ANAダイナース入会キャンペーンで超絶82,000マイル!ペアでハワイに行ける大チャンス!

2018年秋に引き続き、2019年新春もANAダイナースクラブカードがかなり本気の大爆発です。

ANAゴールドカード入会キャンペーンの20,000ANAマイル+ダイナースカードの入会キャンペーンで62,000ANAマイル。

合計82,000ANAマイルがもらえてしまう超絶入会キャンペーンが、2019年1月15日から堂々開始されています。

82,000マイルといえば、レギュラーシーズンかつエコノミークラスなら、ペアでハワイに往復できてしまうだけのマイル数です。

しかも、ANAのホノルル路線への1機当たり550席を誇る総二階建て超巨大機材A380の3機投入により、エコノミー&プレミアムエコノミークラスなら、ハワイの特典航空券を発券することも決して夢ではない状況です。

ANAのA380ハワイ便特典航空券枠の開放状況について【2019年1月最新】

2019.01.16

ANAマイルがついに「特典航空券が取りやすいマイル」に。A380ホノルル便就航がもたらす2つのメリット

2018.12.31

それだけのマイルを、たったの1枚のカードの発行+諸条件のクリアで、貯めることができるんです。

このお得なキャンペーンの内容を、早速ご紹介していきます。

スポンサーリンク

目次

ANAダイナース入会キャンペーン(2019年新春)の概要

では早速、合計最大82,000ANAマイルを獲得できる、2019年新春のANAダイナースクラブ入会キャンペーンの概要を解説していきます。

近年まれにみるかなり大型の入会キャンペーンだった、55,000ANAマイルもらえる2018年夏の入会キャンペーン、77,000ANAマイルもらえる2018年秋のキャンペーンをさらに上回る、超特大キャンペーンです。

なお、今回のキャンペーンは上記のとおり1月15日から4月30日の期間限定ですので、なるべくお早目のお申込みをおすすめします。

スポンサーリンク

キャンペーン① 入って!使おう!ANAカード入会キャンペーン

今回のANAダイナースカードの入会キャンペーンは、①ANA主催のキャンペーン、②ダイナースクラブカード主催のキャンペーンの大きく2つに分かれています。

この2つの入会キャンペーンは重複させることができるので、それぞれ条件をクリアすることで、爆発的なマイルを手に入れることができるというのが、今回のキャンペーンの大きな特徴です。

それでは、まずは①ANA主催のキャンペーン「入って!使おう!ANAカード入会キャンペーン」からご紹介していきます。

(1)入会ボーナスマイル

まずはお約束のボーナスマイルから。

この新規入会ボーナスマイル2,000マイルはキャンペーンでもなんでもなく、ANAのゴールドカードに入会すると普通にもらえるマイルですが、お約束ということで。

(2)入会キャンペーンへの参加登録で2,000マイルプレゼント

ここからが、ANA入って!使おう!入会キャンペーンの内容になります。

新規入会後、キャンペーン参加登録するだけで、さらに2,000マイルがプレゼントされます。キャンペーン参加登録するだけですからね。これは美味しいボーナスマイルです。

スポンサーリンク

(3)約3か月で50万円以上のカード利用で15,000マイルプレゼント

次のキャンペーンが、集計期間中に30万円以上の利用で15,000マイルプレゼントのキャンペーン。

集計期間は具体的には上記のとおりです。発行日によって集計期間は異なりますが約3か月となっています。

が・・これよく見ると月末発行の場合期間が2か月程度しかなくなるので、ちょっと注意が必要ですね・・。3か月間フルに期間があっても、50万円ですから月平均15万円程度の利用が必要になります

若干厳しめであることは確かですが、ここはやむを得ません。さらに、後述のとおり、この入会キャンペーンのマイルを満額もらうためには、実は短期間でかなり高額のカード利用が必須になるので、ここはなんとしてもクリアしておきたい条件になります。

というか、50万円のカード利用で15,000マイルって、マイル還元率3%ってことですからね。

もらったマイルを特典航空券に使うと、その価値は最低2円以上に跳ね上がりますので、円換算の還元率は下手するとこのボーナスマイルだけで還元率6%超の計算になります。

ANAマイルの価値は1マイル=何円?ポイントをマイルに交換するメリットとデメリットについて

2018.03.11

この条件は何とかクリアできるよう頑張りましょう。

(4)ANAカードファミリーマイル登録で1,000マイル

そして、最後の条件がこちらです。

ANAカードファミリーマイルに登録で1,000マイルプレゼントです。

ただし、「既にファミリーマイル登録しているよ!」って方も多いと思いますが、既にプライム会員としてファミリーマイル登録済みの方は、カードを変えて登録しても、このマイルはもらえないようです。ま、これは仕方ありませんね。

登録がまだの方は、登録だけで1,000マイルですので、もらっておくしかありませんね。

条件を全てクリアすることで20,000ANAマイル!キャンペーンには参加登録が必要なのでご注意!

上記の条件をクリアすることで、まずは①「入って!使おう!ANAカード入会キャンペーン」特典として、全部で20,000ANAマイルがもらえます。

これはすべてANAマイルとして加算されますので、ポイントとしてもらってANAマイルに加算する・・といった面倒な手続きは不要です。

新規入会+キャンペーン登録+3か月以内に50万円利用の条件クリアで20,000ANAマイルがもらえるので、まずはこのキャンペーンの確実なクリアを目指しましょう。

なお、このキャンペーンは参加登録が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

キャンペーン② ANAダイナースカード入会キャンペーン2018

そして、2番目の入会キャンペーンがこちら。

ダイナースカード発行元である三井住友トラストクラブ主催の、②ANAダイナースカード入会キャンペーンです。そして、このキャンペーンが強烈で・・・何と、最大62,000マイル相当が獲得できてしまいます。

一方、条件はそれなりに厳しいのですが・・。以下、詳細に解説していきます。

(1)入会後3か月以内に50万円のご利用で16,000ANAマイル

ダイナースのキャンペーンは、いきなりクレジットカードの高額利用によるボーナスポイント案件からスタートです。

ANAのキャンペーンの場合はとりあえず誰でももらえる入会特典等を用意してくれたのですが、ここはさすがにステータスカードの発行主体。いきなり、超高額の買い物利用を要求してきます。甘くないですね・・。

ただ、この50万円は①入って!使おう!ANAカード入会キャンペーンの、15,000ANAマイルもらえる「50万円の利用」と合算可能ですので、これは何とかしてクリアしましょう。

何しろ、合算すると合計50万円の利用で、もらえるANAマイルが合計で31,000マイルです。

マイル還元率・・6%。円換算なら・・ハワイではなくビジネスクラス特典航空券と交換すると20%を超えるかもしれません。

確かに3か月で50万は辛いですが・・1か月あたり17万円程度です。私は・・一切現金を使わない、ほぼ完全クレジットカード生活に移行していますので、何とか行けますね。これなら。

(2)入会後3か月以内にさらに50万円以上の利用で28,000ANAマイル

そしてこれは・・条件(1)に引き続き、かなり厳しい条件です。

3か月でさらに50万円・・・つまり、3か月で50万円+50万円で、合計3か月で100万円のカード利用が必要ということです。

これは場合によってはあきらめざるを得ないでしょう。でも、それでも50万円の利用で45,000ANAマイルもらえるのですから、十分といえば十分です。

私は・・それでもこの条件は意地でもクリアしますね。公共料金の支払いから何から・・さらにはボーナス一括とかで購入する家電などの支出まで加えて、意地で100万円達成します。

【悪ノリしすぎ】2か月で100万円!?あおぞら銀行(の広告代理店)は陸マイラーを馬鹿にしているのか

2018.05.09

ポイントサイトの広告の中には、上記のとおり約2か月で100万円デビッドカードで利用して、やっと1万円分のポイントしか貰えない案件もありますので、それに比べれば十分良心的・・ですよね。

100万円利用できれば、もらえるANAマイルは「一定額の利用でもらえるマイル」の合計で63,000ANAマイル・・・。マイル還元率6%超・・・。

なんとかこれ、欲しいですよね。

スポンサーリンク

(3)家族カードとビジネス・アカウントカードに追加の入会で4,000マイル

ここまでで3ヵ月で100万円という超絶ハードルを突き付けられていますので、これ以上「カード使え」系のハードルだとどうしようかと思いましたが、ここで、目先を変えたカードの追加発行によるボーナスポイントの条件です。ちょっとほっとしました。

上記の通り、家族カードとビジネス・アカウントカードに追加の入会で4,000マイル相当のポイントです。

ちなみに、家族カードは年会費6,000円(税抜)、ビジネス・アカウントカードは年会費2,000円(税抜)がそれぞれ初年度からいきなり徴収されます。この支払額と、もらえるマイルとをよく比較検討して入会を検討してください。

8,000円で4,000マイルかぁ・・・。ちょっと悩みますが、私なら、もらっちゃいますね。

家族カードがあると家族で100万円を達成しやすいですしね。

(4)カード利用ポイントで10,000ANAマイル

最後は入会キャンペーンでもなんでもなく、100万円カード利用した際の通常利用ポイントです。

100万円の利用をあきらめた方は、50万円なら5,000マイル分のポイント、ということになります。

全てクリアで82,000ANAマイル!の内訳

以上、ここまで紹介した、ANAダイナースの入会キャンペーンで最高77,000ANAマイル!の内訳がこちらです。

この中で特にクリアが難しいのは、特典5の「入会3か月以内に100万円利用」でしょうか。ここに挑戦するかどうかは、ご自身の価値観でご判断されればよいのではないでしょうか。

なお、50万円の利用にとどめた場合、特典5の32,000マイルがもらえない、さらに通常のカード利用ポイントが、100万円利用で10,000ポイントから5,000ポイントに目減りしますので、トータルで37,000マイルの減額になります。

つまり50万円利用でもらえるマイルは、トータルで45,000ANAマイルってことです。

それでも、50万円の利用で45,000ANAマイルですから、とんでもないキャンペーンだと思いますよ。

スポンサーリンク

ANAダイナースの発行はポイントサイト経由でさらにポイント獲得可能・・だが?

そして、ANAダイナースカードの発行は、ポイントサイト経由で行えることも忘れてはいけませんね。

上記のように、ANAダイナースカード案件はポイントサイト頻出案件です。しかしながら、2019年1月15日現在、ポイントサイトにはANAダイナースの案件はありません

ちなみに、大型キャンペーン実施中は、広告費がそちらに集中するので、ポイントサイトに広告が表示される可能性はかなり低いです。

この82,000ANAマイルの入会キャンペーンは、過去の案件と比べても、それだけかなり気合の入ったキャンペーンです。

スポンサーリンク

過去のANAダイナース入会キャンペーンとの比較

開催時期 最大マイル
2017年春 53,500
2017年夏 46,000
2017年冬 5,000
2018年春 10,000
2018年夏 55,000
2018年秋 77,000
2019年春 82,000←今ここ

ちなみに、ここ2年のANAダイナースカード入会キャンペーンでもらえる最大マイル数の推移がこちらです。

2017年冬から春のキャンペーンでは、もらえるマイルが5,000~10,000マイルと、最盛期の10分の1~5分の1に激減していた時期がありますが、今回の2019年新春のキャンペーンは過去最大レベルといってよい、かなり大きめのキャンペーンなんです。

実は、ダイナースクラブカードの発行主体が三井住友トラストクラブ株式会社に変更になる2015年末には、ポイントサイトでカード発行だけで約50,000円のポイントがもらえ、さらに入会キャンペーンで約20,000マイル分のポイントがもらえるという、合計70,000P超という超絶案件+入会キャンペーンが実施されていたこともあります。

今回のキャンペーンは、その時期に匹敵する、超大型案件です。

そして、ANAダイナースの入会キャンペーンで最大のポイントをもらう条件が「約3か月で100万円のカード利用」というのは、実は普通の条件ですので、今回の条件が特別厳しいというわけではありません。

発行の絶好のタイミングといってもよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ダイナースカードのスペック

会費 本会員 27,000円(税抜)
家族会員 6,000円(税抜)
入会の目安 年齢27歳以上の方
ご利用可能枠 一律の制限なし

  • ご利用可能枠は、会員お一人様ごとのご利用状況やお支払い実績などによって個別に設定しています。
お支払い方法 一回払い、ボーナス一括払い、リボルビング払い
ご融資 キャッシングサービス、カードローン

  • ご利用可能枠の設定が必要です。
付帯保険 海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 最高1億円(下記1.と2.の合算額)

  • 自動付帯分:最高5,000万円
  • 利用条件分:最高5,000万円
国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害 最高1億円(下記1.と2.の合算額)

  • 自動付帯分:最高5,000万円
  • 利用条件分:最高5,000万円
ショッピング・リカバリー 年間500万円限度(利用条件付)

ダイナースカードのスペックはこちらになります。まず、入会年齢が27歳以上目安、というのがステータスカードの証。

そして、さすがにゴールドカードに分類されるカードですね。年会費がいきなり初年度から27,000円かかってきます。家族会員でも6,000円です。この年会費の負担も考慮して、発行されるかどうかご検討ください。

ダイナースの最大のメリットは「充実のラウンジサービス」

ただ、ダイナースクラブカードの最大のメリットが、この国内/海外の空港でのラウンジサービスです。

もちろんですが搭乗クラスがエコノミーであろうとも、ダイナース保有者が利用できるラウンジはもちろん利用ができるので本当におすすめです。

アメリカンエキスプレス・カードのラウンジサービスが「プライオリティ・パス」なのに比べると本当に雲泥の差と言ってよい、素晴らしいサービスだと思います。

スポンサーリンク

ANAダイナースカード発行のチャンス到来!

2019年春のダイナースカードの入会キャンペーン。

82,000ANAマイルはかなりの大量マイルです。

しかも、過去2年で最大レベルのキャンペーンであった2018年夏、2018年秋のキャンペーンをさらにに凌駕する超大型キャンペーンですので、ANAダイナースの発行を狙っていた方は、この機会に発行してみても決して損はないタイミングだと思います。

ただし、最大マイルを貰うにはなんと3か月以内に100万円の利用が必要という・・かなり高いハードルが設けられています。

最大マイルである82,000マイルを目指さなくても、50万円利用で約45,000マイル、というのも現実的な選択肢かも知れませんね。

ANAダイナースが欲しかった人は、ここ2年で最大のビッグウェーブですので、ぜひこの機会に発行してしまいましょう!

タイトルにも記載しましたが、82,000ANAマイルあれば、レギュラーシーズン&エコノミークラスであればペアでハワイに行けてしまうマイル数ですからね。

このキャンペーンの詳細は、こちらからどうぞ。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

年間50万ANAマイルを貯める超実践的な方法を解説しています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひ下記関連記事をご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22
当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018.04.22



AD