還元率6割超。ふるさと納税の新米予約が、実家から米もらったみたいでおすすめ

 

3月にふるさと納税で新米の送付を予約した山形県舟形町から、平成29年度新米が届きました

私が毎年利用しているこのふるさと納税案件。3万円の寄付で、山形の美味しいお米「はえぬき」60kg(米一俵)が、3回に分けて各20kg、もちろんそれぞれ送料無料で送ってもらえるという、お得極まりない案件。

 

ふるさと納税で新米もらえる・・・しかも、なくなるころに3回に分けて送ってもらえる・・・。

自己負担は2,000円ですから、なんか田舎の実家から新米を送ってもらったみたいな、古き良き日本の伝統的な味わいがあって、本当に大好きです。

今日は、この「趣きがあってしかもおトク」なふるさと納税コメ案件を紹介します。

 

スポンサーリンク

山形県舟形町なら、3万円の納税で米60kgもらえる

 

私が毎年申し込んでいるのが、舟形町の「はえぬき」案件。

今年はふるさとチョイスさんで、3月に平成29年度(今年度)の新米予約をしました。

 

初回発送は10月末~11月上旬。初回発送から2ヶ月間隔で20kg×3回(約半年)にわけ、精米したての新米を発送してもらえます。

この「はえぬき」というお米は、セブンイレブンの弁当、おにぎりに採用されているといわれている美味しいお米

 

大体、10kgあたりで市価4,000円、安く見積もっても3,500円が相場。

60kgということは、10kg3,500円で見積もっても約20,000円分の返礼品となり、返戻率は脅威の6割超えです。

 

スポンサーリンク

第一弾のお米が到着!

 

今年も来ました。ありがとうございます。

本当に、なんか実家からコメ届けてもらったみたいで嬉しいんですよね。

ふるさと納税って、本当に良い制度だと思います。今後も続けてほしいですね。

 

舟形町の「はえぬき」案件は、まだ申し込み可能

 

そしてこの舟形町の「はえぬき」60kg(1俵)で3万円案件ですが、平成29年度新米が、まだ申し込み可能です。

 

お米案件は、1万円=20kgが還元率的MAX案件。これが最高で、1kg=15kgでもよしとすべき、そのくらいの相場観です。

そのお米(しかも食味満点のはえぬき)60kgを、3回に分けて発送してもらえる舟形町案件は、まさに神案件ですが、まだ申し込みできるんです。

 

こちらから申し込みできます(初回発送は12月。以降1か月おきの発送、もしくは2か月おきを選択可能)ので、新米をご所望の方はお早めにどうぞ。(ふるさとチョイスさんのHPにリンクしています。)

 

スポンサーリンク

平成30年度新米の予約も早くもスタート!

 

そして、なんと来年度に当たる平成30年度の新米の予約も、早くもスタートしています。

確かに、このコメ20kg=1万円という最安レートがどこまで続くかは定かではありませんので、私が今年の3月に早期予約したように、心配な方は早めに来年の予約を行っておくと、安心かもしれません。

 

▼楽天ふるさと納税さんで、すでに山形県産はえぬき平成30年度産新米60kg=3万円の案件が人気を集めています。

 

 

楽天ふるさと納税さんなら、寄付100円につき1楽天ポイント貯まりますので、さらにお得ですね。

 

スポンサーリンク

ふるさと納税を使うとお米は実家から送ってもらう感覚でもらえる

 

私自身が糖質制限ダイエット中ということもあり、我が家では米は1年で1俵(60kg)あれば十分。

自己負担2000円で1年分の米をもらえるのもありがたいのですが、なんといっても趣きがあるのが、早めに申し込んでおいて、新米の時期に発送してもらえること。

 

田舎のおばあちゃんからお米もらっているみたいで、本当にうれしい気持ちになります。

ふるさと納税で新米。

ぜひ、お試しください。



AD