アメックスゴールドプリファードカードのメリットとは?陸マイラー驚きの9つのメリットを解説!

この記事には広告が含まれています

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード、通称アメックスゴールドカードが・・。

2024年2月に「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファードカード」として、新たに生まれ変わりました!!

あ、ちなみにアメックスゴールドカードは私が大量マイルを貯める陸マイラー生活を開始するにあたり真っ先に発券したカードとして思い出深いカードですが・・。

入会キャンペーンで大量ANAマイルが貯まるのは強烈なメリットなんですが、それ以外には残念ながら「これ」というエッジの効いた(突出した)メリットが見えづらかったカード・・だったんですよね。

その辺りの(笑)弱点はアメックスさんも重々承知されていたようでして・・ここに来て、ガチの旅行好き/陸マイラーに特化したような超エッジの効いたメリットを有するカードに新たに生まれ変わりました!!

・・というか、正直勢いがすごい「MBアメックスプレミアムカード」(マリオット・ボンヴォイ・アメックス・プレミアムカード)を相当意識したカード・・と言って良いかもしれません(笑)。

年会費は約7,000円ほど値上がりしましたが、正直、値上がり分7,000円以上の価値があると思います。

アメックスゴールドプリファードカードの、陸マイラー必見のメリットを解説します。

スポンサーリンク

メリット①フリーステイギフト+ホテルクレジットが神!

まず、アメックス・ゴールド・プリファードカード最大のメリットがこちらですね!!

なんと、年間200万円以上カード利用翌年もカードを継続することで・・。

マリオットやプリンス、ホテルオークラグループホテルなどの宿泊に利用できる1泊分のフリーステイ・ギフトがもらえてしまうんです!!

ホテル系列 ホテル名称
プリンス 札幌プリンス
グランドプリンスホテル新高輪
ザ・プリンスパークタワー東京
ザ・プリンス箱根芦ノ湖
箱根仙石原プリンスホテル
ザ・プリンス軽井沢
名古屋プリンスホテル スカイタワー
ザ・プリンス京都宝ヶ池
グランドプリンスホテル大阪ベイ
グランドプリンスホテル広島
沖縄プリンスホテルオーシャンビュー宜野湾
マリオット ウェスティンルスツリゾート
ウェスティンホテル仙台
アロフト東京銀座
東京マリオットホテル
ウェスティンホテル横浜
シェラトン・グランデ・トーキョウベイホテル
軽井沢マリオット
琵琶湖マリオット
チャプター京都トリビュートポートフォリオ
シェラトングランド広島
長崎マリオット
シェラトン鹿児島
オークラニッコー グランドニッコー東京お台場
ホテルオークラ東京ベイ
ホテル日航金沢
ホテル日航大阪
ホテルオークラ福岡
ホテルオークラJRハウステンボス
ホテル日航アリビラ
ハイアット ハイアットセントリック金沢
ハイアットリージェンシー京都
グランドハイアット福岡
ハイアットリージェンシー瀬良垣沖縄
ニューオータニ ホテルニューオータニ東京
ホテルニューオータニ幕張
ホテルニューオータニ大阪
ホテルニューオータニ博多
ロイヤルパークホテルズ ザロイヤルパークホテルアイコニック名古屋
ザロイヤルパークホテルアイコニック京都
ザロイヤルパークホテルアイコニック大阪御堂筋

フリーステイギフトの対象ホテルがこちらですね。

正直、1泊5〜10万円はしちゃうようなホテルが普通に含まれています(笑)。

年間200万円以上カード利用がある方限定ってのがちょっとだけハードルですが、1月あたり約17万円なので、水道光熱費含めすべてこのカードに集約させれば達成できる金額ですからね。

この特典が獲得できれば、普通に年会費(39,600円(税込))の元は楽勝取れると思います。

一方、MBアメックスプレミアムカードの無料宿泊特典は、年間150万円のカード利用+継続が条件ですが、マリオット系列ホテル限定50,000ポイント分が上限なので・・。

アメックス・ゴールド・プリファードカードのフリーステイギフトの方が、若干使い勝手は良さそうですね。

ただ、利用できるホテルはそれなりに限定的ですのでご注意を。

さらに、カード継続でアメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインのホテル予約で利用できる10,000円分のトラベルクレジットが・・。

こちらは無条件でもらえる!ってのも大きいんですよね。

正直、この2つのメリットだけで完全に年会費の元は取れてしまうと思います(笑)。

軽井沢マリオットホテル宿泊記&口コミ!レストランのTボーンステーキディナーが凄かった!

ウェスティンルスツリゾート宿泊記!遊園地付き子連れおすすめリゾートを徹底解説!

ウェスティン仙台プラチナブログ宿泊記!1泊2日陸マイラー旅行!【子連れ添い寝条件も】

スポンサーリンク

メリット②入会キャンペーンで大量ANAマイルが手に入る!

そして、こちらも最強と呼べてしまうメリットがこちらですね。

アメックス・ゴールド・プリファードカードはほぼ常時入会キャンペーンを実施しており、この入会キャンペーン経由で入会し、所定の条件をクリアすることで・・。

なんと今なら130,000ANAマイル分のリワード・ポイントを手に入れることができます。

いや、普通にやばいです(笑)。

条件クリアには3か月で50万円6ヶ月で100万円のカード利用が必要ですが、1月に平均すれば利用額は20万円程度です。

ちょっと厳しい条件であることは確かですが、家計の全ての支出をこのカードに集中すれば何とか達成可能な金額ではないかと思います。

そして、アメックスのポイント制度の凄いところが、このリワードポイント、なんと即時付与なんです。

例えば上記のキャンペーンの場合、50万円、100万円の利用を達成すると、売上反映と同時に即時にポイントが付与されます。

つまり、本当に6か月で130,000ANAマイル分のリワードポイントが手に入るんです。

三井住友VISAカードやJCBカードのキャンペーンの場合、ポイント付与は条件達成後3か月~半年後だったりしますので、このポイント付与の即時性はかなり大きなメリットです。

そして、もらえるポイントはさらっと紹介してしまいましたが130,000ANAマイル分ですよ!?これ驚異的な破壊力です。

私の場合はアメックス・ゴールド時代で40,000ANAマイル相当のポイントでしたが・・。

初めて大量マイルを手に入れた時・・正直震えましたね。

ビジネスクラスにガチで乗れるだけの大量ポイント・大量マイルですからね。

私はこのポイントをANAマイルに交換し、念願のビジネスクラスで香港旅行に行ってきました。

当然、ビジネスクラスなんてこれまでの人生で一度も乗ったことはありませんでした。人生初のビジネスクラスです。

本当に、ビジネスクラスに乗れる・・!

この衝撃は本当に大きかったです。本当に以後の陸マイラー生活を継続する大きなモチベーションになりました。

そしてANAヨーロッパファーストクラスやANAハワイA380ビジネスクラス/ファーストクラスにも搭乗し、さらには親子4人でのビジネスクラスハワイ旅行も実現させることができたんですから、これは大きなインパクトでしたね。

とにかくアメックスゴールドを発券し、決済をこのカードに集中させていれば大量マイルが手に入るんです。

まさに大量マイルへのファストパスと言っても良いと思います。

ANAハワイA380ファーストクラス搭乗記!ホノルルー成田機内食とスイートラウンジ!【NH183】

ANAハワイA380ビジネスクラスブログ搭乗記!NH182成田-ホノルルの機内食など!

あ、普通にカード発券してしまうと最大120,000ANAマイル分のポイントしかもらえないので・・。

全く同じ条件で130,000ANAマイル分のポイントをもらう方法は、以下の関連記事をご覧ください。

【最新】アメックス・ゴールドプリファードカードの入会キャンペーンが激得!最大130,000ANAマイルもらえる!【還元率10%超】

メンバーシップ・リワード・プラス登録手数料無料(3,300円相当)

ただ、実は1点だけ注意事項があります。

このアメックスカードで獲得したリワード・ポイントをANAマイルに交換するには、なんと年会費39,600円(税込)とは全く別に、2つの有料サービスに登録する必要があるんです。

ANAマイル交換に必要な費用
  • メンバーシップ・リワード・プラス 3,300円(税込) ←無料!
  • メンバーシップリワードANAコース 5,500円(税込)
  • 合計:5,000円(税込)

アメックスのポイントをANAマイルに交換するためには「メンバーシップ・リワード・プラス」「メンバシップリワードANAコース」という2つのサービスへの登録が必要なんです。

が、なんとこのアメックス・ゴールド・プリファードカードでは、メンバーシップ・リワードプラスの年会費3,300円(税込)が無料なんです!!

これ、アメックス・ゴールドカード時代は有料でしたので、年会費上がった分進化してきましたね!

ということで、なんとメンバーシップ・リワードプラスの「ANAコース」(5,500円(税込)/年会費)に登録するだけで、ANAマイルに1P=1ANAマイルの交換率で交換できます。

ただし、これまた注意なんですが・・、アメックスリワードポイントからANAマイルへの交換は、年間40,000マイルが上限なことにも注意が必要です。

130,000ポイントってことは・・実質約2年交換に必要になります。(3年ではないです。2年で交換できます。)

このちょっとだけ難解な、リワードポイントをANAマイルに交換する方法は下記の関連記事で詳細に解説しています。

アメックスのポイントをANAマイルに交換する方法と手順【アメックスユーザー必読】

スポンサーリンク

メリット③ プリンスホテルの「ゴールドメンバー」ステータス付与

そして、これもガチやばいメリットであり・・相当マリオット・ボンヴォイ・プレミアム・アメックスカードを意識していると思いますが・・。

なんと、このアメックスゴールドプリファードカードに入会することでプリンスホテルズの「ゴールドメンバー」エリート資格が自動付帯するんです(笑)。

プリンスゴールドメンバーのメリット
  • 会員証呈示でスマートチェックイン
  • レイトチェックアウト
  • 宿泊╱ゴルフ ベストレート保証
  • 半年間でレストランのご利用10回ごとに、お食事券(10,000円分)サービス

プリンスゴールドエリートメンバーのメリットがこちらですが・・。

レイトチェックアウトは正直本気で超絶使えるメリットですし、半年間でレストランの利用10回ごとにお食事券10,000円分サービスもなかなかお得ですからね!

プリンスホテルグループをよく利用する方には、なかなかのメリットだと思います!

スポンサーリンク

メリット④プライオリティ・パスで空港ラウンジ使い放題

次にご紹介するアメックス・ゴールドプリファードカードのメリットがこちらです。

全世界145か国の空港の、1,500箇所以上もの航空会社ラウンジに年間2回無料で入室できる「プライオリティ・パス」のサービスが無料で付帯します。

ちなみにアメックス・ゴールドプリファードカードは家族カード2枚まで年会費無料発券でき、さらに家族カードでもプライオリティ・パスを発券できるので、夫婦そろって無料でラウンジを利用することもできます

もちろん、アメックスゴールドカードでも提携カードラウンジに入室することができますが、そもそもカードラウンジと航空会社のラウンジではサービスレベルが雲泥の差です。

もちろん、航空会社ラウンジはカードラウンジとは全く違います。軽食食べ放題にビール飲み放題の夢の空間なんですよ。

成田空港ANAラウンジ(国際線)ブログ訪問記!メニュー&シャワー/入場方法と入場資格も解説!

セントレア(中部国際空港)KALラウンジ訪問記

その他、全世界1,500箇所以上もあるのでとても紹介しきれませんが、例えばソウル仁川空港のアシアナビジネスラウンジ、グアム空港のサガンビスタラウンジなんかも利用できます。

こちらはソウル・仁川空港のアシアナビジネスクラスラウンジ。

なかなかの高級ラウンジですよね?カードラウンジとは雲泥の差、ということはお分かりいただけるのではないでしょうか。

また、グアムなど小規模な空港の場合、出発便が重なると座るところすらないくらい混み合うので、ゆっくり座れてビールや軽食も無料!なこの空港ラウンジサービスはかなり利用価値が高いです。

そしてこのラウンジ、本来ならそれぞれの所有航空会社の上級会員もしくはビジネスクラス以上のフライトへの搭乗者でなければ利用できないんです。

この航空会社ラウンジを無料で利用できる!という価値は非常に高いものがあります。

正直、1回味わってしまうと、もう後戻りはできないです。それくらい、ラウンジの魅力は大きいと思います。

仁川国際空港アシアナ航空ビジネスラウンジ訪問記

プライオリティパスとは?空港ラウンジが使える超絶メリットを徹底解説!

スポンサーリンク

メリット⑤海外旅行時スーツケースの宅配無料!

そして、5つ目のメリットがこちらです。

かなり便利!な手荷物無料宅配サービスですね。

海外旅行の際、出発時に自宅から空港まで、帰国時に空港から自宅まで、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で空港まで配送してもらえます。

これ、公共交通機関で空港まで向かう場合、なんと空港までほぼ手ぶらで行けるってことです。

重たいスーツケースを転がして空港に向かう必要はないんです。無茶苦茶便利なサービスじゃないですか?

サービス対象空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

サービスの対象となる空港は上記の4空港だけですが、十分ですよね。

国内線乗り継ぎで出発する場合は、前もって上記の4空港に送っておけばよいので地方空港から国際線出発する方も、もちろん利用することができます

さらに、このサービスを利用するのに「旅行代金をアメックスゴールドで支払う必要がある」などの条件は一切ありません。

アメックスゴールドプリファードホルダーであれば、誰でも1名につき1個のスーツケースの宅配が、往路、復路ともに無料になります。

当然、家族カードの方も対象です。

スポンサーリンク

メリット⑥家族カードが1枚無料!

そして、次なる4番目のメリットがこちら。

家族カードが2枚無料で発券可能なんです!!

これがどういうことを意味するのか?例えばここまでご紹介したプライオリティ・パスや手荷物宅配サービスは、会員1名につき1枚発行&スーツケース1つ無料なのですが・・。

家族カードの発行によりこのメリットが単純に倍になる、ということです。

家族カードでもそれぞれプライオリティ・パスや手荷物宅配サービスを利用できるんです。

これ、凄いメリットじゃないですか??

家族カードと夫婦別々に保有する・・どっちが得?

ここで気になるのは・・。

このアメックス・ゴールドプリファードカード、夫婦の場合別々に加入するのと家族カードの発券、どちらがお得か?ということかと思います。

そして、これは答えは簡単です。絶対に家族カードがお得です。

アメックス・ゴールドプリファードカードはとにかく年会費が高いので、2枚も持っていると家計を半端なく圧迫します。

例えば夫が先に申し込んで入会キャンペーンをクリア、その間妻は家族カードを利用する。

夫が入会キャンペーンをクリア後、カードを解約したら次は妻がカードを申し込んで夫が家族カードを利用する。

こんな使い方が個人的にはベストだと思いますね。

スポンサーリンク

メリット⑦充実の海外旅行保険&24時間問い合わせ対応!

さらに、アメックスゴールドカードには海外旅行時に安心の海外旅行関係保険&アシスタントサービスまで付帯します。

海外旅行時のサポート
  • 海外旅行傷害保険
  • 航空便遅延費用補償
  • 海外でのトラブル時の日本語サポート(24時間通話料無料)

これが、さすがは年会費39,600円(税込)のゴールドカード!と唸りたくなるかなり素晴らしいサービスなんです。

海外旅行傷害保険

まず素晴らしいのがこちら。海外旅行傷害保険です。

アメックスゴールドの海外旅行傷害保険(利用付帯)
項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 1億円(1,000万円)
傷害治療費用 300万円(200万円)
疾病治療費用 300万円(200万円)
賠償責任費用 4,000万円(4,000万円)
携行品損害保険 50万円(50万円)
救援者費用 400万円(400万円)

ちなみにこの海外旅行傷害保険、全て「利用付帯」ですのでご注意を。

利用付帯とは、そのカードで旅行費用を払わないと補償されない保険のことを言います。

そしてこの保険がさらに凄いのは、この保険なんと「家族特約」付きなんです。

カード会員の配偶者、カード会員と生計を共にする子ども・両親などの親族も、旅行に同行した場合同じく補償されるんです。(※家族特約は、( )内の金額が補償されます。)

これ、滅茶苦茶大きいメリットですよね。

まさに海外旅行必携のメリットです。

航空便遅延補償(海外)

次のメリットがこちらですね。アメックス・ゴールドカードには航空便遅延補償(海外)が付帯します。

航空便遅延補償(海外)
項目 保険金額
乗継遅延補償 20,000円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用 20,000円
受託手荷物遅延 20,000円
受託手荷物紛失 40,000円

この航空便遅延補償(海外)も当然ながら自動付帯です。

日本は台風などの災害が多く、欠航や遅延も多いので、この補償サービスもかなり嬉しいサービスです。

24時間日本語アシスト(オーバーシーズ・アシスト)

さらに、これだけにとどまらないんです。

レストランの予約はもちろんのこと、医療機関の紹介など緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から、24時間通話料無料またはコレクトコール、しかも日本語でのコンシェルジュサービスが利用できるんです。

これ、想像以上に滅茶苦茶便利です。トラブル時に相談窓口がある!ってだけでも安心感が全く違いますからね。

スポンサーリンク

メリット⑧JCBとの提携で国内&国外どこでも使える!

そして8番目のメリットがこちら。

アメリカンエキスプレスカードというと、何となく国内では「使えない」(加盟店が少ない)カードという印象がありますが、実は全くそんなことはありません。

JCBとの提携により、国内での提携店はJCBと同数なんです。

実際に使ってみて思いましたが、日本国内でアメックスが使えなくて困った!ということはほとんどありませんでした。

日常の利用に困ることは一切ないと断言できるので、安心して発行して下さい。

アメックスが使える店を一発で見抜く方法。JCB加盟店ならアメックスは使える!提携関係を解説。

スポンサーリンク

メリット⑨QuickPay登録が可能でスマホ決済が便利!

そして、最後のメリットがこちらです。

アメリカンエキスプレスカードはJCBと提携していますので、JCBカードと同じくクイックペイが利用できます

このため、ApplePayに登録するなどして、スマホ決済で便利に利用することができるんです。

8番目のメリットであるJCBとの提携がここにも効いていて、日本全国で非常に使いやすいカードだと言えます。

アメックスが使える店を一発で見抜く方法。JCB加盟店ならアメックスは使える!提携関係を解説。

スポンサーリンク

アメックス・ゴールドプリファードカードは陸マイラーおすすめのカード!

いかがでしたでしょうか?

ここまで、まさにこれまでの人生を「一変」させる可能性を秘めた、アメックス・ゴールドプリファードカードが日常生活にもたらす特典とメリットをご紹介しました。

しかしこのアメックスゴールドプリファードカードは、年会費が39,600円(税別)です。

このため、発行をちょっとためらう方もいらっしゃるのではないかと思います。

でも、ご安心ください。ここまでご紹介したとおり、アメックスゴールドプリファードカードは、その年会費にふさわしい、これまでの人生を一変させるメリットを備えているんです。

というか、初年度は新規入会キャンペーン翌年以降は年間200万円使うことで得られる継続特典「フリーステイ・ギフト」を利用すれば、年会費の元を取ることは超簡単です!

アメックスゴールドプリファードカードのメリット
  1. 継続特典のフリーステイギフト&ホテルクレジットが神!
  2. 入会キャンペーンで大量ANAマイルが手に入る!
  3. プリンスホテルの「ゴールドメンバー」エリートステータスが自動付与!
  4. 空港の航空会社ラウンジが使える「プライオリティ・パス」が付帯!
  5. 海外旅行時スーツケースの宅配無料!
  6. 家族カードが2枚無料!
  7. 充実の海外旅行保険&24時間問い合わせ対応!
  8. JCBとの提携で国内&国外どこでも使える!
  9. QuickPay登録が可能で決済が便利!

また、メリット②でご紹介したとおり、入会キャンペーンをクリアすることで獲得できるANAマイルは・・。

本当にビジネスクラスに乗れるだけのANAマイルに交換ができます

ビジネスクラスの特典航空券は完全にプライスレスな存在ですし、こんな簡単に大量ANAマイルが貯まる方法って他にあまりありませんからね!

そして、さらにスーツケースの宅配無料なので、重い荷物を持つことなく手ぶらで空港に行け、空港ではこれまでのショボいカードラウンジではなく、プライオリティ・パスに対応した航空会社ラウンジが使えるんです。

しかも家族カードの発券が2枚まで無料なので、夫婦でメリットを享受することができます。

さらに海外旅行保険が充実しており、家族特約があるので海外での万一の際も家族全員が補償され安心です。

さらにレストランの予約もしてもらえる24時間日本語アシスタント/コンシェルジュ・サービスも付帯します。

そしてカード自体の利便性としても、JCBとの提携により国内外で使いにくさは全くないカードです。

まさに、陸マイラーが発行するステータスカードの1枚目として・・または陸マイラーがいずれ発券すべきカードとしての魅力を完全に備えた1枚だと思います。

アメリカンエキスプレス・ゴールドプリファードカードの入会は、ご紹介したとおり入会キャンペーンを利用するのが最もお得です。

入会キャンペーンを利用してアメックスゴールドプリファードカードに入会する方法は、下記関連記事を是非ご覧ください。

【最新】アメックス・ゴールドプリファードカードの入会キャンペーンが激得!最大130,000ANAマイルもらえる!【還元率10%超】

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ



AD