ANAとピーチのコードシェア便!?購入の注意点とサービスの違いを解説

フルサービスキャリアであるANAが、なんとLCCである子会社「ピーチ・アビエーション」とのコードシェア便という、前代未聞のフライトの運航を開始します。

LCCのフライトだと思ったら、なんとフルサービスキャリアだった・・ラッキー!!って事なら分かるんですが(笑)、このコードシェアは全くです。

なんと、フルサービスキャリアのANAのフライトを予約したにもかかわらず、座席は狭いし手荷物の制限があるしの・・何故かLCCのフライトとのコードシェア便なんです。

正直無茶苦茶ですよね(笑)。

そしてこれなんとコードシェアということで、同じフライト(機材)、同じLCCサービスなのに、なんとピーチで購入した方がANAで購入するより圧倒的に安いという・・。

知らない人が完全に損をする状況も発生しています。

ANAとピーチのコードシェア便の注意点は何か?サービスの違いは何か??について解説します。

スポンサーリンク

コードシェアの概要

では、まずはコードシェアの概要から確認しましょう。

上記のとおり、ANAとPeachのコードシェアが、2021年8月27日からスタートします。

ANAのプレスリリースによると、このコードシェアの目的は「コードシェアにより、お客様の選択肢が拡がり、利便性が向上します」とのことですが・・。

実際は、Peachとのコードシェアにより、Peach便が増便もしくは残り、ANA便が減便となる路線もあるため・・。

選択肢が広がるというよりは、むしろANAと連結子会社Peachとの路線統合(効率化)の余波で、我々消費者がANAというフルサービスキャリアのチケット(価格)でLCCに搭乗させられる・・。

つまり、ANAが単純に儲かる構図に見えなくもありません。(PeachはANAが78%株式を持つ連結子会社)

というか、この後ご紹介しますがANAのチケットで、本当にPeachのサービス・機材ですので・・正直無茶苦茶です(笑)。

設定路線は当初は上記の路線だけですが、今後順次拡大するとのことですので、この路線を覚えてもあまり意味はありません。

ここでは、このような「ANA便だと思ったら、なんとLCCのPeachだった」ということが・・今後起こりうる!ってことを覚えておいてください。

そして、これが最も重要なんですが、このANAとPeachのコードシェア便・・。

なんと上記のとおり「原則としてPeachのサービスが適用」になるんです。

正直、そうは言ってもANAのチケットで乗っているんですから、ANAチケット保有者はANAルールが適用されるのでは??と思っていたんですが、そんなことは一切ありませんでした(笑)。

でもまあ、ANAとPeachどちらで購入しても値段は一緒だから・・つまりLCC運賃で購入したんだから・・とかって事ならまあ、納得もできますが・・・。

後程ご紹介しますが、同じLCCサービスなのに、なんとANA便として購入した方が超高いという、ANAでチケットを買う理由が全くない現象まで起きちゃってますからね。

というか、これ知らなくて買った方って暴動ものじゃね?って感じですね。

スポンサーリンク

サービスの違い

では、具体的な・・普通のANA便(笑)とのサービスの違いも見ていきましょう。

ANAとPeachのコードシェア便ですが、前述のとおりPeachのサービス・・「バリューピーチ」相当のサービスが適用されます。

まず、搭乗手続きから明確に違いがあり、手荷物預け入れはPeachのカウンターですし、搭乗手続きなどもLCCであるPeach相当になるので、ANAよりはあらゆる面で劣後します。

また、スキップサービスも利用できないので、必ず自動チェックイン機でのチェックインが必要です。

また、サービスの違いで最も大きいのがLCCで最も厳しい手荷物関係で・・。

まず、機内持ち込み手荷物は7kgまでに制限されますし、無料預け入れ手荷物も20kgの重量は変わりませんが1個までに制限されます。

さらに、スポーツ用品についてはANA便なら一般手荷物と同様の取扱いですが、Peachの場合スポーツ用品料金がかかります。

しかも、当然ながら使用機材&座席もLCCです。

機内Wifiは一応ありますが、Peachオリジナルコンテンツしか見れませんし・・。

シートピッチは29インチ(約74センチ)激狭が一般的です。何しろLCCですからね??本当に超絶狭いです。

あ、ちなみにANA便の一般的なシートピッチは31インチ(約78cm)ですが、この4cmの差はかなりデカいです。

また、当然ながら?機内サービスはPeach相当になりますので、飲み物の無料提供などもありません。

何度もいいますが、これでANA便とのコードシェアですからね?

冷静に考えると・・。やっぱ暴動ものですよね(笑)。

スポンサーリンク

プレミアムメンバーサービスは??

そして、気になる方は気になる(笑)プレミアムメンバーサービスですが・・。

これまた、ヒドイことになっています。

なんと、Peach運航便の場合、利用できるのはラウンジサービスと優先保安検査場サービスだけ

空席の優先待ちや、手荷物許容量の優待、優先チェックインカウンター、手荷物受取の優先などのプレミアムサービスは利用できません

何しろPeachのカウンターなので、優先チェックインカウンターはありませんし・・。

個人的に大きいのは手荷物許容量の優待が無いので、ガチで20kgまでの荷物1個までしか預け入れできません。

一応ラウンジは使えますが、空港によってはLCCターミナルとラウンジの位置が相当離れているので、実質使えない!ってことも多そうです。

例えば関西国際空港(KIX)では、Peachの出発は第2ターミナル(LCCターミナル)、ANAラウンジは第1ターミナルなので・・。

使えないことはもちろんないですが、凄く使いづらいです。

少なくともラウンジだけは使いたい・・!って場合は、必ず出発ターミナルを確認しておいた方が良いと思います。

ただ、それ以外のサービスはそもそも使えないので・・。

正直、Peach便ではプレミアムサービスはほぼ期待できない・・って感じになりますね。

スポンサーリンク

価格が違うので注意!!

このように、既にこのサービスの違いだけでもかなりヤバいんですが・・。

さらにヤバい・・というか最大の注意点が・・。

これ、なんとANA経由で購入すると、Peach経由でLCCとして購入する場合よりもチケットクソ高いんですよ。

もう・・そんなんある??って感じです。

はっきり言って「原則Peachのサービス」ですよ!ANAのサービスではないですよ!ってANA側も言い切っているんです。

にもかかわらず、何故かANA経由、Peach経由の購入方法によって価格が違う、というかANA経由で購入するとフルサービスキャリアとしての値段設定になっているって・・。

これかなりヤバいです。

例えば、これはANA公式HP経由で購入した、スーパーバリュー75運賃での、名古屋-札幌間のPeachコードシェア便の運賃です。

13,610円です。

そして、Peachの公式HPで購入した、全く同日のフライトを、同等のサービスである「バリューピーチ」で購入したチケットは・・。

なんと、7,900円です(笑)。

全く同日の、ほぼ同じサービス、同じ機材での運航なのに、Peach経由で購入した方が42%も安いって・・。

完全に常軌を逸してますね(笑)。

ちなみに、手荷物とかない!って方は、シンプルピーチで予約するとさらに安いです(笑)。

そしてこの傾向、出発日が近くなればなるほど激しくなります(笑)。

例えば、出発日が目前になった・・「バリュー3」運賃での同じく名古屋-札幌の運賃ですが、片道かなりお高い34,010円です。

そして、全く同じ日のフライトを、さらにサービスが同じバリューピーチ料金でPeachの公式サイトから購入した価格がこちら。

8,300円

えっ・・って感じですよね(笑)。なんと76%オフ状態(笑)、金額にして約25,700円も違います

いや・・でもANA便だからそこはLCCとはサービスが違うから・・ってことは一切ありません

完全にLCCのサービスです。同じですからね??

それでいてこの価格差は・・ヤバいですよね。

一応ANAの公式HPから予約しようとすると、上記のように「このフライトはPeachです!」というポップがでます。

出ますが、そもそもまさかANAを予約したのにLCCのサービス!なんてことがあるってことを知らないと、これ普通に予約しちゃいますよね。

ちなみに、Peachとのコードシェア便の場合、必ず上記のとおり「APJ運航」という表示があり、上記のようなポップアップも出るので・・。

個人的には、APJ運航は避けた方が良いと思います(笑)し、どうしても時間の関係上このAPJ運航便(Peachとのコードシェア)に乗らなければならない時は・・。

必ず、Peach公式HPからの購入と価格を比較してください。

多くの場合、Peachからの購入の方が安いです。

あ、一応Peachからの購入だと搭乗ANAマイル/プレミアムポイントが貯まりませんが、それ以上の価格差があることが多いので、気にする必要はありません。

というか、ANAマイルは陸で大量に貯めることができますからね(笑)。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

スポンサーリンク

Peachコードシェアはサービスの違いと購入方法に注意

以上、フルサービスキャリアのANAと、LCCのPeachが、コンセプトが全く違うのにまさかのコードシェアを決行!ということで・・。

そのコードシェア便の、ANA便とのサービスの違いと、チケット購入時の注意点を解説しました。

はっきり言って、これ我々消費者のメリットって、どの辺にあるの?ってくらいメリットが分かりにくい施策になっていますね・・。

どちらかというと、ANAとPeachの重複路線を解消できることによるANA側のメリットの方が強く感じられてしまうのは・・気のせいでしょうか(笑)。

ということで、このANAとPeachのコードシェア便ですが、サービス内容はガチのLCCです(笑)。

ANA便を購入したんだから!って安心しちゃだめです。

フルサービスキャリアのチケットを購入したのにサービスはLCCという、殺伐とした世界が待っています(笑)。

また、ANAプレミアムサービスも、このPeachとのコードシェア便では実質利用不可です。

ラウンジだけはかろうじて利用できますが、LCCの場合ターミナルが違うことがあるので、出発ターミナルには注意しておいてください。

そして最後に・・このコードシェア便の最大の注意点は、ANA公式HPからの購入、Peach公式HPからの購入では、サービスが同じなのに価格が全く違うことです。

「APJ運航」のANA便を発見したら(笑)、必ずPeach公式経由での購入との価格差を確認するようにしてください。

というか、APJ運航便は・・時間さえ許せばできれば避けた方が無難ですね。

とはいえ、これからこのコードシェア、路線が拡大するそうですので(笑)・・。避けようがなくなるかもしれません。

ANAさんの一ファンとしては、この施策は・・顧客離れがちょっと気がかりな、そんな施策にならないと・・良いんですけどね。

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD