ライブスター証券の口座開設だけで1,600円!5分でできる完全ノーリスク案件の申込方法を解説!

証券会社の口座開設「だけ」!入金も取引も一切不要の完全ノーリスク案件「ライブスター証券」案件が、久々の高ポイントに高騰中です。

なんと、口座開設だけで1,600円!ですからね?

この案件、私も実際に口座開設しましたが、本当にたったの5分で口座開設が完了しましたので、時給換算で19,200円案件です。

超得ですよね。しかも口座開設だけ、入金も取引も一切不要!!つまり完全ノーリスクですからまさに「神案件」だと思います。

実際に口座開設する際の注意点を含め、サクッと1,600円(1,200ANAマイル)を手に入れる方法を解説します。

スポンサーリンク

ライブスター証券案件の相場

では、まずはこちらから確認していきましょう。

ポイントサイト案件紹介時恒例のポイントサイト案件横断検索サイト「どこ得」で、キーワード「ライブスター」を検索した結果がこちらです。

このライブスター「証券」案件で最高額ポイントを叩き出しているのは、超優良ポイントサイト「ライフメディア」さんですね。

ライフメディアさんのポイントはドットマネーに交換が可能ですので、この1,600円分のポイントはTOKYUルートで1,200ANAマイルに交換することができます。

また、当然ながら手数料無料での現金化も可能ですし、Tポイントへの交換も可能な万能のポイントサイトです。

この記事では、ライフメディアさんの案件を題材に紹介を続けます。

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

スポンサーリンク

案件詳細

ポイントサイト「ライフメディア」さんのライブスター証券案件がこちらですね。

口座開設「だけ」で1,600円がもらえます。取引も、入金も、一切不要ですので完全ノーリスクです。たった5分の口座開設だけで1,600円もらえるんですから、超絶お手軽案件です。

実はこのライブスター証券案件は昔からポイントサイトに継続して紹介されている案件なんですが、ポイント相場としては1,000円程度、過去最高水準で1,600円程度でした。

1,600円という相場はかなり高めの相場ですので、この機会に申し込んでも損はない水準と言って良いと思います。

ポイント獲得条件は・・ご覧の通り「口座開設のみ」です。併せて、却下条件も確認しておきますが・・。

正直、ポイント却下条件にも特に難しい条件は・・全くありません。「重複」(同一ユーザー)と見做されなければ、夫婦申込も可能ですね。

夫婦で申し込めば、口座開設のみ、完全ノーリスクで3,200円もらえてしまいます。

美味しすぎです(笑)。

ただし、上述のとおり重複と判定されないよう、夫は自宅Wifi、妻はスマホの4G回線からの申込のようにIPアドレスを分ける、できれば同じPCを使わない、Eメールアドレス、パスワードの重複を避けるなど、同一人物とみなされないようご注意ください。

スポンサーリンク

実際の申込方法

では、実際に申し込みをしてみましょう。

とはいえ、たった5分で本当に申し込みできる超お手軽案件ですので、実際に申し込みして迷った点等についてのみ解説します。

まずはこちらのライフメディアさんのライブスター案件の「ポイントGET!」ボタンから、ライブスター証券の公式サイトに移動します。

移動先の画面はライブスター証券さんの口座開設専用LP(ランディングページ)ですから至る所に口座開設リンクがあるので迷うことは無いと思います。

どこからでもOKなので「口座開設」ボタンをクリックしましょう。

まずは、口座開設前の約款・規定等への同意。赤矢印の通り全てチェックしましょう。

次が、ちょっと重要なポイントです。

株式信用取引口座の開設についてチェックボックスがありますが、ここは「開設しない」でOKです。そもそも信用取引口座の開設はポイント獲得条件には関係ありませんし、信用取引口座の開設は色々とややこしいので、ここは開設しなくてOKです。

信用取引口座の開設情報を入力したら、次は一般的な個人情報の入力です。迷うところは無いと思いますのでサクサクと入力してください。

その後の入力で迷いそうな所だけかいつまんでご紹介すると・・上記の「米国納税義務」および「外国PEPs」についてはいずれも「該当しません」を選択。(もちろん該当する方はそちらを選択してください。)

手数料プランは「一律(つどつど)プラン」を選択しておきましょう。実際に取引する際も、かなり大量の取引を行わない限り「一律(つどつど)プラン」の方がお得です。

特定口座の申込は「源泉徴収ありを開設する」を選択。

特定口座とは、株式等の売却益に掛かる税金を自動的に証券会社が納入してくれる口座です。これが無いと株式収入が一定額を超えると確定申告が必要になるので、これは開設しておいたほうが無難です。

ここまでで、口座開設の申込自体は完了です。ここまで3~4分といったところでしょうか。

はっきり言って、超簡単です。

そして、最後の仕上げですね。口座開設申込みが完了したら、口座開設完了画面、もしくは口座開設完了メール記載のURLから、個人情報のアップロードを行いましょう。

個人情報は、上記の通りマイナンバーカード+本人確認書類か・・。

マイナンバーの通知カード+本人確認書類の中からいずれか2点でOKです。

ちなみに本人確認書類がこちらですね。

Aパターン・・つまりマイナンバーカード+本人確認書類1点(免許証等)が一番手っ取り早いでしょう。これをWebからアップロードすれば手続きは完了です。

ここまで約5分程度で完了すると思います。

スポンサーリンク

ライブスター証券について

この記事でご紹介したライブスター証券は、「ひふみ投信」でおなじみの「レオス・キャピタルワークス」等を傘下に持つ、ISホールディングス傘下のネット証券会社です。

ライブスター証券の源流となる「更栄証券株式会社」は、1948年(昭和23年)創業ですから、実はかなり老舗の証券会社なんですよね。

そして、その特徴はなんといっても現物株式取引における業界最安値水準の手数料の安さにあります。最低50円~(税抜)(※一律(つどつど)プランの場合)ですから、かなりの安さです。

さらに、信用取引の取引手数料が完全無料(0円)で、しかも金利・貸株料も業界最安値水準です。

このように、ほぼネット専売の証券会社として、特に株式中心に取引する方には、かなりおすすめの証券会社なんです。

口座開設して気に入ったら、是非継続して利用してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ライブスター証券の口座開設案件をご紹介しました。

実は、このライブスター証券案件は申込時期によっては実際の証券取引が必要な案件なんですが、今回の案件はポイントは1,600円と過去最高水準、さらに実際の取引不要の神案件です。

この記事も参考に、是非最得な「ライフメディア」さんの案件をご利用ください。

何しろ、証券会社の口座開設のみ、入金・取引一切不要という完全ノーリスク案件です。

他のポイントサイトでは既に「取引が必要」な条件のサイトもありますから、いつ実際の取引が必要!な条件に変わってしまうか、本当に分かりません。

是非「口座開設のみ」でポイントがもらえるうちに、お早目の口座開設をおすすめします

ライフメディアさんのライブスター証券口座開設案件はこちらからご利用ができます。

また、ライフメディアへの登録がまだの方は、まずは下記のバナーから会員登録をどうぞ。このバナーからの登録で、最大500円分のポイントがもらえます。

ライフメディアへ無料登録

なお、登録完了だけで100P(100円)がもらえますが、最大500円分のポイントをがっちりゲットするためには、登録月の翌々月の7日までに、ポイント交換を完了させる必要があります。

最大入会ポイントを貰う方法
  • 11月入会の場合 → 翌々月7日までにポイント交換
  • 1月7日までに500P以上を貯め、ポイント交換する!

上記のとおり、例えば10月入会の場合、翌々月となる1月7日までに交換可能ポイントの下限である500P以上を貯め、ポイント交換を済ませる必要があります。

ライフメディアでは、入会から24時間限定で、上記の入会ポイントとは全く別で、さらにもれなく100Pもらえる「24時間限定ボーナス」が開催されているので、このボーナス案件から1つ選んで案件をこなすと、無理なく最大ボーナスがもらえます。

例えばこんな感じの案件ですね。

入会ポイント100P+24時間限定ボーナス100P+入会ポイントの残り400P、合計600円がもらえ、さらにこの「Kドリームス」案件なら500円がもらえます。

ライフメディアへ無料登録

ライフメディアでのANAマイルの稼ぎ方!陸マイラー必須登録の魅力とは?

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD