マリオット・リワードポイントからANAマイル・JALマイルへの交換方法と手数料

マリオット・ボンヴォイのリワード・ポイントは、高級ホテルへの無料宿泊に交換できるのはもちろん、ANAマイルや、非常に貯めにくいマイルで有名なJALマイルにも、手数料無料で交換することができます。

この記事では、マリオット・リワードポイントからANAマイル、JALマイルへの交換方法と交換率、気になる手数料などについて解説します。

スポンサーリンク

マリオット・リワードポイントから交換できる航空会社マイル(44航空会社)

エイジアンエアライン ハイナン航空
アエロフロート ハワイアンエアライン
アエロメヒコ イベリア航空
エアカナダ JAL(日本航空)
エアチャイナ ジェットエアウェイズ
エアフランス ジェットブルー
エアニュージーランド 大韓航空
アラスカ航空 ラタム航空
アリタリア航空 ルフトハンザ
ANA(全日空) マルチプラス
アメリカン航空 カンタス航空
アシアナ航空 カタール航空
アビアンカ航空 サウディア航空
ブリティッシュ・エアウェイズ シンガポール航空
キャセイパシフィック 南アフリカ航空
中国東方航空 サウスウエスト航空
中国南方航空 エアポルトガル
コパ航空 タイ航空
デルタ航空 ターキッシュエアライン
エミレーツ航空 ユナイテッド航空
エティハド航空 ヴァージンアトランティック
フロンティアエアライン ヴァージンオーストラリア

マリオット・リワードポイントから交換できるエアライン・マイルの一覧がこちらです。

なんと、44の航空会社のマイルに交換が可能なんです。ここまでの・・ほぼ全世界中ともいえる航空会社のマイルに交換できるポイントって、実はそうそうありません。これだけでも、貯めて損なしの非常に使い勝手の良いポイントであることがお分かりいただけると思います。

気になる交換率は、ほとんどの航空会社※で3P=1マイルです。(※エアニュージーランド、ジェットブルーのみ交換率が低いので注意)ちなみに、マリオット・リワードポイントの価値は3P=1円です。

SPGアメックスカード100円の利用に付き3Pもらえるので、その価値は1円相当ということはお分かりいただけると思います。

つまり、このマリオット・リワードポイントはなんとマイルに等価交換できることになります。しかも、一度に60,000P(20,000マイル分)を交換することで5,000マイルのボーナスがもらえるので、交換率はなんと1.25倍になる計算です。

陸マイラー界で最も高い交換率である「LINEルート」でも、ANAマイルで1円=0.81倍(マイル)が最大交換率です。JALマイルに至っては、1円=0.5倍というのが現実です。そんな中、1円=1~1.25倍で交換できるというのは、驚異的な交換率なんです。

マリオット・リワードポイントの交換率
  • 3P=1マイル(1.0倍)
  • 60,000P=25,000マイル(1.25倍)

このように、マイルに等倍で交換できるだけでも凄いのですが、60,000Pを一括で交換することで交換率が1.25倍に跳ね上がるので、交換する際はなんとしても60,000P貯めてから交換するようにしたいところですね。ちなみに、SPGアメックスはマリオット系列ホテルで利用するとなんと18.5%ものポイント付与率になりますので、60,000P貯めるのはそんなに難しいことではありません。

SPGアメックスの宿泊ポイント付与時期や方法などルールまとめ。還元率18.5%の破壊力を徹底検証する

スポンサーリンク

交換手数料

気になる交換手数料は、完全無料です。特に余計なポイント等を徴収されることなく、3P=1マイルに交換することができます。

マリオット・リワードポイントからマイルへの交換方法

では、実際にマリオット・リワードポイントから航空会社のマイルへの交換方法を解説します。赤矢印にご注目ください。交換には、マリオットの公式サイトにログイン後「ポイントの使用」タブから「旅」をクリック。

そして、画面中段にある「ポイントからマイルへの移行」をクリック。

最後に「ポイントの移行」をクリックします。画面を一々クリックするのがめんどくさいわ!!って方は、こちらをクリックしてください。いきなり上記の画面にリンクしています。

この後は、必要な事項を入力していくだけです。

一番上、航空会社のマイレージプログラムには、交換したいプログラムをプルダウンで選択します。何しろ40社以上の航空会社があるのでプルダウンで探すのも一苦労なんですが、ANAの場合「ANA Mileage Club」、JALの場合は「Japan Airline JAL Mileage Bank」表記になっています。

そして、次にマイレージプログラム会員番号を入力。ここでご注意いただきたいのは、各社のマイレージプログラムアカウントの登録会員名と、交換するMarriott Bonvoyアカウントの姓および名が一致している必要があります。例えば妻のアカウントのポイントを夫名義のマイレージプログラムに加算、といったことはできません。

最後に、マイルに移行するポイント数を入力しますが、60,000Pを入力しても、ここでは20,000マイルとしか表示されません。ただ、最終的なマイレージプログラムへのマイル加算時には、しっかり5,000マイルが加算されますのでご安心ください。ここでボーナスも含めて計算してくれると安心なんですけどね・・。

最後に「変換」ボタンを押せば、交換手続きは完了です。一度変換ボタンを押すと、取り消しはできないのでご注意ください。

しかし・・文面は「移行」ボタンですが、実際のボタンには「変換」と書かれているというのが・・いかにもグローバルサイトを日本語に翻訳したHP・・!って感じですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マリオット・リワードポイントを航空会社のマイルに交換する方法と交換率、そして交換手数料について解説しました。マリオット・リワードポイントをマイルに交換するのは手数料無料で滅茶苦茶簡単にできます。

このように、マリオット・リワードポイントはマリオット系列ホテルの無料宿泊にも利用でき、さらに手数料無料でしかも等価以上の価値で航空会社のマイルにも交換ができる、非常に使い勝手の良いポイントです。

マリオット・リワードポイントを貯めるには、SPGアメックスカードが必携のカードです、年会費以上の価値があるカードですので、ご興味がある方は是非下記関連記事も併せてご覧ください。

SPGアメックスの特典とメリットを完全解説。旅を愛するあなたにおすすめの3つの理由

シェラトン・ワイキキで特大アップグレード!SPGアメックスのゴールドエリート特典が凄すぎる!

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD