電子マネーのチャージでなぜか現金&マイルが増える!QUOカードPay案件は拾っておこう!

電子マネーのチャージ「だけ」で、何故か現金&マイルをがもらえるって・・これ結構お得だと思いませんか?

この記事でご紹介する電子マネー「QUOカードPay」は、普通に現金同等で使える電子マネーです。クレジットカードでこの現金同等のQUOカードPayにチャージするだけで現金もしくはマイルが何故か「増える」んです。

リスクなしどころの話ではありません。例えば現金同等の商品券を購入したら何故かさらに現金がもらえるようなものです。

完全ノーリスクなのはもちろんのこと、なんとさらに増えるんですから、「質量保存の法則」を完全に無視した現代の錬金術状態です。

申込も超絶簡単ですので、これはもう道端に落ちているお金と同等ですね。

ただ、かなりのお得度故に、ちょっともらえるポイントは少な目です。このため、お時間の無い方には積極的におすすめするつもりはありません。

ただ、コロナウイルス感染拡大防止のために、極力外出は控える必要がある時期・・つまり比較的時間のある時期ですからね?

ちょっと少な目ですが、時給換算も3,000円程度になりますし何しろノーリスクですので、ここは暇つぶしと思ってサクッと拾っておきましょう。

早速、この「QUOカードPay」案件を簡単にご紹介しておきます。

スポンサーリンク

恒例のどこ得チェック

ポイントサイト案件紹介時恒例の「どこ得」チェックの結果がこちらです。

ポイントサイト「ECナビ」の750円が最大のポイントですね。

え・・750円・・ちょっと少ない・・と思われたかもしれませんが、電子マネーへのチャージだけで5,000円とかもらえるとか、普通考えればあり得ませんよね。

繰り返しですが、QUOカードPayは現金同等の電子マネーです。

この現金同等の電子マネーへのチャージで750円ってことは、つまり商品券買ったら750円もらえる・・みたいなものです。これはQUOカードPay普及促進時限定のボーナスタイムだと思って、早めに拾っておきましょう。

ただ、この後詳しくご説明しますが1点だけ留意点があるとすれば、このQUOカードPayはチャージ時に6%(税別)の手数料が取られます。ただ、そのチャージ料を支払っても約500円以上は手元に残る計算ですので、お得であることに変わりはありません。

で・・後はこの中からどのポイントサイトを選ぶかですが・・・ECナビは最高額の750円もらえますがTOKYUルートでANAマイルに交換ができません。

一方、ワラウは680円ですが、TOKYUルートでANAマイルに交換ができます。

正直、70円差ですので「ECナビ」、「ワラウ」どちらでもほとんど差は無いと思いますね

ここからは、「ワラウ」の案件を題材に解説を続けます。

【TOKYUルート必須】ANA TOKYUカードがポイントサイトに復活!申し込みはお早めに!

【2020年最新】ポイントサイトからANAマイルに交換(移行)するルート総まとめ

スポンサーリンク

ポイント獲得条件

では、ポイント獲得条件を詳しく見ていきましょう。

ポイントサイト「ワラウ」のQUOカードPay案件がこちらですね。

初回限定ですが、QUOカードPayの購入(チャージ)で、680円分のポイントがもらえます。

気になるポイント獲得条件がこちらです。

ちょっと字が小さいのですが、「個人としてQUOカードPay会員登録後の、初回チャージ(3,000円以上)」で、ポイント獲得条件達成となっています。

ポイントとなるのは「個人として」会員登録することと、3,000円以上チャージすることですね。

なお、※印以下の注意書きにある通り「QUOカードPayの既存会員の方」もしくは「アプリダウンロード済み」の方でも、ご自身でQUOカードPayのチャージが初めてであれば、対象になります。

一方のポイント対象外条件はこちら。

上2つの条件はポイント獲得条件の裏返しですから無視するとして、その他の条件にも特段難しい条件はありません。

同一住所不可条件が無いので夫婦申込も当然可能ですが、同一ユーザーと思われないよう、IPを別にする、パスワードを別々にするなど基本的な注意事項は順守した方が良いと思います。

スポンサーリンク

チャージ方法

では、実際に注文方法をご紹介しましょう。

まずは、新規会員登録からスタートです。なお、手続きはPCからでも、スマホからでも可能です。

まず1点目の会員登録時の注意点はこちらですね。

ポイント獲得条件にもありましたが、会員登録は必ず「個人として登録」の区分で登録してください。

なお、法人として登録しようとすると法人格の入力などが要求されるため、普通気づくとは思いますが、一応・・ご注意ください(笑)。

会員登録が終わったら、次がQUOカードPayの購入(チャージ)です。

このQUOカードPay、基本思想は「プレゼント用」(法人の場合はノベルティ等の用途)ですので、このように画像を選ぶ選択肢等が表示されますが、今回のケースでは自分に送って自分に使うと思いますので、画像はなんでもよいです。

また、この次にこのQUOカードPayの「タイトル」の入力が要求されますが、これまた何でも良いです。「あ」でもOKです。どうせ自分で使うだけですからね。

後は、額面3,000円のQUOカードPayを数量「1」購入すればOKです。

なお、購入には前述のとおり6%(税別)の手数料・・・3,000円購入の場合198円(税込)が別途必要になりますので、この点だけはご留意ください。

それでも、500円程度は手元に残るのでなかなかお得だと思います。

購入が完了するとQUOカードPayの「バリューコード」が発券されるので、そのコード(URL)をスマホ等に送り、アクセスしましょう。

アクセスしたページから、支払いに使えるバーコードが読み込めるので、そのバーコードお店に提示することで、3,000円までの支払いが可能です。

QUOカードPayが使えるお店

QUOカードPayが使えるお店は上記の通りまだあまり多くはありませんが、ローソンで使えるのが大きいですよね。

超大手コンビニチェーンであるローソンで使えれば、この3,000円を使い切るのは全く問題ないでしょう。結局使い切れなかった・・なんてことはあり得ませんね。

お店でバーコードを見せるだけで使えますし、もちろん現金との併用(コードで不足する分を現金で支払う)も可能です。

スポンサーリンク

電子マネーチャージで約500円!時間がある方は是非

いかがでしたでしょうか?

「現代の錬金術」とも言って良い、現金チャージで何故かお金が増える「QUOカードPay」案件をご紹介しました。

普段ならこの案件、確かにお得ではありますがちょっとだけもらえるポイントが少ないので紹介を見送るところなんですが・・冒頭にも書きましたがコロナ対策で家にいる時間が増える時期ですからね。

自宅にいて時間があるなら、こういったサクッとノーリスクでANAマイルがもらえる案件を試してみるのも面白いのでないかと思い、ご紹介しました。

また、QUOカードPayの有効期限は3年間もありますし、LAWSONでも使えるので使いきれないという危険性もありませんしね。

どうせ家にいるのなら、お得にポイ活!是非、こんな案件も試してみていただければと思います。

ポイントサイトECナビのQUOカードPay案件はこちらから、ワラウの案件はこちらから、それぞれ利用ができます。

ワラウの会員登録がまだの方は、以下のバナーから登録をどうぞ。

遊べるポイントサイト ワラウ

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD