ブダペストリスト・フェレンツ国際空港ルフトハンザ指定「プラチナ・ラウンジ」訪問記。プライオリティ・パスも使える!

ハンガリーの首都ブダペストの空の玄関口、リスト・フェレンツ国際空港。

楽しかったハンガリー旅行から日本への帰国便。まずはルフトハンザビジネスクラスLH1337便でフランクフルトへと飛びます。

リスト・フェレンツ国際空港はこじんまりとした空港ではありますが、一応ハンガリーの首都国際空港なので、ルフトハンザを含むスターアライアンス指定のビジネスクラスラウンジは完備しています。

今回は、スターアライアンス加盟航空会社と、プライオリティ・パス保有者が利用できる、「プラチナ・ラウンジ」というなかなかにレアな航空会社ラウンジを利用しましたので、訪問記をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なかなか認知が進まない空港名称

ハンガリー首都国際空港でもある、リスト・フェレンツ国際空港。

ハンガリー出身の大音楽家リスト・フェレンツ(ドイツ名:フランツ・リスト)生誕200年を記念して、2011年にこれまでの「フェリヘジ国際空港」から「リスト・フェレンツ国際空港」へと名称が変更されました。

が、いまだかなり認知度は低いようです。Googleマップでもいまだに「フェリヘジ国際空港」表記でしたからね。

空港入り口にもリストの「リ」の字もありません。

なんか書いとけば、もう少し認知度も上がると思うんですけどね。

スポンサーリンク

ルフトハンザのエコノミークラスカウンターは大行列

ハンガリーには、もともと「マレーヴ・ハンガリー航空」という国営のフラッグ・キャリアがあったのですが、2012年にまさかの破産。

なんと、国営キャリアが無くなってしまいました。このため、格安航空会社とルフトハンザがほとんど国営キャリア張りの存在感を発揮しています。

そして、もちろんのことながらドイツを中心に広いネットワークを有するルフトハンザの存在感は半端なく、カウンターもめちゃ多いですし、このとおり、エコノミークラスのカウンターはかなりの行列。

一方、ありがたいことにビジネスクラスカウンターはご覧のとおり「ガラガラ」。

ファースト/ビジネスクラスの恩恵を感じる瞬間です。

これだから、陸マイラーってやめられないんですよね。

入国審査もサクッと終了。ラウンジを目指す

出国審査、手荷物検査は、特にビジネスクラス優先のファストレーン等は無し。

でも、余り搭乗者も多くなかったので、サクッと通過できました。出国審査後には、上記のとおり新しくなった「スカイコート」が広がっています。

以前のフェリヘジ空港時代はちょっと暗い感じの、いかにも中欧の空港というイメージでしたが、この「スカイコート」がオープンし、一気に明るい感じの空港に生まれ変わりました。

聖イシュトヴァーン大聖堂の前にあるメジャーな土産物屋「MEMORIES OF HUNGARY」なども出店しているので、少しだけ店を覗いて・・・でも特に何も買わず、ビジネスクラスラウンジを目指します。

スポンサーリンク

ビジネスクラスラウンジの場所

この開放的なスカイコートの2階は、フードコートになっており、ここにラウンジも設置されている、という案内になっています。

とりあえず、2階へ行ってみましょう。

エスカレーターで2回に上がったちょうど正面にあったのが「MENZIES LOUNGE」。

プライオリティ・パスで使えるようですが、私の搭乗するルフトハンザのビジネスクラスでは使えないようです。

プライオリティパスとは何か?使って分かったメリットと無料入手方法を徹底解説

2018.08.16

その隣が、「スカイコート・ラウンジ」。エアチャイナなど一部のスターアライアンス系列の航空会社が使えるようですが、やはり、ルフトハンザは使えません。

その隣が、マスターカードラウンジ。

マスターカードのゴールド以上の保有者が利用できるようで、手持ちのマスターカードゴールドで入ってやろうか・・とも思ったのですが、よくよく見るとこのラウンジはあくまでハンガリー国内でのマスターカード発行者限定です。

・・・スターアライアンスで利用できるラウンジ、無いじゃん。

スターアライアンス系の航空会社ラウンジは、出発ゲート前

結局、スカイコートにはスタアラ系の航空会社ラウンジは有りませんでした

んで、やっと発見したのがこちらです。より出発ゲートに近い、2A出発ターミナル12/13番ゲートの前にありました。

名称は「プラチナ・ラウンジ」(PLATINUM・LOUNGE)。

本当にサービスもプラチナなのかは、入って見て判断したいと思います。

スポンサーリンク

プラチナ・ラウンジの概要

営業時間 AM5時~PM8時
場所 ターミナル2A 12/13出発ゲート前
設備 Wi-Fi
アルコール飲料
インターネット
テレビ
バリアフリーアクセス
ファックス
フライト情報
冷暖房
新聞
禁煙
軽食・飲み物
備考 2歳未満の子どもは入室無料

プラチナ・ラウンジの概要がこちらです。

一応、早朝出発便に合わせて朝5時から営業しているのは嬉しいところですね。なお、フライトスケジュールにより営業時間変更の可能性もあるそうですので、ご注意ください。

プラチナ・ラウンジの内部

プラチナ・ラウンジ内部の様子がこちらです。

なかなか、落ち着いた感じのゆったりしたラウンジですね。ただし、広さ的にはそう広いわけではないので、出発便が重なる時間帯はそこそこ混雑感がありました。

そして、なんといっても笑っちゃうのが受付に2人座っているお姉さんのやる気のなさ

日本なら、カードラウンジでもお姉さんものすごく丁寧なんですが、なんか2人でしゃべりまくっているし、とにかくやる気のなさが半端ないんです。

とはいえ、暴言を吐かれるわけでも、別に危害を加えられるわけでもないので、特に問題はないんですけどね。

上記写真の正面の席がこちら。

そして、その右奥の写真がこちらです。

L字型の、そう大きくはないラウンジであることはお分かりいただけたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ドリンク・軽食の様子

ドリンクサービス

一応航空会社ラウンジですので、アルコールを含むドリンクと、軽食のサービスが用意されています。

まずは、バーカウンター内に設置された、ドリンクサービス。もちろん、安定の「セルフサービス」です。OK。全く問題はありません。

カウンター左手には、こんな感じで好きなだけ飲んでね!って感じでビールやシャンパン(ミニボトル)、ワイン類が詰まっているのですが・・。実は、このスペースのドリンクは「ぬるい」。

バーカウンター下にある冷蔵庫の方が圧倒的に冷えているので、どちらかというとこちらからドリンクを調達するのがおススメですね。

ちょっと見えづらいですが、左の冷蔵庫にはミネラルウォーターが大量に詰まっています。

その他、お約束のコーヒー、紅茶、ソフトドリンク類もしっかり用意されていました。

スポンサーリンク

軽食

訪問した時間がAM10時頃だったせいか、軽食類はかなりショボめ。

ちょっとつまむだけ・・って感じですかね。ちなみに左からチキンボール(揚げ串)、サラダ×3種類、チョコケーキです。

パンやクッキー、フルーツ、シリアル、ヨーグルト等は十分用意されていました。

隣に座っていたヨーロッパのおっさん・・もとい、紳士の方は、シリアルとリンゴとバナナをバクバク食べていらっしゃったので、日本人とは品揃えの感覚が違うのかもしれません。

ちょっとだけつまんでみた

この後、LH1337便ブダペストーフランクフルト便への搭乗を予定しているのですが、さすがにビジネスクラスなので、多分、短距離便ですが意外にしっかりした食事が出るんですよね。

ルフトハンザビジネスクラス搭乗記。ヨーロッパ内中距離便LH1340(FRA-BUD)便の座席と機内食

2018.12.03

なので、ここでの食事は控えめにしてみました。

このプラチナラウンジですが、嬉しいのはシャンパン・スパークリングワインのミニボトルが品数豊富に置いてあること。ハンガリー最大のシャンパンメーカー「TORLEY」(トーレイ)のシャンパンを頂きます。

ただ・・・この旅行中ずっと感じていたんですが、ハンガリーのシャンパンって何となく、全般的にちょっと甘めなんですよね。

さすがトカイ・アスーなどを中心に貴腐ワインで有名なお国柄。甘い感じが国民の口に合うんでしょうか。

でも、日本人的な「辛口」好きの味覚からすると、若干甘さが気になるんです。折角なんでシャンパンでもお土産に買っていこうかと思っていたんですが、結局購入はしませんでした。

一方、安くて美味しいのが、なんといってもビール!

ドイツビールも美味しいですが、ハンガリービールもそれに匹敵するくらい美味しい!そして安い!だって、500mlのビール1缶が約120円くらいですからね。安すぎです。

これはハンガリー滞在中ずっと飲んでいたビール「Dreher」(ドレーヘル)。ちなみに日本でよく見られるのはイタリアで作られている「ドレハー」であることが大半で、この本場ハンガリーのドレーヘルは日本で飲むことはなかなかできません。

ちょっと甘いトーレイのシャンパンに見切りを付け、このドレーヘルを2本程度いただきました。

その他の施設

ちなみに、このラウンジにはトイレはありますが、シャワー施設や仮眠施設などはありません

シャワーについては、もともとあまり湿度が高くない中欧・東欧地域ですので、需要がないのだと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ルフトハンザビジネスクラス搭乗者資格で利用した、ハンガリーリスト・フェレンツェ国際空港「プラチナラウンジ」の訪問記をご紹介しました。

特段凄いラウンジ!ということはもちろんありませんでしたし、受付のお姉ちゃんのやる気のなさには正直笑えてきましたが、それ以外は平均的というか、意外にくつろげるラウンジ、という印象でした。

なかなかこのラウンジの訪問記をアップしている人もいないでしょうから、何かの参考になれば幸いです。

ルフトハンザLH1337ビジネスクラス搭乗記。ブダぺストーフランクフルト

2018.12.15

次の旅行記はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

ハンガリーまでは、ANAのファーストクラスで!

ちなみに、今回の私の旅行、ハンガリーまではANAの特典航空券を利用してファーストクラスで渡航しました。

ANAファーストクラス搭乗記。NH223羽田ーフランクフルト12時間の快適フライトの全貌公開

2018.12.02

このファーストクラスの航空券をまともに購入すると、羽田ーフランクフルトで200万円以上します。200万円・・車買えちゃいますよね。とんでもない金額です。

でも、陸マイラーなら年間数十万マイルを貯めるのも超簡単。この方法で貯めたマイルで、ファーストクラス+ビジネスクラスでハンガリーまでやってきたってわけです。

年間50万マイル。2年で100万マイル使った陸マイラー生活の凄さを公開します

2018.12.14

私は2年間でなんと100万ANAマイルを特典航空券発券に使っています。もう、人生変わるくらいの破壊力です。

海外旅行なんて、苦もなく行けてしまいますからね。マイルを貯める方法にご興味のある方は、是非下記の関連記事をご参照ください。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018.04.22

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15



AD