ANAスカイコインの貯め方・使い方。マイルからの交換方法とお得な使い道とは?

ANAスカイコインのお得な使い方ってご存知ですか?

ANAスカイコインは、10コイン=10円の価値で、ANAのフライトを含むANAの旅行商品購入に使える電子クーポン

ここまではご存知の方も多いですよね。

実は、ANAスカイコインは使い方次第で国内旅行やハワイ旅行に無類の強さを発揮するんです。

何となくANAスカイコインは「期限切れの間近のANAマイルの延命のためのとりあえずの交換先」なんてイメージもあるんですが(笑)、全くそんなことは無いんですよね。

ANAスカイコインを制すものは国内旅行&ハワイ旅行を制す

そういっても過言ではない、超絶お得な電子クーポンなんです。

使い方によってはANAマイルに比べてもかなりお得&便利なスカイコインの使い方について、徹底的に解説します。

スポンサーリンク

ANAスカイコインの概要と貯め方

まず、ANAスカイコインについて簡単に解説しましょう。

ANAスカイコインとは、ANAホームページ上での国内線・国際線の航空券等を購入する際に、現金の代わりとして使用できる、ANA専用の電子クーポン(コイン)です。

購入できるもの 対象外のもの
国内線航空券 ビジネスきっぷ、いっしょにマイル割等
国際線航空券 他社便名および他社乗り継ぎが含まれる航空券

国内・海外旅行商品(ANAトラベラーズ)

  • ANAダイナミックパッケージ
  • ANAパッケージツアー
ホテル(@ホテル)、レンタカー(@レンタカー)等フライトを含まないものは対象外

具体的な使い道が上記のとおりですね。

ANA公式HP上から購入できる旅行商品のうち、ANAのフライトを含む旅行商品(海外・国内)の購入に利用することができます。

ホテルのみ、レンタカーのみなどフライトが含まれていない旅行商品には利用できないので、ご注意ください。

スカイコインの価値と利用単位
  • 1スカイコイン=1円
  • 10コイン=10円単位で利用できる

そして、スカイコインの価値は、上記のとおり1スカイコイン=1円です。日本円との倍率が同じなので、単価設定としては非常にわかりやすいですね。

ただし、1コイン(1円)単位からは使えず、10コイン=10円単位からしか使えません

そして、このスカイコインの貯め方・入手方法ですが・・。

ANAマイルからの交換か、他社ポイントからの交換で貯めるのが一般的です。現金での購入等はできませんが、前述のとおりスカイコインは現金等価ですのでわざわざ買う意味はありません(笑)。

そして、ここでANAスカイコインの貯め方に関する超重要な注意点です。

ANAスカイコインは、他社ポイントからの交換で貯めては絶対にダメです。必ずANAマイルからの交換で貯めてください

他社ポイントからの交換が何故ダメか?というと、これはちょっと逆説的なんですが・・なんといってもANAマイルの方が圧倒的に価値が高く、使い勝手が良いからです。

このため、ANAスカイコインに交換できるだけのポイントがあるなら、まずは絶対にANAマイルに交換してください。

マイルさえあれば、いつでもANAスカイコインに交換ができますからね。

しかしながら、この逆でANAスカイコインをANAマイルに交換することはできません。これも、まずはANAマイルを貯める理由になります。

また、他社ポイントは例えば現金や商品券などにも交換できるものが多いのですが、スカイコインに交換したらANAのフライトを含む旅行商品にしか交換できなくなります。

そのくらいなら、他社ポイントは例えば現金やANAマイルに交換した方が、使い道が広くお得です。

ANAスカイコインは、ANAのフライトを含む旅行商品の購入に10コイン=10円で使える電子クーポン。

そして、必ずANAマイルから交換して貯める。他社ポイントから交換して貯めるくらいなら、まず絶対にマイルを貯めるべき。

まずは、この点をご理解いただければと思います。

え・・?そんなに大量のANAマイルを貯める方法がまず分からんよ!って方は、以下の関連記事をご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

ポイントサイトで大量ANAマイルを貯める方法

ポイントをANAマイルに交換する方法は、以下の関連記事をどうぞ。

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

ANAスカイコインの使い方

ここまで、ANAスカイコインの概要を解説しました。

ANA便のチケットの購入等に利用でき、10コイン=10円から使える電子マネー。そして、ANAマイルからの交換以外では貯めちゃダメ

ここまではよろしいですよね。

つまり、ANAスカイコインは、まずは大量のANAマイルを貯め、特徴を理解した上で「ここぞ」というタイミングでANAマイルから交換して利用するものなんです。

いいですか?決してANAスカイコインを貯めようと思っちゃだめですよ?そんなポイントがあるならまずはANAマイルを貯めてください

では、次にANAスカイコインの特徴を解説していきます。

これは、ANAスカイコインとANAマイルの違いを比較の観点から説明した方が分かりやすいので、以下、比較していきます。

ANAスカイコイン ANAマイル
①価値 1コイン=1円 1マイル=2円以上
②使い道 有償航空券の購入等 特典航空券への交換等
③燃油サーチャージの支払い 不可
④有効期限 1年間 3年間
⑤家族合算利用 不可
⑥貯め方 ANAマイルおよび他社ポイントから交換 フライトおよび他社ポイントから交換

上記が、ANAスカイコインとANAマイルの主要な相違点です。

当然ながらいろんな面で違いがあるわけですが・・。

ここで理解しておくべき違い上記の赤字の2つです。これ以外の違いは・・まあ、さらっと見ておいてください(笑)。

ANAマイルとの違い
  1. 価値
  2. 使い道

この2つの違いと、ANAスカイコインだけが持つ特徴を十分に理解して使い分けを行うことが、ANAスカイコインを上手に使うための最大のポイントになります。

では、違いと特徴の解説を続けます。

①価値

まず、圧倒的に違うのはその「価値」です。

ANAマイルは例えばファーストクラスやビジネスクラスなど、上級クラスの特典航空券に交換することで、1マイルの価値を2円以上で利用できます。

マイルの価値を徹底解説。1ANAマイルは一体何円なのか?

2019年1月26日

上記の関連記事でもご紹介しているとおり、マイルの価値は発券した特典航空券を実際に購入した場合の価格によって上下します。

なんと、マイルは価値が可変なんですよね。

例えば実際に購入すると往復で200万円以上もする欧州往復のANAファーストクラスのチケットが16万ANAマイル程度で発券できたりしますからね。この場合、1マイル=10円以上で使える計算になります。

このように、ANAマイルの価値は可変で、上級クラスの特典航空券に交換することで、凄まじい価値で使えるんです。

これが、ANAマイルの最大の魅力。そして、ANAスカイコインではなくまずはANAマイルを貯めることをおすすめする理由です。

一方で、ANAスカイコインの価値は10コイン=10円で固定です。ANAマイルのように価値可変ではありませんから、200万円のチケットを購入するためには、きっちり200万ANAスカイコインが必要になります。

それならANAマイルの方が圧倒的にお得やん・・ANAスカイコイン必要ないやんって思われましたか?

全然、そんなことはありません

その理由が、この次にご紹介するANAマイルvsスカイコインの「使い道」の違いなんです。

②使い道

絶対価値ではANAマイルの方がお得なのに・・実はANAスカイコインにも利用価値があるって・・どういうことか?

その謎を解くカギとなるのが、この②使い道の違いです。

①価値で解説したとおり、マイルの価値は特典航空券に交換することで高まります。そして、マイル価値を高める使い道は特典航空券への交換がメインとなります。

そして・・勘のいい方はもうお気づきですよね。

そうなんです。特典航空券は特典航空券枠に空席が無いと予約できないという決定的な弱点があるんです。

一方、ANAスカイコインの価値は10コイン=10円ですが、有償航空券を購入できますからね。

このため、飛行機に空席さえあれば自由自在にチケットを購入できるんです。

この有償航空券を購入できるという使い道の自由度は、ANAマイルにはないスカイコインの圧倒的な価値です。

確かに「金銭的価値」の面ではANAマイルのまま利用した方が高いです。でも、ANAスカイコインには空席があれば有償航空券を購入可能という「時間的価値」があります。

いくら大量ANAマイルを所有していても、特典航空券が取れなければ意味がありません

有償航空券を購入することで、ANA航空券の発券の自由度が飛躍的に向上することが、ANAスカイコインの最大の利点といって良いでしょう。

ANAスカイコインの使い方

ここまで、ANAスカイコインの概要ANAマイルとの違いを解説しました。

確かに、純粋な「価値」としてはANAマイルの方が高いです。しかし、それは特典航空券が「発券できれば」の話。

一方、ANAスカイコインの圧倒的な魅力は何といっても空席があれば購入し放題「有償航空券を購入できる」ことです。

特にハワイなどの人気路線の場合、特典航空券が発券できない確率の方が高いです。また、国内線でも金曜日の夕方便などの人気フライトや繁忙期のフライトは特典航空券枠が満席になることも多く、かなりの激戦です。

でも、有償航空券を購入すれば、特典航空券では予約が難しい路線でのチケットを獲得することは十分可能なんです。

特典航空券の予約が取れない時にスカイコインで有償航空券を購入する

ここまでの解説でもうお分かりですよね?

ANAマイルがその価値を最大限発揮できるのは、あくまで「特典航空券発券に必要なマイルが貯まっていること」と、「特典航空券の発券が実際にできること」の2つの要件が必要になります。

特に難関は特典航空券の空席を探すことです。

何とかマイルを貯めることはできても、難しいのは特典航空券の空席探し。

さすがにANA特典航空券の空席に合わせて休みを取るわけにもいかないって方も多いと思いますので、自分の予定に合った特典航空券の空席が無いことも多いと思います。

そんな時、頼りになるのがこの「ANAスカイコイン」なんです。

ANAスカイコインでの購入は、有償航空券の空席枠での購入が可能になります。激戦の特典航空券での熾烈な予約争いとは無縁で予約ができるんです。

メリット検証:国際線の場合

では、激戦のハワイ路線でこの「スカイコインで有償航空券購入」のメリットを検証してみましょう。

上記は、レギュラーシーズンの東京(成田)からホノルルへのエコノミークラスの往復航空券料金です。

1人あたり往復で総額106,930円。内訳は運賃が80,000円。税金・燃料サーチャージが26,930円です。

ANAマイルでの特典航空券と違い、税金と燃油サーチャージまで含めて全てスカイコインで支払うことができるので、所要マイルは106,930円÷1.6(ANAゴールドカードホルダーの場合)=約67,000ANAマイルです。

一方、ハワイまでのレギュラーシーズンの必要マイルがこちら。

エコノミークラスの場合、特典航空券発券に必要なマイルは40,000マイルです。

そして、同日のホノルル行きのANAマイル特典航空券の所要マイル、支払い総額がこちら。

ハワイ行きの必要マイル40,000マイルに加え、燃油サーチャージおよび諸税等で26,420円の支払いが必要です。

方法 所要マイル 現金支払い
ANAマイル 40,000マイル 26,420円
スカイコイン 67,000マイル 0円

ANAマイルでの発券とスカイコインでの発券を比較したものがこちら。

ANAマイルの場合は40,000ANAマイルに加え現金支出が26,420円必要になります。一方、スカイコインの場合は67,000ANAマイルの支出だけですみます。

この比較?どう思われますか?やっぱりANAマイルの方がお得でしょうか?

やっぱANAマイルがお得だよ・・と思われた方。

是非一度、ANAマイルでハワイ路線の特典航空券を予約検索してみてください。これね、もう死ぬほどの競争率なんです。とてもではありませんが、特典航空券はゲットできません。

ANAマイルの方が得なのは、あくまで「特典航空券が取れれば」の話なんです。

67,000ANAマイル、しかも手出し0円でハワイ路線の航空券が買えてしまう。しかも、特典航空券は空席を見つけるのが至難の技なのに、スカイコインなら空席がある限り航空券が購入できる。

これ、かなりのメリットだと思います。

メリット検証:国内線の場合

では、次に国内線の人気路線でスカイコインでの航空券予約のお得度を検証してみましょう。

まずこちらが、とある金曜日の、東京(羽田)-那覇路線のANA割引運賃料金での予約状況です。

さすがに人気の金曜日20:00出発便はANAスーパーバリュー75~45の座席は既に満席・・・。しかし、スーパーバリュー28であれば十分予約を取ることができる状況です。金額は17,490円。

このため、スカイコインであれば、この絶好の金曜日20:00出発便を17,490円÷1.6(ANAゴールドカードホルダーの場合)=約10,950ANAマイルで有償航空券として購入できます

一方、特典航空券の予約状況がこちらです。

当然といえば当然ですが、金曜日20:00出発便は、ANAマイルでの特典航空券は既に満席で発券できません

さて、ここでANAマイルでの東京羽田から沖縄那覇便のマイルチャートを見てみましょう。

上記のとおり、片道分の特典航空券発券に必要なマイルは9,000マイルです。

方法 所要マイル 予約
ANAマイル 9,000マイル 不可
スカイコイン 10,950マイル 可能

ANAマイルとスカイコインの比較結果がこちらです。

ここまでの検索結果を整理しましょう。

ANAマイルなら、9,000ANAマイルで特典航空券が発券可能ですが・・人気路線のため、特典航空券枠が一杯でこの金曜日の20:00出発便という絶好の時間帯の沖縄便を予約できません

一方、スカイコインは差額として約2,000ANAマイル追加すれば、この時間帯の有償航空券を購入することができるんです。

このように、国際線/国内線問わず、特典航空券での発券が難しい人気路線を中心に、マイルの特典航空券ではなくスカイコインでの有償航空券購入に頭を切り替えることで、狙った路線の航空券を取る

しかも、陸マイラーならANAマイルは完全無料ですからね?

そして、実は・・中にはANAマイルで特典航空券を発券するよりもANAマイルをスカイコインに交換して有償航空券を購入した方が安いというフライトもあるんです。

例えば、このフライトは、約12,000円ですので、あくまで計算上ですが7,500ANAマイルをANAスカイコインに交換すれば購入が可能です。

一方、特典航空券の場合は片道9,000ANAマイルですから、特典航空券で9,000ANAマイル使うくらいなら、7,500ANAマイルをANAスカイコインに予約して有償航空券を購入した方が安いんです。

また、ANAスカイコインは特典航空券だけではなくANAダイナミックパッケージ(宿+フライト)の予約にも使えるのがさらに大きいんですよね。

例えば、上記は普通に名古屋ー沖縄のフライトを予約した場合のフライトだけの料金。

そして、こちらがANAダイナミックパッケージ(一泊付き)の料金。

なんと、ANAダイナミックパッケージの方が安いんですよね。

さらに、このANAダイナミックパッケージはANAスカイコインで予約できるんです。

ANAスカイコインの使い方
  • 特典航空券が取れないフライトを、有償航空券で予約する(ハワイ路線・国内線人気路線)
  • 特典航空券と有償での購入を比較し、有償購入の方が安い航空券をスカイコインで購入する

これが、スカイコインの最も便利な使い方になります。

特に最大のポイントはANAマイルで予約が難しい人気路線を、有償航空券で購入する方法ですね。この方法をマスターすることで、ANAマイルでの航空券の予約確率が飛躍的に高まります

スポンサーリンク

スカイコインの交換方法(貯め方)

さて、ここからはANAスカイコインの具体的な交換方法ですが・・。

ここは繰り返しご説明した通りANAマイルからの交換の一択ですので、サラっとご紹介します。

ANAスカイコインの貯め方
  1. ANAマイルから交換して貯める
  2. 他社ポイントから交換して貯める

その他の方法で貯めることもできますが、ほとんど貯まらない&お得ではないので、ここでの紹介は割愛します。

①ANAマイルからの交換で貯める

ぶっちゃけ、この方法以外で貯める必要なし。

それが、ANAマイルからスカイコインに交換して貯める方法です。

ここで注目すべきは、ANAマイルからスカイコインへ交換する交換倍率です。

マイルをスカイコインに交換する場合、どの方法であっても10,000ANAマイル以下の交換では1マイル=1スカイコイン、つまり倍率1倍でしか交換できません

これは、ANA会員ステータスや保有するANAカードの種類に限らず共通です。

一方、10,000ANAマイル以上のマイルをスカイコインに交換する場合、AMC(ANAマイレージクラブ)の会員ステータスもしくは保有するANAカードの種類によって、スカイコインへの交換倍率が増えます。

例えば、上記赤枠内のとおり、ANAゴールドカードホルダーの場合、50,000マイル以上を一括で交換すると1.6倍の倍率・・つまり80,000スカイコインへと交換することができます。

もしあなたがSFCなどANAマイレージクラブ(AMC)の上級会員でない場合、この1.6倍の倍率が最大倍率になります。

ANAマイルを少しでも貯めている方で、SFCなどの上級会員でない場合、このANAスカイコインを使いこなすためにも、絶対にANAゴールドカードを所有しておきましょう

ANAゴールドカードの有無で、ANAマイルの利用の自由度が天と地ほど違います。

おススメは、年会費が安めのANAJCBワイドゴールドカードか、入会キャンペーンで大量ANAマイルが貯まるANAアメックスゴールドカードです。

ANA JCBワイドゴールドカードのメリットを徹底解説。マイル還元率1.375%の陸マイラー必携カード!

【2020年最新】ANAアメックスの入会キャンペーン徹底解説!最大34,000ANAマイルもらえる!

②他社ポイントからの交換で貯める

他社ポイント 交換レート 損得
セゾン永久不滅ポイント 1P=4.5コイン
フォートラベルポイント 500P=50コイン
アプラスとっておきプレゼント 1P=5コイン
エポスポイント 1P=1コイン
ヤマダ電機携帯de安心ポイント 1P=1コイン
nanacoポイント 500P=500コイン
OkiDokiポイント 1P=3コイン
ダイナーズリワードポイント 1,000P=400/1,200コイン
Gポイント 1P=1コイン
peX 1,000P=100コイン
ネットマイル 200mile=100コイン
JACCSラブリィポイント 3,000P=3,000コイン
べネポ 500P=500コイン
ライフカードポイント 200P=900コイン
アメックスリワードポイント 1,000P=1,000コインまたは3,000P=1,000コイン

もう一つのスカイコインの貯め方、他社ポイントからスカイコインへの交換レートの一覧がこちらです。

ただ、ご説明した通りこのポイントがあるなら、ANAマイルに交換できるポイントはANAマイルに、そして現金に交換できるポイントは現金に・・など、他のポイントに交換した方がお得です。

とにかく、ANAスカイコインは、大量ANAマイルを貯めてから、ANAマイルから交換して利用しましょう。

スポンサーリンク

ANAマイルからスカイコインへの交換方法

そして、次がANAマイルからスカイコインへの交換ですね。

ただ、これは非常に交換です。交換は、こちらのページから行います。

上記ページの「申し込む」ボタンから遷移したページで、交換したマイル数を選びます。

10,000マイル以上を交換しないと1マイル=1倍以上の倍率でスカイコインに交換できませんのでご注意ください。

1万マイル以上を交換する場合は、上記のとおりプルダウンから交換マイル数を選び、選択ボタンを押します。

すると、選択した方のANA会員ステータスおよび交換マイルに応じたスカイマイルへの交換倍率が表示されます。

私の場合、ANAの平会員ですが、ANAゴールドカードの会員ですので、50,000マイル以上の交換で1.6倍のスカイコインに交換が可能です。

現在自分が所有しているマイル数で交換可能なことを確認して、「確認画面へ」をクリック。

なお、この画面でお分かりのとおり、ファミリーマイルを利用して、夫婦など家族のマイルを合算してスカイコインに交換することも可能です。

自分1人だと最高交換倍率である50,000マイルに届かないんだけど・・妻と一緒なら50,000マイル交換できる!という方などは、ここでファミリーマイルを使って交換しておきましょう。

最後に連絡先メールアドレスを登録して、申し込み完了です。

スポンサーリンク

ANAスカイコインでの有償航空券の購入のヒント

このANAスカイコインの使い方の最も大きな方法である「有償航空券の購入」ですが、実際に購入してみて分かった様々な「Tips(コツ)」がありますので、ここで簡単にご紹介しておきます。

スカイコインでの有償航空券購入のTips
  1. スカイコインで足りない差額のクレカ払いも可能
  2. マイルのスカイコインへの交換は支払い時でOK
  3. ANAスカイコインは払い戻しも可能
  4. 本人名義以外のチケットも発券可能。発券範囲は特典航空券と同じ

①スカイコインで足りない差額のクレカ払いも可能

スカイコインは、支払い金額未満しか持っていない場合、全額を航空券代金に充当し、差額をクレジットカードで支払うことができます

例えば上記の場合総額で143,790円ですが、スカイコインが140,000円分しかない!って時には、差額の3,790円のみクレジットカードで支払うことができます

このため、スカイコインを無理なく使い切ることができます。

②マイルのスカイコインへの交換は支払い時でもOK

そして、2番目のTipsは、ANAマイルからスカイコインへの交換のタイミングです。

スカイコインへの交換は、航空券の実際のお支払い時で大丈夫なんです。

この支払画面で、上記赤枠内「マイルをANAスカイコインに交換」をクリックすると、別ウインドウが開きANAスカイコインへの交換ができるので、ここで初めて支払いに必要な分だけのスカイコインをANAマイルから交換すればOKです。

事前にスカイコインを交換すると余らせてしまう危険もありますので、実際の支払い額が確定してから、必要最小限のスカイコインを交換しましょう。

なお、スカイコインの有効期間は1年ですので、失効にはご注意ください。

③ANAスカイコインは払い戻しも可能

そしてもちろん、ANAスカイコインは現金同等として扱われますので、キャンセルが可能な航空券を購入することもできます。

実際にキャンセルを行った場合、もちろん返金・・返コイン?してもらうこともできます。

ただし、スカイコインの有効期限(12か月後の月末)を過ぎたコインは無効となり、払い戻しされませんので、この点はご注意ください。

④本人名義以外のチケットも発券可能。発券範囲は特典航空券と同じ

また、スカイコインを利用した航空券の発券は、本人名義はもちろん、ANAマイルの「特典利用者登録」の範囲の名義の航空券の発券にも利用できます。

具体的には、特典利用者登録の範囲は2親等以内となっていますので、例えば自分の両親(1親等)や、祖父母(2親等)名義の航空券の発券にも使えます

ANAマイルと、発券範囲は同じです。

スポンサーリンク

ANAスカイコインの使い方とメリットまとめ

いかがでしたでしょうか?

ANAスカイコインの強烈なメリット。

それは、マイル→スカイコインへの最大1.7倍(AMC平会員の場合1.6倍)という交換倍率を活かし、マイルをほぼ現金化して、特典航空券ではなく、通常の有償販売チケットの予約が取れることです。

特典航空券はとにかく予約が取りにくいですが、通常の販売チケットは本当の満席になるまで売り切れることはありません。

また、特典航空券は満席でも、いわゆるディスカウントチケットはまだまだ売れ残っていることも多いため、特典航空券よりもチケット確保の幅が広がります

しかも、スカイコインでの航空券購入と、特典航空券での発券の場合の価格差は、あまり大きくないことが多いんです。

例えば特典航空券だとどうしても予約が取れないのでもう1日会社を休む必要がある!とか、もう1泊宿泊する必要がある!って場合、その1日の休みやもう1泊に比較すると、この差額分のマイルは全然惜しくない・・ってことも往々にしてあります。

ANAスカイコインで有償航空券を発券!これ、陸マイラーにとってかなり使えるオプションだと思います。

この記事も参考に、ケースに応じてお得に使ってみてください。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。

え・・本当に?と思いましたか?

ええ。本当です(笑)。

大量ANAマイルを貯める方法は、以下の関連記事をご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD