ポイントサイトの家族登録ルール総まとめ。家族紹介可能で安心なサイトはここ!

ポイントサイトの登録や友達紹介は、家族間でも可能なのか?

これ、結構気になりますよね。そこで、各有名ポイントサイト毎の、家族登録や家族間紹介のルールと利用条件をまとめてみました。

また、実際の利用経験を踏まえた、家族登録・紹介で安心して利用できるポイントサイトについてもご紹介します。

スポンサーリンク

ポイントサイト別家族登録、家族紹介の公式見解

①ハピタス

では早速、家族登録・家族紹介に対し、各ポイントサイトがそのFAQで公式に公表している見解についてご紹介していきます。

まず最初にご紹介するのが、ポイントサイトの「雄」ハピタスです。

ハピタスでポイントを貯める方法。使い方、貯め方を詳細に解説

2018.01.07

ハピタスでの家族利用のルール・条件が上記のとおりとなっています。

家族利用は原則として可能であり、もちろんですが家族間の紹介も可能、という公式見解になっています。

ただし、以下の点については注意が必要です。

  • 利用の都度ログイン、ログアウトを忘れないこと
  • 同一IPもしくは同一住所で1回限りの広告は、家族どちらかで1回限りの利用しかできない
  • ポイント交換の際は、必ず同一人物名義のポイント交換が必要

この後順次ご紹介していきますが、これ、いずれも当然のルールです。これさえ守っておけば、家族紹介も、家族それぞれの登録も可能です。

かなり安心のサイトだと言えると思います。

②ちょびリッチ

次にご紹介するのが、こちらもポイントサイト界の巨人「ちょびリッチ」です。

ちょびリッチも、家族登録を公式に認めています。もちろん、家族間の紹介も可能です。ちょびリッチの家族登録の注意点は、以下のとおりです。

  • 利用の都度、ログイン・ログアウトを行い、本人名義でのアカウントでサイトを利用すること
  • パスワードは共有しないこと
  • 同一IPもしくは同一住所で1回限りの広告は、家族どちらかで1回限りの利用しかできないこと

ほとんどハピタスと同一の条件ですが、唯一異なるのが「パスワードの共有が不可」ということですね。上記の条件を守れば、家族での利用も当然のように可能です。

ちょびリッチクレジットカード案件で失敗。アカウント名義と申込み名義を間違えたけどポイントをもらえた

2017.09.02

ちょびリッチでは、以前、なんと私の名義の一つのアカウントで、私と妻、それぞれのクレカを発行してしまうといういわゆる「名義間違い」の超凡ミスをしてしまったことがありますが、なんと問題なくポイントがもらえたことがあります。

これはちょびリッチの神対応ですので、この事例を盾にちょびリッチさんに無理難題をお願いすることは絶対に避けていただきたいのですが、家族利用についてかなり寛大なポイントサイトであることは事実です。

スポンサーリンク

③モッピー

モッピーも、上記公式見解の上から3行目に、「家族で登録の際は、それぞれ登録情報を設定いただけますようお願いします」との記載があるとおり、原則としては家族利用を認めています。

モッピーのキャッシュバック制限で数万ポイント大損。家族アカウントでも制限解除されない危険性について

2018.10.27

が、モッピー様の機嫌を損ねると、いきなり問答無用で家族利用に対し「不正利用」扱いされることがある危険サイトですので、注意が必要です。

モッピーではアカウントの作成をお一人様1アカウントとさせていただいております。
アカウントを複数お持ちの場合には、不正利用とみなされる場合がございますので、ご注意ください。
なお、ご家族でご登録の際は、それぞれ登録情報を設定いただけますようお願いいたします。

現在、複数アカウントをお持ちの場合には、1アカウントを除いたアカウントの退会のお手続きをお願いいたします。

これがモッピー公式サイトでの見解の抜粋ですが、よくよく読むと、ここまでご紹介したハピタス、ちょびリッチと比べると、書きっぷりがかなりキツめであることにお気づきでしょうか?

こういう公式見解の書き方一つ見ても、そのサイトの姿勢というものが、何となくわかってくるものなんですよね。

モッピーについては、家族登録、家族紹介は危険。私の実体験から、このように結論付けたいと思います。家族で利用したい場合は、ハピタスもしくはちょびリッチの方がおススメです。

④i2iポイント

次にご紹介するのが、Gポイントへの直接等価ポイント交換を開始し、陸マイラーにとってますます使いやすくなったポイントサイト、i2iポイントです。

ANAマイラーに久々の朗報!i2iポイントがGポイントに直接等価交換可能に

2018.09.01

このi2iポイントも、上記をご覧になっていただくとお分かりのとおり、書きっぷりを見ても、家族登録にはかなり厳しめの態度のポイントサイトです。

特に家族紹介を行う場合、同一パソコン、同一IPでの紹介は不正となるとも書かれています。個別のスマホで別IPにしろってことですが・・「広告案件」の利用時ではなく、ポイントサイトへの登録の段階から別IPを求めるというのは、結構厳しいと思います。

個人的にも、i2iポイントでは、以前、少額ではありますが全く不正などしていないのに、「友達紹介不正」との名目でポイントを没収されたことがあります。

友達紹介でこれですから・・家族紹介にも若干の不安感があるサイトですね。i2iポイントを利用する際は、家族紹介ではなく単独利用の方が安心だと思います。

スポンサーリンク

⑤ゲットマネー

次に、こちらも11月中旬からGポイントへの直接等価交換を開始したゲットマネーの条件を見て行きましょう。

ゲットマネーからGポイントへのポイント交換が開始。Gポイントがさらに重要に!

2018.11.03

ゲットマネーは上記のとおり本人を含め4名までの家族登録を公式に認めています。もちろん、家族紹介も可能です。

条件は4つほどありますが、別メールアドレスでの登録、ポイント交換は家族それぞれの名義の口座へ(別名義口座への振り込みは不可)、同一IP不可、同一世帯1回限り案件は、家族で1回限りなど、ハピタスやちょびリッチで条件になっていた、ポイントサイト家族利用時の当然の条件ばかりです。

ゲットマネーも、家族登録、家族紹介を安心して利用できるポイントサイトだと思います。

⑥ECナビ

次にご紹介するECナビも、家族利用を公式に認めています。

注意点としては、必ずログイン・ログアウトを行い、利用者アカウントの間違いが無いようにすること。

もちろん、ECナビでも同一IP不可、同一世帯2回目不可案件はありますので、このルールは順守する必要があります。

ただ・・・書き出しの一行目が「1アカウントにつきおひとり様まで」というきつめの書き出しですので、友達紹介にはもしかすると若干厳しめのサイトなのかもしれません。

スポンサーリンク

⑦ポイントタウン

LINEポイントへの完全等価交換(手数料不要)が可能な唯一のポイントサイト、ポイントタウンでも、家族紹介は可能です。

もちろん、家族登録も可能です。気を付けるべきなのは、上記のとおり本人のアカウントでログインしているかを確認するだけ。

こちらも、同一IP、同一住所1回まで案件等に注意することは同様ですが、特に問題なく家族紹介で利用することができます。公式見解の書きっぷり的にも、家族紹介、家族登録は問題なく実施できます。

⑧げん玉

最後にご紹介するのが、ポイントエクスチェンジルートという全く新たなANAマイルを貯める新境地を開拓した、げん玉です。

【朗報】げん玉/ポイントエクスチェンジからLINEポイントへの交換開始!月1回等価交換可能

2018.10.11

げん玉の家族のお友達紹介ルールは上記のとおり。「もちろん、紹介は可能」としながらも、「同一PCを用いた登録は禁止」「お手数ですが、お一人様1台づつPCをご用意ください」とされています。

PC分けるって・・・なかなか難しいことを言いますよね。さらに、PCを分けてもWifi環境が一緒だとIPアドレスが同じですので、下手すると「同一PCで利用しただろ!」という難癖をつけられてもおかしくない・・そんなルールのような気がします。

げん玉の家族間紹介は、「別PCを用意する必要がある」というのが公式見解です。本当に全く別のPCを用意する必要がありますので、若干注意が必要です。

スポンサーリンク

ポイントサイトの家族紹介について

いかがでしたでしょうか?

家族登録と家族紹介については、実はポイントサイトごとにかなり対応が異なっていて、その対応の違いが、実は公式のQAへの書きっぷりに色濃く反映されています。

③で紹介した某サイトの記述は、一見家族登録可能に見えますが、よくよく見るとかなり後ろ向きの表現であることが、今になってよくわかります。

ここまで紹介した各サイトの家族紹介、家族登録に対する公式見解を踏まえ、家族で利用するかどうかを判断することをおすすめします。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年10月最新版】

2018.04.22

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15



AD