アメックスポイントでJAL路線を予約する方法は?JALならハワイ便ビジネスクラスも家族で予約可能!

 

アメックスリワードポイントは、実は比較的貯めやすいポイントです。数万単位で持っている!って人も多いのではないでしょうか。

でも、このアメックスリワードポイントは、JALマイルに直接交換することができません。(以前はできたのですが、2018年5月現在はできなくなっています。)

 

この記事では、比較的貯めやすいアメックスリワードポイントでJAL便を予約する方法と、アメックスのポイントをうまく活用して比較的取りやすいと言われるJALのハワイ便ビジネスクラスを予約する方法を徹底解説します。

 

スポンサーリンク

アメックスリワードポイントでJAL便を予約する方法

 

直接JALマイルに交換することのできないアメックスポイントを利用して、どうやってJAL便に乗るのか。

まず、正攻法としては、かなり強引にですが、JALマイルに交換してJALマイルの特典航空券として搭乗する方法が・・ないわけではありません。

 

ただし、このJALマイルへの交換は・・この「ポイ探」での検索結果のように▲できないことはありませんが、移行率が最大で46.2%かなり価値が目減りしてしまいます。

というか、アメックスをANAマイルに移行したらその時点で100%の移行率でANAマイルを獲得できるんですから、JALマイルにまで移行しようという気力がなくなってしまって当然ですよね。

 

このため、アメックスリワードポイントをJALマイルに移行する方法は実はおすすめできません

ではアメックスリワードポイントを使って、どうやってJAL便に乗るのか。

 

おススメの方法は、こちら▲のJALと同じワンワールド系のブリティッシュ・エアウェイズのマイルである「AVIOS」(アヴィオス)、もしくはキャセイ・パシフィック航空のマイルである「アジアマイル」に交換し、これらワンワールド系航空会社の提携会社特典航空券として、JAL便を利用する方法です。

 

スポンサーリンク

アメックスポイントの両マイレージプログラムへの移行率は0.8倍(80%)

 

アメックスのポイントは、メンバーシップ・リワード・プラスに登録することで、1,250ポイントを1,000マイルとして、提携航空会社のポイント・プログラムに移行することができます。登録には年会費3,000円+税が必要ですが、登録せずにポイントをマイルに交換すると、2,000ポイントが1,000マイルにしか交換できません。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録してマイルへ移行することで、移行率は80%になります。ANAマイルに交換する場合は移行率100%で移行できるので、この価値の目減り感は若干悩むところではありますが、ANAマイルはポイントサイトでガンガン貯めることができますので、後述するハワイ路線に圧倒的に強いJAL便に乗るという目的があれば、この選択肢も十分ありだと思います。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年4月最新版】

2018.04.22

 

アヴィオスとアジアマイルでJAL便に乗るために必要なマイルチャート

ブリティッシュエアウェイズ「アヴィオス」チャート

飛行距離(マイル) エコノミー ビジネス ファースト 主な行先
1~650 片道 4,500 9,000 日本国内路線
往復 9,000 18,000
651~1,150 片道 7,500 15,000 ソウル、台北等
往復 15,000 30,000
1,151~2,000 片道 10,000 20,000 40,000 北京、香港等
往復 20,000 40,000 80,000
2,001~3,000 片道 12,500 37,500 50,000 バンコク、ホーチミン等
往復 25,000 75,000 10,000
3,001~4,000 片道 20,000 60,000 80,000 シンガポール、クアラルンプール等
往復 40,000 120,000 160,000
4,001~5,500 片道 25,000 75,000 100,000 ホノルル、メルボルン等
往復 50,000 150,000 200,000
5,501~65,00 片道 30,000 90,000 120,000 北米(東海岸)、欧州等
往復 60,000 180,000 240,000

 

こちら▲が、ブリティッシュエアウェイズの「アヴィオス」を利用してJALの特典航空券を発券する際のマイルチャートです。

まずはチャート最上段、1~650マイルの路線、黒の太字のマイル数にご注目ください。650マイル以内の日本国内路線なら、なんと往復1人9,000マイルで搭乗できてしまいます

 

JALマイルで搭乗する場合、国内路線は往復12,000~15,000マイルはかかりますので、これはかなりお得です。

一方、この記事ではハワイに行く方法を紹介していますので、ハワイに特化してご紹介しますと、画面中段黒太字下線の付いた部分をご覧ください。実は、成田~ホノルル/コナ路線は約3,900マイルと、ぎりぎり4,000マイル以下に収まります

 

このため、成田ーホノルル/コナ路線に乗る場合はこの「3,001~4,000マイル」の欄を見ることになりますが、エコノミークラスなら、往復1人40,000マイルと、JALマイルと同等のマイル数で搭乗することができます

一方、ビジネスクラスの場合、この「4,000マイル以下」のチャートでも往復120,000マイルと・・高っ!って感じです。

 

そして、名古屋や関西国際空港からの出発便だと、ぎりぎり4,000マイルを超えてしまいますので、この一つ下、赤太字で示した5,000マイル以下のチャートが適用されることになりますが・・ビジネスクラスの場合、なんと片道でも75,000マイルと、JALマイルでホノルル路線ビジネスクラスに搭乗するための、しかも往復のマイル数(80,000マイル)に迫るマイルが必要になります。

これはさすがに・・アヴィオスを利用する場合ハワイ路線ビジネスクラスにはちょっと手が出ない感じですね。

 

キャセイパシフィック「アジアマイル」チャート

飛行距離(マイル) エコノミー ビジネス ファースト 主な行先
1~600 片道 10,000 20,000 日本国内路線
往復 15,000 30,000
601~1,200 片道 15,000 25,000 ソウル、台北等
往復 20,000 40,000
1,200~2,500 片道 20,000 30,000 40,000 香港、ホーチミン等
往復 30,000 50,000 70,000
2,501~5,000 片道 25,000 45,000 70,000 ホノルル、シンガポール等
往復 45,000 80,000 120,000
5,001~7,500 片道 40,000 70,000 105,000 北米、欧州等
往復 60,000 120,000 180,000

 

一方、こちら▲がキャセイパシフィックの「アジアマイル」を利用してJALの特典航空券を発券する際のマイルチャートです。

アジアマイルの場合、アヴィオスに比べるとマイルチャートのピッチの幅が広いので、ハワイ路線の場合、すべてチャート下から2番目、「2,501~5,000」マイルの欄に含まれます

 

ハワイ路線、ビジネスクラスの場合、必要なマイルは往復80,000マイルとJAL便と同等です。また、片道でも一人45,000マイルですので、これなら何とか許容範囲ですよね。

 

アヴィオスとアジアマイルの比較結果(ハワイ旅行限定)

プログラム メリット
アヴィオス 成田ーハワイ路線のエコノミーはJAL同等で割安
アジアマイル 国内ーハワイ路線のビジネス往復がJAL同等で割安

 

アヴィオスとアジアマイルの、ハワイ旅行に限定した特典航空券のメリットを比較した結果がこちら▲です。成田ーハワイ路線をエコノミークラスで利用する場合は、アヴィオスを利用すればJALと同等のマイル数でハワイに行くことができます。

一方、ビジネスクラスを利用したい場合は、アジアマイルに交換した方が、必要なマイル数はJAL同等ですのでかなり低めに抑えることができます。

 

何しろ、JALマイルはかなり貯めづらいので、同等のマイル数でハワイに行けるのであれば、アメックスポイントをアヴィオス/アジアマイルに移行する価値は十分あります。

 

スポンサーリンク

JAL便の特典航空券ならハワイ路線ビジネスクラスが取れる

 

と、まあここまで比較的貯めやすいアメックスポイントを利用して、さらにワンワールド系の提携特典航空券を利用してでもJALハワイ路線に搭乗する方法をご紹介してきたわけですが・・なんでここまでJALのハワイ路線にこだわるかというと、なんといってもJAL便の方がハワイ路線のビジネスクラス特典航空券が圧倒的に取りやすいんです。

これ▲は、ブリティッシュエアウェイズの特典航空券検索画面から検索したホノルルー名古屋のJAL便ビジネスクラス検索画面ですが・・見てください。特にJALの上級会員でも、BAの上級会員でもない私ですが、ビジネスクラスに親子4人そろって空席を見つけることができました

 

ANAの場合、(A380導入後はわかりませんが)平会員に開放されているハワイ路線のビジネスクラス特典航空券枠は2席しかありません。つまり、何百万マイル貯めようと、家族4人そろってハワイ行きビジネスクラスに搭乗することはできないんです。

一方、JAL便なら空席とマイルさえあれば、すべての陸マイラーの夢である、親子4人揃ってビジネスクラスでハワイ!に行くこともできるんですよ。

 

「でも、それって実際に本当に予約できるの?」「アヴィオスに移行したけど、JAL便が予約できなかったら無駄なんだけど」と思われる方のために、ここからは実際のJAL便の予約方法をご紹介します。

 

BA「アヴィオス」でのハワイ路線JAL便の予約方法

 

まず、BA(ブリティッシュエアウェイズ)の場合、ホームページから簡単にJAL便の予約を行うことができます。

上記赤枠内のとおり、「Executive Club」タブの「AVIOSを使う」をクリックして・・

 

特典フライトの予約をクリック。

 

後は、必要事項を入力していくだけで、ほとんどJALのHPのように簡単にオンラインで予約することができます。

 

このように、片道(ホノルルからの復路)で実に5席ものビジネスクラスの空席を見つけることができました・・

 

前述のとおり、BAのアヴィオスの場合、名古屋ーホノルルのビジネスクラスに必要なマイルは、そうでした・・まさかの片道1人75,000マイル!!

このため、親子4人で30万マイルが、片道だけで掛かってしまいます

 

このように、予約はしやすいけれども、(ハワイ路線に関しては)必要マイルが多い!!というのが、BAのアヴィオスを利用したJAL便予約の特徴ですね。

 

スポンサーリンク

キャセイパシフィックでのハワイ路線JAL便の予約方法

 

一方、ハワイ路線のビジネスクラス往復航空券獲得に必要なマイル数がJALとほぼ同等の、キャセイパシフィックの「アジアマイル」の場合・・この▲とおり、なんと、ウェブサイトからのその場での予約ができないんです。

ウェブサイトからの予約ができるのは、上記の航空会社のみ。JAL便は含まれていません

 

では、どうやって予約するかというと・・・ウェブからの申請もしくは、まさかの電話です。基本的には電話の方が話が早い(日本語対応可能で、空席があればすぐに予約してもらえる)ので、電話で予約することをおすすめします。

 

電話番号はこちら▲です。005431-85-3747となっています。日本時間なら午前7時から午後8時までと、かなりの長い時間対応してくれます。

電話をかけると、まずは英語か日本語かの言語の選択を迫られるのですが・・普通は日本語を選択しますよね。そうすると、ほとんどのケースですぐには電話はつながりませんので、電話番号を登録して、コールバックを待つことになります。

 

ただ、コールバックは確実にしてもらえますので、コールバック後にオペレーターのお姉さんに予約内容を伝え、予約してもらいましょう。

事前にJALの特典航空券予約画面で、空席の有無を調べておくとスムーズです。

 

アジアマイルの場合、ハワイ行きのJALビジネスクラスの予約は片道1人45,000マイル、往復1人80,000マイルです。往復とも希望の旅程で空席を見つけるのはやはり厳しいですが、片道なら、JAL便の場合頑張れば何とか空席を見つけることができると思います。

片道だと1人45,000マイルと、ちょっとだけ割高ですが、JAL便のビジネスクラスでハワイに行ける(もしくは復路便でビジネスクラスを利用できる)んですよ!?

 

ハワイに、家族4人でビジネスクラスで旅行したい方には、かなり利用価値が高いと思いますよ。

 

スポンサーリンク

BAアヴィオス、キャセイアジアマイルともに登録は無料で即日反映。アメックスポイントからマイルへの移行は約2週間

 

今回紹介したBAのアヴィオス、キャセイパシフィックのアジアマイルともに、マイレージプログラムへの登録は超簡単です。

メールアドレスさえ保有していれば即時に登録することができます。アメックスポイントからのマイルの移行は約2週間で完了しますので、手持ちのアメックスリワードをマイル化するには約2週間で可能ということです。

 

アメックスポイントを100%で移行できるANAマイルに移行するか・・どうするかとまだ悩んでいる方は、ポイント期限ギリギリまで悩んでみても良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

入会キャンペーンを利用すれば実は貯めやすい!アメックスリワードポイントを貯めてハワイに行こう

 

この記事の冒頭にも書きましたが、実はアメックスリワードポイントは比較的貯めやすいポイントです。

貯めやすい理由としては・・・アメックスポイントを貯める近道はこちら▲のとおり、入会キャンペーンを利用する方法です。アメックスゴールドを年会費無料で発行し、3か月で60万円カード利用することで、40,000ポイントのアメックスリワードポイントをもらえます。

 

一月あたり20万円なので、頑張れば何とか(ギリギリ達成できる金額だと思います。

こうして貯めたアメックスリワードポイント。ANAマイルに移行するのがもちろん移行率100%で最善ですが、ある程度貯まったら、JAL便の特典航空券が利用できるアヴィオス、アジアマイルに移行することを視野に入れても良いかもしれません。

 

ANA/JALの平会員だけど、親子4人でビジネスクラスにハワイに行ってみたい(もしくは、ハワイからの帰国便でビジネスクラスを利用してみたい)という方には、実は大きな抜け道的な存在だと思います。

 

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万マイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

関連記事:ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年4月最新版】

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 



 

AD