【予約失効条件追加】マリオット「ポイントアドバンス」の条件とルールを解説。ポイントが足りなくても予約可能!

前述のとおり、MBアメックスプレミアムカードのポイントはかなりの勢いで貯まりますので・・。

この方法でお部屋を予約して、ポイントが貯まったら清算すれば、ポイントを利用した無料宿泊の難易度をかなり下げることができます。

②航空会社マイルへの交換

MBアメックスプレミアムカードで貯めたマリオットリワードポイントの使い道その②が・・。

航空会社マイルへの交換です。

エイジアンエアライン ハイナン航空
アエロフロート ハワイアンエアライン
アエロメヒコ イベリア航空
エアカナダ JAL(日本航空)
エアチャイナ ジェットエアウェイズ
エアフランス ジェットブルー
エアニュージーランド 大韓航空
アラスカ航空 ラタム航空
アリタリア航空 ルフトハンザ
ANA(全日空) マルチプラス
アメリカン航空 カンタス航空
アシアナ航空 カタール航空
アビアンカ航空 サウディア航空
ブリティッシュ・エアウェイズ シンガポール航空
キャセイパシフィック 南アフリカ航空
中国東方航空 サウスウエスト航空
中国南方航空 エアポルトガル
コパ航空 タイ航空
デルタ航空 ターキッシュエアライン
エミレーツ航空 ユナイテッド航空
エティハド航空 ヴァージンアトランティック
フロンティアエアライン ヴァージンオーストラリア

航空会社へのマイルの交換は、上記約40のほとんどの航空会社に、3ポイントを1マイルの交換割合で交換することができます。(ニュージーランド航空、ジェットブルー航空のみ交換割合が低いので注意)

そして、この航空会社へのマイル交換でなんといっても凄いのが、JALマイルへ実質等価交換可能なことです。

こういったホテル系のポイントで、ほぼ1対1の割合(1円=1マイル)でJALマイルへ交換できるのはこのマリオットリワードが唯一といってもよいと思います。

そしてさらに、マリオットリワードからマイルに交換する際に、6万ポイントを一括でマイルに交換するとなんと5千マイルのボーナスマイルがもらえます。

この特典を利用してポイントをマイルに交換すると、以下のマイルがもらえます。

ボーナス適用後のマイル換算
  • 60,000P⇒25,000マイル

MBアメックスプレミアムカードは、繰り返しですがカード利用金額100円ごとに3ポイント獲得可能です。

6万ポイントのポイント交換で2万5千マイルということは、MBアメックスプレミアムカードのマイル還元率は、100円あたり1.25マイル(1.25%)になります。

マイルの価値は、ANAマイルの場合で1マイル=2円以上では間違いなく使うことができますので、マイルに交換した場合の還元率は100円あたり2.5円(2.5%)越えは確実といえますね。

MBアメックスプレミアムカードのポイントは、航空会社のマイルにも信じられないくらい超絶高いレートで交換可能。

マイルの価値を徹底解説。1ANAマイルは一体何円なのか?

2021年8月17日

スポンサーリンク

メリット③カード継続による無料宿泊特典

そして、最後にご紹介する・・決して最後のご紹介とは思えないくらいの超絶お得なメリット③が・・。

カード継続によるボーナス「無料宿泊特典」です。

継続ボーナス・無料宿泊特典

 毎年の年会費のお支払いに加えて、プログラム期間中150万円以上のカードご利用で、国内外のMarriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテルでご利用いただける無料宿泊特典(交換レート50,000ポイントまで)をプレゼントいたします。

 祝日や大規模なイベント開催期間中でも、スタンダードルームに空室がある限り、「無料宿泊特典」をご利用いただけます。

上記のとおり、MBアメックスプレミアムカードを継続すると、継続の都度・・つまり年に1度「一泊50,000ポイントまで」のマリオット・グループホテルに無料宿泊できる、無料宿泊特典がプレゼントされるんです。

ただし、ここが非常に重要なんですが、この無料宿泊特典、年会費支払〜年会費支払の期間中・・つまり1年間に150万円以上カード利用しないともらえません。(2023年4月更新までは、前年利用額に関わらずもらえます)

つまり、MBアメックスプレミアムカードをメインカードとして使うことが条件ですので、ここはくれぐれもご注意ください。

ただ、メインカードとして利用することでこの無料宿泊特典をもらえば・・このMBアメックスプレミアムカードの49,500円という超高い年会費も、実質無料にすることができるんですよね。

なにしろ、スタンダードルームに空室があれば、除外日なしに無料宿泊特典を利用できるので・・非常に使いやすいですからね。

私が毎年この無料宿泊特典を利用している紅葉の時期の軽井沢マリオット・ホテルの場合・・。

普通に宿泊すると、50,000円超は確実、大体60,000円くらいは覚悟(笑)することが必要です。

でも、この軽井沢マリオットホテル・・この50,000Pまでの無料宿泊特典で余裕で宿泊予約が可能です。

つまり、このMBアメックスプレミアムカードの継続特典である無料宿泊特典を利用すれば、約5万円超もするお部屋が1泊無料になるということです。

前述のとおり、MBアメックスプレミアムカードの年会費はこの無料宿泊特典の一撃で取り戻せ、さらにお釣りがくるほどの破壊力なんです

私は、毎年この紅葉の時期の軽井沢マリオット&軽井沢アウトレット訪問を楽しんでおり・・。

このルーティンだけで、年会費を実質無料にしています(笑)。

さらに、この50,000Pまでの無料宿泊特典に、最大15,000Pを加え、交換レート65,000Pまでのホテルに無料宿泊することもできてしまいますからね??

前述のとおり、カード更新の無料宿泊特典を獲得するためには年間150万円以上のカード利用が必要ですので・・。

最低でも、100円利用で3マリオット・ポイントがもらえるMBアメックスプレミアムカードの破壊力なら、45,000Pが貯まる!ってことになります。

この45,000Pから15,000Pを捻出すれば、65,000Pまでのホテルに無料宿泊することは、ものすごく簡単です。

ということで、このMBアメックスプレミアムカード。

もう、旅好きの方は必携どころか、持っていなければ大損と言えてしまうと思います。

少なくとも、年会費49,500円(税込)は、カード継続による無料宿泊特典で完全にカバーできてしまうってことですからね。

そしてもちろん、この無料宿泊特典での宿泊でもゴールドエリート会員資格によるお部屋のアップグレードや、レイトチェックアウト特典を受けることができるんです。

もう笑うしかありませんよね。

旅好きの方なら発行するほかない!カードということが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

ただし、何度も繰り返しますが、このカード更新に伴う無料宿泊特典の獲得には、年間150万円以上の実際のカード利用が必要です。

この点は、くれぐれもご注意を!

カード継続による無料宿泊特典が超強烈。年会費は高額だが実質無料にすることができる。年間150万円以上の利用が必要なことには注意!

スポンサーリンク

カード利用400万円でプラチナエリート特典獲得も可能に!

そして、MBアメックスプレミアムカードの継続&利用特典は無料宿泊特典だけではありません。

何と、年間400万円以上カード利用すれば、通常年間50泊が必要なマリオット・プラチナエリート会員資格が付与されるんです。

プラチナエリート会員資格には、無料の朝食ラウンジアクセススイートを含む客室へのアップグレードなど、ゴールドをはるかに超える特典が付与されますからね。

年間400万円以上のカード利用超絶ネックではありますが(笑)、150万円以上利用しないと継続時無料宿泊特典がもらえないので・・・。

どうせなら、プラチナ会員特典を目指してメインカードとして使っちゃいましょう!!

メインカードとして決済しまくればなんとマリオット・プラチナエリート会員資格が手に入るというのは・・正直、超絶メリットと言って良いと思います!

なお、このプラチナエリート会員資格は、毎年1月1日〜12月31日のカード利用金額を集計し・・。

合計400万円に到達したのち1〜2ヶ月後から12ヶ月間プラチナエリート会員資格が付与されますからね!

達成後迅速にプラチナエリート特典が付与される!ってのも、アメックスらしいメリットです!!

年間400万円以上決済すると、ゴールドを超えるプラチナ会員資格も手に入る!

MBアメックスプレミアムカードのデメリット

さて、このようにほぼ完全無欠に見えるMBアメックスプレミアムカードですが、デメリットは無いのでしょうか?

もちろん、デメリットが全くないわけではありません。強いて言えば、デメリットは下記の2つになります。

MBアメックスプレミアムカードのデメリット
  1. 年会費が49,500円(税込)と高額
  2. カード発行初年度は無料宿泊特典が付帯しない

ここまでに少し触れてはいますが、このデメリットはカードをしっかり使えばデメリットとは言えません

ただし、上記赤字で記載したとおりこのMBアメックスカードをメインカードとしてしっかり使うことが条件なので、この点はくれぐれもご注意を。

デメリットがデメリットとは言えない理由を、簡単に解説します。

①年会費が49,500円(税込)と高額

確かに、このMBアメックスプレミアムカードの年会費49,500円(税込)と高額です。

しかしながら、ここまでご紹介したとおりカード継続特典である無料宿泊特典を利用すれば、簡単に元を取ることができます

というか、元を取るどころか上手く活用して高級ホテルに宿泊すれば、年会費を上回る宿泊料金の高級ホテルに宿泊することもでき、むしろプラスになってしまいます。

また、家族カード年会費も1枚目無料なので、家族でメインカードとして使いまくれば、無料宿泊特典はもちろん、頑張って400万円/年利用すればマリオット・プラチナ会員に昇格することもできます。

そしてさらに、MBアメックスプレミアムカードにはここまで紹介した特典も含め、こんなに数多くの特典があるんですよ?

SPGアメックスの特典
  1. Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格
  2. カード継続ごとに5万Pまでの無料宿泊特典(年間150万円以上のカード利用必須)
  3. カード利用100円ごとに3Pの高いポイント還元率
  4. 対象ホテル利用で100円ごとに追加の3P還元
  5. 対象ホテルでの利用で1ドル毎に追加の12.5P還元
  6. カード継続時に宿泊実績プレゼント
  7. 国内ホテル直営レストラン&バー15%オフ
  8. マリオットポイントを無料宿泊に交換可能
  9. マリオットポイントを航空会社マイルに交換可能
  10. 最高1億円の旅行傷害保険(利用付帯)
  11. 航空便遅延費用補償
  12. 手荷物無料宅配サービス
  13. 空港ラウンジサービス
  14. キャンセル費用補償
  15. ネット上での不正利用補償
  16. 返品補償
  17. ショッピング・プロテクション 等

年間150万円以上利用すれば、無料宿泊特典で年会費をペイすることは簡単で・・さらにゴールドエリート会員資格が付与される。

しかも、ここまでご紹介した通り、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトは完全に計算に入れることができるメリットなので、もうこの時点で完全に勝負ありです。

ほぼ確実に、年会費を上回るメリットを享受することができます。

確かに年会費は高めではありますが、それを上回るメリットは確実にあります。

MBアメックスプレミアムカードの高額年会費は、継続時の無料宿泊特典で簡単にペイできる(年間150万円以上の利用必須)。

②カード発行初年度は継続特典の無料宿泊特典が付帯しない

そして、もう一つのデメリットがこちらです。

カード発行初年度は、年会費は普通に徴収されますが無料宿泊特典が付帯しないんです。

ここまで紹介したMBアメックスプレミアムカードの年会費のデメリットを相殺する方法は、カード継続時の無料宿泊特典を前提にしていたので・・。

初年度は何らかの方法でこの初年度年会費分のメリットを捻出する必要があります

ただ、安心してください。初年度年会費も簡単に実質無料にできるんです。

その方法が、MBアメックスプレミアムカードの入会キャンペーンを利用する方法です。

MBアメックスプレミアムカードでは、紹介プログラムを利用して入会した場合、現在なんと総額で45,000ポイントがもらえる入会キャンペーンを実施中なんです。

そしてこの45,000ポイントは、紹介キャンペーンでの入会者限定でもらえるポイントです。

ちなみに、公式サイトの入会キャンペーンを利用して申し込んだ場合でも入会キャンペーンは適用になります。

しかしながら、公式サイト経由の場合もらえるポイントは39,000Pと、全く同じ条件なのに、紹介キャンペーンよりも6,000Pも少ないポイントしかもらえません。

この紹介キャンペーンでもらえる45,000マリオットリワード・ポイントですが、前述のとおりポイントを利用した無料宿泊として利用した場合、1P=0.9円相当のポイントとして使えます。

このため、この45,000ポイントは、約40,500円相当で実際に使えるポイントということになります。

例えば、前述のなんと1泊約50,000円もするこの超高級ホテル「軽井沢マリオットホテル」ですが・・。

平日なら42,000Pあれば泊まれちゃいますからね!!

つまり、この45,000ポイントがあれば、この軽井沢マリオットなら約5万円の価値で本当に使えるので、年会費の元を取ることは、簡単にできてしまいます。

もちろん、その他のホテルでも4万5,000ポイントもあれば数泊は宿泊できるので、ほぼ間違いなく年会費の倍以上の高級ホテル宿泊特典として利用することができます

そして、この新規入会(紹介)キャンペーンでもらったポイントは、当然航空会社のマイルに交換することもできます。

例えば、ANAマイルに交換した場合、約18,750マイル(3P=1.25マイル)に交換可能です。

これも前述のとおりですが、航空会社の1マイル=2円以上が定説ですので、このマイルの価値は約37,500円相当ということになります。

初年度年会費分を取り戻すことが可能なMBアメックスプレミアムカードへの入会は、このように、紹介プログラムを利用した入会が最もお得です。

公式サイトからの入会でもキャンペーンポイントはもらえますが最大39,000Pしかもらえませんからね。

最大45,000Pもらえる紹介プログラムからの入会が絶対におススメです。

なお、紹介プログラムで入会するためには、MBアメックスプレミアムカードを保有している人からの紹介が必須になります。

MBアメックスプレミアムカードへの入会を希望される方は、是非お気軽にお問合せください。メールにて、迅速にご紹介URLをお送りさせていただきます。

ちなみに、お問い合わせフォームへの入力例はこちらです。

もちろん、あなたのお名前(本名)や、普段使いのメールアドレスなどの個人情報を入力する必要はありませんし、当ホームページ上に紹介依頼が公開されることもありません。

捨てアドレスでよいので、yahoo!メールが届くアドレスと、「MBアメックス紹介希望」の旨をお教えください。

折り返し、紹介専用URLをメールで返信いたします。あなたも、私も個人情報のやり取り等は一切ありませんので、下記のボタンから是非安心してお問い合わせください。

なお、私は当然のことながらMBアメックスプレミアムカードを保有していますし・・とことん使いまくってます(笑)。

もし、MBアメックスプレミアムカードの発行やその他MBアメックスについて疑問点などがあれば、同じくお問い合わせフォームからお問い合わせください。

こちらも迅速に回答させていただきます。

※24時間以内に折り返しご連絡を差し上げていますが、もし、連絡が届かない場合はメールアドレスの入力間違いの可能性があります。恐れ入りますが、再度、お問い合わせください。

入会初年度は無料宿泊特典は付帯しないが、「紹介キャンペーン」を利用すれば年会費分のポイントを獲得可能なので、実質年会費無料。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ
  • MBアメックスプレミアムカードの最大のメリットは、世界最大のホテルチェーン「マリオット・グループ」のゴールドエリート会員資格
  • 通常年間25泊以上の宿泊が必要な上級会員資格が、カードの発券だけで獲得できる
  • ゴールドエリート会員の主なメリットは「客室の無料アップグレード」と「14時までのレイトチェックアウト」など
  • 無料の客室アップグレード特典とレイトチェックアウト特典は実際に受けることができ、発動すると超強烈
  • MBアメックスプレミアムカードを普段使いすると、Marriott Bonvoyのポイントが超絶貯まり、貯まったポイントが使いやすいのもメリットの1つ
  • 1円=1マイルの価値でJALマイルへ交換できるのは、MBアメックスだけ
  • 通常使うカードとして利用すれば、年間10万ポイント貯めて、高級ホテル2泊(=10万円相当)も夢じゃない
  • 年会費は49,500円(税別)だが、カード継続時にもらえる無料宿泊特典を利用すれば実質年会費は無料にできる
  • 初年度は無料宿泊特典はもらえないが、紹介キャンペーン経由での入会で実質年会費無料にできる

いかがでしたでしょうか?

この記事でご紹介したMBアメックスプレミアムカードのメリットとデメリットのまとめが、上記のとおりです。

MBアメックスプレミアムカードは、とにかく旅好きの方は持っていないと大損と言い切ることができる超絶お得なカードだと思います。

文中の実体験にもある通りマリオット・ゴールドエリート会員の威力は抜群で、本当に超高い確率でお部屋を超絶アップグレードしてもらえましたし、レイトチェックアウトの破壊力は本当に凄いものがありました。

そして、ポイントの貯まり方も超絶すさまじく、毎日普通に使っているだけで年間5〜10万ポイント程度は簡単に貯まりますし、無料宿泊特典とあわせると1年に1回、2~3泊分は簡単にマリオット・グループの高級ホテルの宿泊を無料にできます。

さらに、無料宿泊の場合であっても、ゴールドエリート特典により、客室の無料アップグレードや、レイトチェックアウト特典が適用されるんです。

さらに、年間400万円以上カード利用すると、まさかのマリオット・プラチナエリート特典まで付帯しますからね??

これ、本当にすごいカードだと思います。

個人的に強烈に便利だと思うメリットはやはり客室アップグレードとレイトチェックアウトですね。

特に子連れの場合はレイトチェックアウトが本当に嬉しいです。ものすごく、午前中の時間を有効に使うことができるんです。これ、絶対に持っておくべきです。

ただし、ここは本当に注意していただきたいんですが・・。

年間150万円以上カード利用をしないと、翌年の継続時の無料継続宿泊特典がもらえません。継続無料宿泊特典がもらえないと、次年度以降の年会費はペイできないので・・ここはご注意ください。

ということで、このMBアメックスプレミアムカードは、メインカードとして利用する前提で発券してください(笑)。

ただし、メインカードとして利用しても、前述のとおり絶対に損はないカードです。

また、ちょっと高めの年会費が気になる方も、しっかり使えば実体験からもまず間違いなく年会費の元が取れるカードですからね。マリオット「ゴールド・エリート」会員取得も可能ですので、この記事も参考にご発行を検討いただければと思います。

MBアメックスプレミアムカードの発行は、45,000Pがもらえる紹介プログラムからの発行が最もお得です。身近に紹介者がいない方は、以下のボタンからご紹介が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

また、MBアメックスプレミアムカードへの入会方法は、以下の関連記事で詳しく解説しています。

マリオットボンヴォイアメックスへの入会方法を徹底図解。審査期間とカード入会後の手続き

2019年2月21日

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日

私は夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日



AD