口座開設+入金だけで5,500円!おまかせ資産運用「THEO+docomo」のポイントサイト案件が超得!

ポイントサイトの超得案件である「THEO+docomo」案件、もう利用されましたか?

AI(ロボ)と、プロのファンドマネージャーによる完全お任せ資産運用「THEO+docomo」(テオ プラスドコモ)口座開設+一定額の入金で、5,500円分のポイントがもらえる案件超得案件が、ポイントサイトに継続して掲載されています。

この案件、掲載開始当初は「THEO」案件と「THEO +docomo」案件の2つが併載されていましたが、2020年に入り、この「THEO +docomo」案件に一本化されていますね。

この案件、残念ながら全くのノーリスクではありませんが、口座開設+入金だけという簡単なアクションで5,500円という大量ポイントがもらえます。

名称が「+docomo」ですのでドコモユーザー限定サービス?と思っちゃいがちなんですが、もちろん、ドコモユーザーでなくても利用可能です。また、公式サイトの新規入会キャンペーンを上手く利用すればかなり低リスクにすることも可能な案件なんです。

早速、このおまかせ資産運用「THEO +docomo」案件の概要と、THEOのメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

「THEO+docomo」案件のポイント相場

では、まず案件紹介時の「お約束」。

この超絶お得な「THEO +docomo」案件の、恒例のポイントサイト横断検索「どこ得」でのポイント相場チェックの結果がこちらです。

ちょびリッチ、ハピタス、ポイントインカム・・・。正直、メジャーどころのポイントサイトのほぼすべてで紹介されている状況ですね。

じゃあどこのポイントサイトでも良いのかというと・・そうでもないんですよね。

というのも、何故かちょびリッチだけポイント獲得条件が厳しくて、口座開設+10万円の入金なんですよね。他のポイントサイトでは口座開設+5万円の入金でOKなので、ポイント獲得条件をよく確認して申し込みするようにした方が良いでしょう。

この記事では、神ポイントサイトであるハピタスさんの案件を引用させていただきながら、案件の詳細をご紹介していきます。

スポンサーリンク

THEO&THEO+docomo案件の詳細とポイント獲得条件

おまたせしました!それでは、THEO+docomo案件の詳細とポイント獲得条件を解説していきます。

まず、ハピタスさんの案件がこちらですね。THEO+docomoの口座開設+入金で5,500円分のポイントがもらえます。

ハピタスのポイントはTOKYUルートでANAマイルに交換ができるので、このポイントは4,125ANAマイルに交換できる計算になりますね。

ポイント獲得条件
  • 口座開設+入金確認完了
※新規WEB申込後30日以内に運用開始(本人情報登録後、5万円以上の入金) 

そして、ポイント獲得条件の詳細は上記のとおり、新規口座開設+Web申込後30日以内に5万円以上の入金完了となっています。

FX案件のように、入金に加え一定額の取引等は必要ないので、比較的取り組みやすい案件だと思います。何しろ、口座を開設して5万円入金すれば良いんですから、簡単ですよね。

ただこの案件の最大の注意点は、確かに取引は不要ですが、この口座入金=実際の投資運用開始になることなんです。

このため、この入金は元本保証のある銀行にお金を預け入れするのとは意味合いが違い、入金=投資商品の購入と同じ意味を持つんです。つまり、全くのノーリスクというわけではないんですよね。

ただし、後述しますがこのリスクの程度はかなり低いので、それほど構える必要はないと思います。

ポイント却下条件
  • 5万円未満の入金しか確認できなかった場合
  • 虚偽・架空・いたずら・重複(IP/住所)
  • 同一人物の二回目以降の申込・入力不備があった場合
  • 既存会員の申込・口座開設未完了の場合
  • THEO+docomo以外のサービスに申し込みを行なった場合
  • 既に「THEO」のサービスを利用されている方、既に口座開設されている方
  • いたずらなど広告主が不適切だと判断した申込
  • ポイント判定が行われるまでに、口座を解約した場合

そして、ポイント却下条件がこちらです。

特に注意すべきポイント却下条件はありませんが、1点だけ気になる点を挙げるとすれば同一住所不可の条件です

同一住所不可ですので夫婦申込はダメなのか?と思いますが、実は他のポイントサイトでは同一住所不可の記載がありません

ちなみに、私自身も夫婦でそれぞれ申込をし、夫婦別々にポイントをゲットしました。このため、夫婦別々に申し込むことでそれぞれポイントを獲得することが可能な案件です。

夫婦合算なら11,000円(8,250ANAマイル相当)ですので、かなり大きなポイントだと思います。このハピタスさんの「同一住所不可」条件が気になる方は、ハピタス以外のポイントサイトを利用しても良いでしょう。

ちなみにポイントインカムさん、モッピーなら、同一住所不可条件はありません。

このような口座開設案件は、クレジットカードと違い多重申込みも可能で審査落ちのリスクも極端に少ないので、ポイントサイトのお得案件を狙っていた方は、積極的に狙っていきたい案件だと思います。

そして最後にご注意いただきたいのは、ポイント獲得までは出金をしないということです。

そもそもこのTHEO+docomoはAIとプロにお任せで長期の資産運用で利益を上げることを目的としたサイトです。この案件で利用してみて気に入ったら、是非長期のご利用をおすすめします。

スポンサーリンク

おまかせ資産運用と、THEO+docomo案件のリスク

さて、ここからは、このTHEO+docomoのおまかせ資産運用の仕組みと、このTHEO案件のリスクを簡単に解説します。

ちなみに「THEO +docomo」は、本家の「THEO」のサービスに、運用額に応じてdポイントがもらえるなどドコモユーザー向けの特典が付属(+docomo)したサービスです。

もちろん、ドコモユーザーならよりお得ですが、ドコモユーザーでなくてももちろん利用することができます。

そして、このTHEO(テオ)の最大の特徴。

それが、口座に入金すれば後は全自動でAI(ロボ)とプロのファンドマネージャーが全世界規模での資産運用行ってくれるという、全自動資産運用サービスです。

通常の証券口座の場合、口座に入金後実際の投資信託の購入や株式の購入を自分で行う必要があるのですが、THEOの場合全部自動なんですよね。

ちょっと前にご紹介した、Wealth Navi(ウェルスナビ)案件とほぼ同じサービスです。

イメージとしてはこんな感じですね。

自分でお得な金融商品を選んで購入して、ポートフォリオ(資産の分散方法)を考えて・・といった煩わしいことを全てAI(ロボ)とプロのファンドマネージャーにお任せできるんです。

そして、THEOによる投資は全世界最大30種類以上のETF(上場投資信託)から構成されています。

このため、世界86の国・地域にわたり11,000銘柄以上に分散投資されているんです。分散投資のメリットは・・ちょっと難しくなりますので簡単に言いますと、分散投資されることでかなりリスクも分散されている、とお考え下さい。

例えばA社の株式だけを所有していて、A社が倒産したら一義的にはその株式は紙くず、つまり価値0円になってしまうわけですが、分散投資していると、仮にそのうちの一つの価値が下がっても、影響は軽微で済むんです。

この世界分散投資を自動的に行ってくれる!というのが、このTHEOの強みになります。

そして、前述のとおりこのTHEO(テオ)の口座開設を行い5万円の入金を行うことで、自動的に資産運用が開始されることになります。

ただ、ここまでご紹介したとおり、世界分散投資+AIとプロの投資運用によりリスクはかなり低く抑えられています。このため、リスクはかなり低いと言っても良いのですが、そうはいってもそこは投資商品。全くのノーリスクというわけではありません

日々の相場の変動により価値は変動します。

もちろん、ポイント獲得までの約2か月間の運用で元本割れの可能性もありますので、そこは良くご理解の上ご入金をお願いします。

そして、新型コロナウイルスの影響で思わぬ相場の暴落・・という可能性も、当然ながら存在します。

ちなみに私がこの案件にチャレンジした際は・・なんと約1か月ちょっとの運用で475円の損でした。なんと下落率4.7%ですから・・結構大きいですよね。(当時は入金額が10,000円で良かったんです)

ただ、この時は本当にコロナ相場直撃だったんですよね。

これ、NYダウ平均株価ですが、ちょうど投資を開始(入金)した1月末が上記の赤丸、そして出金したのが上記の青丸の時期です。

実際のNYダウの終値がこちら。

日付 終値
2020年3月11日 23,533$
2020年1月31日 28,256$
騰落率 ▲17%

NYダウの場合、この期間中の騰落率はなんと驚異の▲17%です。

NYダウにだけ投資していたら、本当に▲17%直撃弾なわけですが、その騰落率を▲4%程度に抑えられるのが、世界中の資産に分散投資しているTHEO+docomoの強みなんです。

リスクはないわけではありませんが、最大限低く抑えられている・・ということは、私の実体験からもお分かりいただけたかと思います。

また、躊躇しているととこのTHEO+docomo案件、ポイントサイト案件から無くなってしまう可能性もありますからね。

くれぐれも、このリスクとリターンについてはご承知の上取引をお願いします

公式キャンペーンの併用も可能!200円もらえる!

そして、できれば併用したいのがこちらの公式サイトの「200Ptプレゼントキャンペーン」です。

この期間中に新規口座開設した人全員にもれなく、200円分のdポイント(期間・用途限定)がもらえます。これは貰っておくほかないですよね。

ただし、この200円分のdポイントプレゼントの時期は9月末とちょっと遅め。

さらに、口座を解約しているとポイント獲得対象になりません。出金はしても大丈夫ですが、解約はしないようにしておきましょう。

200円分とは言え、もらえるものは貰っておきましょう(笑)。前述したとおり、THEOでの資産運用自体全くのノーリスクというわけではないので、仮に損失が出た場合の「何かのたし」にはなると思います。

スポンサーリンク

THEOのメリット

では、このTHEO(テオ)のメリットは一体どんなところにあるのでしょうか。

個人的に最大のメリットだと思うのがこちらですね。資産の運用手数料が業界最低水準なんです。

ただ・・安いとは言え運用資産額の年率1%(100万円預け入れた場合、年間1万円)ですから、若干高く感じるのは事実です。ただ、その分取引やリバランスは全て全自動で行ってくれますし、全世界投資に掛かる為替手数料も無料なので、必要経費としては納得の水準だと思います。

また、このように入出金に掛かる手数料をはじめ、この運用資産比例の手数料以外の一切の手数料は0円です。

そして、実際の運用も、このように2007年からのシミュレーションでは、1年あたりのリターンが年率8.4%、過去11年のリターンでは70%(1.7倍)という高い運用率を誇っています。

さらに、ドコモユーザーなら以下のようなメリットもあります。

ドコモユーザーのメリット
  • 運用期間中dポイントがずっとたまる!
    ・預かり資産1万円につき、1ポイントを毎月獲得
     ドコモ回線をご利用の方は通常の1.5倍のポイントを獲得可能
  • お買い物の「おつり」を積み立てて、自動的に投資できる!
    ・dカードでおつり積立の設定をすると、おつりを積み立てて運用可能
  • dカードGOLDとの連携でさらにおトク!
    ・dカードGOLDで「おつり積立」と月1万円以上積立で手数料が最大35%OFF!
     通常、最大1%(税抜)が、最大0.65%(税抜)まで下がる!

長期安定的に運用するためには、リターンも大事ですが、毎年掛かる手数料率が低いことの方がより重要になります。この点で、THEOはかなりおすすめできますね。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、プロのファンドマネージャーとAIに「お任せ」で資産運用できる「THEO+docomo」(テオプラスドコモ)のポイントサイト案件についてご紹介しました。

5万円の入金だけで5,500円もらえる超絶お得な案件ですので、この機会に是非口座開設してみてはいかがでしょうか。

ただし、記事中にも書きましたとおり全くのノーリスクではなく、実際の資産運用に伴う元本割れリスクが全くないというわけではありません

ポイントサイトでもらえる5,500Pを上回る額の損失が出る可能性はかなり低いと思いますが、運用結果によってはある程度(数千円程度)の損失が出る可能性があることだけは、くれぐれもご注意ください。(もちろん、儲けが出る可能性も十分あります。)

ただ、このようなお得案件はいつまでもポイントサイトに掲載されているわけではありませんし、どんどんと条件改悪されていくのが世の常ですからね。

「これはお得かも」と思われたら、是非お早目のお申込みをおすすめします。

「THEO +docomo」のハピタス案件はこちらから、ご利用が可能です。

Wealth Navi(ウェルスナビ)のポイントサイト案件で10,000円はお得なのか!?徹底解説してみた

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイル徹底解説。大量マイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD

1 個のコメント