ニモカルートでANAマイルを貯める方法。交換率0.7倍/陸マイラー必須の交換ルート

陸でANAマイルを貯める通称「陸マイラー」に必須となる知識

それが、各種ポイントサイトで貯めたポイントを、より高い交換率でANAマイルに交換する・・「交換ルート」に関する知識です。

例えば交換率が1円=0.5ANAマイルの場合、2,000円分のポイントをANAマイルへ交換しても、1,000ANAマイルにしか交換できません。

そして、この1円=0.5ANAマイルの交換率が、一般的な交換率なんですよね。

一方、この記事でご紹介する、ANA VISA nimocaカード、通称「ニモカカード」のポイント「nimocaポイント」は・・。

10円(P)=7ANAマイルに交換できます。

なんと交換率0.7倍という、TOKYUルート閉鎖後は、陸マイラー業界で1位タイとなるポイント交換ルートになるんです!!

この交換方法なら、2,000円分のポイントが1,400ANAマイルに交換でき、0.5倍の場合より400P(20%)も獲得マイルが多くなりますからね!!

このニモカポイントのANAマイルへの高い交換率を利用したANAマイルへの交換ルートのことを、通称「ニモカルート」と呼びます。

この記事では、ニモカルートでのANAマイルの貯め方、交換スケジュール等を徹底解説します!

スポンサーリンク

ニモカルート必須のカード

では早速ニモカルートの事をご紹介する・・その前に(笑)。

この記事でご紹介している、10P(円)=7ANAマイルに交換する「ニモカルート」を利用するのに必須のクレジットカードからご紹介しておきます。

それが、上記、三井住友カード発行の「ANA VISA nimocaカード」です。

ちなみに、「nimoca」とは、九州何故か函館が(笑)主な営業エリアである西日本鉄道(通称:西鉄)の100%子会社「(株)ニモカ」が発行する・・。

交通系ICカードと、付帯するポイントプログラムです。

そして、このnimoca提携のクレジットカードである上記「ANA VISA nimocaカード」の所有者限定で、ニモカポイントをANAマイルに10円=7ANAマイル、つまり0.7倍の高倍率で交換できるんです。

あ、ちなみにこのnimoca提携クレジットカードは、当然ながらANA VISAだけでなく、JMB(JALマイレージバンク)との提携カードである「JMB nimocaカード」や・・。

エムアイカードとの提携カードである「nimoca エムアイカード」などの種類があるのですが・・。

これら提携nimocaカードを持っていても、この0.7倍の交換率は利用できませんからね?

必ず、まずはこの「ANA VISA nimocaカード」を発券してください。

以下、このANAニモカカードを所有していることを前提に、解説を続けます。

スポンサーリンク

ニモカルートの全体像

では、「ANA VISA nimocaカード」を所有していることを前提に(笑)二モカルートの全体像と概略スケジュールを見ていきましょう!!

こちらですね。

各種ポイントサイトで貯めたポイントを、Gポイントさん、PeXさんなどのポイント経由サイトを経由して、まずはニモカポイントに交換します。

ちなみに、等倍でニモカポイントへ交換できる、メジャーなポイント経由サイトは上記「Gポイント」さん「PeX」さん2つのサイトだけになります。

無事、ポイントサイトのポイントをニモカポイントへ交換したら・・。

最後にニモカポイントをANAマイルに交換します。

ニモカポイントまでは、1P=1円の完全等価で交換でき、ニモカポイントからANAマイルへの交換は、交換率0.7倍で交換できます。

このため、全体の交換率は1円=0.7ANAマイルということになります。

あ、ちなみにこのニモカルートでANAマイルを貯めるためには、まずは上の図の一番左、ポイントサイトでポイントを貯める必要があります。

ポイントサイトでポイントを貯める方法は、以下の関連記事で詳しく解説しています。

ポイントサイトで大量ANAマイルを貯める方法

2020年6月20日

スポンサーリンク

交換率の評価

交換ルート ANAマイルへの交換率
東京メトロポイント(LINEルート) 0.81倍※2019.12末閉鎖
TOKYUポイント(TOKYUルート) 0.75倍※2022/3末閉鎖決定
nimocaポイント(ニモカルート) 0.7倍
みずほルート 0.7倍
Tポイント、nanacoポイント 0.5倍
ドットマネー 0.28倍

そして、この「ニモカルート」の、陸マイラー業界での順位付け/評価がこちらになります。

いわゆるソラチカ(LINE)ルートが2019年12月末に閉鎖、そして、TOKYUルートが2022年3月末で閉鎖となるので・・。

ニモカルートが、みずほルートと並び業界最大倍率のポイント交換ルートになりますね!

ソラチカルート完全閉鎖!最新代替ANAマイル交換ルートを解説!【2019年最新】

2019年9月30日

【終了】TOKYUルートが閉鎖決定!2022年3月末まで!陸マイラーの代替ルートは?

2021年10月1日

後述しますが、このニモカルートは九州もしくは函館のポイント交換専用端末実際に出向いてマイル交換が必要になる手間はあります。

が、必要になるのは何しろANA VISA nimocaカード1枚だけでOKなので、九州もしくは函館在住の方はもちろん・・。

その他の地域にお住まいの方でも、九州や函館に行くことなんてANA陸マイラーなら超簡単(笑)なので、実はおすすめできるポイント交換ルートでもあります。

何しろ交換倍率は業界最大倍率なので、押さえておくべきポイント交換ルートですね。

みずほルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率70%】

スポンサーリンク

ポイントサイト別交換ルートとスケジュール

では、続いてポイントサイト別の交換ルートと、交換スケジュールなどの詳細を確認していきましょう。

まずは上図の①、各ポイントサイトからポイント経由サイトへの交換です。

ポイントサイト Gポイント PeX
ハピタス 3営業日以内 3営業日以内
ちょびリッチ リアルタイム リアルタイム
ライフメディア 翌営業日 翌営業日
ポイントインカム 3営業日以内 2営業日以内
ポイントタウン (交換不可) 翌営業日
アメフリ 5営業日以内 5営業日以内
ECナビ (交換不可) リアルタイム
モッピー モバイル リアルタイム 1~2日
PC 1週間程度

こちらが、ニモカポイントに等価でポイント交換できる「Gポイント」さん「PeX」さんへの・・。

主要ポイントサイトからの交換可否、および交換までの期間をまとめたものです。

ハピタスさん、ちょびリッチさん、ライフメディアさん、ポイントインカムさんなど主要ポイントサイトからリアルタイム~最大5営業日程度で交換が可能です。

そして、ここにこれまで陸マイラー主力のポイント交換サイトであった「ドットマネー」さんが出てこないというのが・・。

ポイント交換業界の栄枯盛衰を表していますね。

スポンサーリンク

②ポイント経由サイトからニモカポイント

次に②ポイント経由サイトからニモカポイントへの交換スケジュール(期間)も確認しておきましょう!

各ポイント経由サイトからニモカポイントへの交換スケジュールがこちらです。

ポイントサイト 交換期間
Gポイント 翌日(18時交換申請分まで)
PeX 翌月15日頃付与

これは・・かなり差がつく結果になりましたね。

Gポイントは、18時までに交換申請すれば、翌日には交換完了します。

一方・・PeXは、「申し込み翌月の15日頃付与」となっていますので、「月末締切、翌月15日頃付与」のスケジュールです。

Gポイントに直接交換できるサイトは、Gポイント経由でのポイント交換がANAマイルまでの交換期間が最も短く、おススメってことになりますね。

また、もう一つGポイントをおすすめする重要な事実としては・・。

もう一つのANAマイルへの最高交換率を誇る「みずほルート」でも、Gポイントがポイント交換経由地サイトとして重要な役割を果たすんです。

さらに、Gポイントはnimocaポイントに1ポイント単位で交換ができるため、「半端ポイント※」を効率的に利用するためにも便利なんですよね。

このため、Gポイントに交換できない「ECナビ」「ポイントタウン」さん以外のポイントサイトでは、Gポイントさんを経由してニモカルートに乗せるのがおススメですね。

Gポイントに交換して貯めておけば、ニモカルートにも、みずほルートにも、どちらにも利用できる!ってのも大きいです。

※半端ポイントとは
  • ポイントの交換は、「最低交換ポイント単位」があります。
  • このため、例えば300Pが最低交換ポイント単位の場合、500Pを交換しようとすると、交換できるのは300Pのみで、残りの200Pは追加の100Pが貯まるまで交換できません。
  • 一方、1P単位で交換できれば、理論上半端ポイントによるロスは発生しません。

スポンサーリンク

③ニモカポイントからANAマイルへの交換

そして、最後にして最大の難関(笑)ご紹介します。それが、③ニモカポイントからANAマイルへの交換です。

何故、この③が最大の難関なのか。

なんとこの交換は・・九州と函館にある専用の交換機でしかできないんです。

Gポイント、PeXから交換したニモカポイントは「センターポイント」として交換されるのですが、このセンターポイントは、上記のとおりポイント交換機か窓口でしか・・交換できないんです。

そして、この交換機と窓口は・・西鉄さんの営業エリアである、九州か、函館にしか・・無いんです。

このデジタル化社会で、まさかの超アナログ的手法でしかANAマイルに交換できないという(笑)仕様なんですよね。

ただまあ、このハードルのおかげ?であまり利用者もいなさそう=ポイント交換ルートとして長持ちしそう(笑)なのが、唯一の救い・・って感じですかね。

こちらがANAマイルに交換できるポイント交換機になります。

このポイント交換機、もしくはANAマイルに交換できる窓口を目指して、九州もしくは函館に・・行っちゃいましょう!!

そして、この交換機が設置されている場所がこちらです。

かなり局地的な設置ですが、まあ、旅行に行けると思えば「あり」でしょうか(笑)。

もちろん、九州・函館在住の方は余裕で利用できますしね(笑)。

私は毎年1度は九州もしくは函館に行くので、年に1回一括でANAマイルに交換すればそれでOKなんです。

あ、ここで超重要な情報ですが、ニモカポイントからANAマイルへの交換は、一回/一日に交換できるポイント数上限がありません

何とか年に1回程度交換できる機会・・・つまり九州もしくは函館に行く機会を作って、それまでの1年間で貯めまくったニモカポイントを一気にANAマイルに交換する・・。

というのが、ニモカルートの正しいANAマイルへの交換方法だと思います。

スポンサーリンク

交換方法

では、実際の交換方法も簡単にご紹介していきましょう!!

上記、ANAマイルまで最短2日で交換可能な、「Gポイント経由ルート」で交換していきます。

まずは・・各ポイントサイトからGポイントへポイント交換を行います。

あ、Gポイントの口座を持っていない!って方は、まずはこちらから口座開設してください。このリンクから口座開設するだけで50円分のGポイントがもらえます。

Gポイントの口座開設が完了したら、まずはGポイントへのポイント交換です。

ハピタスさんの場合は、このように「Gポイントギフト」の形で交換します。

ハピタスさんからGポイントギフトに交換申請すると、交換申請後3営業日以内にハピタスさんからGポイントギフトコードが記載されたメールが届くので・・・。

メール記載のURLをクリックし、ハピタスさんにログイン。

表示される上記「Gポイントを獲得する」をクリックし・・。

遷移後の画面からGポイントさんにログインすれば、Gポイントへの交換は完了します。

他のポイントサイトさんからも似たり寄ったりの方法で交換ができるので、まずはGポイントへポイントを交換しましょう。

次が、Gポイントからnimocaポイントへの交換です。

Gポイントからnimocaポイントへの交換には、上記のとおり初回のみnimoca番号+生年月日の入力による「初回登録」が必要ですが・・。

初回登録が完了すれば、以後はポイント入力だけで交換可能です。

Gポイントからnimocaポイントへの交換は、当日18時までに交換完了した分は、翌日午前中までに・・。

18時以降に交換した分は、翌々日の午前中にはポイント交換が完了します。

そして最後が・・・nimocaポイントからANAマイルへの交換ですね。

この日は・・ここ「函館駅前バス案内所」に来てみました!函館駅前ですので、ここが非常に便利ですね。

具体的な場所は・・こちらになりますね。

そして、案内所内に・・ありました!こちらが交換機(笑)です。

まずは、右下にANA VISA nimocaカードをセットします。

ANA VISA nimocaカードが読み取られると、上記のような画面に移行します。

Gポイントから交換したnimocaポイントは、右側の赤枠内「センターポイント」に交換され・・このセンターポイントを、ANAマイルに交換することができるんです。

ということで、左上「ポイント交換」をプッシュ。

「全てのポイントの交換」「ポイント数を入力してのマイル交換」の選択肢が出ますので‥。

ここはお好みで(笑)。折角なら、全額交換しておきましょう。

交換するポイント数に問題がなければ「確認」をクリック。

これで、無事交換は完了です。

このように、明細書を印刷することもできるので、気になる方は(笑)貰っておきましょう。

このように、約1日でANAマイルへの交換も完了しておりました。

九州もしくは函館のポイント交換機まで行ければ・・実に簡単に交換することができます!!

スポンサーリンク

ANA VISA nimocaカードのスペックなど

申し込み対象 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年は親権者の同意が必要
年会費 初年度年会費無料
2,200円(税込)
家族カード年会費 初年度年会費無料
1,100円(税込)
提携先 全日本空輸(株)(株)ニモカ
追加カード・
電子マネー
三井住友カード iD(専用カード)
三井住友カード iD(携帯型)
Apple Pay
Google Pay
PiTaPaカード
ETC専用カード
家族カード
銀聯カード

追加カードについて詳しくみる

年会費割引特典 WEB明細サービスマイ・ペイすリボ

割引特典の詳細

旅行傷害保険 【最高補償額】
海外旅行 1,000万円
国内航空 1,000万円
国内旅行 なし
ショッピング補償 年間100万円までのお買物安心保険

※海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のみ対象
ポイントサービス Vポイント/お買物利用200円(税込)につき1ポイント付与
おトクなポイントサービス
利用可能枠
総利用枠
10〜80万円
カード利用枠(カードショッピング)
10〜80万円
リボ払い・分割払い利用枠
0〜80万円
キャッシング利用枠
0~50万円
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
支払日 15日締め翌月10日払い
国際ブランド Visa

では、冒頭ご紹介したとおり、この「ニモカルート」必須のカードである・・。

「ANA VISA nimocaカード」の詳細スペックがこちらになります。

といっても、いわゆる三井住友VISA ANAカードの一般カードに分類されるカードですので、取り立ててすごい特徴があるカード、というわけではありません。

強いて言うなら、初年度年会費無料であることと・・。

さらには翌年以降も年会費2,200円(税込)はかかりますが、カード継続マイルが1,000ANAマイルもらえるので実質年会費無料!ってのが、嬉しいポイントですかね。

スポンサーリンク

ニモカルートでANAマイルを貯めよう!

以上、ソラチカ(LINE)ルート、TOKYUルート閉鎖後の陸マイラーにとって重要なANAマイル獲得ルートとなる・・。

ニモカルートについて解説しました!!

ニモカポイントをANAマイルに交換するには、九州・函館に設置された交換機での操作が必要(Webでの交換不可)ってのが鬼仕様であることは確かですが(笑)・・。

1回行けば制限なくANAマイルを交換することができるので、知っておいて、そして準備しておいて損はない。

そんなポイント交換ルートだと思います。

何しろ、マイル交換率0.5倍と0.7倍では、20%もの交換率の差があるので・・10,000P(円)を交換すると2,000ANAマイルも違うって計算ですからね?

このルートの事も、是非押さえておくようにしましょう!!

みずほルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率70%】

ポイントサイトで大量ANAマイルを貯める方法

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD