ルフトハンザLH1337ビジネスクラス搭乗記。ブダぺストーフランクフルト

ブダペストから日本への帰国便。ハンガリーと日本を結ぶ直行便はないので、まずは中継地点となるフランクフルトに向かいます。

ブダペストリスト・フェレンツ国際空港ルフトハンザ指定「プラチナ・ラウンジ」訪問記。プライオリティ・パスも使える!

2018年12月14日

一応ビジネスクラス利用ですので、ブダペスト・リスト・フェレンツ国際空港のビジネスクラスラウンジが使えます。

ブダペスト・マリオットホテル宿泊記。夜景が綺麗で観光にも便利!SPGアメックスのアップグレードも!

2018年12月13日

ランチード19ホテル(ブダペスト)宿泊記。デザインホテルズでのSPGアメックスアップグレードの威力

2018年12月9日

ブダペストでのホテルの宿泊記は、上記関連記事でご紹介しています。

ルフトハンザビジネスクラス搭乗記。ヨーロッパ内中距離便LH1340(FRA-BUD)便の座席と機内食

2018年12月3日

往路便LH1340ビジネスクラスの搭乗記は上記をご参照ください。

スポンサーリンク

LH1337便フライトデータ

出発地 ブダペスト リスト・フェレンツ
目的地 フランクフルト アム・マイン
出発時間 12:25
到着時間 14:10
飛行時間 1:45
航空会社 ルフトハンザ・ドイツ航空
キャリア A320

LH1337便のフライトデータは上記のとおり。

ハンガリーからフランクフルトを結ぶフライトですが、EU圏内ですので国内線という扱いです。

スポンサーリンク

定刻通り搭乗開始

この日はほぼ定刻通り搭乗開始です。一応、ビジネスクラスの優先搭乗がありますが・・特に座席が広いわけでもウェルカムサービスがあるわけでもないので、最後の方に搭乗。

ちなみにこのリスト・フェレンツ国際空港では、到着者の導線と出発者の導線が区分されておらず、なんと出発ロビーと到着ロビーが共通でした。

世の中にはいろんな空港があるものですね・・。

ボーディングブリッジには、各国語の「さようなら」的なメッセージが書かれていて、日本語のメッセージも。

はい、さようならです。もうさすがにハンガリーまで来ることはないかな・・。

スポンサーリンク

LH1337便の座席

ルフトハンザの近距離便ビジネスクラスの場合、前方座席を3~4列、カーテンで仕切ることで「ビジネスクラス」として区分します。

このため、座席自体はエコノミークラスと全く同じ

そのかわり、横3列のうち真ん中座席がブロックされており、隣席に誰かが座る、ということはありません。

この日の座席は2A席でした。バルクヘッド席でないと、シートピッチは思いっきりエコノミーです。

隣席ブロックなのがせめてもの救いでしょうか。

シートピッチは・・・まあ、完全にエコノミークラスですね。

この日の飛行機は、A320でした。国内線でもおなじみの機材ですね。

スポンサーリンク

短時間路線だが割としっかりした機内食が

このLH1337便は12:45にブダペストを出発し、14:10にフランクフルト空港に到着する短距離便といってよい路線です。

水平飛行の時間は、約30分~40分程度といったところでしょうか。

でも、意外にしっかりした機内食が提供されます。

飛行機はほぼ定刻通りリスト・フェレンツ国際空港を離陸。

約1時間半の空の旅です。

ドリンクはドイツビール

離陸後ほどなくしてドリンクサービスから開始です。

ドイツの航空会社ですので、ドイツビールをいただくことにしました。ハンガリーのビールといい、ドイツのビールといい、やはり本場ですから美味しいですね。まず外すことはありません。

スポンサーリンク

機上のランチは見た目にも鮮やかで美味しい

こちらが、本日の機内食。

水平飛行時間がほとんどないので、パン以外は冷たいままでサービスされます。ただ、パンは熱々ホカホカで美味しい。

メニューとしては、左上から鶏のスモークにチーズとトマトをかけたものと、ツナの乗った日本そば。右上がグヤーシュ風サラダ。一応、デザートのチーズケーキも付いてきます。

しかし、日本から遠く離れたブダペストーフランクフルト路線で日本そばを食べるとは思わなかった・・。

ちなみに、ワサビは結構本物チック。麺つゆはすでに掛かった状態で、味は・・・いわゆる「てりやき」チックな感じ。全般的にスイートなんですよね。でも、美味しく食べられましたよ。

ビジネスクラスなので、カトラリーもこんな感じで高級感があるのは地味に嬉しいところ。

パンは一見固そうですが、温かいので美味しかったです。

スポンサーリンク

機内食を食べていると、すぐにフランクフルト空港へ

何しろ、飛行時間が短時間の便です。機内食を食べて、片付けて・・なんてやっているといつの間にやらもう着陸態勢です。

下に見えるのは、アイントラハト・フランクフルトのホームスタジアム「ヴァルトシュタディオン」ですね。

フランクフルト・アム・マイン空港に到着です。

B747なんていう、化石のような飛行機もいました・・。

フランクフルトからデュッセルドルフへの乗り継ぎ

次は、LH084便でデュッセルドルフに乗り換えです。

少し、乗り継ぎ時間がありますので、ルフトハンザのラウンジに向かうことにします。

フランクフルト空港ルフトハンザビジネスクラスラウンジ訪問記。ANAビジネスクラス指定ラウンジの実力とは

2018年12月15日

スポンサーリンク

ハンガリーまでは、ANAのファーストクラスで!

ちなみに、今回の私の旅行、ハンガリーまではANAの特典航空券を利用してファーストクラスで渡航しました。

ANAファーストクラス搭乗記。NH223羽田ーフランクフルト12時間の快適フライトの全貌公開

2018年12月2日

このファーストクラスの航空券をまともに購入すると、羽田ーフランクフルトで200万円以上します。200万円・・車買えちゃいますよね。とんでもない金額です。

でも、陸マイラーなら年間数十万マイルを貯めるのも超簡単。この方法で貯めたマイルで、ファーストクラス+ビジネスクラスでハンガリーまでやってきたってわけです。

年間50万マイル。2年で100万マイル使った陸マイラー生活の凄さを公開します

2018年12月14日

私は2年間でなんと100万ANAマイルを特典航空券発券に使っています。もう、人生変わるくらいの破壊力です。

海外旅行なんて、苦もなく行けてしまいますからね。マイルを貯める方法にご興味のある方は、是非下記の関連記事をご参照ください。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018年7月15日



AD