インヴァスト証券トライオートFXで10,000円!損失目安約230円の陸マイラー的攻略法

ポイントサイトのFX案件は陸マイラーにとって積極的に狙っていきたい案件です。

ただ、正直システムトレード案件はかなり難易度が高いので、私のブログでも積極的にはおすすめしていません。

しかしながら、同じくシステムトレード案件であるインヴァスト証券「トライオートFX」は、正直難易度的には確かにかなり高いんですが、やり方さえ間違えなければ、損失目安を約230円程度に抑えさらに10,000円がもらえる案件なんです。

ただ、これ真正面から取り組むと本当にメチャ難しいです。

とりあえずポイントサイトのポイント獲得条件を達成したい!って方は、余計なことは考えず是非この記事を参考にしてください。

多分、多くの方が「気になってはいるけどちょっと怖くて手を出したことが無い」と思われる、このインヴァスト証券「トライオートFX」ポイントサイト案件の陸マイラー的攻略法を解説します。

スポンサーリンク

インヴァスト証券「トライオートFX」案件のポイント相場

では、ポイントサイト案件紹介時の「お約束」、インヴァスト証券「トライオートFX」のどこ得でのポイントサイト相場を確認してみましょう。

ご覧のとおり、10,000円水準で主要ポイントサイトほぼ横並びの状況ですね。

そしてインヴァスト証券FX案件は、この10,000円水準でポイントサイト相場はほぼ一定です。あまり高くなったり低くなったりはしません。10,000円水準以下では口座開設してはいけませんが、10,000円ならこれがほぼ最高水準ですので、迷わず口座開設しても大丈夫です。

また、トライオート案件には「トライオートETF」や「トライオートシストレ24」などのバリエーションもあるのですが、FX案件よりはポイントが低めですし、利用できるのはいずれか1つのサービスなので、迷わずトライオートFX案件を申し込んでおくべきです。

また、このポイントサイト案件の中で最もおすすめなのは超絶ユーザーフレンドリーな老舗ポイントサイトハピタス」さんですね。

ハピタスを選択する理由は後述しますが、この記事ではハピタスの案件を題材に解説を続けます。

トライオートFX 案件詳細

では、早速案件の詳細を確認していきましょう。

ハピタスさんの「トライオートFX」案件がこちらですね。上記のとおり、口座開設+入金+取引で10,000Pt(円)がもらえます。

ポイント獲得条件の詳細がこちらですね。

ポイント獲得条件
新規口座開設+入金+取引完了 
※新規WEB申込後60日以内に、「トライオートFX」で下記自動売買注文又はマニュアル注文のいずれかの取引で条件を達成
※条件
自動売買注文の条件
  新規口座開設+入金10万円以上+1万通貨以上の新規取引
・マニュアル注文(手動)の条件
  新規口座開設+入金10万円以上+100万通貨以上の新規取引
※対象口座:トライオートFX
※初めてトライオートFXにて口座開設する方が対象 
※自動売買による取引後の決済は手動でもポイント対象

上記のとおり、自動売買注文であれば、新規口座開設後10万円入金+たった1万通貨の取引でポイント獲得条件達成です。

ただ、その自動売買でたった1万通貨の取引が、信じられないくらい滅茶苦茶難易度高いのが、このトライオートFX案件の特徴ではあるんですけどね(笑)。

なお、マニュアル注文(手動)の場合は100万通貨の取引が必要です。インヴァスト証券のスプレッドは0.3銭なので、 1万通貨あたりの取引の損失目安は30円。

100万通貨の損失目安は3,000円です。

一方、自動売買注文の場合損失目安は1万通貨で約230円ですので、できれば自動売買注文でポイント獲得条件を達成したいところです。その方法は、このブログで超詳しく解説しています。

自動売買の取引条件
  • 自動売買による取引後の決済は手動でもポイント対象となります。

そして、上記の取引条件の記載はハピタス限定の記載なんですが、これが超重要なポイント獲得条件なんです。

自動売買による取引後の決済が手動でもポイント対象になるんです。これハピタス案件をおすすめする理由でもあるのですが、本当にメチャクチャ重要です。

自動売買の一番の怖さは、決済取引も自動なので利益/損失を確定できず、場合によっては芋づる式に損失が拡大することなんですが、手動でサクッと決済できるので、損失をこのインヴァスト証券案件の場合最低約230円に抑えることができるんです。

ただ、それでも滅茶苦茶難しいのがこのインヴァスト証券案件なんですけどね。

スポンサーリンク

ポイント却下条件

そして、同じくポイント却下条件がこちらです。

まず、同一世帯不可条件がありますので夫婦申込は不可です。230 円と損失目安低め案件なので、これはちょっと痛いですね。

また、インヴァスト証券で既に口座を持っている方は対象外となります。ETFなど別案件をこなした方は対象外ですね。

もう一つこれまた重要な表記なのですが、承認前に出金をした場合は不可です。これは他のFX案件等でも同じですが、ポイント承認まで必ず出金はしないようにしてください。

スポンサーリンク

インヴァスト証券の取引条件攻略法

では、インヴァスト証券での自動売買「1万通貨」取引の方法を解説していきます。

なお、FXの用語等が分からなくてもとりあえずこの手順通りやればOKですので、用語等が分からない場合はもう無理に考えようとせず機械的にこなしてください

口座開設後、インヴァスト証券の口座にログインし、まずは上記のとおり「トライオートFX」のバナーをクリックします。

すると、このようなトライオートFXの取引画面が出てきます。

しかし・・これ一体どうすればいいの?って感じの画面なんですよね・・・。UI(ユーザーインターフェース)的にはかなり改善の余地があると思います。

昔のファミコンゲームみたい・・っていうか、いきなりその世界に放り出されて、何をすればよいのかさっぱりわからないんです。

ということで、あまり深く考えずここからの手順をそのまま辿ってください。

まずは入金しましょう。右上の赤矢印入金ボタンから、10万円入金してください。

10万円の入金が完了したら、早速取引に入ります。

画面左上、「自動売買セレクト」をクリック。ちなみに、その右「マニュアル注文」を選んだ場合は、全て手動で100万通貨取引すれば、条件達成です。

すると、このような画面に遷移すると思います。

正直・・何これ?って感じですよね。

訳が分からな過ぎて震えます

ハイブリッド_スイスフラン/円_ユーロ/英ポイント_米ドル/円・・・って意味がさっぱり分かりません。

タイプもハイブリッド?、コアレンジャー??ハーフ???

正直、これを理解するのはめちゃ大変ですし、一体投資にいくらお金がかかり1万通貨の取引完了するまでに下手すると幾ら損するのか、またどのくらい時間が掛かるのかもさっぱりわかりません。

これが初見で理解できる方は、多分天才か異次元の住人です。

このため、このインヴァスト証券の最大の特徴と言える「自動売買セレクト」のことは一切忘れちゃってください。忘れても大丈夫です。

ということで、この案件では自分で自動売買の取引内容を設定できる「ビルダー」機能を使います。

上記、「ビルダー」タブをクリック

続いて、FXとETFどちらの自動売買取引を作成するかを確認されるため、当然「FX」をクリック

次が、自動売買の種類の選択ですが、ここも「シングルカスタム」をクリック

意味が分からなくてもOKです。

次が、取引通貨の選択なので、一番上「米ドル/円」をクリック

次に、自動売買の設定です。ここも、とにかく機械的に入力してください。

まず、①売買設定ですがこれは「買」「売」どちらでもよいです。その時の相場が円高傾向なら売り、円安傾向なら買いなのでしょうが、10,000通貨の取引ですのでどちらでも大差はありません。

次が②取引数量です。10,000通貨の取引が必要なので、ここは間違いなく10,000にしてください。(当初値は5,000)

次が③エントリー価格

ここ凄く重要なんですが、エントリー価格になった際に実際の売買が発生するので、設定時点(=現時点)とほぼ同じ米ドル/円の価格に設定してください。

現時点での為替レートからかけ離れたエントリー価格を設定すると、いつまで経っても取引が発生しないので、必ず取引画面に戻り実際の為替レートに近い価格を設定してください。

次が④利確幅の設定です。これはそもそも利益確定取引をするつもりが無いので、最低の「5」pipsを設定してください。

ちなみにインヴァスト証券のpips=1銭(0.01円)になるので、5pipsで設定したということは500円の利益が確定したら決済取引を行う、ということになります。

次が⑤損切り設定ですが、これはチェックしない(=損切り設定しない)でOKです。

そもそも最低の損切り設定が約7,000~8,000円損したら損切り決済(70pips~80pips)、という設定しかできないので、設定をする必要はありません。

最後に、⑥「フォロー値」「カウンター値」の入力です。これは、いずれかを必ず入力する必要があります。

フォロー、カウンターっていったい何?ってことなんですが、これは自動売買を次に発動する際の条件です。

ちなみにフォローは「順張り」、カウンターは「逆張り」なんですが、正直この意味を覚える必要は全くありません

ただし、折角1万通貨の取引が完了したと思ったら、すぐに次の発注をされては困りますので、これは「フォロー」で「500pips」(5円)くらい・・つまりほぼ次の自動売買が発現しえない設定にしておきましょう。

ここまで入力したら「追加する」をクリック。

すると、上記のように「注文」タブに今作成した自動売買設定が保存されるので、赤矢印「注文タブ」をクリックして内容を確認後、「シミュレーション」をクリック。

すると、このように過去のチャートからシミュレートした、このシステムを運用した際の損益の結果が表示されますが・・ぶっちゃけこれもどうでもよいです。

サクッと「カートに入れる」をクリックしましょう。

カートに入れると、このように注文を確定するボタンが表示されるので、必ず発注数量が上記のとおり「1」となっていることを確認のしてください。

また、必要証拠金もよく確認してください。レバレッジ25倍ですので、10,000米ドルの取引に必要な証拠金の額は40,000~50,000円で良いはずです。

この証拠金が馬鹿高い場合は、設定が間違っている可能性があります。

ここまで確認できたら注文を確定するボタンをクリックします。

最終確認のポップアップが表示されるので、「注文を確定する」をクリックすれば、自動売買がスタートします。

自動売買の取引方法

では、自動売買の取引方法を解説していきます。

上記のとおり、今作成した自動注文が「稼働」しています。この自動注文で設定したご自身が設定した価格にドル/円の価格が達すると、1万米ドルの「売」もしくは「買」の新規発注が行われます。

当然ですが為替レートはめまぐるしく変動するので、自分が設定した価格から乖離してしまいとてもではないが発注しそうにない!って場合は、再度自動売買を設定した方が速いです。

一番左のボタンを押して「稼働を停止」し・・・。

その後、一番右にある「ゴミ箱」ボタンを押して、自動注文自体を削除してしまいましょう。

為替レートが発注価格に達すると、一瞬画面が光り、自動注文が行われます。

上記のとおり、「約定照会」および「建玉照会」に「①」と注文数が表示されるので一目で分かると思います。そして、画面右上にあるとおり「評価損益」にも表示が出ます。

これで、1万通貨の新規取引の条件はクリアです。

後は、可及的速やかにこの注文を決済してしまいましょう。そして、この自動売買後の決済は手動でもOKなのは、覚えていますよね?

とにかく早めに、取引画面の左下「建玉照会」タブをクリックし、現在新規注文中の建玉について、「決済」ボタンを押して決済します。

無事、決済が完了すれば、これにて取引は完了です。

なお、前述のとおりインヴァスト証券の米ドル/円のスプレッド(価格差は)0.3銭なので、瞬時に取引すると損失目安は約30円なのですが、実は、自動売買の場合は手数料が掛かるんです。

1万通貨以上の取引の場合、手数料は往復で2.0pips(200円)です。

このため、この取引の損失目安は約230円となります。

私は、上記のとおり160円の損失で済みましたが、取引を瞬時に行えば、約230円程度の損益で収まります

そして、最後に重要となるのが、次の自動新規発注の停止です。忘れてはいけませんが、この取引は自動売買ですのでこのまま放っておくと再度新規発注してしまいます

ただ、次回の新規発注は価格変動が5円(500pips)・・つまり、例えば107円で取引した場合は102円か112円にならない限り次の発注を行わない設定にしたので、すぐに発注する可能性はほぼ「0」です。

ここは急ぐ必要はありませんが、ただ、確実に発注自体は止めておきましょう

発注を停止する方法は、既にご紹介した通りです。

一番左の「稼働停止」ボタンを押し、システム自体を一括稼働停止します。

その後、取引画面の一番右にある「ゴミ箱」ボタンを押して、注文を削除します。

最終的に、「注文照会」タブの「注文中」をクリックし、注文中の注文が無いことが確認できれば、これで自動発注が再度行われることはありません。お疲れさまでした。

もちろん、この方法で有効判定をがっちりもらってますのでご安心ください!

この方法なら極限までリスクを抑えてポイントを獲得できるので、是非早めにこの案件に挑戦することをおすすめします!!

スポンサーリンク

インヴァスト証券について

さて、この記事でご紹介したインヴァスト証券FXですが・・。

実際に利用してみた感想としては、かなり難しいFX口座という印象です。他社でのFXの経験が十分にあり、基本的なFXの仕組み、またシステムトレードの仕組み等が分かっている方向け、つまり上級者向けの口座ですね。

それがインヴァスト証券もわかっているのか、口座を開設すると数日後に初心者向けの解説本が送られてきます

ただまあ・・それでもかなりとっつくにくいのは確かです。ハイブリッドとかコアレンジャーとか・・もう全然分かんないですもん。

ただ、こういった高度な設定のシステム取引がほぼ全自動で行える・・というのは魅力的といえば魅力的だと思います。

使ってみて気に入った方は、是非継続して利用してみていただければと思います。

スポンサーリンク

インヴァスト証券案件は今がチャンス!

いかがでしたでしょうか??

インヴァスト証券FX案件の、陸マイラー的システムトレード攻略法を解説しました。

この「手動決済」なら、損失目安は230円で済み、なんと10,000円(7,500ANAマイル相当)のハピタスポイントがもらえてしまいます。

そして、この案件をお得に攻略したい方は、是非お急ぎください!!

というのも、なんと今回解説したこの「ビルダー(自動売買を自分で作る)」機能、何と2020年7月18日に予定されているトライオートFXのリニューアルにより、一旦機能として無くなってしまうんです。

ただ、この機能を望む声が多いという理由により、2020年9月を目途にこのビルダー機能が再実装されるとのことですが、やり方も変わってしまうでしょうし、7月18日~9月の間はビルダー機能が使えません。

是非、お早目のご利用をどうぞ。

このインヴァスト証券案件は、「自動売買による取引後の決済は手動でもポイント対象」と明確に記載のあるハピタスさんがおススメです。

この記事でご紹介したハピタスのインヴァスト証券案件はこちらからご利用いただけます。

ハピタスへの口座開設がまだの方は、こちらから登録をどうぞ。今なら左記リンクから登録し、7日以内にハピタスのサービスを利用することで400円分のハピタスポイントがもらえます。

FX案件の陸マイラー的相場情報まとめ【2020年最新】お得な口座開設のタイミングと難易度を解説

「FXシステムトレード」ポイントサイト案件の陸マイラー的攻略法を徹底解説【ハイリスク注意】

DMMビットコインのポイントサイト案件で3,500円!損失目安は30円!仮想通貨案件は怖くない

口座開設のみ!GMOコインのポイントサイト案件が爆益!時給2万円のノーリスク案件を逃すな!

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD