ポイントサイトの家族登録のルールと注意点総まとめ。家族紹介可能で安心なサイトはここ!

ポイントサイトの登録や友達紹介は、家族間・夫婦間でも問題なくできるのか?

これ、かなり気になる方も多いのではないかと思います。

何しろ、例えば夫婦でポイントサイトに登録した場合、夫婦で同じ案件を利用すれば、単純計算で2倍のポイントを手に入れることができます。

つまり、夫婦の場合はまさに「2馬力」ですから陸マイラー生活が非常に捗りますよね。また、家族紹介が可能なら、いわゆる「友達紹介」報酬を、家族間でもらうこともできます。

そこで、この記事では実際にポイントサイトに家族登録する際の基本的注意点と、各有名ポイントサイト毎の家族登録や家族間紹介のルールと利用条件の公式見解をまとめてみました。

また、実際の私自身の利用経験を踏まえた、家族でのポイントサイト利用を問題なく行う方法、そして家族で安心して利用できるポイントサイトについてもご紹介します。

スポンサーリンク

家族登録にあたっての基本的な注意点

ここから詳しく解説しますが、まず、ポイントサイトを家族で利用する際に最初に確認しておきたい基本的な事項。

それは、一部を除くほぼすべてのポイントサイトで、公式に家族(夫婦間)紹介、と家族別々の登録について認めているということです。

「え・・・なーんだ、じゃあ安心だね!」ってことで話が終われば本当に話は楽なんですが、もちろん、話はそんな簡単じゃありません。

そして、この家族登録、家族間紹介の注意点を理解するうえでの最重要ポイント。それが、各ポイントサイトともに、「不正ユーザー」への対応を強化しているということです。

不正ユーザーって・・どういうこと?と思われた方も多いと思いますので、不正ユーザーの代表事例を下記に示します。

不正ユーザーの代表事例

①重複登録

  • 同一人物が他人(家族を含む)を装い、複数登録入会し、二重三重のポイント取得を行う

②他人のID使用

  • 他人のIDを利用してサイトにログインし、他人のポイントを不正に利用する

③なりすまし

  • 他人の個人情報を利用して商品購入や会員登録などを行い、ポイントを取得する

この①~③が、ポイントサイト業界で言う典型的「不正ユーザー」です。

単純に字面だけ見ると「まったくトンでもない奴だ!」と思われると思いますが・・実は、家族登録・夫婦登録は、一歩間違うと特に①「重複登録」または②「他人のID使用」と疑われることがあるんです。

えっ・・俺が?私が?って思われるかもしれませんが、これ本当の話です。

このため、正しくルールを理解して登録しないと、不正ユーザーと見なされ、IDの停止、ポイントの没収や退会措置となる可能性もあるんです。

ここから、各ポイントサイトの家族登録・家族紹介の公式見解をご紹介していきますが、まずは、家族紹介には上記の不正対策の対象となるリスクがあることをご承知の上で、読み進めてください。

スポンサーリンク

ポイントサイト別家族登録、家族紹介の公式見解

①ハピタス

では早速、家族登録・家族紹介に対し、各ポイントサイトがそのFAQで公式に公表している見解についてご紹介していきます。

まず最初にご紹介するのが、ポイントサイトの「雄」ハピタスです。

ハピタスでの家族利用のルール・条件が上記のとおりです。ハピタスを家族それぞれで利用することはもちろん可能であり、さらに、家族間の紹介も可能、という公式見解になっています。

ただし、家族で登録した後、それぞれ別々に利用する際には、以下の点について注意が必要です。

家族利用時の注意点
  • 利用の都度ログイン、ログアウトを忘れないこと
  • ポイント交換の際は、必ず同一人物名義の口座へのポイント交換をすること
  • 同一IPもしくは同一住所で1回限りの広告は、家族どちらかで1回のみ利用可

この後順次ご紹介していきますが、実はこれ、いずれもいわゆる「重複登録」「他人のID利用」と疑われないための、最低限の注意点です。

ハピタスには、少なくともこの3つを守っておけば家族紹介も、家族それぞれの登録も可能です。そして、この注意点だけでOKなのは、正直かなり良心的なサイトといって良いですね。

ハピタスは、このそもそもの家族紹介のQ&Aの書きっぷりから見ても、かなり家族で安心して利用できるポイントサイトだと言えると思います。

②ちょびリッチ

次にご紹介するのが、こちらもポイントサイト界の巨人「ちょびリッチ」です。

ちょびリッチも、上記のとおり家族登録を公式に認めています。ただ、家族を紹介制度の対象としたい場合、上記のようないきなり厳しめのハードルが設定されています。

なんと、同じIPアドレスからの登録は友達紹介の対象外になるんです。

そして、それだけでなく同じ端末(PC、スマホ等)からの登録も友達紹介の対象外っていう・・結構厳しめの条件なんですよね。

ただ、一旦ちょびリッチに登録してしまえば、そのあとは家族間で同一の端末(PC、スマホ)や、同一IPアドレスを利用することは認められています。

ちょびリッチ家族間利用時の注意点
  • 利用の都度、ログイン・ログアウトを行い、本人名義でのアカウントでサイトを利用すること
  • パスワードは共有しないこと
  • 同一IPもしくは同一住所で1回限りの広告は、家族どちらかで1回限りの利用しかできないこと

また、家族登録完了後実際にサイトを利用する際の注意事項も、上記の通りほとんどハピタスと同一ですので、特に厳しいというわけではありません。

ただ、ハピタスと違い明記されているのが「パスワードの共有が不可」ということですね。上記の条件を守れば、家族別々での利用も当然のように可能です。

最後にご紹介しますが、この「パスワード共有不可」は、家族利用時の重要な注意点です。ポイントサイトに家族で登録する場合は、絶対に、パスワードは違うものを利用しましょう。

ちょびリッチクレジットカード案件で失敗。アカウント名義と申込み名義を間違えたけどポイントをもらえた

2017年9月2日

ちなみにちょびリッチでは、以前、なんと私の名義の一つのアカウントで、私と妻、それぞれのクレカを発行してしまうといういわゆる「名義間違い」の超凡ミスをしてしまったことがありますが、なんと問題なくポイントがもらえたことがあります。

これはちょびリッチの神対応ですので、この事例を盾にちょびリッチさんに無理難題をお願いすることは絶対に避けていただきたいのですが、家族利用についてかなり寛大なポイントサイトであることは事実だと思います。

スポンサーリンク

③モッピー

次が、モッピーです。

モッピーも、上記公式見解の上から3行目に、「家族で登録の際は、それぞれ登録情報を設定いただけますようお願いします」との記載があるとおり、原則としては家族利用を認めています。

が、実はモッピー様の機嫌を損ねると、いきなり問答無用で家族利用に対し「不正利用」扱いされることがある危険サイトなんです。

家族で利用する際、モッピーは特に注意が必要です。

モッピーの家族登録のFAQ
  • モッピーではアカウントの作成をお一人様1アカウントとさせていただいております。
  • アカウントを複数お持ちの場合には、不正利用とみなされる場合がございますので、ご注意ください。
  • なお、ご家族でご登録の際は、それぞれ登録情報を設定いただけますようお願いいたします。

現在、複数アカウントをお持ちの場合には、1アカウントを除いたアカウントの退会のお手続きをお願いいたします。

これがモッピー公式サイトでの見解の抜粋ですが、よくよく読むと、ここまでご紹介したハピタス、ちょびリッチと比べると、書きっぷりがかなりキツめであることにお気づきでしょうか?

こういう公式見解の書き方一つ見ても、そのサイトの姿勢というものが、何となくわかってくるものなんですよね。

モッピーは、家族登録ユーザーは基本的に「重複ユーザー」つまり「不正ユーザー」としてかなり厳しい目線で見られていると思った方が良いです。

個人的に、モッピーには家族登録にも関わらず一方的に「不正利用者」扱いをされ数万ポイントを没収された経験があります。

モッピーのキャッシュバック制限で数万ポイント大損。家族アカウントでも制限解除されない危険性について

2018年10月27日

モッピーは、家族登録、家族紹介は正直危険です。

私の実体験からも、突然不正ユーザー扱いされ強制退会させられる可能性があります。他に家族登録にもう少し寛大なポイントサイトはありますので、家族利用は、モッピーでは極力避けましょう

家族で利用したい場合は、ハピタスもしくはちょびリッチの方がおススメです。

④ライフメディア

次は、最近ポイントサイト最高還元額を叩き出すことも多い老舗ポイントサイト「ライフメディア」です。

ライフメディアの書きっぷりは・・ほぼ「中立」って感じでしょうか。家族紹介、家族登録ともに「不可」とは書かれてはいませんが、条件が淡々と記載されています。

そして、ライフメディアが分かりやすいのは、家族利用時の注意点を箇条書きにしてくれていることです。

家族登録時の注意事項
  • 家族共用のメールアドレスを使用しない
  • パスワードは本人が管理する(共用しない)
  • 代行・代理登録や利用はNG
  • その他・・同一人物利用かどうかをライフメディアが判断することがある

いずれも「ごもっとも」な注意事項ですが、気になるのは一番最後の「その他」ですね。

これ、いわゆる「モッピーパターン」ですので、気になる方は注意しておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

⑤アメフリ(旧i2iポイント)

次にご紹介するのが、ちょっとだけマイナーなポイントサイト、アメフリ(旧i2iポイント)です。

このアメフリも、上記をご覧になっていただくとお分かりのとおり、書きっぷりを見ても、家族登録にはかなり厳しめの態度のポイントサイトです。

まず、アメフリでは同一世帯での友達紹介が禁止なんです。これは、ここまでご紹介した各ポイントサイトとは明らかに異なる点です。

友達紹介制度を利用せず、家族それぞれが通常の会員登録を行えば、家族登録自体は認められますが、同一パソコン、同一IPでの案件の利用は不正と見做される可能性があると書かれています。

つまり、家族登録、そして案件の利用それぞれで「別IP」かつ「別端末」(例:夫は自宅Wifi+PC、妻はスマホ4G回線+スマホ)にしろってことですが・・ポイントサイトへの登録と、広告案件の利用のそれぞれで別IPと別端末で区分することを求めるというのは、結構厳しいと思います。

個人的にも、アメフリでは以前少額ではありますが全く不正などしていないのに、「友達紹介不正」との名目でポイントを没収されたことがあります。

かなり厳しめのポイントサイトですので、家族登録だと、「不正利用(重複利用)」と判断される危険性があることは理解して利用した方が良さそうです。

個人的には、アメフリは家族登録して利用しない方が安心だと思います。

スポンサーリンク

⑥ゲットマネー

次に、ゲットマネーです。

ゲットマネーは上記のとおり本人を含め4名までの家族登録を公式に認めています。もちろん、家族間の紹介も可能です。

その他、家族利用時の条件は4つほどありますが、別メールアドレスでの登録、ポイント交換は家族それぞれの名義の口座へ(別名義口座への振り込みは不可)、同一IP不可、同一世帯1回限り案件は、家族で1回限りなど、ハピタスやちょびリッチで条件になっていたポイントサイト家族利用時の当然の条件ばかりです。

ゲットマネーは、家族登録、家族紹介にはかなり寛容なポイントサイトだと思います。

⑦ECナビ

次にご紹介するECナビも、家族利用を公式に認めています

注意点としては、同一端末(PC・スマホ)の利用は認められますが、必ずログイン・ログアウトを行い、利用者アカウントの間違いが無いようにすること。

また、必ず本人がECナビを利用することです。

もちろん、ECナビでも中には同一IP不可、同一世帯2回目不可の案件はありますので、この案件は家族利用はできません。

また・・・書き出しの一行目が「1アカウントにつきおひとり様まで」というきつめの書き出しですので、友達紹介にはもしかすると若干厳しめのサイトなのかもしれません。

スポンサーリンク

⑧ポイントタウン

次が、ポイントタウンです。

ポイントタウンでも、家族紹介は可能ですし、もちろん、家族登録も可能です。気を付けるべきなのは、上記のとおり本人のアカウントでログインしているかを確認するだけ。

こちらも、同一IP、同一住所1回まで等、個別案件の利用条件に注意することは同様ですが、それにさえ注意しておけば、特に問題なく家族で利用することができます。

公式見解の書きっぷり的にも、家族紹介、家族登録は問題なく実施できそうですね。

⑨げん玉

最後にご紹介するのがげん玉です。

げん玉の家族のお友達紹介ルールは上記のとおり。「もちろん、紹介は可能」としながらも、「同一PCを用いた登録は禁止」「お手数ですが、お一人様1台づつPCをご用意ください」とされています。

つまり、家族間の友達紹介でげん玉を利用する際には、端末(PC・スマホ等)を分けて利用する必要があるんです。これ、結構厳しい条件ですので、PCを分けるだけではなくIPアドレスも同じく分けた方が無難ですね。

IPアドレスを分けないと、下手すると「同一PCで利用しただろ!」ということになる可能性もあります。

このように、げん玉の家族間紹介は、「別PC(端末)を用意する必要がある」というのが公式見解です。本当に全く別のPCを用意する必要がありますので、かなり注意が必要です。

また、家族登録については特段の公式見解はありませんが、上記を踏まえると少なくとも同一IPアドレス、同一端末での利用は避けた方が良さそうです。

スポンサーリンク

ポイントサイトを家族で利用する場合の注意点

ここまで、主要各ポイントサイト家族間紹介、家族登録の公式見解をご紹介しました。

正直、ポイントサイトごとにかなり家族紹介&家族登録の許容度に濃淡があるのは何となくお分かりいただけたのではないでしょうか。

そして、冒頭にも解説したとおり、この裏にあるのが各ポイントユーザーの「不正ユーザー対策」の強化の流れです。

確かに、家族登録って・・特にパスワードなどが同じの場合「重複登録」と疑われやすいんですよね。このためとにかく、「重複登録」や「他人のIDの利用」と判断されないよう、細心の注意を払う必要があります。

これは、家族紹介&家族登録を行う場合、絶対に忘れてはダメですね。

そして、ここまでご紹介した各ポイントサイトの見解を元に、ポイントサイトを家族登録、夫婦登録して利用する際に気を付けておくべき点は、主に以下のとおりです。

家族登録時の注意点
  • メールアドレスは必ず別々のアドレスで登録する
  • SMS認証が必要なサイトの場合、必ず別々の携帯電話番号で登録する
  • パスワード、秘密の合言葉(必要な場合)の登録は、必ず別々のものとする
  • 案件利用時は、夫は自宅Wifi、妻はスマホの4G回線とするなど、同一IPアドレスの利用は避ける
  • 同じく、夫は自宅PC、妻はスマホなど、ポイントサイトを利用する端末も別々のものを利用した方が無難
  • ポイント交換する際は、必ず同一人物名義のポイント口座に交換する
  • 同一住所不可案件(夫婦1回まで)等は、必ずルールを順守する

確かに各ポイントサイトごとに厳しさの濃淡はあり、この全部を求められていないポイントサイトもありますが、少なくとも上記を守っていれば重複登録と見做される可能性はかなり低くなります

この基本的な注意事項に加え、ここまでご紹介した各ポイントサイトの家族登録へのスタンスも参考に、家族利用するか否か、判断すればほぼ間違いはないでしょう。

家族登録/紹介への許容度 サイト名
寛容 ハピタス・ちょびリッチ・ゲットマネー
中立 ライフメディア・ECナビ
厳しい モッピー・アメフリ・げん玉

ちなみに、各ポイントサイトの公式見解の「書きっぷり」および実体験から判断する、各ポイントサイトの家族登録への寛容度のイメージがこちらですね。

ハピタス、ちょびリッチ、ゲットマネーはある程度寛容です。

一方で、特にモッピーはかなり厳しめですね。かなり注意していても、家族(夫婦)ユーザー=重複登録している不正ユーザーと同一視される危険性がかなり高いです。

ただ、誤解しないでいただきたいのは、ハピタスやちょびリッチが不正ユーザーに寛容なわけではありませんからね。

ここではあくまで本当にポイントサイトに家族(夫婦)別々に登録し、夫婦別々にポイ活しているユーザーが「重複登録」の「不正ユーザー」と見做されやすいか否か、ということを申し上げています。

また、家族登録に厳しいサイトの場合でも、家族登録をしなければ特段問題なく利用できることも忘れてはいけません。

この記事も参考に家族別々に案件を利用できる案件は是非上手に利用して、さらにお得にマイルを貯めていただければと思います。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

2018年4月22日

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018年7月15日



AD

1 個のコメント