ハピタスでポイントを貯める方法。使い方、貯め方を詳細に解説

 

私は年間50万マイルを貯めている陸マイラーですが、その大半をポイントサイト「ハピタス」を使って貯めています。

ハピタスは、高額のポイントがもらえる広告を安定的に掲載してくれますし、広告利用後の広告利用実績のポイント通帳への掲載と、実際のポイント付与も確実で、また優れた紹介制度を有する非常に優良なポイントサイトだと思います。

 

この記事では、ハピタスをまだ使ったことのない方向けに、ハピタスでのポイントの貯め方、使い方を解説します。

また、末尾には私が実際にハピタスで、陸マイラースタートダッシュの4か月で貯めたポイントを表示しておきます。たったの4か月で約14万円分のポイントですが、これくらいならほとんど苦労なく簡単に手に入れることができますので、まだハピタスを試していない方はぜひこの記事で使い方を学んで、実際に登録して使ってみてください。

 

目次

ポイントサイトとは

 

ハピタスの使い方の紹介に入る前に、簡単にポイントサイトの解説をしますね。

ポイントサイトは、ショッピングやクレジットカード発行など、各社の広告を集めた、いわば「広告の百貨店」のようなものです。

 

例えば、ポイントサイトに掲載されているクレジットカードの広告を経由してクレジットカードを発行すると、年会費無料のクレジットカードでも、多くて10,000円相当のポイントが、また年会費が有料のゴールドカード以上だと20,000円相当のポイントがもらえたりします。

なぜ、広告を掲載している広告主(スポンサー)は、こんなにも高額ポイントをポイントサイト経由の広告利用者にくれるのでしょうか

 

あなたも、イオンなどのショッピングセンターで、イオンカードの勧誘をしているお姉さんを見たことありませんか?カード会社がクレジットカード会員を獲得するには、店頭でPRするお姉さんの人件費、CMなどの広告費を含め、多額の費用をかけてプロモーションをして、ようやく会員になってもらえるんです。私も企業広報の仕事(CM)をしたことがありますが、CMなんてタレントの契約料+CMの放映料で年間10億円とか余裕でかかります。

それに比べたら、広告サイトに広告を掲載するだけで、CMなどの広告費も勧誘のお姉さんの人件費も不要で、しかも、店舗を構える必要のないオンラインで、勝手にクレジットカードに入会してくれるなら、1件1万円なんて安いもの。そう、スポンサーは考えているということです。

 

特に、ハピタスはすでに180万人ものユーザーを抱えています。さらに、ハピタス側でも出川哲郎さんを起用したテレビCMを放映したりしています。

つまり、ハピタスに広告を掲載することで、例えば「ショッピングセンターでの勧誘のお姉さんの人件費」「自社のTVCM」などの費用を掛けるより安く自社のサービスを利用してもらえるってことなんです。だから、ハピタスには実に3,000以上もの広告が掲載されているんです。

 

ポイントサイトに出稿されている広告

 

ポイントサイトには、大きく分けて3つの広告が掲載されています。

  1. インターネットショッピング(ふるさと納税含む)やレンタカー、ホテル宿泊など日常生活にかかわる広告
  2. クレジットカードの発行や、FX口座の開設、証券会社の口座開設など、金融商品にかかわる広告
  3. インターネットTV等有料サイトへの会員登録にかかわる広告(無料のものもあります)

 

まず①ですが、ハピタスには楽天市場や、Yahoo!ショッピングなどの、インターネット通販の広告、またニッポンレンタカーなどのレンタカー会社、じゃらん、楽天トラベルなどのトラベル系予約サイトの広告などが掲載されてます。この広告を経由してインターネットショッピングやホテルの宿泊を利用することで、利用額の数%から、高い時では数十%のポイントがもらえます。

また、楽天市場の場合は楽天ふるさと納税も対象になるので、還元率1%でもかなり高額のポイントがもらえます。

 

 

このハピタスでもらえるポイントは、上の事例▲で説明すると、「じゃらん」の利用でじゃらん上でもらえるリクルートポイント、「Yahoo!ショッピング」でYahoo!からもらえるTポイントとは別にもらえます。また、これらのショッピングやサービスをクレジットカードで決済するとクレジットカードのポイントを貰えますが、これとも別に貰えます。

つまり、楽天ポイント+クレジットカードのポイント+ハピタスポイントの、合計ポイントの三重取りが可能ということです。

 

②の金融サービス関係の広告については、代表的な例はFX口座開設とクレジットカード発行です。その他には、証券会社の口座開設だけでポイント獲得できる広告などもあったりします。

そして、この金融サービス関係広告はポイントの獲得数が超高額なのが特徴で、5千円~10,000円以上のポイントがもらえることもあります。

 

関連記事:JFX MATRIX TRADERでポイント+マイルを貯める方法。公式サイトのキャンペーンであられも

 

関連記事:岡三オンライン証券の口座開設+入金だけで5,000Pの過去最高額がもらえる

 

例えばこんな事例▲ですね。FX口座開設で12,500円分のポイント証券会社の口座開設で5,000円分のポイントです。これは大きいですね。陸マイラーにとって、②金融商品の広告が主力になるのは確実です。

 

③のインターネットTV等のサイトへの会員登録については、有料のもの、無料のものがあります。

一般的には有料サイトに登録して、初月分がポイントバック(例:月額500円のサイトに登録して、500円のポイントバック)というものが多いですが、中には有料サイトだけど「初月無料」で数千ポイントバックという広告や、無料サイトのくせに会員登録で数百ポイント、という広告もあります。

 

 

たまに、こんな広告▲も出てきます。ネスカフェアンバサダーに応募して、無料でマシンを使わせてもらえて、さらにハピタスポイント24,000P(円)です。一発で24,000円ですよ?凄すぎですよね。

ちなみに、ネスカフェアンバサダーには個人でも申し込むことができます。

関連記事:【ハピタスで24,000P!】ネスカフェアンバサダーに個人事業主が申込んだ結果を口コミ。電話対応の注意点はここだ!

 

このように、大きなカテゴリーとしては①日常生活にかかわる広告②金融サービスにかかわる広告③会員登録にかかわる広告、この3つになりますが、ハピタスにはその他にも実に様々な・・中には「えっ?こんなのもあるの?」という広告もあります。

ネットから注文・申し込みできるサービスは、まずはハピタスで広告が掲載されていないか検索してから申し込む「癖」を付けるとよいと思います。

 

ハピタスをおすすめする理由

 

私がハピタスをおすすめする理由は以下の3つです。

  1. 広告の数が豊富で、中には「ハピタス限定」の広告もある
  2. 広告利用後の通帳掲載、ポイント付与が確実・かつ迅速。問い合わせ対応も親切
  3. 友達紹介制度がガチで素晴らしい

 

楽天、Yahoo!などの主要どころのインターネットショッピングサイトの広告は当然のことながら揃っていますし、その他、例えばSpgホテルズ(シェラトン、ウエスティン等)の公式サイトからの宿泊予約でポイントが貯まる広告もあり、これは、ハピタス限定掲載です。

関連記事:ウェスティン、マリオットの宿泊予約はハピタス経由⇒公式サイトで予約が最安。対象ホテル総まとめ

 

また、広告利用後のポイント通帳への掲載と、ポイント付与が速いのもおすすめできる理由。特に通帳記載がないと、折角ポイントサイト経由で利用しても本当に付与されるのか不安ですし、下手するとポイントサイトを利用したことすら忘れてしまいます。

 

その点、ハピタスには「お買い物安心保証」制度があり、通帳記載保証(通帳記載がなかった場合、無条件にポイント付与)と、判定期間保証(判定期間を過ぎても判定中のままの場合、無条件にポイント付与)がありますので、ショッピング利用においてかなりの安心感があります。

 

この安心保証の対象は上記「ショッピングで貯める」カテゴリー内の広告だけではありますが、「サービスで貯める」カテゴリーの、FX口座開設やクレジットカード発行など、金融関係の広告でも、通帳記載、ポイント付与の確実性に関し他サイトに比べて圧倒的な信頼感があります。少なくとも私はハピタス経由でポイントが付与されなかったことはありません。

また、友達紹介制度が本気で素晴らしいのもおすすめポイント。友達紹介制度とは、自分の紹介によりハピタスでポイントを獲得したユーザーが、実際にハピタスでポイントを獲得した場合、紹介した自分に、紹介したユーザーが獲得したポイントの10%~50%を貰える制度です。

 

この友達紹介ポイントが、他のポイントサイトでは、広告によって友達紹介ポイントが付与されないものがあったり、広告によって極端に付与率が落ちたりしますが、ハピタスは付与率が全広告一律です。※なお、友達紹介制度によって紹介ユーザーの付与ポイントが減ったりすることは一切ありません。

 

ハピタスの実際の使い方

 

お待たせしました。ここから、ハピタスの実際の使い方実際の画面を見ながら説明します。

ハピタスで検索して広告を探す方法

 

まずは、お目当ての広告を探す方法から。

多分、この方法で広告を探すことが圧倒的に多いと思います。広告を探す方法で一番簡単なのは、検索窓から直接検索する方法です。この方法は簡単で、画面上部、赤枠内の検索窓に検索したいワードを入れて検索ボタンを押すだけ

 

例えば、「楽天」で検索した結果がこちら。なんと、楽天関連の広告だけで100件超もあります。

そして、ここでまず確認しておきたいのがポイント付与の方法。楽天市場の場合は「1%」、楽天カードの場合は「11,000pt」の付与となっています。このように、ハピタスでのポイント付与は「買い物額×付与率(%)」のパターンと、「1回のアクションで固定ポイント」のパターンの、2パターンがあります。

 

例えば楽天市場の場合、ハピタス経由で1回のショッピングで10,000円買い物したら、その1%で100ptもらえるということです。繰り返しになりますが、このポイントは楽天スーパーポイント、クレジットカードのポイントとは別でもらえます。つまり、ポイントの三重取りが可能、ということです。

ちなみに、この「ふるさと納税でポイント3重取り」が可能なのは、実は「楽天ふるさと納税」だけです。

関連記事:ふるさと納税でポイントを3重取りできるのは楽天だけ。還元率を最大化するおすすめの寄付方法を徹底解説

 

「楽天ふるさと納税」は「楽天市場」の広告利用でポイントがもらえる

 

楽天関連の広告だけで100件超ありますが、▲上の画面左下赤枠内のとおり、「楽天ふるさと納税」は「楽天市場」の利用でポイント(1%)がもらえます

楽天市場のサービスの一つとして提供されていることで、ショップ買い回りでのポイントアップなどにも対応しているので、ショップ買い回りとポイントサイトのポイントだけで、ポイント10倍取りも可能ということです。

 

ショッピング以外にも様々なサービスに対応

 

「レンタカー」で検索した結果がこちら。右上の赤枠で囲った部分に、リストの並び替えボタンがあります。

  • 関連順
  • 人気順
  • 新着順
  • ポイント還元率の高い順
  • ポイント獲得数の多い順

にそれぞれ並び替えができますので、見やすい順に並べ替えてください。

 

注意① 必ず「ポイントを貯める」ボタンを押して、ハピタス経由でサイトを利用する

 

自分の目当ての広告を見つけたら、ハピタスで表示される広告右上、赤枠で囲った「ポイントを貯める」ボタンを押して、実際に広告を利用します。

必ず自分のIDでハピタスにログインした状態で、このボタンを押して、広告主のサイトに移動し、サービスを利用するようにしてください。

 

今回の事例では、「ポイントを貯める」ボタンを押すことでニッポンレンタカーの公式サイトにリンクしました。このままこのサイトで予約を完了し、実際にレンタカーの利用を完了すればOKです。ここから他のサイト等に行って、戻ってきたりすると最悪ポイントが獲得できない可能性もありますので注意してください。

必ず、ハピタス経由で広告主のサイトに行き、他に寄り道しないで広告主のサイトを利用してください。

 

注意② 「ポイント獲得条件」を必ず確認しよう

 

ハピタスに掲載されている各広告で確実にポイントを貰うためには、それぞれの広告に設定されている「ポイント獲得条件」を確実にクリアする必要があります。このため、各広告から申し込む前に、確実に「ポイント獲得条件」を確認しておきましょう。

ニッポンレンタカーの場合、右下の赤枠内「続きを読む」をクリックします。

 

すると、「広告の詳細」タブが表示されますので、その右隣りの赤枠内「ポイント対象条件」タブをクリック。

 

ポイント獲得条件が表示されます。この広告のポイント獲得条件はレンタカー利用完了という至ってシンプルなものですので安心ですね。その他、通帳記載までの条件も記載されているので、必ず確認する癖を付けましょう。

 

FX、クレジットカードなど金融サービス系広告のポイント獲得条件には特に注意

 

ショッピングやレンタカーなどの日常サービス系の広告は、「利用完了」「配送完了」などのシンプルな条件が多いためそれほど神経質になる必要はありませんが、FX、クレジットカードなど金融サービス系広告については、必ずポイント獲得条件が設定されていると考えた方がよいので、特に注意してください。

 

 

例えば▲このMUJIカード発行広告のポイント獲得条件を確認してみましょう。

 

赤枠内の「ポイント獲得条件」を見ると、カード発行後、入会月の翌月末までに合計5,000円(税込)以上のショッピング利用が必要です。つまり、カード発行だけではポイントは貰えないということです。この場合、カードが届いた後、入会月の翌月末までに5,000円(税込)以上のカード利用をしないと、ポイントは貰えません。

ここは、ショッピング広告とは明らかに違う点ですので十分に注意してください。

 

また、▲FX広告の場合もう少し難易度があがり、実際に取引を行う必要がある広告がほとんどです。上記外為ドットコム案件の場合、申し込みから30日以内に、新規合計10万通貨以上の取引完了が条件です。

ただし、FX広告とはいっても、条件をクリアするだけなら、特に難易度・危険度は高くありませんし、損失もわずかですみます。

 

でも、そうはいってもFXの取引は初心者の方にはハードルが高いのも事実だと思います。

このため、実際のFX口座開設の方法から、FX取引の専門用語の解説、また広告のポイント獲得条件を達成するために、損失を極限まで抑えて取引を完了させ、FXで簡単にマイルを貯める詳しい方法を以下の関連記事▼にまとめました。もしFX取引についてわからないことがあれば、ぜひご覧ください。

関連記事:FXでマイルを貯める その具体的な方法

 

また、FX広告はもらえるポイントが多い時、少ない時(=ポイントサイト上の相場)があります。FX口座開設でポイントがもらえるのは、1社につき1回だけですので、例えば1万ポイント以上もらえる時もある広告を、3千ポイントしか貰えないタイミングで広告利用すると、7千ポイント分損をするという、取り返しのつかないことになります。

このため、2018年最新のFX広告の相場情報と、実際に広告を利用した私だからわかる注意点を▼以下の関連記事にまとめました。このFXの広告は相場から見てお得なのか?そうでないのか?ぜひブックマークしていただいて、相場感を知りたいときに活用ください。

関連記事:FX案件の陸マイラー的相場情報まとめ【2018年最新】お得な口座開設のタイミングと難易度を比較

 

ハピタスでの広告の探し方~その他の方法~

 

以上、ハピタスでの検索による広告の探し方と、広告の利用方法および注意点を解説しました。

ここからは、その他の便利な広告の探し方・検索方法を紹介します。

 

①カテゴリー検索

 

ハピタスのトップ画面左上、赤枠内でハピタスの広告ジャンルがありますので、検索したいジャンルをクリック。

 

すると、このようにそのジャンルの詳細のカテゴリーが表示されるので、探したいカテゴリーをクリック。後は、上で検索した「並び替え」機能をうまく活用して、気になるカテゴリーの広告を探しましょう。

 

②お得案件指定検索(PCサイトのみ) ~100%、50%バック 1,000Pt以上 等~

 

①のカテゴリー検索をすると、カテゴリーの右隣の赤枠内に、お得案件を指定で検索できるリンクが表示されます。▲の表示はショッピングで貯めるのジャンルの場合。50%以上バックや、たまに100%以上バックの広告を検索できることもあります。

なお、これはPCサイト限定の検索方法です。

 

▲こちらは、サービスでためるのジャンル。無料でPt獲得や、1,000ポイント以上案件などを指定して検索することもできます。「すぐ獲得」なんて広告もありますが、これはポイント判定が即時~数日以内だったりするので、すぐにポイントが欲しい時に重宝します

また、「キャンペーン中」広告もおすすめですね。かなりもらえるポイントが増えているので、間違いなくお得なタイミングで広告利用ができます。

 

ハピタスで絶対にお得な広告の利用方法

 

以上、ハピタスで広告を探す方法を紹介しました。ただ、これは「自分から広告を探しに行く方法」です。

実は、ハピタスでは普段もらえるポイントとは比べ物にならないくらい超絶ポイントがもらえる広告が、定期的に紹介される仕組みがあります。

 

それが「みんなdeポイント」と「ハピタスセレクション」です。

 

①みんなdeポイント

 

これ▲がみんなdeポイント。ハピタストップページの中段くらいに、常に表示されています。

 

みんなdeポイントは、ハピタス渾身のお得広告をまとめたコーナーで、ここに掲載されている広告は基本的には超絶お得だといってよいと思います。ジャンルとしてはクレジットカードから商品購入など様々ですが、気になる広告があったら速攻で利用しましょう。

あえて「速攻で」と書いたのは、▲上記公式サイトの注意書きにも記載のとおり、このみんなdeポイントに掲載された広告は参加人数限定です。また、広告掲載期間も最大4日と短いのも特徴。人気広告だと、ほんの数時間で定員に達することもあります。

 

なお、このみんなdeポイントが更新されるタイミングは毎週月曜日、木曜日のそれぞれ正午と決まっています。毎週月曜・木曜日には必ずチェックすることを習慣化しましょう。

 

みんなdeポイントで紹介される広告は大体5~10個の間です。画面の赤枠内、「開催中の商品/サービスをもっと見る」をクリックすると、その他の広告も表示されるので、忘れずにチェックしましょう。

 

②ハピタスセレクション

 

こちらがハピタスセレクション。みんなdeポイントの真下に表示されます。

ハピタスセレクションには、ハピタスで通常掲載している広告より、キャンペーン等で多くのポイントを付与しているキャンペーン広告などが表示されています。なお、このハピタスセレクションには参加人数の限定がありません。

 

お得度としては、参加人数限定のみんなdeポイントの方が断然上位ですので、ここはサッと確認するくらいで大丈夫です。逆に、みんなdeポイントは絶対に確認するようにしましょう。

 

ポイント通帳について

 

ハピタスで広告を利用すると、「ポイント通帳」に記載されます。まれに記載されない広告もありますが、ほとんどの広告がポイント通帳に記載されるので、通帳に記載されたことをもって「ハピタス経由で正しくサービスを利用できた」と判断してもよいですね。

 

広告利用実績が通帳に記載されるまでの期間の目安は、各広告の赤枠内の部分に記載されていますので、必ず確認しておきましょう。

 

通帳は、ハピタストップページ右上、画面赤枠内をクリックすることで、開くことができます。

 

これ▲がポイント通帳です。上記のFX広告を例にとって説明すると、約1日以内に通帳に記載されていますが、状態は「判定中」となっています。「確かにハピタス経由で申し込みがあったことは確認できた」けれども「ポイント獲得について広告主から承認が下りていない」状態だと思ってください。

前述したとおり、ポイント獲得にはそれぞれ「ポイント獲得条件」があります。指定された期日以内に、所定のポイント獲得条件をクリアすれば、ポイント通帳「確定日」を目安に、ポイントが獲得します。

 

大体の広告主が月末締めのことが多いので、確定日が30日以内になっていても、早めに条件をクリアしておけば、月末など締め日があれば確定日の目安より早いタイミングでポイントが確定したりすることが多いです。

 

無事ポイントが確定して、広告主からポイント付与の承認がでたら、上記のように「状態」が「有効」に変わり、それと同時にポイントが付与されます。▲この場合、なんと12,500円相当のポイントです。これは大きいですよね。

ハピタスの場合、この「通帳」への広告利用実績の掲載が速く、しかも正確ですので非常に安心です。上で紹介したFX広告などの付与ポイントが多い広告の場合、この記載が遅かったり、せっかく広告を利用したのに掲載がなかったりすると金額が大きいだけに心臓に悪いです。

 

その点、ハピタスは広告掲載がかなり確実で、非常に安心できるポイントサイトです。

 

ハピタスポイントの価値と、その使い道、交換方法など

 

ハピタスポイントは、1ptあたり1円の価値を持っています。

 

もちろん、現金に交換も可能。金融機関コードを持つ金融機関であれば、どこへでも手数料無料で現金化が可能です。

現金への交換は300pt以上から。交換申請の翌日から3営業日以内(土日祝日の営業日以外を除く)となっていますので、かなり早いですね。

 

ハピタスポイントおすすめの交換先

 

▲こちらが、現金以外のハピタスポイントの交換先。

もちろん、現金への交換も魅力的ですが、ハピタスポイントを1pt=1円以上の価値で使うためには、ANAマイルに交換するのが一番だと思います。上記Pexポイント、ドットマネーギフトコードに交換することで、ANAマイルに驚異の移行率で変換することができます。

 

このルートですね。上記ではドットマネーを表示していますが、Pexでも同様の移行率でANAマイルに移行することができます。

ただし、この移行率でANAマイルに移行するには▲で「東京メトロ」と表示されているポイントプログラムを有するクレジットカード、通称「ソラチカカード」が必要です。ソラチカカードについては、▼以下で詳しく紹介しています。

関連記事:【ソラチカカード徹底攻略】ソラチカルート、入会マイル、審査、支払名人、キャンペーン、ポイント全て攻略

 

なお、ソラチカルートによるANAマイルへの交換は、2018年3月31日で終了してしまいますが、その後は「LINEルート」で、1P=0.81倍でANAマイルに移行することが可能です。まだまだ、十分お得にマイルを貯めることはできます。このLINEルート▼でも、ソラチカカードは必須のカードになりますので、ソラチカカードは絶対に作ってください。

関連記事:LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.8倍でソラチカ後のメインルートに

 

ハピタスポイントの有効期限・月間ポイント交換上限

 

ハピタスポイントには有効期限がないのもうれしいですね。ただし、最後のハピタス利用から12か月間ログインしなかった場合、ハピタスの会員登録自体が失効し、ポイントも失効するので、注意してください。

 

また、ハピタスポイントは現金および各種ポイントへは、月30,000ポイントまでしか交換申請できません。(ただし、ハピタスが発行するVISAプリペイドカード「Polet」に限り、30万ポイントまで交換申請できます。)

 

ポイント交換方法

 

ポイント交換は、ハピタストップページ右上の赤枠内「ポイント交換」をクリックすることで行います。

 

ドットマネーギフトコードへの交換を、実際にやってみます。画面中央赤枠内、「交換申込」をクリック。

 

すると、秘密の質問への回答を要求されます。この秘密の質問への回答は、ハピタスポイントを現金や提携ポイントへ交換する際に絶対に必要になりますので、忘れないようにくれぐれも注意してください。

なお、秘密の質問はハピタス入会時に設定します。絶対に忘れないことを設定するようにしましょう。

 

 

秘密の質問をクリアしたら、ドットマネーギフトコードへの交換額を選択しましょう。300pt以上、100pt単位で交換できます。

なお、ドットマネーへの交換は、直接自分の口座への交換ではなく、「ドットマネーギフトコード」というコードに一旦移行したのちに、そのコードをドットマネー上でドットマネーに反映させることで行います。このため、ハピタス上でドットマネーの口座情報等を入力する必要はありません。

 

このハピタスポイントからドットマネーギフトコードへの交換ですが、直接の交換が必要ないので、実は夫から妻へなど、ポイントの譲渡が容易に行えます。これも覚えておくと使えるテクニックです。

 

最後に、もう一度本人確認のためのパスワードを入力したら、交換申請完了です。かなり厳重ですが、このくらいの方がセキュリティが確保できるので安心ですね。

 

最後に表示される交換申請完了ページに、ポイント交換および現金振込のスケジュールが表示されます。こういうところも非常にわかりやすくて良いですね。なお、ドットマネーギフトコードへの交換の場合、このスケジュールよりも早く交換完了することがほとんどです。

 

ハピタスにない広告はあるのか?

 

これまで徹底的にご紹介したとおり、ハピタスはほぼ完全無欠といってもよいポイントサイトだと思います。私自身実際に使っていますが、他のサイトに比べてとにかくポイント付与に対する信頼度が高いので、ハピタスへの登録・利用は絶対におすすめです。

ただし、その完全無欠といってもよいハピタスですが、唯一「飲食モニター広告」(居酒屋などの実店舗で実際に飲食し、いわゆる「シークレットモニター」として店舗の利用結果等を報告し、ポイントバックを受ける広告)だけ、掲載がありません

 

モニター広告は、ファンくるというサイトが信頼度、案件数ともにトップのサイトだと思います。どうせならモニター案件でもポイントを貯めたという人は、ファンくるにも登録すればほぼ世の中に存在するポイント広告は網羅できると思います。

関連記事:世界の山ちゃんで4140ANAマイルを貯める、飲食モニターのメカニズム

 

ハピタスを使いこなして、ポイントとマイルを貯めまくろう

 

以上、ハピタスを使って、ポイントを貯める方法を徹底的に解説しました。

繰り返しますが、ハピタスは完全無欠のポイントサイトであり、ポイントサイトでポイントを貯めようと思ったら、真っ先に登録しておくべきサイトだと思います。

 

まだ登録していない方は、ぜひお早目の登録をおすすめします。絶対にお得ですよ。

「よし、それなら登録してみるか!」という方は、下の関連記事で登録方法をこちらも徹底解説しています。

 

登録方法はいいや、入会するわ。という方は、下記バナーから登録ができます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

ハピタスへの登録方法・手順と、登録後に困らない登録方法は以下で徹底解説しています

 

ハピタスへの登録方法・登録手順、登録後に困らない登録のポイントは▼以下に徹底解説しています。

関連記事:ハピタスに会員登録する方法・手順を完全解説。秘密の質問の登録方法など登録後に困らない会員登録のポイントを紹介

 

合わせて読みたい

 

  • ハピタスで貯めたポイントはマイルに交換しましょう。年間50万マイル余裕で貯まります。

関連記事:【陸マイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める方法を、丁寧に解説する

 

  • ハピタスで貯めたポイントをANAマイルに貯めるために絶対不可欠なソラチカカードを徹底的に攻略しました。

関連記事:【ソラチカカード徹底攻略】ソラチカルート、入会マイル、審査、支払名人、キャンペーン、ポイント全て攻略

 

ハピタスポイント獲得実績(たったの4か月です)

 

私:88,027pt

 

妻:77,842pt

※合計:165,869pt ANAマイル換算:149,282マイル

 

これは4か月の利用実績です。ハピタスをうまく使うと、年間50万マイル貯めるのも簡単ですよ。

関連記事:陸マイラー1周年。貯まったマイルは50万。マイルの貯め方とポイント

 

 

AD