ANA国内線の早割(VALUE運賃)は355日前予約開始!ANAマイルでお得に予約する方法を解説!

ANAのいわゆる「早割」運賃である「ANA VALUE(ANAバリュー)」、「ANA SUPER VALUE(ANA スーパーバリュー)」の予約・購入開始が、なんと355日前からの予約開始に変更になりました。※2020年2月7日予約開始。

2019年まで、国内線バリュー運賃はそれぞれ8月下旬と1月下旬の年2回の一斉発売だったのですが、年1回、355日前予約開始に統一されたことでかなり計画的な予約が可能になりましたね。

ただ、この355日前に予約可能なのはあくまでANA VALUEとANA SUPER VALUEの現金(クレジット)購入のチケットだけです。

マイラーにとって最も興味があるマイルを使った特典航空券の発券は、8月下旬と1月下旬の年2回の一斉発売のままとなっています。

ANA国内線早割(VALUE運賃)の2020年2月以降の予約ルールと、気になるANAマイルでも355日前の早期に予約する方法を解説します。

スポンサーリンク

ANA国内線VALUE運賃の発券ルール

2020年2月7日から予約開始となる、ANA国内線VALUE運賃の発券ルールがこちらです。

変更前は、各半期の運行ダイヤが確定する1月下旬、8月下旬のそれぞれ年2回の一斉発売でした。それが、変更後は355日前の一斉発売に変更となります。

この変更が意味すること・・それは、毎日が約1年後である355日先のVALUE運賃の発売日になる、ということです。

ちなみに、1月下旬と8月下旬という年2回の発売開始に変更になるまでは、国内線の航空券は2か月前が発売開始日でした。

その頃に比べるとかなり早めの予約開始になるとともに、出足が早い方(=計画の立てやすい方)ほど有利になるルール変更といえそうです。

そして、この355日前からの販売開始になる航空券ですが、とりあえずは「ANA VALUE」と「ANASUPER VALUE」の2券種のみとなっています。

赤枠内のとおり、「いっしょにマイル割」「特典航空券」の、陸マイラーにとって重要となる特典航空券の発券開始日は、これまで通り運航期間ごと(8月下旬、1月下旬)の一斉発売のままです。

ANAバリュー航空券と、マイルを使った特典航空券の発券枠(割り当て座席数)は違うと思われますので、バリュー運賃が売れまくって満席になったので、特典航空券の割り当てはそもそも無し・・なんてことは無いとは思いますが、この発売開始日の違い、ちょっと気になりますよね。

もちろん、マイルを使って特典航空券を発券したい方には、発券開始日(8月下旬、1月下旬)まで待つのが最も簡単です。

しかしながら、実はこのようにVALUE航空券の発売が特典航空券よりもかなり早期に販売開始になったことで、俄然脚光を浴びる国内線航空券の購入方法があるんです。

それが、もうおなじみの方法ではありますが、ANAスカイコインを使って航空券を購入する方法です。

スポンサーリンク

ANAスカイコインとは?

ANAスカイコインとは、ANA便のフライト等に使える、ANA専用の電子マネー(電子コイン)です。

ANAマイルからも交換ができ、ANAゴールドカード所有者の場合最大1ANAマイル=1.6スカイコインに、そして、ANA上級会員の場合1ANAマイル=1.7スカイコインに交換ができます。

ANAスカイコインの概要とメリットについては、是非下記の関連記事をご覧ください。

ANAスカイコインの貯め方・使い方。マイルからの交換方法とお得な使い道とは?

国内線ならマイル→スカイコインで有償購入した方が得!?

国内線バリュー運賃と特典航空券の発売開始時期がずれることで「ANAスカイコインが脚光を浴びる」って、一体どういう意味なのか?

具体例をもとに解説しますね。

例えば、私の地元である名古屋・セントレアから北海道・新千歳国際空港までのとある日のANA SUPER VALUEでの往復のチケット価格がこちらです。

スーパーバリュー運賃の適用で、往復大人1名で23,520円です。

一方、上記の検索時期は実はれっきとした「ハイシーズン」ですので、この区間の特典航空券の発券に必要なマイルは18,000ANAマイルです。

そしてもしあなたがANAゴールドカードユーザーの場合、この特典航空券の発券に必要な18,000ANAマイルをANAスカイコインに交換したら、18,000×1.6=28,800円相当のスカイコインに交換ができるんです。(※50,000マイルを一括で交換した場合)

つまり、交換の仕方によっては、ANAマイルで特典航空券を発券するより、ANAスカイコインに交換してバリュー運賃を購入した方が割安なんです。

ここで思い出してください?ANAバリュー運賃の方が、特典航空券よりも断然発売開始時期が早かったですよね?

そうなんです。つまり、場合によってはマイルをANAスカイコインに交換して予約した方が、「早く」しかも「お得に」予約できる可能性があるんです。ANAバリュー運賃の発売開始時期が早まったことで、特に特典航空券よりも「早く」予約できるメリットが強調されますね。

例えば帰省や法事、結婚式など予定が決まっている方で、なるべく早めに航空券を取りたい方などにとっては、特典航空券よりもちょっとお高くても、この特典航空券よりも断然早く予約ができるスカイコインでの予約は、実は価値があるのではないかと思います。

何しろ、特典航空券は最短で半年程度前しか予約できませんが、バリュー運賃の場合355日前には予約ができますからね。

この「スカイコインで予約する」方法、覚えておいて損はないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

ANA VALUE、ANA SUPER VALUE運賃の新しい発券ルール(発売開始時期)の適用開始により、ANA国内線の予約開始時期は一昔前に比べると超絶早くなりました。

ANAバリュー運賃限定にはなりますが、何しろ355日前とかなり早期に予約が可能となるので、予定が立てやすくかなり便利になりましたね。このANAの国内線バリュー運賃発売時期変更の詳細は、こちらのANA公式サイトからご確認ください。

ただし、このブログの読者の方の大多数を占めると思われるANAマイラーの方にとっての最大の関心事である、国内線特典航空券の発券時期は変わりません。

その代わり、どうせならバリュー運賃のチケットをマイルをスカイコインに交換して購入してしまうという発券方法のメリット(使い勝手)がちょっと拡大した、そんなルール変更なのではないかと思います。

特典航空券の発券開始を待たず、スカイコインで航空券を買っちゃう!この方法、是非覚えておいていただければと思います。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD