dカードゴールドの発行&利用で驚愕の38,500円!17,600ANAマイル貯まる超得案件は今が狙い目!

dカードゴールド、もうお持ちですか?

もしまだ持っていない!って方がいらっしゃれば、この発行の超絶大チャンスを見逃してはいけません。まず、ポイントサイトのdカードゴールド案件が高騰しており、今ならなんと最大23,500円分のポイントがもらえます。

そして、それだけじゃないんです。さらにdカードゴールドはこのポイントサイト案件と公式サイトの新規入会キャンペーンの併用が可能なんですよね。

この公式入会キャンペーンでも最大15,000円分のiDキャッシュバックがもらえるので、ポイントサイトのポイント23,500円分と合算すると、ータルでもらえるポイントはなんと38,500円分にもなるんです。

これ、凄すぎだと思います。

このdカードゴールドは、NTTドコモも発券に力を入れていて、ドコモショップなどで良く勧誘を受けることがあります。が、決して、ドコモショップなどから申し込んではいけません。絶対に、ポイントサイトを経由するのがお得な発券方法です。

ポイントサイト+入会キャンペーンを利用して、大幅黒字でdカードゴールドを発券する方法を解説します。

スポンサーリンク

ライフメディアで23,500P!

まず、ポイントサイトのクレカ案件紹介時の「恒例」である、どこ得チェックの結果がこちらです。

いずれもメジャーなポイントサイトであるちょびリッチ、ライフメディア、ECナビがそれぞれ23,000円の水準を叩き出しています。

じゃあ、この3つのサイトならどこでも良い・・訳じゃないんですよね。実は、ライフメディアは、2020年2月末までの期間限定にはなりますが、dカードゴールド案件の「総額33万円分ポイント山分け」キャンペーンを開催中なんです。

こちらですね。

このキャンペーンを利用してdカードゴールドを発券して一定の条件をクリアすることで、最大10,000円分、最低でも500円分のポイント必ずもらえます

最低でも500円は確実にもらえますので、この案件はライフメディアが500円分ですがよりお得ということになります。ライフメディアは案件の管理が便利なお得なサイトですので、折角ならライフメディアで発券しましょう。

ここからは、このライフメディアの案件を題材に、解説を深めていきます。

ライフメディアでのANAマイルの稼ぎ方!陸マイラー必須登録の魅力とは?

案件詳細

では、早速ポイントサイト「ライフメディア」のdカードゴールド案件の詳細を確認してみましょう。

上記のとおり、ライフメディア経由でdカードゴールドを発券する「だけ」でなんと23,000円分のポイントがもらえます。特に一定額の利用とかの難しい条件はありません。発券だけでOKなんです。

dカードゴールド発券で23,500円分のポイントは、過去最高クラス、納得の高額水準です。

この23,000円分のポイントと、「総額33万ポイント山分けキャンペーン」でもらえる500Pの合計23,500Pは、TOKYUルートでANAマイルに交換することで、なんと約17,600ANAマイルに交換できます

さらに、前述のとおりポイントとは全く別に、dカードゴールドの公式入会キャンペーンで約15,000円分のiDキャッシュバックをもらえますので、合算すると38,500円分のポイント+idキャッシュバックがもらえるということになりますね。

dカードゴールドキャンペーンの内訳
  • ライフメディアポイント 23,500円分 (ANAマイル交換可能)
  • 新規入会キャンペーンのidキャッシュバック 15,000円分(ANAマイル交換不可)

dカードゴールドのキャンペーンを整理したものがこちらですね。

ちなみに、新規入会キャンペーンの15,000円分のiDキャッシュバックだけで実質初年度年会費は無料にできる計算ですので、ライフメディアポイントはANAマイルに交換するのが絶対にお得だと思います。

つまり、約17,600ANAマイルが完全無料でもらえるってことです。お得ですよね!

さらに、後述しますがdカードゴールドはドコモユーザーへのメリットが超絶絶大です。例えば、ドコモユーザーなら、持っているだけで携帯料金の10%をdポイントで還元してもらえるんです。

このため、例えばドコモの支払いが月1万円を超えている方にとっては、dポイント還元だけで年会費無料状態。つまり、完全に約38,500円分の丸儲けです。

最近ではなかなか見かけることのない大型案件だと思います。

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

2019年11月20日

スポンサーリンク

「ノジ活」ならポイント価値が1.5倍!

そして、もう一つご紹介しておくべきライフメディアポイントの使い方。それが、ノジマスーパーポイントへの交換です。

ライフメディアの運営会社である「ニフティネクサス」の親会社「ニフティ」のそのまた親会社は・・なんと家電量販店大手の「ノジマ」なんですよね。

このため、なんとポイントを1.5倍という驚異的な価値でノジマスーパーポイントへ交換できます。例えば夫婦でdカードゴールドを発券した場合、なんとライフメディアポイントだけで約70,000円分のノジマスーパーポイントが貯まるんです。

嘘やろ・・クレジットカードを夫婦で発券したら、かなりの家電買えちゃうやん・・。

ライフメディア上では「ノジ活」という紹介のされ方をしていますが、このノジマスーパーポイントへの交換も、かなりお得なポイントの使い方ですので覚えておいてください。

ポイント却下条件

では、併せてポイント却下条件も確認しておきましょう。

とはいえ、特に難しい条件はありませんが、強いて言うなら過去にdカードゴールドの前身であるDCMXゴールドカードを発行したことがある方は対象外となっています。

また、同一世帯NG条件はありませんので、夫、妻それぞれが発券して両方ともポイントを獲得する!ということも当然可能です。夫婦で発券した場合、idキャッシュバックで実質年会費無料にして、さらにもらえるマイルが合算で約35,000ANAマイルですからね。かなりの破壊力です。

もう一つ注意点としては、今回の案件、既にdカードをお持ちの方がdカードゴールドにアップグレードする場合は「対象」となりますが、dカードを一旦退会してdカードゴールドに再入会する場合は「対象外」になるんです。

そんなややこしいことをする方はいらっしゃらないかもしれませんが(笑)、dカードを既に持っている!って方はアップグレードの申し込みをすることを忘れないようにしてい下さい。

ライフメディア「総額33万円分ポイント山分けキャンペーン」

では、次に各キャンペーンの攻略法を解説していきます。

まずは、上記のライフメディア「総額33万円分ポイント山分けキャンペーン」ですね。

総額33万円!ですので、運が良ければ1等、10,000円分のポイントがもらえます。4等の1,000円の本数も結構多めなので、4等が当たっちゃったりするとめちゃラッキーですね。

もちろん、当たらなくても条件をクリアすることで最低でも500円分のポイントがもらえます。

そして、このキャンペーンの達成条件は簡単です。上記のとおり、dカードゴールドに申し込みをし、併せて対象広告をあと2つ利用すればそれでOKです。

ちなみに、対象広告は上記のとおりポイントの単位が「P」となっている広告になります。

対象広告の利用は、2020年2月中であればdカードゴールドの発券と後先を問いません。もう2つの広告を利用した!って方は、文句なく抽選の権利ゲット済みってことです。

マネックス証券口座開設で5,000円!ノーリスク投資信託購入案件の全貌公開

例えばこのたった100円の投資信託の購入で5,000Pがもらえるマネックス証券の口座開設案件や・・

【過去最大級27,000円!】セントラル短資FXがライフメディアで超高騰!入会キャンペーン併用&家族申込も可能!

過去最高水準の高額Pを叩き出している、セントラル短資FX案件なんかが狙い目の案件と言えそうですね。

そんな案件はちょっと面倒!もっとサクッと条件達成したい!って方には、以下の案件なんかおすすめです。

まずは、クラブツーリズムへの会員登録案件。もらえるポイントはたったの100円ですが、何しろ新規会員登録してメルマガの配信登録をするだけですので、もの数分でクリア可能です。

その他、ダスキン「DDuet」への無料会員登録や・・・

Yahoo!totoへの無料会員登録あたりが狙い目でしょうか。

いずれも無料の会員登録だけでOKなので、この条件を達成するのは全く難しくありません。

スポンサーリンク

dカードゴールド入会キャンペーン

次が、dカードゴールドの新規入会キャンペーンですね。

dカードゴールドへの入会&エントリー&一定額の利用で、最大15,000円相当のiDキャッシュバックがプレゼントされます。このキャンペーンは大きく以下の4つの項目に分かれています。

dカードゴールド新規入会キャンペーン
  1. 新規入会で2,000+2,000円、合計4,000円
  2. ドコモ料金の支払いをdカードにすると1,000円
  3. 入会の翌月末までにエントリー&20,000円のカード利用で8,000円
  4. 「こえたらリボ」「キャッシングリボ」の設定で2,000円

上記大きく4つのキャンペーンの合算で、15,000円分のidキャッシュバックがもらえます。では、簡単に各キャンペーンの内容を見ていきましょう。

①新規入会で4,000円!

まず、dカードゴールドの入会キャンペーンで、入会後すぐにもらえる特典がこちらです。

入会特典①として、2,000円分のiDキャッシュバックがもらえます。

そして、2020年3月末までの期間限定にはなりますが、もれなくさらに追加で2,000円のidキャッシュバックがもらえます。合計で、都合4,000円がもらえるということになりますね。

このキャンペーンは特段エントリーも不要ですので、何の問題もなくゲットできるでしょう。

②ドコモ料金の支払いをdカードにすると1,000円

次のキャンペーンがこちらですね。ドコモの利用料金をdカード払いにすると1,000円がもらえます。

「そもそもドコモを利用していない」という人はこの条件を達成できませんが、それでも年会費分の元は取れる計算ですので、あまり深刻に考える必要はないでしょう。

ドコモユーザーの方は、ここは当然ながら貰っておきましょう。

⓷入会の翌月末までにエントリー&20,000円のカード利用で8,000円

そして、絶対に手に入れるべき特典がこちらです。

特典③として、入会後翌月末までにdカードで20,000円(税込)以上利用するだけで、8,000円のiDキャッシュバックがもらえます。

エントリーが必要なことには注意が必要ですが、約1か月半程度あれば、クレジットカードで20,000円なら楽勝で利用可能だと思いますので、これは絶対に獲得しておくべきです。

ここまでで、特典1と併せて13,000円分のiDキャッシュバックですので、ここまででほぼ年会費分はペイできる計算です。カード発行してエントリーして20,000円利用するだけで良いので、簡単ですよね。

ただ・・意外にエントリーを忘れたりするので注意が必要です。エントリーはdカードのマイページから行うことができますので、必ず忘れずにエントリーしておきましょう。

スポンサーリンク

⓷「こえたらリボ」「キャッシングリボ」の設定で2,000円

そして、最後のキャンペーンがこちらです。

特典4として、「こえたらリボ」「キャッシングリボ」の設定で、それぞれ1,000円分のiDキャッシュバックがもらえます。この条件はそれぞれ別々に適用されますので、「どちらか一方のみの設定」でも、別々に1,000円がもらえます。

この特典4については、「こえたらリボ」の設定だけにとどめておく方が無難ですね。キャッシングリボの設定は、審査が必要になるのでかなりハードルが上がります。

キャッシングリボの設定がなく、ドコモ払いにしなくても13,000円がもらえるので、初年度年会費は完全にカバーできます。キャッシングリボまで欲張る必要は無いように思います。

スポンサーリンク

idキャッシュバックとは?

では、簡単にiDキャッシュバックについても解説しておきます。

dカードゴールドには、標準で電子マネー「iD」の機能が搭載されています。iDは、電子マネーではありますが、事前のチャージ等が必要なく、クレジットカードから使った分だけ引き落とされる形で使える電子マネーです。

iDキャッシュバックは、このiD利用時のクレジットカードの利用実績を、利用明細上で自動的に相殺する形で利用できます。このため、iDキャッシュバックは他のポイントやマイル等への交換はできません。

スポンサーリンク

dカードゴールドの実力

ここまで、dカードゴールドのポイントサイト案件&新規入会キャンペーンの驚愕のメリットをご紹介しました。

このように、新規入会キャンペーンで実質年会費無料となり、さらに17,600ANAマイルも貯まる!という「お得」という言葉以外に表現のしようがないこのdカードゴールドですが・・実はドコモユーザーにとってはさらに驚愕のメリットがあるんです。

このdカードゴールド、実はドコモユーザーは持っているだけで元が取れる必携のクレジットカードなんです。

dカードゴールドのメリット
  1. 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金の10%ポイント還元
  2. ケータイ補償3年間で最大10万円
  3. 国内空港ラウンジ利用無料

dカードゴールドのメリットは主に上記の3つですが、なんと言っても大きいのがドコモのケータイ料金の10%還元

月のケータイ料金が10%ポイント還元されます。携帯料金が例えば家族で月1万円超!という方は、毎月10%、つまり1,000円分還元されるので、12か月で12,000円還元です。

dカードの年会費はちょっとお高めの11,000円(税込)ですが、携帯料金分のキャッシュバックだけで年会費は完全無料になる計算です。家族でドコモを利用しており、シェアパックの親回線になっている方などにとっては、まさに必携のカードといってよいでしょう。

このように、毎月のドコモでの利用料金の10%ものdポイントが貯まることです。ドコモで夫婦で携帯を使っている・・なんて方は、シェアパックの親回線なら、月1万円くらいのドコモ利用はざらだと思います。

例えば月1万円なら、年間12万円の10%で、12,000円分ものdポイントがもらえます。ちなみに、dカードでドコモの携帯料金を支払っていなくても、dカードを持っているだけでポイントバックしてもらえます。。

正直、これだけで年会費は簡単に回収できます

さらに、例えば割賦契約で端末を購入した場合、この割賦契約の料金からも10%のポイントが貯まります。このように、年間10万円以上、何らかの形でドコモに支払いのある方は、持っているだけで年会費がペイできます。

さらに、このdカードゴールドの10%増量ポイントは期間・用途限定ポイントではないので、例えばJALマイルにも交換ができます。年間1万~2万dポイントくらいは簡単に貯まるので、ドコモと契約しているだけで年間5,000~10,000JALマイルが貯まる計算ですね。

また、最大10万円までの端末補償や、自動付帯の海外旅行保険などの超絶特典もありますので、かなり実力の高いカードです。また、比較的簡単にドコモのプラチナステージに到達できるので、抽選にはなりますがJALのサクララウンジが使えるメリットも結構大きいです。

ただし、これらメリットはあくまでドコモユーザーに限定しての話。ドコモユーザー以外には正直特段の魅力はありませんので、年会費無料期間が終了する前に、必要が無ければ解約してしまっても仕方がないと思います。

ちなみに、私はドコモユーザーですので、継続して利用しています。

スポンサーリンク

dカードゴールド発行の絶好のチャンス到来!

いかがでしたでしょうか?

dカードゴールドの発券&利用で、実質年会費無料で約17,600ANAを貯められる超絶お得な案件をご紹介しました。

【2020年最新】ANAアメックスの入会キャンペーンが強烈!最大103,000ANAマイルもらえる!

2020年3月2日

【2019年11月最新】ANAダイナース入会キャンペーン徹底解説。最大71,000ANAマイル!

2019年11月1日

上記のように、確かにクレジットカードの入会キャンペーンで高額マイルがもらえる案件は他にもあります。しかしながら、これらの案件は満額ポイントの獲得には3か月で120万円~60万円とか、かなりの額のクレジットカードの利用が必要になってきます。

一方、今回ご紹介したdカード案件の場合、翌月末までに20,000円を利用するだけで、実質年会費無料で、さらに17,000ANAマイル超の大量ANAマイル相当がもらえる案件です。

これは、かなりの大型案件と言って良いと思います。発行がまだな方は、絶対に逃してはいけない案件だと思いますよ。

ライフメディアに登録済みの方は、dカードゴールドカード案件はこちらからご利用ができます。また、ライフメディアへの登録がまだの方は、下記のバナーから登録をどうぞ。このバナーからの登録で、最大500円分のポイントがもらえます。

ライフメディアへ無料登録

なお、登録完了だけで100P(100円)がもらえますが、最大500円分のポイントをがっちりゲットするためには、登録月の翌々月の7日までに、ポイント交換を完了させる必要があります。

最大入会ポイントを貰う方法
  • 2月入会の場合 → 翌々月7日までにポイント交換
  • 4月7日までに500P以上を貯め、ポイント交換する!

上記のとおり、例えば2月入会の場合、翌々月となる4月7日までに交換可能ポイントの下限である500P以上を貯め、ポイント交換を済ませる必要があります。

ライフメディアでは、入会から24時間限定で、上記の入会ポイントとは全く別で、さらにもれなく100Pもらえる「24時間限定ボーナス」が開催されているので、このボーナス案件から1つ選んで案件をこなすと、無理なく最大ボーナスがもらえます。

例えばこんな感じの案件ですね。

入会ポイント100P+24時間限定ボーナス100P+入会ポイントの残り400P、合計600円がもらえ、さらにこの案件なら500円がもらえます。

ライフメディアへ無料登録

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD