ブダペスト・マリオットホテル宿泊記。夜景が綺麗で観光にも便利!SPGアメックスのアップグレードも!

「ドナウの真珠」と呼ばれ、その街並みの美しさ、そしてなんといっても夜景の綺麗さで有名なハンガリーの首都・ブダペスト。

折角なら観光に便利、そして夜景の綺麗なホテルに泊まりたいですよね。

そんな方にうってつけなのが、SPGの系列ホテル、「ブダペスト・マリオットホテル」です。

その壮麗な夜景、お部屋の様子、そしてSPGアメックス特典によるアップグレード結果も含めご紹介します。

スポンサーリンク

ブダペスト・マリオットホテルの概要

ホテル名称 ブダペスト・マリオット・ホテル
SPGカテゴリー カテゴリー5
チェックイン 16:00PM
チェックアウト 11:00AM
部屋数 342室
スイート(再掲) 22室
階数 10階建て

ブダペスト・マリオットホテルの概要がこちらです。

これから詳しく解説しますが、マリオットはブダペストではとにかく老舗の高級ホテルです。もちろん、日本人的には特段超高いお値段、というホテルでもないのですが、ハンガリーの物価的には相当高級なお値段のホテルです。

このため、外国人富裕層が滅茶苦茶お泊りでいらっしゃる、ハンガリーの超高級ホテルという位置づけなので、SPGアメックスユーザーだからという理由だけで訪問すると、ちょっと肩身が狭い思いをします。

このロビーの感じ、完全に「ガチ」です。このまんまです。

私は一介の観光客として結構身軽に訪れたのですが、いわゆる外国人セレブ層がビシバシ宿泊しているので、その雰囲気には若干圧倒されました。

宿泊するだけなら特に問題はありませんが、ホテル内での飲食を予定している方は、それなりのドレスコードを守っていかれることをおすすめしたいと思いますね。

スポンサーリンク

ブダペスト・マリオットホテルへのアクセス方法。めちゃ観光に便利

さて、このブダペスト・マリオットホテルの利点のその①が、観光にもビジネスにも、とにかくアクセスが便利なことです。

上記のドナウ川をはさんだブダペスト地区の地図中心部の、赤枠内がブダペスト・マリオットホテルです。

そして、そのちょっと右上、黒の四角で囲まれた「Deak Ferenc Ter」駅が、空港からのバスの発着点となっているとともに、ブタペストの地下鉄のちょうどハブ地点となっている重要な駅です。

ちなみに、こちらがハンガリーの地下鉄路線図。ちょうど地図の中心青枠内「Deak Ferenc Ter」駅が、ちょうどブダペストの中心部、交通の要衝であることはお分かりでしょうか?

マリオットから、この「Deak Ferenc Ter」駅まで、徒歩約10分くらいで簡単に行くことができます。

世界一美しいマクドナルド。ブタペスト西駅への地下鉄での行き方やメニューについて

2018年11月24日

「Deak Ferenc Ter」駅から、上記関連記事で紹介した「世界一美しいマクドナルド」までは簡単に行けてしまいますので、観光にもそして、ハンガリー各地へのアクセスにも、非常に便利な立地環境にあります。

また、観光地へのアクセスについても、青枠内の①聖イシュトバーン大聖堂、②セーチェーニくさり橋、③ブダ城を含む「王宮の丘」地区にも、いずれも10分~15分で行くことができ、徒歩圏内に観光地が集中しています。

とにかく、観光にも、そして空港へのアクセスにもハンガリー各地への移動にも便利。それが、マリオット・ブダペストホテルの立地環境ですね。

スポンサーリンク

ブダペスト・マリオットホテルの外観

こちらが、ブダペスト・マリオットホテルの外観です。正直に言います。外観は、かなりボロかったです。

このブダペスト・マリオットホテルですが、開業は1993年なので、2018年から逆算するとちょうど25年前。多分、外観については開業以来手を入れていないのではないかと思います。

しかし、安心してください。内装については2008年に全面改修を行っていますので、かなり新しい状態でした。

ロビーの様子はこんな感じで、かなり豪奢な作りになっています。

宿泊客も、かなり品のいい感じの欧米の老夫婦や、若い男性・女性はセレブ風の方ばかりで、完全旅行者として訪問した私はちょっとだけ場違い感を味わいました。

でも、一応私はSPGアメックスメンバーなので、なんちゃってではありますがゴールドエリート会員。エリート会員専用カウンターで、チェックインを行います。

でも、買い物袋下げて、手荷物はリュック一つの客って私だけなので、エリートカウンターのおっさんも「お前・・このカウンターで本当にいいのか?」って顔してます。

もちろん、ここはひるむことなく突き進みます

スポンサーリンク

SPGアメックスによるアップグレード結果

それでは、早速チェックインです。

私はSPGアメックスホルダーなので、自動的にSPGのゴールドエリート会員になれます。ゴールドエリート会員の場合、空室がある限り、無料でより良い部屋へアップグレードしてもらうことが可能なんです。

というか、このアップグレードのドキドキ感のために、SPGアメックスを高い年会費払って所有しているといっても過言ではないでしょう。

で、今回のブダペストマリオットでもアップグレードされたのか・・・その結果です。

めでたく、7Fという高層階の、しかも超絶眺めの良いお部屋「エグゼクティブルーム」にアップグレードしていただきました!!

ばんざーい!ばんざーい!

カテゴリー ビュー
デラックスルーム ← エルジューベト橋
デラックスビュールーム ドナウ河とお城
エグゼクティブルーム ← ドナウ河とお城 高層階フロア
ジュニアスイート
コーナースタジオスイート
エグゼグティブスイート
JWマリオット・スイート

私が予約したのは、当然ながら一番お安いデラックスルーム。

そして、アップグレードされたのは高層階の王宮の丘が丸見えの「エグゼクティブルーム」。スイートルームのカテゴリーが多くあるように見えますが、実はスイートには、ゴールドエリート会員はアップグレード資格がありません。そして、スイートルームは全部で22室しかありません。

つまり、実質的にSPGゴールドエリートとしては最上級のアップグレードが受けられた、ということです。

早速、ドキドキの室内に入っていきます。

スポンサーリンク

開放的な室内。窓からは王宮の丘が丸見え!

お部屋に入ると、まず目につくのが開放的な窓です。

まさに全面窓で、10階建ての7Fという高層階という立地も相俟って、窓からの景観にはかなり期待が持てます。

・・・・キターーーーーーー!!!!

凄い!凄い景観です。王宮の丘がバッチリ見えますし、右手には、セーチェーニくさり橋が見えます。まさにブダペストの夜景独り占め状態ではないですか!!

ちなみに、夜景がこちらです。

・・・こんなん、何時間でも見ていられますよね。もう、ボーっとして壮麗な景色を眺めていましたよ。

スタンダードルームとの差額

ちなみに、私が予約したデラックスルーム(エルジューベト橋ビュー)の価格がこちら。会員料金で189ユーロです。

そして、今回アップグレードされたお部屋がこちら。会員料金で270ユーロ。

スタンダードルームとの差額は約80ユーロです。日本円にして約1万円ですので、SPGアメックスの年会費の約1/3くらいのメリットがあった感じですね。

スポンサーリンク

室内の様子

ベッドは、一般的なクイーンサイズベッドが2つ。

トイレ、洗面、バスルームはこんな感じ。

タオル類も豊富に用意されていますし、清潔でなんの問題もありません。

ミニバーの様子はこんな感じです。

上記右下、テーブルに用意されているお水はてっきり無料のお水かと思っていましたが、ミニバーのレシート表記上は有料でした。

私は実は飲んでしまったので、チェックアウト時に申告したところ「これは、無料の水だよ」とのこと。置いてある場所からして、またチェックアウト時の対応からして無料で間違いないと思います。

ただ、ミニバーのレシート表記には有料として記載されていますのでご注意ください。

スポンサーリンク

ブダペスト・マリオットホテルの高層階の夜景を満喫

このブタペスト・マリオットホテルが本当に素晴らしかったのは、とにかく、ブダペストの夜景が信じられないくらい綺麗だったことですね。

もうね。なんですか、この夜景は。さすが、ドナウの真珠ですね。

そして、ブダペストマリオットホテルには、この景観を最大限楽しめるよう窓際にこんな風に大きなソファが設置されています。

カップルで、そして家族で、ゆったりとドナウ河の夜景を楽しむことができます。まさに、ドナウ河とブダペストの夜景を楽しめる、最高のロケーションのホテルだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

ブダペストマリオットホテルの感想

ブダペストマリオットホテルは、泣く子も黙る、ブダペストの老舗超高級ホテルです。

正直、いわゆる休日旅行者としてかなりラフな感じで宿泊した私は、ビジネス旅行者が多いホテルの雰囲気には若干の戸惑いがありました。

でも、上記のルームキーのとおり、SPGアメックスメンバーならゴールドエリート以上の待遇が受けられますので、お部屋のアップグレードをはじめ、最初の戸惑いはともかく、かなり快適に過ごさせていただくことができました。

チェックインカウンターのおじさんも、はじめは「おい・・あなた本当にエリートメンバー??」って感じでしたが、予約を確認したのちは滅茶苦茶丁寧に対応していただきました。

当初の対応は単純に私のドレスコードの誤りであって、ホテルの対応的にはかなり上質なものであったと断言できます。

そして、なんといってもポイントはSPGゴールドエリート会員としてのアップグレードです。本当に最高の夜景を堪能でき、「SPGアメックスの会員で良かった・・」と感じる一夜になりました。

SPGアメックスの特典とメリットを完全解説。旅を愛するあなたにおすすめの3つの理由

機会があれば、もう一度泊まってみたい!そんなホテルでした。

ブダペストリスト・フェレンツ国際空港ルフトハンザ指定「プラチナ・ラウンジ」訪問記。プライオリティ・パスも使える!

2018年12月14日

翌日は、フランクフルト経由で日本に帰国します。

ハンガリーまでは、ANAのファーストクラスで!

ちなみに、今回の私の旅行、ハンガリーまではANAの特典航空券を利用してファーストクラスで渡航しました。

ANAファーストクラス搭乗記。NH223羽田ーフランクフルト12時間の快適フライトの全貌公開

2018年12月2日

このファーストクラスの航空券をまともに購入すると、羽田ーフランクフルトで200万円以上します。200万円・・車買えちゃいますよね。とんでもない金額です。

でも、陸マイラーなら年間数十万マイルを貯めるのも超簡単。この方法で貯めたマイルで、ファーストクラス+ビジネスクラスでハンガリーまでやってきたってわけです。

年間50万マイル。2年で100万マイル使った陸マイラー生活の凄さを公開します

2018年12月14日

私は2年間でなんと100万ANAマイルを特典航空券発券に使っています。もう、人生変わるくらいの破壊力です。

海外旅行なんて、苦もなく行けてしまいますからね。マイルを貯める方法にご興味のある方は、是非下記の関連記事をご参照ください。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2019年3月15日

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018年7月15日



AD