羽田空港の国内線ターミナルから国際線ターミナルへの乗り継ぎ移動方法!モノレールが何度考えても早くて便利な件

地方から国内線で羽田に行き、羽田経由での乗り継ぎで国際線に乗る・・というのは、地方からの旅行者の定番ですよね。

このとき、意外に手間取るのが国内線ターミナルから国際線ターミナルへの乗り換え移動。乗り継ぎ便の航空会社が用意したバスに乗って行けば簡単といえば簡単なのですが、到着直後だとかなり混みあいますし、運行間隔が開くと少し待ったりもしますので・・・管理人はいつも東京モノレールで移動しています。

国際線での乗り継ぎがある場合、航空券+パスポートの提示でモノレールが無料!

地味に知られていないのですが、国内線到着後、国際線への乗り継ぎがある方、または国際線到着後国内線への乗り継ぎがある方は、京急線・モノレールの乗車が無料になります。

特に、国内線到着→国際線乗り継ぎの場合、モノレールは国内線が終点ですのでよほどのことが無い限り混みあいませんし、これが本当に便利なんです。

管理人は、田舎生まれ、田舎育ちですので混雑が超苦手!混雑するのが嫌で、出勤もほぼ始発で行っているくらいの筋金入りの混雑嫌いですので、この混雑嫌いにはモノレールが大変ありがたい存在なんです(笑)。

スポンサーリンク

国内線ターミナルと国際線ターミナルの位置関係

羽田空港、国内線ターミナルと国際線ターミナルの位置関係はこんな感じ。

ちなみに、国内線第1ターミナルと国内線第2ターミナルの間は地下通路で歩いて行けますが、国内線ターミナルと国際線ターミナル間は歩いては行けません(笑)。バス・京急・モノレールのいずれかで移動する必要があります。

国内線ターミナルと国際線ターミナルをモノレールで移動する方法

乗り継ぎ移動でモノレールを利用するためには、「乗継乗車票」をもらう必要があります。

国内線到着から、順路をご紹介したいと思います。

見慣れた国内線の到着通路。案内どおり、国際線乗継方面を歩きます。

途中、国際線乗り継ぎのバス乗り場があり、多くの乗客がこちらへ流れて行きますが・・・ここは、無視(笑)。他のお客さまと一緒に、到着ロビーへと向かいます。

手荷物がある方は受け取り、手荷物が無い方はそのまま到着ロビーを出て、すぐ右手、モノレールの乗り場を目指します。

モノレールはB1Fです。羽田空港はコンパクトですし、案内表示を見て移動すれば、まず間違えることは無いと思います。

ここで痛恨の写真を撮り忘れたのですが・・・無料乗車票がもらえる「到着階案内カウンター」というのは、この1Fのどこかにあるカウンター・・・ではなく、B1Fのモノレールの乗り場の隣の駅員さんがいる詰め所・・というか、事務所でもらえます。

改札の隣の事務所です!間違えようがないですよね。改札いる駅員さんにお願いしても良いと思います。

これが乗継乗車票。京急線と東京モノレール共通です。どちらに乗っても良いと思います第2ビル到着の場合、近いのは東京モノレールですので、管理人のおススメはモノレールです。

しばらくぼんやりしていると、モノレールが到着です。モノレールは国内線が終点です。第二ターミナルの場合は完全に終点ですので、折り返しのガラガラのモノレールに乗れます。

スポンサーリンク

混雑嫌いの管理人はこれが一押しです(笑)。第一ターミナルの場合でも、ほとんど混雑していませんのでおススメです。

国際線ターミナル駅に到着・・・。ガラガラです。これが良いんですよね~。

ここまでの所要時間は到着から約20分。バスよりももしかすると早いかも知れません。

そして、この駅からエスカレーターを1つ降りると・・・・

いきなり出発階です!アクセス最高です。

スポンサーリンク

羽田空港のターミナル間乗継移動はモノレールがおススメ

管理人のような地方在住者は、羽田での乗り換え、海外へ・・・という乗継移動が多くなりますが、その場合、モノレールが激しくおススメです。他の乗客と同じく航空会社の乗継バスで国際線ターミナルへ・・・というのも、もちろん簡単ではありますが、乗継時間や到着便の集中時には、込み合うことも多いです。

この点、モノレールは時間はバスとほとんど変わりませんし、とにかく混雑とは無縁。モノレール、おススメです。使って見てはいかがでしょうか!

管理人はこの後ANAラウンジへ。ラウンジの様子はこちらからどうぞ。

ANAビジネスクラスの搭乗記はこちらからどうぞ。



AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください