モアナサーフライダーのラウンジ「ビーチクラブ」の朝食とカクテルタイム!品数少な目のヘルシーラウンジ

モアナサーフライダー・ウェスティンホテルのクラブラウンジである「ビーチクラブ」の朝食、イブニングカクテル、日中の軽食を利用しましたので、徹底レポートしたいと思います。

このモアナサーフライダーの宿泊はマリオット・ポイントを利用した無料宿泊だったので、ラウンジの利用は本来できなかったのですが、とある事情によりモアナサーフライダーのラウンジ「ビーチクラブ」を利用することができたんですよね。

ビーチクラブの食事とその利用価値を徹底検証したいと思います。

スポンサーリンク

トラブルでラウンジ利用券をゲット

この日は15時30分ごろモアナ・サーフライダーに到着しました。さすがに「ワイキキのファーストレディー(貴婦人)」と言われるだけあって、かなり格調高いホテルですね・・。雰囲気良すぎでビビりまくりです。

こういうウエルカムドリンクの設定も、よく考えられてますよね。多分ホテル側にとってそんなにお金が掛かっている演出ではないと思いますが、訪問客としてはかなりの満足感があります。

で・・到着したのは15時30分過ぎなんですが、なんとお部屋の用意ができてない!とのこと・・。アーリーチェックインどころか宿泊約款に定めるチェックイン時間を過ぎているにも関わらず部屋の準備ができていないとは・・。ハワイでは良くあることとはいえ、ちょっとぐったりしますよね。で、提案されたのが「部屋の準備ができるまで待つ」か「ラウンジ利用券を付けるから、部屋をダウングレードするか」。

え?アップグレードなら分かるけど、ダウングレード?

「部屋が狭くなって、ラナイもないし、バスタブもない部屋なんだけど、このお部屋ならすぐに案内できます。もちろん、終日利用できるラウンジ利用券を付けるので、いかがでしょうか?」

うーーん・・狭い、ラナイなし、バスタブなしのお部屋ってそれが嫌だからわざわざポイントアップグレードしたんですよね。

モアナサーフライダーでポイントアップグレード!タワーウイング「パーシャルオーシャンビュー」ルーム宿泊記

折角アップグレードした意味がないので、「待つ」を選択。すると・・どうもフロントの方は「待つ」選択肢は考えていなかったらしく「待つ?本当に?・・困ったな・・。実は部屋の用意には1時間くらいはかかりそうなんです。じゃあ、ラウンジ利用券を1日分付けるから、ラウンジでお待ちください。すみません。」とのこと。どっちにしてもラウンジ利用券はもらえたってことですね(笑)。

ということで、「棚ぼた」的にラウンジを利用することになりました。

スポンサーリンク

ラウンジ運営時間

モアナサーフライダーのラウンジ「ビーチクラブ」の利用時間がこちらです。

営業時間
  • 営業時間:AM6:00~PM10:00
  • 朝  食:AM6:00~AM10:00
  • 軽  食:AM10:30~PM4:30
  • 夕  食:PM5:00~PM8:00
  • 夜  食:PM8:00~PM10:00

営業時間としては、AM6:00~PM10:00までの通し営業になっています。そして、時間帯別に提供されるサービスが異なる、という仕様です。

コーヒーやソフトドリンク、冷たい水などはいつでも飲み放題で・・・

そして、一つ一つの紙コップが大きく、さらにこのようにラウンジから持ち出せる「蓋」がおかれているのが優れもの。このため、ビーチで喉が渇いた際に、ドリンクだけ取ってまたビーチに行く!という利用をされている方が結構いましたね。

ラウンジを無料で利用できるのは、スイートルーム&ペントハウス利用者、マリオットボンヴォイのプラチナ会員以上の方限定です。また、その他の宿泊者は有料(125$)で利用することができます。有効な利用権を持っていれば、1泊1室あたり大人2名、子ども2名まで同伴可能です。

また、ビーチクラブは水着での入室禁止ですのでご注意を。また、裸足の入室も禁止です。

スポンサーリンク

室内の様子

では、早速ビーチクラブの室内の様子をご紹介します。そしてもちろん、ワイキキの貴婦人「モアナ・サーフライダー」のラウンジにふさわしく、超ゴージャスな室内空間になっています。

こんな感じの奥まったプライベート空間もありましたね。

大家族での訪問の場合は、中央のテーブル席がおススメです。そして、右から2番目の椅子の上に・・鳥がいるのがお分かりでしょうか?パンくずなどを狙って鳥も入ってくる、そんなのんびりとした時間が流れるラウンジです。

ビーチ際の座席は、ビーチを眺めながらのんびりするのにまさにぴったりの座席ですね。

室外テラス席

そして、ビーチクラブのおすすめ席は、室内だけでなく実は室外にあるテラス席です。

室外のテラス席は、日中はちょうど日陰になるのでビーチを吹き抜ける風が涼しく、快適に過ごせる空間です。

この席からは、プールを眺めることができますし・・・・

この一番人気の海側のテラス席からは・・・

ワイキキビーチを眺めることができます。

このテラス席もおススメの座席です。特に夕食時間帯はテラス席はほぼ満席の状態でしたね。

スポンサーリンク

日中の軽食

さて、そろそろ16時になろうとしているのにまだお部屋のチェックインができない私。

フロントで荷物を預かってもらい、とりあえずラウンジでチェックインを待つことにします。お部屋の準備ができたら、メールと電話が掛かってくることになっています。わざわざフロントで電話が掛かるか確認までしたので大丈夫のはずです。

ということで、その間に利用した日中の軽食時間帯のドリンクや軽食の様子をご紹介します。まずは、フレッシュ・ジュース。これはやっぱりどこで飲んでも美味しいですね。

冷たいお水に、コーヒー・紅茶。

もちろん、ソフトドリンクバーもありました。これらは全てラウンジから持ち出しできるので、ご紹介した通りドリンクの補給に来られている方も多かったですね。

一方の軽食はこちら。クッキー、ナッツ、チップスに・・。

クランチ・バーと、何故かポップコーン(笑)。子どもはポップコーンを滅茶苦茶喜んで食べていました。

後は、フルーツ。

日中の軽食は本当に「軽食」って感じで、そんなに長時間利用する価値はあまりないですね。私はチェックインまで・・30分くらい待ってればよいのかと思いここに座って待ってましたが、ほとんどの皆さんが長居することなくドリンクの補給だけされているって感じでした。

スポンサーリンク

夕食

部屋の用意ができるのを待っているうちに、時刻は既に17時(笑)。もうこうなったら徹底的に利用するしかない!ということで、このままの流れで夕食時間帯も利用することにしました。

夕食時間帯のお楽しみといえばこちら。ビールと白・赤ワインです。

これはセルフサービスではなく、このように係の方にお願いして一杯ずつ作っていただく方式です。ビールの銘柄はハワイアンラガー「プリモ」です。

ビールと白ワインはしっかり冷えたグラスで提供され、滅茶苦茶美味しいです。

室内で飲むのも良いですが、室外のテラス席で飲むのも良いですね。

夕方になると日も陰り、涼しい風が吹き抜けてたまらなくリラックスできます。

で、肝心な夕食代わりになる「軽食」なんですが、これがちょっと品数少な目なんですよね。メインテーブルのラインナップがこちらなんですが、メインとなるのはハムくらいで、後はサラダとフルーツだけ・・って感じです。

サラダとフルーツはかなり豊富なんですが、ヘルシーすぎますかね?もう少しパンチのある一品があると良いのですが・・。

一応、「本日の温菜」的なメニューが一品だけあったのですが、これがなんと味付けの枝豆・・。チキンウイングやアヒポケなどが用意されていることもあるらしいのですが、今日のメインは枝豆・・。こういった外れの日もある、ということですね。

そして、何故かご飯と味噌汁がありました。ただ、ここまで見ていただいたとおりご飯と味噌汁があってもおかずになりそうな料理はほとんどないんですよね。ご飯と味噌汁で夕食って・・ハワイまで来てそれは寂しすぎです。

で、このご飯のおかずになりそうなのが・・・キムチ(笑)。

この日はこの味付け枝豆と・・。

サラダとビールで軽食になりました。

品数が少な目でヘルシーなラインナップなので、ガッツリ夕食!!って感じのラウンジではありませんね。夕食前に軽く一杯飲む、または夕食後にワインやビールを一杯!って感じのラウンジだと思います。

シェラトンワイキキのレアヒ・ラウンジとカイ・マーケットはどちらがお得?徹底比較した結果

シェラトン・ワイキキのレアヒ・ラウンジのように、夕食ももうここだけで満足!って感じのラウンジではありませんね。そもそものコンセプトが違うんでしょう。

ちなみに子どもは味噌汁を飲みまくっていました。出汁がきいていて、安心の美味しさです。ハワイで味噌汁まずい!って感じたことはありませんね。

結局チェックインはどうなったのか?

その後、18時を過ぎても部屋の準備ができたとの連絡はなく、結局18時30分過ぎにフロントに話を聞きに行くと・・「部屋はもう準備ができている」とのこと。

「は?」って感じです。

「電話がもらえるってことだったけど?」と聞くと、「彼は今日はもう帰宅したんでよくわからない・・」とのこと。引継ぎ悪すぎですね。ま、これはチームプレー苦手すぎなハワイというかアメリカ「あるある」なんですが、今回のように「やけに長いな」って場合問い合わせた方が絶対に良いです。日本みたいに「気長に待っている」と、ロクなことはありません。

ちなみに翌朝はバレーパーキングで出庫まで1時間待たされました。これも「引継ぎ悪すぎ」な結果だったというのは、内緒です。

スポンサーリンク

朝食

もう、こうなったらラウンジを使い尽くすほかありませんよね。

ということで、翌日の朝食も、このビーチクラブを利用しました。

そして、ちょっとしょぼかった夕食とは違い、朝食はさすがに超充実。

ホットミールには、カリカリベーコン、スクランブルエッグ、ベーコンポテトにパンケーキ。これはラウンジとしてはかなり充実のラインナップですね。

メインテーブルには、ハム、チーズ・・

そして大量のフルーツ。なぜかサラダ系が無いのは残念でしたが、こちらも充実のラインナップだと思います。

その他、主食系としては当然ながら?のご飯とお味噌汁。

各種パン類。ベーグルなんかもありましたね。

もちろん、トースターにバターやジャムも完備されています。

甘いのがお好きな方には、マフィンが用意されています。

個人的に嬉しかったのはこちら。たっぷりのヨーグルトにグラノーラとナッツのミックス、はちみつが用意されていますので、お好みのミューズリーを作ることができるんです。

結局、私の朝食はこちら。なんかどうしても和食セットにしてしまうのは、私が日本人だからですよね。その日本人にとって・・サラダが無いのはちょっぴり残念ですが、十分満足できる朝食だと思います。

その他、ヨーグルトでミューズリーを作っていただきました。滅茶苦茶美味しかったですよ。

全体的に、朝食は品数・量ともに満足できるラウンジだと思います。ただ、なんでこれでサラダが無いのかは・・正直疑問でしたね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?モアナ・サーフライダーのクラブラウンジ「ビーチクラブ」の全貌をご紹介しました。

正直私はマリオット・ボンヴォイのポイントを利用した無料宿泊でしたのでラウンジの利用はできないはずだったのですが、まさかのトラブルで利用でき、トラブル以上に使い倒させていただきました。

SPGアメックスカードを活用してモアナ・サーフライダーのような高級ホテルに無料宿泊する方法は、下記の関連記事で詳しく解説しています。

SPGアメックスの特典とメリットを完全解説。旅を愛するあなたにおすすめの3つの理由

シェラトン・ワイキキで特大アップグレード!SPGアメックスのゴールドエリート特典が凄すぎる!

私は、今回のハワイ旅行でシェラトン・ワイキキ3泊、モアナサーフライダー1泊、全てポイントと無料宿泊特典を利用して無料宿泊しました。ハワイの高級ホテルに4泊しようと思うと、1泊5万円で20万円くらい掛かっちゃうところですが、なんと無料ですからね?しかもシェラトンワイキキでは無料宿泊なのに「ハイオーシャンフロントルーム」にアップグレードです。

このように、高級ホテルに無料宿泊でき、しかもゴールドエリート特典により無料なのにアップグレードが受けられる!というのが、SPGアメックスの強烈なメリットです。

これ、本当に無料宿泊できますので、ご興味のある方は関連記事も併せて是非ご覧ください。

以上、ビーチクラブの訪問記をご紹介しました。

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



 

AD