ふるさと納税のおすすめ最新家電をランキング形式で紹介!ふるさと納税はまだまだお得!【2019年9月最新】

2019年6月より、ふるさと納税は大きな制度改定(改悪?)となり「返礼品は寄付額の30%以下」「返礼品は地場産品に限る」など多くの制限が課されることとなりました。

このため、節税意識の高い皆さんは2019年5月中に限度枠一杯の納税を終えられたことと思いますが・・「実はまだ納税枠が残ってるんだよね」という方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

そして、ふるさと納税は実は「オワコン」ではありません。探せばまだまだ魅力的な返礼品ってあるんですよね。例えば、最新家電が返礼品でもらえるって・・どうですか?なかなか魅力的ではないですか?

ふるさと納税ポータルサイト「ふるなび」に掲載されている、2019年9月現在のふるさと納税のおすすめ最新家電案件をランキング形式でご紹介します。

スポンサーリンク

ふるなびはAmazonギフトコード還元キャンペーン中!

まず、簡単にふるなびの最新キャンペーンのご紹介から。

今回の記事でご紹介した寄付案件が掲載されているふるさと納税ポータルサイト「ふるなび」では、ふるなび会員登録(登録無料)し、ログインしたうえでクレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での決済をした方に、最大4%分のアマゾンギフトコードがプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

5万円の寄付なら2,000円、50万円の寄付なら20,000円キャッシュバックされる計算になりますからね?これ、結構大きいです。ここからご紹介する最新家電返礼品ランキングも、是非このキャッシュバックも含めてご覧いただければと思います。

最新家電の返礼品ランキング!

お待たせしました!では、早速2019年6月のふるさと納税改悪後も気を吐く自治体が用意してくれている最新家電返礼品を、独断によるトップ5のランキング形式でご紹介します。

スポンサーリンク

第5位 神奈川県海老名市「RICOH デジタルカメラWG-6 ブラック/オレンジ」

まず第5位がこちら。神奈川県海老名市のRICOHのヘビーデューティ系のデジタルカメラ「WG-6」です。2019年2月発売の、バリバリの最新家電になります。

このWG-6の最新の市価は約40,000円程度ですので返礼率は30%以下ですが、デジタルカメラを2,000円の自己負担でもらえる!しかもアウトドア御用達のタフネスカメラ「WG-6!」っていうのがたまらない魅力です。

ただ、寄付金額が190,000円とかなりお高いのはちょっと厳しいですかね。このため、ランキング的には第5位とさせていただきました。でも、デジカメが欲しかった方には絶対におススメの返礼品です。

神奈川県海老名市のWG-6の寄付案件は、ブラックはこちら、オレンジはこちらからご確認ください。

第4位 長野県安曇野市「VAIO」シリーズ

続いて第4位がこちら。長野県安曇野市の返礼品、VAIO株式会社のノートパソコン「VAIO」シリーズです。上記はセレロンモデルのVAIO SX12ですが、このセレロンモデルを含め、このSXシリーズは2019年7月に発売開始されたばかりの最新パソコンなんですよね。

寄付金額のお得度的にはそれぞれぴったり返礼率30%程度といったところでしょうか。最低寄付金額が50万円からとちょっと寄付金額がお高めなのは難点ですが、でもいまだに返礼率30%で、最終的な自己負担2,000円パソコンが返礼品でもらえるって、凄いですよね。

この返礼品の詳細は、以下をご参照ください。

返礼品 寄付金額 URL
SX12 celeronモデル 50万円 こちら
SX12 corei5モデル 72万円 こちら
SX14 corei7モデル 90万円 こちら

スポンサーリンク

第3位 神奈川県厚木市 「SONY ブルーレイディスク/DVDレコーダーBDZ-FT2000」

続いて第3位がこちら。神奈川県厚木市のソニー製ブルーレイディスク/DVDレコーダー「BDZ-FT2000」です。

第4位でご紹介した長野県安曇野市のパソコン「VAIO」は厳密にはソニー製品ではないんですが、こちらは間違いなくソニー製の製品ですからね。市価は約6万5千円くらいなので返礼率は30%を若干下回りますが、ソニー製品をふるさと納税で、つまり2,000円でゲットできるのはかなり美味しいと思います。

ただ、難点はこちらもVAIOと同じく寄付金額が若干高いことでしょうか。このBDZ-FT2000案件はこちらから寄付が可能です。

スポンサーリンク

第2位 新潟県燕市「ツインバード工業フラットオーブン/電子レンジ」

そして第2位がこちら。

新潟県燕市の返礼品、ツインバード工業のセンサー付フラット電子レンジ「DR-E273B」、フラットオーブンレンジ「DR-E857B」です。この返礼品はまず返礼率が30%を軽々超えて来る一品ですし、デザイン的にもかなりおすすめできる電子レンジです。

寄付金額も5万円(電子レンジ)、6万円(オーブンレンジ)とかなりリーズナブルですので、まだ納税枠が残っている!って方はこの後第1位に推薦する返礼品と合わせて、お好みで選択しても絶対損はしないのではないかと思います。

フラット電子レンジ「DR-E273B」はこちら、フラットオーブンレンジ「DR-E857B」はこちらからそれぞれご確認ください。

第1位 長野県伊那市「LOGITEC ハードディスク」シリーズ

そして、栄えある個人的な第1位がこちら。長野県伊那市のLOGITECのハードディスクシリーズです。

この返礼品はなんといっても寄付金額が5万円程度からとかなりリーズナブルですし、返礼率は30%程度、モノによっては返礼率が30%を超えるものもあります。なんといってもハードディスクはTVの録画の必需品ですし、LOGITECのハードディスクは24時間365日稼働OKの品が揃っているので、かなり汎用性が高い一品なんですよね。

寄付しておいて絶対に損はない一品だと思います。このロジテックハードディスクの返礼品はこちらからご確認ください。

スポンサーリンク

ふるさと納税の魅力はまだまだ継続中!

以上、ふるさと納税でもらえる最新家電返礼品をランキング形式でご紹介しました。

ふるさと納税の返礼品の基準が2019年6月から制度見直しになり、なんだかふるさと納税自体がオワコン化したようなムードになってしまっているのですが、2,000円の自己負担でお得な返礼品がもらえる!というふるさと納税の魅力は何ら変わるものではありません。

そして、今回ご紹介したような地元に工場を抱える自治体は、堂々と「地場産品」として最新家電を返礼品にラインナップしてくれていますからね。節税のためにも、今後もしっかりとふるさと納税、利用いただければと思います。

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD