2020年陸マイラー活動の展望と2019年個人的総決算など

2019年も残りわずか。

今年当ブログをご覧いただきました皆さま、本当にありがとうございました

普段、このようないわゆる私個人の日記?的な「雑感」記事はあまり書いていないんですが、2019年の年の瀬にあたり、ANA陸マイラーとして2020年の陸マイラー活動の展望と、2019年の個人的な総決算を綴ってみたいと思います。

スポンサーリンク

ソラチカルートがついに閉鎖

まず、2019年を振り返る上で外してはならないのがこの出来事ですよね。

そう、2019年12月27日、ついにソラチカルートが完全に閉鎖してしまいました。

正直、東京メトロポイントからANAマイルへの「0.9倍」という交換率はかなりの高倍率だったので閉鎖はいずれやむなし・・とは覚悟はしていましたが、実際に閉鎖になるとそれはそれでかなりショックを受けませんでしたか?

私は超ショックでした(笑)。

代替ルートは「TOKYUルート」で2020年は盤石か?

このソラチカルートの完全閉鎖(封鎖)を受け、2020年から新たな陸マイラーの主力ANAマイル交換ルートとなるのが、こちらのTOKYUルートです。

が・・・このTOKYUルートが果たしてメインルートとして定着するのか・・これ、個人的予想ですが実は結構不透明だと思っています。

何しろ、これまで数多くのANA陸マイラーの大多数が、持てるポイントの大半を流し込んでいたのが多分東京メトロポイントのはずなんですよ。

その「ポイント流し込みターゲット」が、今度はANAカード限定とはいえTOKYUポイントに変わるわけですから、TOKYUポイントには今後半端ない量のポイントが流入し、ANAマイルへのポイント交換経由地化していくことになると思います。

このANAマイラーの大量ポイント流入→ANAマイルへの流出に、果たしてTOKYUポイント側がどれだけ耐えられるのか?は正直言ってよくわかんないんですよね。

1円分のポイントがドットマネー経由で入ってきて、0.75ANAマイルで出ていく。

この図式がTOKYUポイントにとって「赤字」の構図なら、このルートは絶対に長続きしないはずです。

というのも、ANAと東急の関係性って、実はそんなに密接・・って関係でもないんですよね。東急はいわゆる東急沿線の「東急経済圏」の顧客囲い込みの一環として、いろんな会社とタッグを組む傾向にある会社です。

このANATOKYUカードの提携もその一環であって、がっちりタッグを組んでいる、ってわけではない気がします。TOKYU CARD ClubQ JMB(JAL Mileage Bank)カードなんてのもあるくらいですからね・・。

それなのに、2020年に入ったら東急経済圏の規模どころじゃなく、日本全国からポイントが殺到するわけですよ・・。もう、超心配・・。

2020年のANA陸マイラー活動はこのTOKYUルートを軸にスタートするわけですが、いきなり波乱含みの展開もあるかもしれません。(※もちろん、個人的な予想です。外れたらラッキー!って感じで笑って許してください。)

2020年以降も、このANAマイル交換ルートの最新情報は継続して追っていきたいと思っています。

スポンサーリンク

2019年ポイントサイト案件の傾向

そして、2019年もこのブログで多くのポイントサイトのお得案件をご紹介してきました。

毎日のようにポイントサイトの案件を見てきた人間として、2019年の傾向としては以下の特徴があげられると思いますね。

Good News
  • 案件の枯渇の心配なし!
  • 「貯蓄から投資へ」の動きが活発化!投資口座開設案件が豊作!
Bad News
  • クレカ案件「初年度年会費無料で10,000円」は絶滅危惧種へ
  • FX案件もパッとせず

まず、良い傾向としては、全く案件枯渇の心配がないことがあげられると思います。

次から次へと新しいお得案件が紹介されていますし、ネ○レ案件のように大量ポイントがもらえるけど「大量コーヒーが届いても大丈夫」な方向けの案件も豊作だったので、2020年もまだまだ継続してポイントサイトでマイルを貯めることができそうです。

そして特に、政府も推し進める「貯蓄から投資へ」の動きを受け、投資口座開設案件(証券会社、クラウドファンディングなど)が活発な傾向にあります。

2020年上半期も同様の傾向が続くと思われますし、簡単な手続きで4~5千円もらえてしまうので、積極的に狙っていきましょう。

マネックス証券口座開設+取引で5,000円!超低リスク案件のポイント獲得方法を丁寧に解説!

【条件緩和】口座開設と入金だけで6,000円!おまかせ資産運用「THEO+docomo」ポイントサイト案件が超得!

三菱UFJ銀行投資信託の投信積み立てで5,000円!口座開設はポイントサイト経由が超お得

三菱UFJ銀行「外貨つみたて」ポイントサイト案件で5,000円!超お得案件を逃すな!

一方、2016年~2017年に掛けてまさに「主力」であったクレジットカード案件、FX案件は2019年も正直下火・・という感じでしたね。

特にクレジットカード案件は「初年度年会費無料で10,000円」はまさに絶滅危惧種状態というか・・ほとんど見かけなくなりました。

この案件は、まさに「久々の」高額案件と言えるのではないでしょうか。

ライフカードビジネスライトがポイントサイトで最大13,000円!年会費無料!

ただ、上記のとおり案件枯渇の心配はないと思っています。今後もお得案件を見つけたらいち早くご紹介していきます。

クレジットカード入会キャンペーンもかなり豊作

また、大型のクレジットカードの入会キャンペーンが多かったのも2019年の特徴だったと思います。

私自身、今年はこのクレジットカードの入会キャンペーンで全部で約250,000ANAマイル貯めましたからね。

ポイントサイト+クレジットカード入会キャンペーンの主力2つを両輪として陸マイラー活動を行うことで、多くのマイルを貯めることができることをまさに実感できた1年になりました。

【2020年最新】ANAアメックスの入会キャンペーン徹底解説!最大71,000ANAマイルもらえる!

【2020年最新】アメックスゴールド入会キャンペーンが激得!最大40,000ANAマイルもらえる!<還元率10%超!!>

スポンサーリンク

陸マイラー個人としての2019年総決算

陸マイラー個人として、今年のフライトは以下のとおりでした。

2019年度のフライト
  • 5月 タイ国際航空ファーストクラス(往路ANAビジネス)でバンコクへ
  • 8月 アシアナ航空ビジネスクラスでハワイへ(家族4人)
  • 12月 ユナイテッド航空ビジネスクラスでグアムへ(家族4人)

個人的な印象に残っているのは、8月の「家族4人でビジネスクラスでハワイ」ですね。

アシアナ航空仁川-ホノルルOZ232便ビジネスクラス搭乗記。親子4人の初ハワイフライト!

アシアナ航空OZ231ビジネスクラス搭乗記。機内食が凄い!

特典航空券のビジネスクラスで親子4人でハワイ旅行というのは、全ての陸マイラーの夢だと勝手に・・本当に勝手に思っていまして、その「夢」の実現ができたフライトは本当に印象深かったです。

正直、子どもの夏休みに親子4人分のANAビジネスクラスチケットを確保するってほとんど神技に近い・・というか、ANA平会員である私の場合特典航空券の発券枠的にそもそも無理なんです。(便を2便に分ければ可能ですが・・)

アシアナ航空のビジネスクラスはもしかしたら「邪道」なのかもしれませんが、ANAの上級会員ではない単なる一般の「陸マイラー」が夢を実現する「身近な例」として、温かくご覧になっていただけたら幸いです。

また、5月のタイ国際航空のファーストクラスも、なかなか忘れがたいフライトになりました。とにかく・・王侯貴族になったかのような超絶フル密着サービス!これぞ「ザ・ファーストクラス」を味わうことができるんですよ。

タイ国際航空ロイヤルファーストラウンジ訪問記。超絶おもてなしサービスの全て

タイ国際航空A380ファーストクラス搭乗記。バンコク~成田/TG676便

ANA陸マイラー活動をはじめてみたいけど・・・続くか心配・・って方は、まずはこのタイ国際航空など、身近なファーストクラスやビジネスクラスに乗るのを目標にしてみる、というのも「あり」だと思います。

ファーストクラスに「本当に乗れる」と実感すること、そしてその超絶サービスを体感すると、嫌でも陸マイラーの世界から足を洗えなくなります。

使ったマイルは63万マイル

2019年に使ったマイルは、全部で632,500ANAマイルでした。

現在手元にあるマイルが約40万マイルなので、年間で貯めたマイルは今年は60万マイルくらいですね。ここ数年は毎年60万ANAマイルペースで貯め、同じ額を使う・・って感じのサイクルになっています。

ちなみに、この中には2020年夏のハワイ旅行・・ANAプレミアムエコノミークラスを親子4人分スカイコインで大人買いした分のマイルも含まれています。

ANAマイルで完全無料で確実にハワイ行き航空券を発券する方法【スカイコインで大人買い】

スカイコインで航空券を有償購入すると燃油サーチャージまで含めて完全無料なのが良いところなんですよね。

普通のサラリーマンである私が海外旅行に毎年行くためには、とにかく節約・倹約が第一ですからね。2020年の夏は、ANAのA380プレミアムエコノミーで親子4人でまたまたハワイです。今から楽しみです。

Gポイントのブログコンテストで10万円もらったことも

あと、もう一つ嬉しかったのが2019年3月にGポイントさんのブログコンテストで入賞(3名)して、なんと10万円分のGポイントをもらったこと。

まさか私のブログが認めてもらえるとは思っていなかったので・・これは本当にうれしかったですね(笑)。

スポンサーリンク

まとめ

以上、超個人的な2020年陸マイラー活動の見通し/展望と、2019年の総決算をまとめてみました。

2020年の展望としては、個人的には新たなANAマイル交換ルート「TOKYUルート」が定着するのか、かなり注意深くウォッチしていきたいと思っています。

そして、2019年の個人的な総決算としては、ついにビジネスクラスで家族をハワイに連れて行くこともできましたし、大変充実の一年になりました。

貯まったマイルも、改めて計算してみると年間60万ANAマイル貯まっていて・・正直自分自身がびっくりしました。

このブログの更新には正直それなりに手間暇はかけていますが、陸マイラー活動の方は月2件~多くて3件程度という決して多くない案件利用なんですよね・・。Gポイントさんの10万円が効いてるのかもしれませんね(笑)。

ANA陸マイラー活動は、趣味と実益を兼ねた本当に夢のある活動だと思っています。

少しでも多くの方にこのメリットを実感していただけるよう、お得な情報や読者の方のモチベーションになるような情報を、2020年以降も継続して発信していきたいと思います。

2020年も、当ブログをよろしくお願いいたします。

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD