【2019年11月最新】ANAダイナース入会キャンペーン徹底解説。最大71,000ANAマイル!

2019年秋のANAダイナースクラブカードの入会キャンペーンが、絶賛開催中です。最大獲得マイルは71,000ANAマイルと過去最大ではありませんが・・これ、後程詳しく紹介しますがダイナースクラブが単体で主催するキャンペーンとしては過去最大級です。

さらに、キャンペーンマイルを最大限獲得するためのハードルが、約3か月強で90万円のカード利用と、ANAダイナースクラブカードとしてはかなり少なめなのもおすすめポイントです。それでも3か月強で90万円利用は結構高いハードルなんですが、これまでのキャンペーンでは3か月強で120万円程度の利用が必要だったので、それよりは「マシ」なんです。

ANAダイナースの入会キャンペーンで最大マイルを獲得したい方にとっては、かなりのチャンスと言って良いと思います。

今回のキャンペーンで手に入る71,000ANAマイルを利用すれば、東南アジアへの往復ANAビジネスクラスでの旅行はもちろんのこと、もう少しマイルをプラスすれば、ヨーロッパまで往復ビジネスクラスで旅行できてしまうマイル数です。私自身、つい先日もANAマイルでバンコクに旅行してきましたが、やっぱりビジネスクラスでの旅行は別格でした。

ANAビジネスクラス搭乗記 羽田ーバンコク NH847便機内食の全て。和食と洋食どちらがおすすめ?

ANAビジネスクラス搭乗記。NH210デュッセルドルフー成田便の機内食とアメニティをご紹介

それだけの大量マイルを、ANAダイナースクラブカードというたったの1枚のカードの発行+諸条件のクリアで貯めることができるんです。

2019年夏のキャンペーンは貰えるマイルは95,0000マイルと大量でしたが、条件が3か月で120万円利用と若干厳しめの印象でした。

今回の2019年秋のキャンペーンは、キャンペーンクリアに必要なショッピング利用金額が低く抑えられており、かなりチャレンジしやすい入会キャンペーンだと思います。早速、このANAダイナース2019年秋の入会キャンペーンの全貌をご紹介します。

スポンサーリンク

ANAダイナース入会キャンペーン(2019年秋)の概要

では早速、合計最大71,000ANAマイルを獲得できる、2019年秋のANAダイナースクラブ入会キャンペーンの概要を解説していきます。

近年まれにみるかなり大型の入会キャンペーンであった、77,000ANAマイルもらえた2018年秋のキャンペーン、85,000ANAマイルもらえた2019年春の入会キャンペーン、95,000ANAマイルもらえた2019年夏の入会キャンペーンに匹敵する、超特大キャンペーンです。

これから詳しく解説しますが、これまでのキャンペーンに比べると確かにもらえるマイルは少な目に見えますが、キャンペーンの条件クリアに必要なショッピング利用金額も少な目なので、最大マイルを獲得するという観点からすると、実はかなり狙い目のキャンペーンになっているんです。

ANAダイナースカード入会キャンペーンでもらえるマイル

ではまず、今回のANAダイナース入会キャンペーンでもらえるANAマイルの総額を確認してみましょう。

入会キャンペーンで獲得できるANAマイル
  • ANAダイナース入会キャンペーン(ダイナース主催):71,000ANAマイル

過去のキャンペーンではANA主催のキャンペーンとの併用が可能な時期もありましたが、2019年秋のキャンペーンではANAカード主催キャンペーンは実施されていません。それでも、ANAダイナースカードのキャンペーンだけで71,000ANAマイルがもらえます。

冒頭で「ダイナースクラブが単体で主催するキャンペーンとしては過去最大級」と記載したとおり、この水準はANAダイナース単体の主催キャンペーンとしては過去最大級です。

早速、その内容を確認しましょう。

ANAダイナース主催入会キャンペーン

では、ダイナース主催の入会キャンペーン「2019年秋」について早速ご紹介します。

ダイナースカード発行元である三井住友トラストクラブ主催の、ANAダイナースカード入会キャンペーンです。そして、このキャンペーンが強烈で・・・何と、最大71,000ANAマイル相当が獲得できてしまいます。2019年夏のキャンペーンでも、ANAダイナース主催のキャンペーンでもらえるマイルは最大72,000ANAマイルでしたから、ほぼ同水準です。

そして、ここから解説するとおりポイント獲得条件がかなり緩和されているので、実質過去最大級のキャンペーンと言っても良い水準だと思います。

(1)入会ボーナスで2,000ANAマイル

では早速、2019年秋のANAダイナース入会キャンペーンの概要をご紹介します。

まずは、お約束の入会ボーナスの2,000ANAマイルです。

これは・・厳密には入会キャンペーンとは言えませんね。ANAダイナースクラブカードに入会した方は、入会キャンペーンに関わらず全員にもらえるボーナスマイルです。

(2)入会後3か月以内に50万円のご利用で38,000ANAマイル

そして、今回の2019年秋の入会キャンペーンで、特に強烈な入会特典その1がこちらです。

キャンペーン集計期間中の約3か月にANAダイナースカードを一定額以上利用することでもらえるボーナスマイルが、いきなり超高額なんです。まずは、新規入会後3か月強の期間内に、50万円以上の利用で38,000ANAマイルがもらえます。

これ・・この特典1って実は超強烈なんです。

このキャンペーンで3か月以内に50万円利用でもらえるマイルを単純に足し合わせると、「入会ボーナス2,000ANAマイル」+「50万円の利用で38,000ANAマイル」+「50万円分のマイル還元5,000ANAマイル」でトータルでなんと45,000ANAマイルがもらえる計算になります。

これ、冷静に計算するとマイル還元率9%ですからね?

実はすごい還元率です。以下でご紹介する特典2以降を獲得するためには、同じ3か月の期間内にさらに40万円以上の利用(合計90万円の利用)が必要になるので、この特典1までで十分なくらいの、強烈な水準です。

この「3か月以内に50万円利用」の条件、これは何とかしてクリアしたいですね。

3か月で50万円ということは、1か月あたりカード利用は15万円超程度でOKです。ちなみに私は日常生活で一切現金を使わないほぼ完全クレジットカード生活に移行していますので、正直これなら余裕ですね。

(3)入会後3か月以内にさらに40万円以上の利用で20,000ANAマイル

そして次の条件が、同じく約3か月以内にさらに40万円の利用でもらえる20,000ANAマイル相当のポイントです。

この条件を達成するとさらに追加20,000ANAマイルがもらえますが、一方で特典1と同一期間である3か月でさらに40万円・・・つまり、実質約3か月で50万円+40万円で、90万円のカード利用が必要になります。

ただ、ここまで何度か触れたようにANAダイナースの入会キャンペーンで満額マイル獲得のハードルが3か月で90万円というのは、実は結構低めのハードルです。頑張れば、何とかクリアできる水準・・といえるでしょうか。

ただ、特典1の50万円の利用だけクリアするだけでも合計45,000ANAマイル以上は貰える計算ですのでここはあまり無理をしなくても良いでしょう。

ちなみに、「入会から3か月」の基準は上記のとおりとなっており、実質的には3か月の期間が丸々与えられます

この3か月で50万円を利用すれば、少なくとも45,000ANAマイルがもらえます。さらに追加で40万円利用できれば追加で20,000ANAマイルということです。家計に合わせてキャンペーンの目標を設定しても良いと思います。

スポンサーリンク

(4)家族カードとビジネス・アカウントカード入会で2,000ANAマイル

キャンペーンの条件その③がこちら。キャンペーン期間中に家族カードとビジネス・アカウントカードの入会で2,000ANAマイルがもらえます。

ただ・・家族カードには年会費が6,000円(税抜)、ビジネス・アカウントカードには年間手数料が2,000円(税抜)がそれぞれ掛かるので、このボーナス2,000ANAマイルを狙うのは積極的にはおすすめしませんね。

この家族カード&ビジネス・アカウントカードの発行マイルを差し引きすると、今回のキャンペーンでもらえるマイルは2,000マイル減ってトータルで69,000ANAマイルになりますが、そのマイル減額幅(2,000マイル)よりも所要年会費(8,000円(税抜))の方が高いので、この特典には手を出さない方がよいと思います。

(5)カード利用ポイントで9,000ANAマイル

そして、最後はこれまた入会キャンペーンでもなんでもありませんが、90万円カード利用した際の通常利用ポイントです。90万円利用するのですから、当然9,000マイル相当のポイントがもらえます。

キャンペーン上限である90万円の利用をしない場合、50万円なら5,000ANAマイル分のポイントがもらえる、という計算になります。

スポンサーリンク

ANAダイナースカード入会キャンペーンの攻略法

ここまで、ANAダイナースカードの2019年秋の新規入会キャンペーンの概要についてご紹介しました。ここまではよろしかったでしょうか?

ここまでご紹介したとおり、満額の71,000ANAマイルをもらうためには、3か月以内に90万円のカード利用が必要になります。3か月で満額の90万円の利用ができる場合は満額を狙っていくべきですが、そうはいっても90万円のハードルは結構高めなので、現実的にはとりあえず50万円の利用で45,000ANAマイルを獲得する!というのも一つの考え方です。

そして、家族カード+ビジネス・アカウントカードの発行でもらえる2,000ANAマイルは、年会費負担が8,000円(税抜)も増えるのであまりおススメではありません。このため、この2,000ANAマイルは除外して考えたうえで、今回のキャンペーンのマイル還元率を計算したものが下記のとおりです。

利用金額とマイル還元率
利用金額 獲得マイル マイル還元率
50万円 45,000ANAマイル 9%
90万円 69,000ANAマイル 7.7%

どうです?意外じゃないですか??

特典1である、ANAダイナースカードを3か月以内で50 万円利用することででもらえる特典マイルが38,000ANAマイルと非常に高額なので、マイル還元率で比較しちゃうと50万円利用時が、最もマイル還元率が高いんです。

もちろん、90万円利用時のマイル還元率7.7%もかなり優秀な値です。

ただ、3か月で90万円は無理!って方は、50万円利用で45,000ANAマイルを確保する!というのも現実的な選択肢だと思います。

スポンサーリンク

ANAダイナース案件はポイントサイトにはない

そして、ANAダイナースカードの発行は、ポイントサイト経由で行えることも忘れてはいけませんね。

上記のように、ANAダイナースカード案件はポイントサイト頻出案件です。しかしながら、2019年10月現在、ポイントサイトにはANAダイナースの案件はありません。ちなみに、大型キャンペーン実施中は、広告費がそちらに集中するので、ポイントサイトに広告が表示される可能性はかなり低いです。

この71,000ANAマイルの入会キャンペーンは、過去の案件と比べても、それだけかなり気合の入ったキャンペーンだと思います。

スポンサーリンク

過去のANAダイナース入会キャンペーンとの比較

開催時期 最大マイル
2017年春 53,500
2017年夏 46,000
2017年冬 5,000
2018年春 10,000
2018年夏 55,000
2018年秋 77,000
2019年春 82,000
2019年初夏 64,000
2019年盛夏 85,000
2019年初秋 95,000
2019年秋 71,000←今ここ

ちなみに、ここ2年のANAダイナースカード入会キャンペーンでもらえる最大マイル数の推移がこちらです。

2017年冬から春のキャンペーンでは、もらえるマイルが5,000~10,000マイルと、最盛期の10分の1~5分の1に激減していた時期がありますが、今回の2019年秋のキャンペーンは、過去に比較しても十分大きめのキャンペーンです。

2019年秋のキャンペーンの特長は、なんといっても利用金額が低めでも大量マイルが手に入るということです。過去のキャンペーンはマイル数は多くてもハードルがめちゃ高かったりしたので、このハードルの低下は狙い目だと思います。

実は、ダイナースクラブカードの発行主体が三井住友トラストクラブ株式会社に変更になる2015年末には、ポイントサイトでカード発行だけで約50,000円のポイントがもらえ、さらに入会キャンペーンで約20,000マイル分のポイントがもらえるという、合計70,000P超という超絶案件+入会キャンペーンが実施されていたこともあります。

今回のキャンペーンは、その時期に匹敵する、なかなかのキャンペーン規模です。

ただ、最大マイルをもらうためには3か月以内で90万円の利用が必要になるので、具体的な利用用途(結婚や出産、引越など)が決まっている方以外は、50万円利用でも45,000ANAマイルがもらえるので、還元率を冷静に判断しても良いかもしれません。

スポンサーリンク

ダイナースカードのスペック

会費 本会員 27,000円(税抜)
家族会員 6,000円(税抜)
入会の目安 年齢27歳以上の方
ご利用可能枠 一律の制限なし

  • ご利用可能枠は、会員お一人様ごとのご利用状況やお支払い実績などによって個別に設定しています。
お支払い方法 一回払い、ボーナス一括払い、リボルビング払い
ご融資 キャッシングサービス、カードローン

  • ご利用可能枠の設定が必要です。
付帯保険 海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 最高1億円(下記1.と2.の合算額)

  • 自動付帯分:最高5,000万円
  • 利用条件分:最高5,000万円
国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害 最高1億円(下記1.と2.の合算額)

  • 自動付帯分:最高5,000万円
  • 利用条件分:最高5,000万円
ショッピング・リカバリー 年間500万円限度(利用条件付)

ダイナースカードのスペックはこちらになります。まず、入会年齢が27歳以上目安、というのがステータスカードの証。

そして、さすがにゴールドカードに分類されるカードですね。年会費がいきなり初年度から27,000かかってきます。家族会員でも6,000円です。この年会費の負担も考慮して、発行されるかどうかご検討ください。

ANAダイナースはメリットの多いカードですが、50万円利用を狙っている方にとっては、やっぱりこの年会費がネックになりますかね・・。

ダイナースの最大のメリットは「充実のラウンジサービス」

そして、ダイナースクラブカードの最大のメリットが、この国内/海外の空港でのラウンジサービスです。

もちろんですが搭乗クラスがエコノミーであろうとも、ダイナース保有者が利用できるラウンジはもちろん利用ができるので本当におすすめです。アメリカンエキスプレス・カードのラウンジサービスが「プライオリティ・パス」なのに比べると本当に雲泥の差と言ってよい、素晴らしいサービスだと思います。

セントレア(中部国際空港)KALラウンジ訪問記

スポンサーリンク

ANAダイナースカード発行のチャンス到来!

以上、2019年秋のダイナースカードの入会キャンペーンの全貌をご紹介しました。最大で71,000ANAマイルもらえるのは、かなりの大量マイルだと思いますし、満額以下の50万円利用でも45,000ANAマイルもらえるのは、かなりアツいキャンペーンだと思います。

過去2年で最大レベルのキャンペーンであった2018年夏、2018年秋、2019年新春のキャンペーンに匹敵する超大型キャンペーンですし、なんといってもハードルが低い!のが嬉しいポイントです。ANAダイナースの発行を狙っていた方は、この機会に発行してみても決して損はないタイミングだと思います。

ただ、最大マイルを貰うには3か月以内に90万円の利用が必要です。

3か月で90万円はちょっときつい!って方は、最大マイルである71,000ANAマイルを目指さなくても、50万円利用で約45,000ANAマイルを獲得するのも現実的な選択肢かも知れません。

ただ、お金を使う予定があるなど、90万円利用の目途が立っている方は、これは積極的に狙う大チャンスであることも事実です。

タイトルにも記載しましたが、71,000ANAマイルあれば、レギュラーシーズンあればビジネスクラスで東南アジアにビジネスクラスで旅行できます。もう少しマイルをプラスすれば、ヨーロッパにもビジネスクラスで行けてしまうマイル数ですからね。

このANAダイナースカード入会キャンペーンの詳細は、こちらからご覧いただけます。

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD