FX案件の陸マイラー的相場情報まとめ【2018年8月最新】お得な口座開設のタイミングと難易度を徹底比較

陸マイラー御用達のFX案件。

今ポイントサイトで紹介されているFX案件って、最大でもらえる「ポイント相場」から見てお得なのか相場より高いのか、それとも安いのか

FXでポイントがもらえるのは初回申し込み時1回限りなので、もらえるポイントが本当にMAXお得なのかは気になるところです。

特にFX広告は「神出鬼没」な広告が多く、ポイントサイト上に現れたり/消えたりします。また、その他にポイント獲得条件やもらえるポイント数が大きく改悪になることも多く、その相場情報を把握しておくことには、大きな意味があります。

そこで、毎日ポイントサイトをウォッチしている私が、2018年9月時点のFXのポイント相場を最新情報としてまとめるとともに、案件攻略のタイミングと難易度をまとめてみました。

また、実際に条件達成=ポイント獲得してみてわかった注意点なども紹介しています。今後、FX案件の相場観が知りたいときにも是非ご覧ください

スポンサーリンク

目次

FX案件相場一覧

まずは手っ取り早く相場感、つまり現在ポイントサイトに出ているFX案件が、申し込んでもよいタイミングなのかを知りたい人向けに、一覧を掲載しておきます。

番号 案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
SBI FX 15,000P以上 15,000P以上
DMM FX 4,000P以上 不可 15,000P以上
DMM CFD 11,000P以上 不可
外為ジャパン 4,000P以上 不可 15,000P以上
ヒロセ通商 LIONFX 7,000P以上 不可 7,000P以上
GMOクリック証券 5,000P以上 不可 5,000P以上
マネックスFX 10,000P以上 12,000P以上
外為どっとコム 7,000P以上 不可 5,000P以上
サクソバンク証券FX 8,000P以上
パートナーズFX 5~7,000P以上 不可 5~7,000P以上
オアンダFX 5,000P以上 5,000P以上
セントラル短資FX 12,000P以上 12,000P以上
みんなのFX 8、000P以上 15,000P以上
みんなのシストレ 10,000P以上
FXトレード・フィナンシャル 10,000P以上 不可 10,000P以上
JFX MATRIX TRADER 10,000P以上 不可 10,000P以上
FXプライムbyGMO 7、000P以上 7、000P以上
ライブスター証券FX 4、000P以上 不可 4、000P以上
ひまわり証券 12,000P以上 最高 不可 12,000P以上
外為オンライン 12,000P以上 最高 12,000P以上
マネースクウェア(M2JFX) 18,000P以上 極大 不可 15,000P以上
FXブロードネット 10,000P以上 極大 10,000P以上
アイネットFX 10,000P以上 極大 10,000P以上

FX案件の条件達成方法

まず、この記事を見る前に。

FX案件の条件達成方法が分からない。FXってリスク高いんじゃないの?危険なんじゃないの?という方向けに、この記事末尾にFXの簡単な用語説明、攻略方法をまとめてあります

FX案件の条件達成方法が分からない方や、スプレッドなどFXの専門用語がわからない方は、まず記事末尾のFX案件条件達成方法のまとめからご覧ください。

FX案件攻略の陸マイラー的判断要素

陸マイラーとしてFX案件でポイントを貰うために、「いつ、口座開設するか」「このタイミングで口座開設してよいのか」を判断する要素は、大きく以下の3つだと思います。

  1. 獲得ポイント
  2. 難易度(損失の目安)
  3. 夫婦獲得可能か

特に重要なのは言わずもがなですが①獲得ポイントです。FX案件(口座開設+条件達成)でポイントがもらえるのは1人あたり初回限定で1回というのが基本なので、ポイントが低い時にもらっても、高い時にもらっても、1回は1回ということです。

このため、できる限り獲得ポイントが多い時に口座開設するのが基本となります。

また、②難易度(損失の目安)も大事。ポイント獲得条件の難易度が高いと、場合によってはもらえるポイント以上の損失が出る可能性があるので、難易度も含めて条件を判断する必要があります。

最後の③は・・これは夫婦で陸マイラーやっている人限定ですが、夫婦でポイント獲得可能(一世帯一回の制限なし)なFX案件の場合、簡単にいうと夫婦2人分のポイント、つまりポイントが倍付でもらえるということですので、夫婦でチャレンジするしかありません。このため、夫婦でポイントがもらえるか、というのは実はものすごく大事なんです。

上記視点から、順に案件を精査してみました。

スポンサーリンク

①SBI FX

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
SBI FX 15,000P以上 最小 15,000P以上

このSBI FXは、言わずもがなのポイントサイトFX市場の雄。

なんといっても案件の難易度が激低く、実質ノーリスクで1万5千ポイント以上もらえる、初心者御用達のサイトです。

が・・・実は、2017年9月ごろから始まったFX案件相場の下落の影響を受け、かなりもらえるポイントが下がってしまいました。

2018年4月時点では、このSBI証券FXの広告を見つけるのも難しくなってきた・・という状況だったのですが、2018年9月以降、15,000P以上が狙える案件として、FX広告業界に華麗な復帰を果たしました!

ただ、若干の改悪もあって・・・SBIFXといえば、ポイント獲得条件がとにかく緩くたったの1通貨(損失目安0.3円)の取引で条件達成で、このため、まず陸マイラーが真っ先に取り組むべき案件、陸マイラーの登竜門だったんですが・・。

2018年9月以降は、ポイント獲得のためには20万通貨の取引が必要になっています。

ただ、それでもポイント獲得に必要な損失目安は20万通貨×0.3銭=600円ですので、かなりお得なFX案件であることには間違いありません。

ちなみに、SBI FXは夫婦で口座開設してそれぞれがポイントを貰えます。夫婦マイラーはポイント2倍取りを目指しましょう。

※2018年9月追記!

上記のとおり、2018年より、このSBIFXトレード案件が長い眠りから目覚め、同じくリスク極小で15,000P以上もらえる案件として再デビューを果たしました!

【大復活】SBIFXで18,000Pさらに高騰!FX業界の自主規制解除の兆し?

2018.09.03

詳細は上記関連記事をご覧ください。4,000Pの呪縛から脱した今、今後の展開から目が離せない状態です。

スポンサーリンク

②DMM FX

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
DMM FX 4,000P以上※ 不可 15,000P以上

このDMM FX案件が2017年から2018年に掛け、もらえるポイントが最も下がった広告ではないでしょうか。

過去15,000P以上、18,000Pくらいは平気でもらえていたドル箱案件だったのに、2018年は5,000P以上の案件を見つけられればラッキー、通常だと4,000Pしかもらえないという極端なポイント下落です。

なお、案件の条件達成の難易度は、1lot(1万通貨)以上の取引ですので、損失目安は30円と激低いです。

案件の相場(もらえるポイントの額)がもう少し戻ってきたら、SBI FXとともに真っ先に口座開設をおすすめしたい案件です。なお、夫婦での攻略ですが、以前は可能でしたが、改悪により1世帯1回に制限されています。ここも地味に残念なところです。

2018年4月追記 DMM CFDでポイント獲得するのもあり

DMMFXの広告はなかなかもらえるポイント相場が戻ってきませんが、この後③でご紹介するDMMCFDならもらえるポイントが10,000P以上に回復しています。(DMMCFDはDMMFXと同じ会社の口座であり、FX/CFDどちらかで一回しかポイントはもらえない)

CFD取引はFXに比べてとっつきにくいのは確かですが、リスク的にはほぼFXと同じですので、DMMFXには見切りをつけてCFD広告でポイントを貰ってしまうのもありかもしれません。

関連記事:CFD取引でマイルを貯める方法。CFD取引とは?FXに代わるマイル獲得方法を解説

2018年8月追記

このDMMFX案件ですが、実は本来ブログを運営している方しか利用することができない、上記ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)の本人利用「本人アフィ」が利用可能なマイボンバーなら、1万数千円レベルのポイントがもらえていたのですが・・残念ながら、この「本人アフィ」でも規制がかかり、もらえるポイントが4,000円に制限されることになってしまいました。

【悲報】DMM/外為ジャパンFXが「本人アフィ」でも最大4,000円規制へ。レバレッジ規制の影響か?

2018.07.04

この「本人アフィ規制」により、DMMFXでは、どうやっても4,000円しかもらえないことになってしまいました・・・。かなり厳しい規制だと思います。

③DMM CFD

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
DMM CFD 11,000P以上 不可 15,000P以上

CFD取引は厳密にはFX取引ではありませんが、ポイント超低迷中のDMMFXの代わりの案件として、DMMCFDを合わせてご紹介しておきます。

詳しくは下記関連記事▼に詳しく解説していますが、CFD取引もFXとほぼ同じ仕組みであり、ポイント獲得条件もDMMFXと同じ(一括5万円以上入金、1Lot以上の取引)ですので、最大損失目安は70円です。

CFD取引でマイルを貯める方法。CFD取引とは?FXに代わるマイル獲得方法を解説

2017.12.21

上記関連記事では、具体的な取引方法も解説していますので、ぜひご覧ください。

DMMFXと同じくらいの損失目安で、DMMFXと比較して倍以上のポイントがもらえるので、DMMFXに代わるポイント獲得源として、CFD取引を選ぶのもありだと思います。

④外為ジャパン

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
外為ジャパン 4,000P以上 不可 15,000P以上

これもDMM FXと同じく改悪の影響を強く受けた案件です。DMM FXと運営会社が同じですので仕方ないですね。DMMと同じく、もう少しもらえるポイントの相場の上下動を見極めてから申し込んでもよいと思います。

なお、難易度は一括5万円以上の入金で、1lot(1万ドル)以上の取引。DMM FXと同じく損失目安は30円。こちらもほぼノーリスクでポイントがもらえる優良案件だと思います。

この外為ジャパンFXも、夫婦での申込はできません。これは前々から変わりませんね。

2018年8月追記 マイボンバーで12,960円大爆発は・・残念ながら終了

上記DMMFXと同じく、ASPの広告を「本人アフィ」できる「マイボンバー」なら、相場である4,000Pの3倍近いポイントがもらえたのですが・・残念ながら、DMMと同じく封鎖になってしまいました。

【悲報】DMM/外為ジャパンFXが「本人アフィ」でも最大4,000円規制へ。レバレッジ規制の影響か?

2018.07.04

⑤ヒロセ通商 LIONFX

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
ヒロセ通商LIONFX 7,000P以上 不可 7,000P以上

ヒロセ通商「LION FX」案件は、相場がほとんど動かない、でも実質損失0の優良案件ですね。相場としては7,000Pが最高値で、これ以上高い案件はなかなか見かけません。

ハピタスやモッピーで7,000P案件を見つけたら、速攻で口座開設してよいと思います。

なお、ポイント獲得条件は1万通貨(損失目安30円)以上の取引だけと、難易度はかなり低め。

ヒロセ通商は、ドル円の場合1Lot=1,000通貨ですので、1万通貨取引する場合、10Lotで取引する必要があるところだけ、注意してください。

そしてこのヒロセ通商は公式サイト側でいつでも「乗り換えキャンペーン」を実施しており、ポイントサイトの案件攻略に必要な1万通貨の取引の達成をするだけで、さらに2,000円がもらえます。まさに、現代の錬金術案件です。

このキャンペーン、だれでも申し込み可能ですが、入会後にキャンペーン参加登録を行う必要があることだけ、注意してください。

なお、このLION FX案件ですが、ポイントサイト上にはどこにも記載がありませんが、そもそも夫婦そろっての口座開設ができないようです。(夫が先に申し込んだ場合、妻が申し込むと審査落ちする)

サイト上「一世帯一回まで」の記載はありませんが「そういうこと」ですのでご注意ください。

スポンサーリンク

⑥GMOクリック証券

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
GMOクリック証券 5,000P以上 不可 5,000P以上

このGMOクリック証券も、特段改悪の影響を受けておらず、ポイントサイト上の獲得ポイントは常にほぼ5,000Pを維持しています。,000P以上の案件を見たことはメジャーサイトではほとんどないですが、5,000P以上は、見つけたら即口座開設するレベルだと思ってください。普通に5,000Pで出ていれば、即座に申し込んでよい案件です。

ポイント獲得条件は10万円以上の入金+3万通貨以上の取引(損失目安90円)ですので、難易度は超低めです。

ちなみに、GMOクリック証券も夫婦攻略は不可となっています。

⑦マネックスFX

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
マネックスFX 10,000P以上 12,000P以上

マネックスFXは「神出鬼没」の案件です。突如取得ポイントが爆発したり、時にはポイントサイトから消えたりすることもあります。

2017年9月以前には12,000P案件もちょくちょく見かけましたが、最近はほとんど見かけません。10,000P以上の案件を見つけたら、口座開設をしてもよいと思います。実際に私も10,000P案件で口座開設しました。

ポイント獲得条件は、累計10万通貨以上の取引(決済を含む)となっています。

決済を含む、ということは5往復(損失目安100円)ということですので難易度はこれまた低めですね。マネックスFXはスプレッドが業界最狭の0.2銭ですので、損失目安も低めに抑えられています。

なお、マネックスFXは夫婦攻略が可能な案件です。

それから、口座開設時に住所などの入力を間違えるとWeb上やメール等で訂正ができず、再度初めから登録やり直すよう指示されるのもこのマネックスFX案件の特徴です。

初めから口座開設登録をやり直すときに、ポイントサイト上で案件が消えていたら、再登録したくても、ポイント案件がないのでできないというトンでもないことも起こり得る。そんなFXサイトです。

マネックスFX口座申し込み時は、くれぐれも申しこみ誤りにご注意ください。

スポンサーリンク

⑧外為ドットコム

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
外為どっとコム 7,000P以上 不可 5,000P以上

外為ドットコム案件は以前は5,000Pが相場でしたが、2017年後半以降、7,000P以上の案件を特にモッピーで見かけることが多くなりました。相場が上がっているという珍しい案件ですね。

7,000P以上の案件を見つけたら、速攻で口座開設してよいと思います。

ただ、モッピーの場合、この外為ドットコム案件は通帳記入されないという非常に精神衛生上よろしくない案件です。きちんとポイント加算されるまで、忘れずにメモっておきましょう。※2018年2月追記 モッピーでも通帳記入されるようになりました。

また、ハピタスでは以前から通帳記入されるというよくわからない案件でもあります。

ポイント獲得条件は、新規10万通貨以上の取引となっています。

外為どっとコムのスプレッドは0.3銭(ドル/円)ですので、新規で10万通貨ということは10往復で損失目安300円ということですね。300円の損失で7,000Pもらえるなら、難易度は低めですので絶対にやっておくべき案件だと思います。

なお、この外為ドットコム案件も1世帯あたり一回まで(夫婦申し込み不可)です。

⑨サクソバンク証券FX

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
サクソバンク証券FX 8,000P以上 不可

2017年末に新たにハピタス限定で追加された新興FX案件です。ソフトバンクなのかサクソバンクなのか・・微妙な名前ですね。

とりあえずハピタスには6,000Pで紹介されていますが、2017年末に新規で追加された案件なので、相場という面ではよく分からないというのが現状。このままポイントが上昇するのか、はたまたこのままなのか。下がってしまうのか。

将来のことはわかりませんが、この条件で6,000Pなら十分な案件だと思いますので、見つけたらさっさと申し込んでいいのではないかと思いますね。追記:ハピタスでたまに8,000Pのことがありますね。8,000Pが現状の最高相場だと思います。

ポイント獲得条件は、口座開設後10万通貨以上の取引となっています。サクソバンク証券はスプレッドが取引ごとに変動するというある意味特殊な条件なんですが、大体0.3銭から0.4銭ですので、損失目安は300円~400円です。

あと、どこにも書かれていませんが、この証券口座の仕組みとして初回一括10万円の入金が求められます。ポイント獲得条件ではなく、サクソバンク証券でFX取引を行うために一括10万円の入金が必要なんです。これは珍しいと思います。

サクソバンク証券案件、信頼できるポイントサイト「ハピタス」▼限定ですので、見つけたら行っちゃってもいいと思いますけどね。

関連記事:【却下→承認】サクソバンク証券FXが3か月後にまさかのポイント付与。ハピタスからの神メール降臨!

2018年8月追記:サクソバンク案件は、ポイントサイトの広告から見つけることができなくなっています。広告掲載により、あまり良い結果が出なかったんでしょうかね。

⑩パートナーズFX(マネーパートナーズ)

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
パートナーズFX 5~7,000P以上 不可 5~7,000P以上

パートナーズFXの相場は5~7,000P以上と覚えておけばよいでしょう。たまに7,000P以上の案件がハピタスやモッピーで出てきますが、かなりのレアケースですし、2,000Pくらいの差しかありませんので、5,000P以上なら申し込んでも大丈夫です。

私は7,500Pの案件で口座開設しましたが、5,000P以上なら優秀と思って、口座開設しても大丈夫なレベルと覚えておいておいてよいと思います。

ポイント獲得条件は、口座開設後、パートナーズFXで往復10回取引(新規10回+決済10回)となっていますので、10往復(損失目安300円)が必要。300円で5,000Pなら、これも難易度低めですので絶対に口座開設しておくべき案件だと思います。

なお、このパートナーズFXも1世帯あたり一回まで(夫婦申し込み不可)です。夫婦開設OK案件って、意外に少ないですね。

⑪OANDA FX(オアンダFX)

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
OANDA FX 5,000P以上 5,000P以上

オアンダFXの相場は5,000P以上。たまに6,000P以上の案件がポイントサイトに出てきますが、ハピタス、モッピー、ちょびリッチなどメジャーどころには、5,000P以上は出てこないことがほとんど。

ポイントサイトは多く会員登録しても管理が大変なだけ。メジャーサイトで5,000P以上で案件が出ていたら、口座開設してよいと思います。

ポイント獲得条件は、口座開設後、60日以内に新規注文10万通貨以上の取引完了となっています。新規10万通貨はつまり10往復なので、損失目安は300円ということですね。300円で5,000Pなら、難易度は中くらいですのでこれも絶対にやっておくべき案件だと思います。

なお、このオアンダFXは夫婦申し込み可の案件です。夫婦でがっちりポイントゲットしましょう。

⑫セントラル短資FX

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
セントラル短資FX 15,000P以上 中~高 10,000P以上

ポイントサイトのFX案件で最大の「惑星」がこのセントラル短資FXです。

通常だと5~6千ポイント、キャンペーン時だと8~9千ポイントというのがこのセントラル短資FX案件の相場なんですが、2017年の9月にi2iポイントでなんと19,000Pモッピーで13,000Pという驚異の案件が出たことがあるなど、いきなりポイント大爆発を起こす可能性がある、まさに「惑星」の案件なんです。

そして、2018年8月現在は、最高20,000Pの大爆発中です。まさに、爆発待ちの広告といってよいでしょう。

ポイント獲得条件は、2018年6月からさらに大幅改悪され、新規口座開設申込から60日以内での新規200万通貨以上の取引完了となっています。

何せ、ポイント獲得条件が、ガンガン改悪されているんです。

※申込日から60日以内での往復200万通貨以上の取引(2018/7/9~)

※     〃      往復100万通貨以上の取引(2017/11/1~2018/7/8)

※     〃      往復 50万通貨以上の取引(2016/9/30~2017/10/31)

※      〃      往復 10万通貨以上の取引(2016/9以前)

ただし、この改悪には朗報もセットになっていて。セントラル短資はスプレッドがかなり高めのドル/円で1銭(1万通貨の損失目安が100円)だったのですが、2018年4月2日から、0.3銭に変更になりました。

このため、200万通貨なら、損失目安6,000円で済むことになりました!!これは久々の朗報ですね。

そして、このセントラル短資FXは公式サイト側のキャンペーンも併用できることが大きな利点。

公式サイトのキャッシュバックキャンペーンに申し込んでおけば、200万通貨以上の取引、つまりポイント獲得条件をクリアすることで、2,000円のキャッシュバックがもらえてしまいます。

このキャンペーンをうまく利用することで、損失目安が差し引き4,000円と損失をさらに少なくすることができますね。

後は、ポイントが15,000P以上に爆発した際を狙って申込しましょう。

なお、このセントラル短資FXは夫婦申し込み可能な案件です。少なくとも私は夫婦でポイントを獲得しています。

ただ、ハピタスには「同一住所は不可」との記載もありますので(モッピーにはなし)、絶対を保証するものではありません。(でも、私も貰いましたので、多分もらえると思いますね)

⑬トレイダーズ証券 みんなのFX

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
みんなのFX 8,000P以上 15,000P以上

トレイダーズ証券「みんなのFX」シリーズには、ポイント獲得できる案件が大きく2つあります。

一つはここで紹介する「みんなのFX」。もう一つは、この1つ下⑭で紹介していますが「みんなのシストレ」です。FXは通常のFX取引、シストレはシステムトレードでの取引がポイント獲得条件になっています。

難易度が違うので、それぞれもらえるポイント相場も異なっています。

このため、案件としても、別々に分けてご紹介しています。ただし、当然ながら同じ会社の口座になりますので、FX/シストレでもらえる広告は一回限りです。

ただ、下記関連記事で紹介したとおり、システムトレードって通常のFX取引とはリスクのレベルが違います。「みんなの」シリーズのFX/シストレの間でもらえるポイント差は約3,000Pですので、口座開設する場合は大人しく通常FX案件を利用されることをおすすめします。

関連記事:FXシステムトレードでマイルを貯める。具体的方法と注意点を徹底解説・検証する

そして、このみんなのFX(通常)の相場も、2017年9月以降大きく下落しました。以前は15,000P以上が楽勝見込める案件でしたが、今では8,000P以上の案件が出てきたらラッキーのレベル。

2018年4月現在、8,000P以上なら口座開設してよいと思います。

ポイント獲得条件は、FXトレード口座にて90日以内に新規30lot(合計60lot)以上の取引完了となっていますので、30往復(損失目安900円)です。

なお、このみんなのFXも夫婦申し込み可能です。

8,000Pで口座開設した場合、夫婦なら16,000Pもらえるということですので、絶対に夫婦で口座開設しましょう。

スポンサーリンク

⑭トレイダーズ証券 みんなのシストレ

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
みんなのシストレ 10,000P以上

上記⑬で紹介したトレイダーズ証券「みんなのFX(通常)」のシステムトレード版です。

ポイントサイト上のサイトは「みんなのFX」で同じですが、通常取引とシステムトレードでもらえるポイントが違うので、別々に表記しています。

このシステムトレード版の「みんなの」案件のポイント獲得条件は、往復30万通貨(新規15万+決済15万)の取引です。

通常のシステムトレードと違い、決済取引が手動の場合でもポイント獲得条件達成になりますので、15万通貨×0.3銭=450円が損失目安になります。実は、「みんなのFX」よりもリスクは低めの案件です。

が・・・このみんなのFXのシステムトレードって滅茶苦茶とっつきづらいですし、多分、「決済が手動でもOK」とかって、システムトレード初心者の方には何を言っているかよくわからないと思います。

下記関連記事で紹介したとおり、システムトレードって通常のFX取引とはリスクのレベルが違います。「みんなの」シリーズのFX/シストレの間でもらえるポイント差は約3,000Pですので、口座開設する場合は大人しく通常FX案件を利用されることをおすすめします。

関連記事:FXシステムトレードでマイルを貯める。具体的方法と注意点を徹底解説・検証する

⑮FXトレード・フィナンシャル

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
FXトレード・フィナンシャル 10,000P以上 不可 10,000P以上

このFXトレード・フィナンシャル案件から、案件攻略の難易度が極端に上がってきます。本当に口座開設するかどうかは、その時もらえるポイントと損失目安を天秤にかけて検討してください

小島瑠璃子がイメージキャラクターとなっているこのFXトレード・フィナンシャル案件。相場としてはあまり大きな変化はありませんね。10,000P以上がもらえるなら、口座開設してもよいと思います。10,000P以上の大爆発はほとんど見たことがないので、10,000Pを目安に口座開設しても大丈夫です。

ポイント獲得条件は口座開設申込み日から60日以内での初回入金10万円以上入金+新規建て50万通貨以上取引完了となっていますので、50往復(損失目安1,500円)の取引が必要となります。

以前は決済も取引に含まれていたのですが、現在は決済が取引に含まれない改悪が行われていますので、きっちり50回の取引が必要となります。

難易度としては、高めの部類ですね。

というのも、50回も取引していると、妙な値動きをすることが必ずあるので、損失目安から「ぶれる」確率が高くなってきます。ただ、スプレッド0.3銭で50回の取引ならまだ可愛い方ですので、この案件もしっかりポイントゲットしましょう。

また、このFXトレード・フィナンシャル案件ですが、MT4ダウンロード版取引システムでの取引数量のみがポイント対象となり、ダウンロード不要の「FXTF MT4ウェブトレーダー」を利用しての取引は対象外となりますので、注意してください。

そして、もう一つの注意点はポイント確定前の出金がポイント獲得対象外となること。これを明記していないサイトもありますが、ポイント確定まで出金しない地味ですが、FX案件攻略の基本ですので、覚えておきたいですね。

なお、このFXトレード・フィナンシャルは夫婦申し込み不可能な案件のようです。夫婦で申し込むと片方が審査落ちします。

スポンサーリンク

⑯JFX MATRIX TRADER

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
JFX MATRIX TRADER 10,000P以上 不可 10,000P以上

このJFXマトリックストレーダーですが、は例年年度末(2月~3月)にポイントが増える傾向にありますので、10,000P以上(ハピタスには、以前は年度末限定で12,000P案件がよく出ていました)を目安に、口座開設すればお得であることに間違いはないと思います。

実際に、2018年3月末にもハピタスで10,000P以上の広告がでていました。年度末が狙い目ですね。

ポイント獲得条件は、口座開設申込後、45日以内に新規ポジション50万通貨以上の取引完了となっています。50往復(損失目安1,500円)の取引が必要となりますので、難易度は高め。

そしてこのJFXマトリックストレーダー案件の最大の特徴は、JFX側の各種キャンペーンとの併用が可能で、この50往復に加えもう少しだけ取引を追加することで、更にキャッシュバックを貰えるのが売りでしたが・・。

ドル/円の場合、キャッシュバックを貰うために必要な取引が150万通貨(=損失目安追加で3,000円、合計4,500円)以上、その他ラーメンや肉などの各種食べ物の記念品を貰うために必要な取引がドル/円以外の通貨限定となっているなど、公式サイト側のキャンペーン内容が大幅に改悪されています。

まともにもらえるのは「あられ」くらいです。(FXで「あられ」って、何言ってんだ?と思われると思いますが、詳しくは、公式HPを見ていただくとお分かりかと)

公式サイト側のキャンペーンはあまり深く考えず、ポイントをきっちりもらうことに専念しましょう。

なお、このJFX MATRIX TRADERも1世帯あたり一回まで(夫婦申し込み不可)です。

⑰FXプライム by GMO 選べる外貨

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
FXプライム by GMO 選べる外貨 7,000P以上 不可 7,000P以上

FXプライム by GMO 選べる外貨は、最近は常にTモールが5,000Pで圧倒的首位のポイントをたたき出しているというわけの分からないFX案件です。

2017年初旬くらいには、良くハピタスのみんなdeポイントに顔を出していましたが、最近ではほとんど見ることがありません。一時期10,000P以上に爆発したことがありましたが、ほんの一瞬、しかもTモールとかのメジャーどころ以外のポイントサイトでの爆発ですので、メジャーサイトで7,000P以上が狙い目の相場です。

※実際に、2018年1月にi2iポイントで8,000P案件が紹介されました。このレベルの案件がでた際が狙い目です。

ポイント獲得条件は、新規口座開設申込から60日以内に新規建て30万通貨以上の取引(50万通貨のサイトもあり)となっています。

新規30万通貨の取引ではありますが、このFXプライムはスプレッドがちょっと高めのドル/円で0.6銭(1万通貨の損失目安が60円)なので、損失目安1,800円の取引が必要となります。

ただ、この案件も、公式サイト側のキャンペーンが併用できることが大きな利点。

ポイント獲得条件(新規50万通貨以上の取引)をクリアするだけで、自動的に条件2までクリアでき、2,500円キャッシュバック

さらに、PRIMESアプリ利用で+1,000円、口座開設した月の翌月末の営業日の代表口座に残高30万円以上残しておけば、+2,000円で、合計5,500円のキャッシュバック。このキャッシュバックまでしっかり確保すれば、こちらもほぼノーリスクでポイント獲得条件の達成は可能です。

7,000P以上の案件を見つけたら、申し込みしてもよいと思います。

なお、このFXプライム by GMOも、夫婦申し込み可能な案件・・だったのですが、2018年初旬には「同一住所不可」の表現が増えてきましたので、ここは「夫婦申し込み不可」としておきます。ポイントサイトによって条件が違うので、よく確認してください。

スポンサーリンク

⑱ライブスター証券

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
ライブスター証券FX 4,000P以上 不可 4,000P以上

結構昔からポイントサイトに広告は出ているのですが、全くポイント爆発することのないFX広告。

それが、このライブスター証券FXです。もらえるポイントは大体2~3,000Pの間をウロチョロしています。4,000P以上もらえれば、かなり相場として高い、といえると思います。

が・・・このライブスター証券のポイント獲得条件は、新規100万通貨以上の取引です。しかもスプレッドは超高めの0.9銭。つまり、損失目安が9,000円なんです。

4,000円しかもらえないのに、損失目安は9,000円って・・とても手が出ない広告です。

公式サイトの入会キャンペーンも一応併用はできるのですが、新規200万通貨の取引(損失目安18,000円)をこなして、やっと5,000円のキャッシュバック。

積極的にはおすすめできない広告ですね。

スポンサーリンク

⑲ひまわり証券

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
ひまわり証券 15,000P以上 最高 不可 12,000P以上

DMM FXやSBI FXが軒並み自粛ムードに入った以降、急激に勢いを増してきたのがこのひまわり証券。

10,000P越えの案件はざらにあり、15,000P以下では口座開設してはいけないレベルでポイント相場は推移しています。

それもそのはず。このひまわりFX案件、ポイント獲得条件が、申込後60日以内に「ひまわりFX(レギュラー口座)」で新規100万通貨以上の取引完了となっています。また、2018年4月からはポイント獲得条件がもう一つ追加となり、システム取引である「ループイフダン」で新規50万通貨以上の取引。

まずレギュラー口座の取引が新規100万通貨・・スプレッドが狭いならいいのですが、ひまわり証券のスプレッドはなんと1銭。つまり、1万通貨の取引の損失目安が100円ってことなんです。

この結果、100万通貨の取引損失目安額はなんと10,000円ですよ。いくら12,000P以上のポイントがもらえるとはいえ、おいそれとは手が出せない案件だと思います。

そして、システム取引である「ループイフダン」の場合、最大損失目安は75,000円です。

どうしてもFXでポイントが欲しい!というときに、損失を最少額に抑える自信がある人なら、12,000Pで申し込んでもよい。そのくらいレベルの高い案件ですね。

また、このひまわりFXも夫婦でのポイント獲得はできません。

スポンサーリンク

⑳外為オンライン

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
外為オンライン 12,000P以上 最高 不可 12,000P以上

元AKB48の大島優子がCMキャラクターに起用されていておなじみの外為オンライン。大島優子のイメージとは裏腹に、ポイントサイトでのポイント獲得条件は全くかわいくありません

ただ、もらえるポイント相場としては、かなり高めであることは確かで、12,000P以上は確実に狙えます。メジャーどころのポイントサイトでも普通に13,000Pとかを、2017年12月現在でもたたき出していますので、12,000P以上は確実に欲しい案件です。

ポイント獲得条件は、申込から60日以内に初回入金10万以上、新規注文で100万通貨以上の取引完了が必要。新規で100万ですから、ひまわりFXと同じ極悪条件です。もちろん、スプレッドはひまわりと同じく1銭。つまり、1万通貨の取引の損失目安が100円ってこと。

100万通貨の取引の損失目安は1万円です。上記①~⑬の案件を攻略して、FX案件に習熟してから、機会を見てチャレンジするレベルの案件だと思います。

ただ・・私は口座開設→ポイント獲得しましたけどね。土曜日の夜かなり気長にスプレッドを回復しつつ、約1,000円の損で100往復の取引を終了させました。3時間以上かかりましたけどね

ちなみに、この案件も夫婦でポイント獲得可能案件です。

㉑マネースクウェア(M2JFX)

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
マネースクウェア(M2JFX) 20,000P以上 極大 不可

この㉑マネースクウェア案件以降は、初心者の方は絶対手を出すべきでない、シストレ案件の紹介です。

ちなみに、もらえるポイント相場としては10,000P以上は確実に狙えます。が、リスクがそれ以上の、難易度極大案件なので、ポイント目当てで手を出すのはかなりリスキーだと思います。

このマネースクウェア広告ですが、2018年3月くらいから、ポイントサイトの広告として戻ってきました。2017年度中にはほとんど見かけることのなかった案件です。

ポイント獲得条件は、システムトレードで新規30万通貨以上の取引となっていますが・・このマネースクウェアのシステムトレード、複雑すぎて30万通貨の取引をこなすために、一体どれだけの損失を目安にすればよいのかがよくわからないんです。

システム案件でマイルを獲得する方法は、以下にまとめましたのでご覧ください。最大損失目安の考え方、取引方法、リスクについてわかりやすくまとめてます。※ただ、このマネースクウェア案件にはピンポイントでは合致しません。それくらい、このマネースクウェア案件は複雑です。

FXシステムトレードでマイルを貯める。具体的方法と注意点を徹底解説・検証する

2017.12.23

ちなみに、この広告は夫婦でポイント獲得可能案件です。

㉒FXブロードネット

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
FXブロードネット 10,000P以上 極大 10,000P以上

このFXブロードネットも、リスクがかなり高めの「システムトレード案件」となります。

ポイント獲得条件は、申込から60日以内にシステムトレード(トラッキングトレード)を10日以上運用し、60万通貨以上の取引完了が必要。ちなみに、最大損失目安は90,000円です。

どんだけ狂ったリスキー案件なんだ・・・。

システム案件でマイルを獲得する方法は、以下にまとめましたのでご覧ください。最大損失目安の考え方、取引方法、リスクについてわかりやすくまとめてます。

FXシステムトレードでマイルを貯める。具体的方法と注意点を徹底解説・検証する

2017.12.23

ちなみに、この案件も夫婦でポイント獲得可能案件です。

㉒アイネットFX

案件名 相場(2018) 難易度 夫婦攻略 【参考】2017/9以前相場
アイネットFX 10,000P以上 極大 10,000P以上

もらえるポイントが10,000P以上確実なので、どこ得でもいつも上位に表示されている案件ですが、リスク金額も超上位

ポイント獲得条件は、システムトレード「ループイフダン」で新規100万通貨以上の取引完了が必要。ちなみに、最大損失目安は150,000円

㉑FXブロードネット中にあるFXシステム案件攻略の解説記事をご覧いただき、挑戦するかを決めてください。

FX案件は陸マイラーに絶対必要。相場を見ながらお得なタイミングで口座開設しよう

FX案件は、特に陸マイラー開始初年度の初心者にとって非常に有効な案件。

何しろ1案件でもらえるポイントが大きいので、楽に「月あたり2万ポイント」の陸マイラー的ソラチカルートノルマをクリアできる。このFX案件を毎月地道に一つずつくらい確保しながら、いろいろと他の案件の勉強をしたり、他の案件に手を出していき、徐々にFX案件から卒業していく・・というのが陸マイラー活動の王道です。

このブログでは、上記のとおり、主要22FX案件のポイント相場、損失目安、実際の申し込みに当たっての注意点、公式キャンペーンの内容などをまとめました。あなたが今後FX案件を申し込むにあたっての参考になれば幸いです。

そして、このブログのこの後には、FX案件で実際に口座開設したのち、リスクを最小限に押さえたうえで、ポイント獲得条件をクリアする方法を紹介しています。

その方法が既にお分かりの方はここまでで終了です。さらにFX案件で、リスク最小を最小限にしてポイント獲得条件をクリアする方法を知りたい方のみ、以下をお読みください。

スポンサーリンク

FX案件でポイント獲得条件をクリアする方法

では、ここからは、FX案件でポイント獲得条件をクリアする方法を紹介します。

陸マイラーにとって最も重要なマイル獲得源となるのが、ポイントサイトのFXの広告でポイントを貯めることです。

FXというと怖いイメージがありますが、やり方さえ覚えてしまえば、大体の損失目安以内に損失はコントロールができますので、恐れることは全くありません。むしろ、FX関連の広告は、陸マイラーにとって重要なポイント獲得源です。

 

この記事では、FXの基本的な仕組みを知るとともに、リスクを極限まで抑えた方法で、ポイントサイトに掲載されているFXの広告でポイントを獲得する、その具体的な方法を解説します。

 

スポンサーリンク

FXの仕組みと、単語の意味を解説

 

まずは、FXの仕組みと、分かりにくい単語の意味から解説していきます。「レバレッジ」とか「1万通貨」とか「lot」とか、FXには意味が分からない単語が頻出しますので、まずはFXの仕組みと、FX取引で頻出する難解な単語の意味を説明していきます。

 

FXの仕組みと、単語「レバレッジ」について

 

FXは、正式には「外国為替証拠金取引」という名称です。でも、「外国為替証拠金取引」って言われても、それでも意味が分からないですよね。FXの意味を、もう少しわかりやすく解説してみます。

例えば、今日、私が自分の持っている日本円・・・例えば5万円持っているとしましょう。この5万円で外国通貨・・ここでもわかりやすく米ドルとします・・を、買おう(=両替しよう)と思ったとします。

 

米ドルを日本円で買う、というのは、分かりやすく言えば上記のカッコの中にも書いたとおり、両替する、という発想ですね。

外国に旅行した時のことを思い出してください。例えば両替窓口で1万円だして、両替してもらえる米ドルはいくらですか?当たり前ですが、その時の1万円と釣り合うだけの米ドルしかもらえないと思います。1ドル=110円だと、大体手数料まで引かれると、両替してもらえるのは88ドルくらいですね。

 

これはもう当たり前ですよね。今日自分が所有している5万円以上の外国通貨(米ドル等)を買う(両替する)ことは、通常できません。

一方、FX取引では、これが最大の特徴になりますが、現在自分が持っている5万円をFX口座に証拠金として差し入れることで、自分の現在持っている5万円の、最大25倍までの外国為替を購入or売却(実際にはポジションとして保有)することができます。

 

普通は、5万円と同額の価値の米ドルしか売買できない。でも、FX口座では、証拠金額の最大25倍もの外国通貨を売買できる

この倍率(最大25倍)のことをレバレッジといいます。例えば、あるFX口座に50,000円を証拠金として預けたとします。レバレッジが25倍の場合、50,000円×25倍ですので、125万円分の外国為替の売買ができることになります。

 

投稿日現在(2016/12/23)、例えば米ドルだと1ドルが約117円です。

このレートで計算すると、1万米ドルが約117万円となります。上記のとおり、5万円の25倍、125万円分の米ドルの取引が可能になりますので、5万円を証拠金で預ければ、最大で1万米ドル(=117万円)の外国為替の取引ができる、ということです。

 

これを、FX取引の「レバレッジ(てこ(梃))」効果といいます。

FXとはこのように、「少額の資金で、大量の外国為替を取引できる仕組みである」とまずは覚えておくとよいと思います。

 

スポンサーリンク

lotについて

 

FX関連広告のポイント獲得条件でよく記載されている「lot」。これは、「通貨の単位」だと思ってください。

このlotという単位が、どのくらいの通貨量を表すのか。これは、各FX会社で異なります。外野から見ていると、FX会社ごとで「lot」の単位が異なるのは分かりにくい・・統一してほしい・・と思うのですが、残念ながら、1lotの単位は、会社ごとに異なります。

 

例えば、ポイント獲得条件として「1lot以上の取引」と記載がある場合、その会社での1lotの単位によって、条件を達成するために必要な取引数量は異なるということです。1lotは、ほとんどのFX会社で1万通貨のことですが、中には1,000通貨だったり、10万通貨を1lotとする会社もあるなど、こればっかりは一定ではありません。

 

たとえば、この広告▲だと、1lotの通貨単位が記載されていませんので、「30lot以上の取引」と記載がありますが、30万通貨取引すればよいのか、300万通貨なのか、3万通貨で良いのか、この広告を見ただけではよくわかりません。

このため、必ず各広告のFX会社が示す1Lotの通貨単位について、事前に調べるようにしてください。

 

ちなみに、上記広告の会社の場合、1lot=1万通貨単位でした。売⇔買往復で30lotでポイント獲得条件達成ですので、1万通貨を15回の取引でポイント獲得条件達成ということになります。

 

「往復」「片道」について

 

FXでの通貨取引においては、通貨の「売り」と「買い」もしくは「買い」と「売り」、これが必ず1セットだと覚えておいてください。米ドルを「買った」場合は、値上がり、もしくは値下がりした後の値段で必ず「売る」ことになります。この買いと売りの単価の差で、損益が確定します。

当たり前ですが、自分が「買った」時の値段よりも高い値段で「売る」ことができれば、儲けがでます。自分が「買った」時の値段よりも安い値段で「売る」ことになれば、その差額が損ということですね。

 

このように、FX取引においては、「往復」(買いと売りもしくは売りと買い)の取引がセットです。このため、「往復30万通貨」の表記の場合、15万通貨の「買い」と「売り」で条件クリア、ということになります。

一方、「片道30万通貨」の表記の場合は、復路の取引はカウントされない、ということですので、きっちり、買いなら買いで、30万通貨分の買いが必要になる、ということです。

 

スポンサーリンク

スプレッドについて

 

FXでの取引では、例えば1ドルを110.00円で購入した場合、即座に売却すれば同じ110.00円で売れるのでしょうか。

残念ながら、全く同じ価格で取引することはできません。全く同時に取引する場合でも、若干の差額がついて取引することになります。例えば、1ドルを110.00円で購入した場合、売却価格は109.997円になったりします。

 

このように、買いと売りの間にある差額。上記▲の事例では、0.003円(0.3銭)ですが、この差額のことを「スプレッド」といいます。

「なんだ、たったの0.003円」と思われるかも知れませんが、もう一度思い出してください。FXで扱う金額は、1万通貨とかの単位です。0.003円×1万通貨の場合、実際の差額は30円ということになります。

 

この「スプレッド」がFX会社の基本的な儲けになります。米ドル/円の場合、一般的なFX会社のスプレッドは、上記のとおり0.3銭(1通貨あたり0.003円)です。つまり、1万通貨の取引(往復)を瞬時に終わらせた場合、損失目安は30円ということになります。

ただ、中にはスプレッドが1銭(0.1円)というFX会社もありますので、注意してください。

 

このスプレッドの違いから言えること。

それは、ポイントサイトの広告でポイントを獲得する条件となっている取引通貨の量×スプレッド=損失目安になる。ということです。ポイント獲得条件となる取引数量が少なくても、スプレッドが大きいので損失が拡大する広告や、その逆で取引数量が多くても、スプレッドが小さいので損失目安が少ない広告もあります。

 

(例1)ポイント獲得条件:片道 30万通貨の取引 スプレッド:1銭 → 損失目安30万×0.01円=3,000円

(例2)ポイント獲得条件:片道100万通貨の取引 スプレッド:0.3銭 → 損失目安100万×0.003円=3,000円

 

ポイント獲得条件となる取引数量が少なくても、スプレッドの幅が大きいFX会社だと、かなりの大損が目安となることもある。一方ポイント獲得条件となる取引数量が多くても、スプレッドの幅が狭いFX会社だと、損失は低く抑えられる可能性がある、ということです。

 

FXは実は簡単

 

以上、FX取引の仕組みと、専門用語を解説してみました。

思ったより簡単ではないですか?少なくとも▲上記の内容さえ理解していれば、陸マイラーとしてFX関連広告でマイルを貯めることは、簡単にできると思います。

 

ここからは、実際にFX広告を経由してFX口座を開設し、ポイント獲得条件をクリアするまでの具体的な手段を逐一解説していきます。

 

スポンサーリンク

DMMFXの広告で大量ポイントをゲットする

 

さて、今回口座を開設するのは、ポイント獲得条件が簡単で陸マイラーの登竜門ともいえるDMMFXの広告です。

このDMMFXの広告ですが、ハピタスだと2017年9月までは平均的に15,000ポイント以上(15,000円相当)で広告掲載されていました。

 

しかしながら、2018年1月現在、ポイントサイトで紹介されている広告でもらえるポイントは、残念ながら一律5,000ポイント程度に落ち着いてしまっています。

ただ、このようにポイントサイトではもらえるポイントの相場が激減してしまっているDMMFXではありますが、ブログ等の運営者なら知っている「アフィリエイト広告の本人申込」、いわゆる「本人アフィ(セルフバック)」なら、今でも1万5千ポイント以上の広告が出ていることがあります。

 

特に、ブログやサイトの運営者でなくても「本人アフィ」ができる「マイボンバー」では、まだ1万ポイント以上が狙えます。これは、「DMMFX」と運営主体が同じ「外為ジャパン」でも同様のことが言えます。

上記画像に表記した広告は、「マイボンバー」限定の広告案件です。

関連記事:マイボンバーの仕組み、登録方法、広告の探し方&使い方、実際に使ってみた結果を徹底解説

 

多分、この「DMMFX」と「外為ジャパン」の広告でポイントを貰うなら、今後マイボンバーを経由した▲「本人アフィ」の方法でしか1万ポイント以上の獲得は望めないと思います。「DMMFX」、「外為ジャパン」には、マイボンバーから申し込みましょう。

 

また、FX広告はもらえるポイントが多い時、少ない時つまり、ポイントサイト上の相場があります。FX口座開設でポイントがもらえるのは、1社につき1回だけですので、例えば1万ポイント以上もらえる時もある広告を、3千ポイントしか貰えないタイミングで広告利用すると、7千ポイント分損をするという、取り返しのつかないことになります

このため、2018年最新のFX広告の相場情報と、実際に広告を利用した私だからわかる注意点を▼以下の関連記事にまとめました。このFXの広告は相場から見てお得なのか?そうでないのか?ぜひブックマークしていただいて、相場感を知りたいときに活用ください。

関連記事:FX案件の陸マイラー的相場情報まとめ【2018年最新】お得な口座開設のタイミングと難易度を比較

 

DMMFXの広告を実際に利用してみる

 

では、まずは口座開設から開始です。

 

上は「マイボンバー」の広告画面。下は「ハピタス」の広告画面です。「マイボンバー」の場合は赤枠内「本人アフィ」をクリック。「ハピタス」の場合は同じく赤枠内「ポイントを貯める」をクリックしましょう。

 

すると、このような注意画面が表示されますが、これは「ポイントサイト経由でDMMのホームページにたどり着いた証のようなものですので、冷静に「サイトへ進む」をクリック。

 

画面中段下「口座開設(無料)はこちら」をクリック。

 

ここから、個人情報などを入力していきます。一番上にも記載がありますが、入力画面はこの1ページのみなので簡単ですね。

まずは、口座開設の種類ですが、ここは当然個人にチェック。

 

次に、各種書面の承諾に移ります。これをすべて読むのはほぼ不可能だと思いますし、実際にPDFを開かなくても承諾は可能です。

 

が、この後に続くチェックで「承諾」「同意」したということは、その意思表示を本人が行ったとみなされますので、気になるところは確認しておきましょう。

すべてにチェックを入れたら、下に進みます。

 

次は、「特定取引を行う者の届け出」です。

 

これは、利益に対する課税について日本国で行いますよ、という誓約のようなものです。居住地が日本国以外に変更になった場合は届け出が必要ですが、ほとんどの一般市民にとっては関係ありません。

なので、いずれも「はい」「はい」を選択。

 

氏名・住所等の入力。ここで困ることはないと思います。

 

次は職業情報の入力。原則として会社に連絡が入るようなことはありませんので、正直に入力しておきましょう。

 

次は年収や自己資産などの入力。年収や自己資産で審査が行われたり、この入力の結果審査落ちするようなことはありませんが、正直に入力しておきましょう。

あと、一番最後に記載のあるとおり、投資資金は自己資金でないとだめです。他人の資産を運用する行為は認められていません。

 

最後に、投資目的の確認です。ここも正直に入力しておけばよいでしょう。FXが未経験でも、問題なく口座開設はできます。すべて「未経験」でも何も問題ないので、変に見栄を張る必要はありません。

 

最後にご案内を受け取るかどうかを選択し、確認画面へ。

 

確認画面で申し込み内容を確認し、間違いなければ「申し込む」をクリック。これで申し込みは完了です。

ここまで、所要時間は約5分程度だと思います。非常に簡単ですね。

 

マイナンバーのアップロード

 

無事申込が完了すると、登録したメールアドレス宛に、マイナンバー確認書類の提出について依頼が届きます。このマイナンバーが登録できたら、申し込みは完了です。

 

マイナンバーカードがあれば、これをアップロードで提出するのが口座開設には一番早いです。

 

郵送、FAXという方法もありますが、ここではアップロードのボタンをクリック。

 

FXをクリックし、必要書類(マイナンバーカードの表面、裏面)をアップロードすれば、登録完了です。

 

ID・パスワードの連絡を受領

 

数日後、ログインIDとパスワードが記載された登録用紙が届きます。これで登録は完了です。

審査というものが原則としてない(ただし、虚偽申請等は厳禁ですし、審査落ちします)ので、ここまで到達するのは容易だと思います。

 

FXの取引方法

 

口座開設が完了したら、早速、DMMFXの公式サイトからログインしていきます。

 

DMMFX公式ホームページの画面左、赤枠内の「ログイン」をクリック。

 

すると、IDとパスワードの入力を求められるので、通知書で届いたIDとパスワードを入力して「ログイン」をクリック。

 

次のページは、FXの取引ツールの選択画面。ここは画面左、赤枠内の万人向けの「DMM FX PLUS」をクリック。

 

再度交付前書面等の承諾を求められるので、すべて承諾/誓約し、「承諾します」をクリック。

 

これでやっと、FXの取引画面に到達します。いきなり数字が並んでいて、しかもチャートとかもあって威圧感満載の画面ですが、ビビることはありません。とにかく、ポイントがもらえる通貨分の取引を瞬時にこなせば大丈夫です。

本当に簡単に、1分足らずで終わってしまいます

 

DMM FX広告のポイント獲得条件を確認

 

ここで、再度DMMFXのポイント獲得条件を確認しておきましょう。DMMFXの条件は、初回一括5万円以上の入金、更に60日以内に1Lotの取引となっています。

DMMFXの1Lotは、1万通貨となっています。スプレッドは0.3銭です。

 

つまり、1Lot=1万通貨の取引をこなせば条件クリアということです。損失目安は、1万×0.3銭=30円です。

 

入金の手順

 

早速取引に移っていきます。まずは入金から。

総合取引画面の一番左上「メニュー」タブの中段下、赤枠内の「クイック入金」をクリックしましょう。

 

金融機関の検索窓がありますので、自分が使っている金融機関と、入金金額・・ここでは一括5万円以上がポイント獲得条件なので、5万円を入金します。

ちなみに、DMMFXのレバレッジは25倍。1ドル115円の場合、1万通貨(ドル)は115万円になりますので、1万ドルの取引に必要な証拠金は115万円÷25倍=4万6千円です。5万円入金すれば、1万ドルの通貨の取引は可能ということです。

 

5万円の証拠金を入金すると、FXではドル/円の場合1万通貨の取引が可能ですので、覚えておきましょう。

 

 

クイック入金の金融機関、入金金額を確認してください。問題なければ、「実行」をクリック。

 

すると、見慣れたジャパンネット銀行のログイン画面に遷移するので、クイック入金手続きを完了させてください。

無事5万円が入金できれば、ポイント獲得条件は一つ完了。お次は、最大のポイントである「実際の取引」になります。

 

FXを実際に取引する

 

さて、実際の取引に移ります。本当にこのFXの画面を見ると威圧感がありますが、上記のとおり1Lotの取引ですので、実際は瞬時に取引が終了します。ほぼ損失目安である30円の範囲に収まりますので、安心してください。

画面中央右寄り「ストリーミングUSD/JPY」この画面で、取引を行います。

 

画面の見方を簡単に説明します。

左上にある「USD/JPY」の表示が「通貨ペア」です。この場合、アメリカドルと日本円の取引、となります。FXの場合、この通貨ペアがスプレッド(取引間の差損)が最も少ないことが多いので、よほどのことがない限りUSD/JPYで取引しましょう。

 

その下「Lot」が取引単位です。この記事でも紹介しましたが、このLotについては、FX会社ごとに通貨単位が違います。ちなみに、DMMFXの場合、1Lot=1万通貨となっています。

この記事冒頭に記載したとおり、1万通貨の取引という条件達成のためには、たった1回の取引を瞬時にこなすだけでOkです。

 

やり方は簡単です。この画面赤枠内「売り」をクリックして、通貨を売って(もちろん、買いでもOKです。)・・

 

即座に、その下画面赤枠内「USD/JPY 一括決済」を押せば、1lot(1万通貨)の取引完了です

 

スポンサーリンク

FX広告でのポイント獲得条件達成のための注意事項

 

FX広告でポイントを獲得するためにFX取引を行う、その注意事項を次にまとめます

  • あわよくば儲けようという考えを捨てる。即座の決済を必要回数繰り返せば、ポイントは獲得できる
  • 一喜一憂しない。損が出ても、得が出ても所詮100円単位。
  • 相場が大幅に変動する日(特に、米国雇用統計の発表日)は避ける

 

上記に気をつけておけば、FXでポイントを貯めるのは簡単だし、損失も少なくて済む非常にお得な案件といえます。

50,000円を入金して、3分程度の簡単な取引で数千マイルがもらえるんです。

 

こんなに美味しい案件はなかなかないと思います。

ぜひ食わず嫌いにならず、試してみていただければと思います。

 

国内線航空券をビシバシ予約できるだけのマイルが貯まる!陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている年間50万マイル貯める方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

関連記事:ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年4月最新版】

 

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間60万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 



AD