【過去最高水準】auカブコム証券がポイントサイトで7,000円!ほぼノーリスク案件を逃すな!

三菱UFJグループ&KDDIグループのネット証券会社「auカブコム証券」の口座開設がまだの方に、絶好のチャンス到来です!

これもう本当に、口座開設がまだの方が超絶羨ましいです。

なんと、新規口座開設+たった100円の取引完了で、最大7,000円分のポイントがもらえるんです。これもう完全にぶっちぎりの過去最高水準ですからね。

しかも、ポイント獲得にはたった100円の取引だけでOKなので、取引で損失が出たとしても10円損するかしないか?ってくらいです。もちろん、入出金手数料の罠などもありません。

つまり、本当にほぼノーリスクで最大7,000円もらえてしまうんです。

コロナ禍でポイントサイトの案件も小粒化する中、久々のビッグチャンスだと思います。

そして、このauカブコム証券は実は私もメインの証券口座として日常的に利用していますが、三菱UFJ銀行との自動引き落とし連携が可能なので、給料日翌日に口座振替で自動的に投資信託に積み立ててくれるため、資産形成にもってこいの証券会社なんですよね。

資産形成の第一歩に、そして大量マイルを貯める第一歩にも最適な「auカブコム証券」の口座開設案件をご紹介します。

スポンサーリンク

auカブコム口座開設+取引で最大7,000円!

この記事でご紹介する「auカブコム証券」案件の、恒例の「どこ得チェック」の結果がこちらです。

最大のポイントはもらえるサイトは、超絶おすすめのポイントサイト「ライフメディア」さんです。

ライフメディアはドットマネーに交換ができるポイントサイトのため、ANAマイルを最大倍率で貯める陸マイラー御用達の「TOKYUルート」でANAマイルに交換することができます

この案件は、ライフメディアが最高ポイントを叩き出していますし、ポイントサイトとしての信頼度の観点からも、文句なくライフメディアでの利用がおススメです。

この記事では、ライフメディアさんの案件を題材に解説を続けます

auカブコム案件には「口座開設のみ」と「口座開設+取引」案件がある!

そして、もう一つの注意点。

それが、この「auカブコム証券」案件、ポイントサイトには「口座開設のみ」案件と、「口座開設+取引」案件の2つが同時並行で掲載されているんですよね。

「口座開設のみ」案件は、その名の通り口座開設だけでポイントがもらえて超お得!なんですが、最大ポイントはモッピーの3,600P(円)と、「口座開設+取引」案件の半分程度のポイントです。

そして、冒頭ご紹介した通りこの「取引」はたった100円以上の取引でOKなので、超絶低リスクでしかも超簡単なんです。

「auカブコム証券」案件は、絶対に口座開設+取引案件を狙っていくべきだと思います。

スポンサーリンク

ポイント獲得条件

では、早速このauカブコム証券案件の詳細を確認していきましょう。

ポイントサイト「ライフメディア」の口座開設+取引案件がこちらですね。

上記のとおり、口座開設完了後初回取引(最低取引額100円以上)完了で、7,000円のポイントがもらえます。

必要なアクションは口座開設とたった1回の取引だけで良いので、これ本当に超絶簡単です。

しかもこのauカブコム証券は、投資信託ならなんと100円から手数料無料で購入可能なので、本当にたった100円の投資信託購入で、条件は簡単にクリアできます。

後程詳しくご紹介しますが、仮に100円で買った投資信託の価値が一晩で0円になったとしても、最大の損失は100円ですからね?そして、そんなこと(投資信託の価値が一晩で0円になること)はまずありえません。

このため、実質の損失目安は最大でも10円程度で、1回の取引を完了させポイントを獲得することができます。

これで最大7,000円もらえるって、これ驚異的な条件ですからね!?

口座開設がまだの方が・・超絶羨ましいです。今すぐ口座開設すべき大型案件だと思います。

ポイント却下条件

次に、ポイント却下条件も確認しておきましょう。

まず、既にauカブコム証券(旧カブドットコム証券)の口座をお持ちの方は、既に解約済みの方も含め残念ながら対象外となります。

そして、ポイント獲得条件と表裏一体にはなりますが、口座開設後初回取引が取引完了していない場合は不可になります。口座開設後初回取引までの期間の条件はありませんが、ポイント確定までの期間が約30日となっているので、少なくとも30日以内できれば15日以内には取引を完了させておきたいところです。

また、虚偽やいたずら、不正ももちろん不可です。

また、特に記載はありませんが同一住所でも別名義の場合はポイント対象、というのは嬉しい条件ですね。つまり、夫婦申込で2倍ポイントもOK!ということなんです。超低リスクですから、夫が既に口座を持っている!って場合は、妻名義で口座開設するのも「あり」です。

なお、同一住所からの申込の際は、「重複」ととられないよう夫が自宅PC+Wifiで利用している場合なら、妻はスマホ+スマホ4G回線を利用するなど、申込時の通信回線(IPアドレス)を必ず別にするとともに、パスワードや取引暗唱番号を別々のものにするなど、細心の注意を払ってください。

実際の取引方法

では、このauカブコム証券で、100円投信信託を購入し、売却するまでの簡単な攻略方法を解説します。

口座開設後、まずは、100円の入金をしましょう。入金方法はいくつか方法がありますが、一番簡単なのは、ネットバンキングを利用して振替入金する方法です。

上記のとおり、三菱UFJ銀行、じぶん銀行、ゆうちょ銀行の場合入金手数料が無料なので、このいずれかのネットバンキングからの入金をおすすめします。

何しろ、購入する投信信託がたったの100円なので、入金手数料が50円~100円掛かっていたら本末転倒も良いところです。必ず手数料無料の銀行から入金してください

入金額は、ぴったり100円でOKです。

私は上記のとおり、ゆうちょ銀行から100円を入金しました。

では、実際の取引を開始しましょう。

auカブコム証券の「お取引」タブから「投信」を選択します。(カブドットコム証券の画面のままですが、取引方法は同じです。)

次に、「買注文(ファンド一覧)」タブをクリック。

すると、展開した画面では買注文が可能なファンド一覧がばーっっと表示されるんですが、ここは慌てずに、画面一番上、検索タブの「買付方法」タブから「累投型買付」を選択し、「検索する」をクリックしてください。

というのも、100円で購入可能な投信は、この「累投型買付」が可能なファンドだけなんです。

すると、このように「累投型」で購入可能なファンドが表示されます。

購入するのはたったの100円ですので、赤枠内のとおり手数料率が「ノーロード」になっているファンドであれば、正直どのファンドでもよいです。

検索結果から赤矢印「累投型」の買付をクリックして、100円分の投資信託を買っちゃいましょう。

いや・・でも何買えばいいかわからない!って方は、「国内株式ファンド」タブ(初期表示タブ)の上から2番目に表示される「日本応援株ファンド」を選択しましょう。

このファンドならまず、大崩れすることは無いと思います。

また、購入に当たっての注意点としては・・繰り返しですが、累投型の買付でないと、100円での投資信託の購入はできませんので、必ず「累投型」の購入を選択してください。

また、手数料率が「ノーロード(手数料無料)」以外のファンドは、購入時に手数料が掛かってしまうので、100円の入金では購入ができないことがあります。必ずノーロードのファンドを選ぶようにしてください。

何しろたったの100円ですので、本当に銘柄は「累投型」で「ノーロード」の銘柄であれば正直何でもOKです。

後は目論見書と補完書面に承諾をして、100円分の投資信託を購入するだけです。

無事、たったの100円の入金で、100円の投資信託を購入することができました。これで、ポイント獲得のための取引は完了です。

その後無事100円分の投資信託が加算されました。

非常に簡単に取引が完了する!ってことがお分かりいただけたかと思います。

買った投信はどうすべきか?

この方法で買った100円の投信ですが、受け渡し日(約1週間後)以降であれば、上記赤枠内のとおり当然売却することが可能です。不要なら、売ってしまってもよいですね。

ただし、売却するのはポイントが確定してからにした方が良いでしょう。何しろ100円ですから焦る必要はありません。

また、購入時はノーロード(手数料0円)でしたが、売却時には若干(1%行くか?程度)の手数料(信託財産留保額)が差し引きされます。

このため、100円満額で売れない可能性もありますが、といっても何しろ100円の投信ですので、手数料は1円あるか?ないか?の世界です。あまり気にする必要はありません。

そして、この購入日から売却日までの間に万が一このファンドの価値が0になった場合、この100円は戻ってこない・・つまり100円が最大損失目安、ということにはなりますが、そんな可能性は皆無といって良いので安心してください。

そもそも、投資信託はそのファンドに対し100円どころではなく数億~大きいファンドでは数兆円もの資金が集まっています。

そして、その資金を運用方針に乗っ取り、分散投資しつつその価値最大化に向けて最適になるよう運用してるんです。そのファンドの価値がたったの数日間で全くの0円になる可能性は、ほぼ皆無です。

もちろん、大暴落!ってことも考えられますが、例えば50%暴落で下がっても50円の損ですからね?正直、50%暴落したら経済は大恐慌状態で、50円の損どころの話ではない状態に陥っているはずです。

是非安心して、100円の取引をしていただければと思います。

どうせなら記念にこの100円分の投資信託は保有しておいて、値動きを追うのも面白いかもしれませんよ!?

ちなみに、私が約1か月放置した結果がこちらです。売ろうとしたら、5円儲かってる(笑)。

持っていても仕方ないので売却しましたが、リスクがかなり限定的であることはお分かりいただけたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

auカブコム証券のメリット

そして、実は個人的にも愛用しているauカブコム証券のメリットも簡単にご紹介しておきます。

一番のメリットは、なんといっても三菱UFJ銀行と連携し、給与を自動引き落としで投資信託などの積み立てに回すことができるシステムが確立されていることです。

毎月、黙っていても給料日翌日に一定額が積立に回るので、嫌でも資産形成ができます。

これ、私みたいなめんどくさがり屋にはぴったりのシステムです。

さらに、ノーロード(購入時手数料無料)で信託報酬(投資信託の運用手数料)も業界最低水準のe-maxis slimシリーズなど、投資信託のラインナップが豊富なのも見逃せないポイントです。

地道に毎月コツコツ10年投資信託を買い続けていたら、ついに評価損益が+200万円近くまできました。(2019年11月現在)

このポイントサイト案件を皮切りに、是非auカブコム証券での投信積み立てをはじめてみてはいかがでしょうか??

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

auカブコム証券の口座開設+たった100円の取引1回で最大7,000円のポイントがもらえる超得案件をご紹介しました。

ご紹介した通り本当に100円の入金で1回の投資信託購入の取引は可能ですし、買った投資信託はポイント確定後売却すれば多分損失は数円単位に収まると思います。

取引1回の手間が面倒といえば面倒ですが、その手間さえ我慢すればほぼノーリスクで7,000円もらえる案件ですので、この記事も参考に是非お取り逃しの無いよう、広告をご利用いただければと思います。

また、auカブコム証券は私の実体験からも資産形成にかなり使える証券会社ですので、ポイントサイト経由の利用で気に入った方は、是非継続して利用をおすすめしたいと思います。

このauカブコム証券案件は、最大のポイントがもらえるのは7,000円の「ライフメディア」です。ライフメディアに登録済みの方はこちらから案件の利用ができます。

ライフメディアへの登録がまだの方は、まずは下記のバナーから会員登録をどうぞ。このバナーからの登録で、最大500円分のポイントがもらえます。

ライフメディアへ無料登録

なお、登録完了だけで100P(100円)がもらえますが、最大500円分のポイントをがっちりゲットするためには、登録月の翌々月の7日までに、ポイント交換を完了させる必要があります。

最大入会ポイントを貰う方法
  • 7月入会の場合 → 翌々月7日までにポイント交換
  • 9月7日までに500P以上を貯め、ポイント交換する!

上記のとおり、例えば7月入会の場合、翌々月となる9月7日までに交換可能ポイントの下限である500P以上を貯め、ポイント交換を済ませる必要があります。

ライフメディアでは、入会から24時間限定で、上記の入会ポイントとは全く別で、さらにもれなく100Pもらえる「24時間限定ボーナス」が開催されているので、このボーナス案件から1つ選んで案件をこなすと、無理なく最大ボーナスがもらえます。

例えばこんな感じの案件ですね。

このKドリームス案件など、ポイント獲得までの期間が短い案件が揃っているので、ポイント交換に必要な最小限のポイントである500ポイント獲得し、ポイント交換することは簡単です。

翌々月7日までにポイント交換が完了すれば、入会ポイント100P+24時間限定ボーナス100P+入会ポイントの残り400P、合計600円がもらえます。

さらにこの「Kドリームス」案件なら500円がもらえるってことですから、合計1,100円がもらえてしまう計算です。

これ、もちろんauカブコム証券とは全く別にもらえるポイントですからね?入会は、是非お早目にどうぞ。

ライフメディアへ無料登録

ライフメディアでのANAマイルの稼ぎ方!陸マイラー必須登録の魅力とは?

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD