エコノミーとプレミアムエコノミーの違いを徹底比較!差額を払う価値はある?

今度の旅行はエコノミークラスにしようか・・それともちょっとだけ奮発してプレミアムエコノミーにしようか・・。

長距離路線のエコノミークラスに搭乗して、その狭さに苦しんだ経験のある方なら、絶対一度は悩んだことがありますよね。

プレミアムエコノミークラスとは何か。エコノミーとの違いはどこにあるのか。そして、エコノミーとの差額に見合った価値はあるのか?

エコノミークラスとプレミアムエコノミークラスの違いを、空港でのチェックイン時から目的地の到着まで、徹底的に比較してみました。

スポンサーリンク

チェックイン優先サービス

まず、「プレミアムエコノミーにして良かった・・」と、空港到着直後にメリットを感じられる、かなり大きな違いがこちらです。

プレミアムエコノミークラス搭乗者は、ビジネスクラス顧客などの優先カウンターを利用することができます。(※自社便を自社便カウンターでチェックインする場合に限る。)

搭乗客数が多い長距離便に搭乗する際は、出発前はエコノミークラスの手荷物カウンターが大渋滞することも少なくありません。この大渋滞を、優先カウンターで軽くパスすることができるんです。

大混雑のカウンターで余計な時間を使うことなく、航空会社ラウンジなどでゆっくりする時間を十分にとることができますので、これはかなり嬉しいサービスです。

ただ、このサービスを提供している会社、していない会社がありますので、その点はご注意ください。

航空会社 優先チェックインサービス
ANA
JAL
シンガポール航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
ルフトハンザ ドイツ航空
アメリカン航空

各航空会社のチェックイン優先サービスをまとめてみました。BAとルフトハンザには優先搭乗サービスはありません。

また、チェックインカウンターでの預け入れ手荷物の容量(数、重量)も、若干ではありますが優遇されます。

ただ、これらレガシーキャリアの場合、エコノミークラスでも十分な機内預け入れ手荷物容量があるので、この手荷物容量増量サービスはあまり嬉しいサービスというわけではないかもしれませんね。

スポンサーリンク

航空会社ラウンジが利用可能

次に嬉しいサービス。それがこの「航空会社のラウンジ利用権」です。

航空会社のラウンジって、行ったことありますか?航空会社の上級クラスの利用者だけが入ることができるラウンジですので、サービスのレベルがカードラウンジとは雲泥の差です。

もちろんアルコール飲み放題、軽食食べ放題のまさに「夢の空間」なんです。

セントレアのスターアライアンスラウンジ最強。カードラウンジで満足しちゃだめ

2017.11.12

航空会社ビジネスクラスラウンジって何?ラウンジ訪問記で魅力を紹介

2017.12.30

香港国際空港シルバークリスラウンジ訪問記。ANA便利用者にも絶対おすすめしたい4つの理由

2018.06.08

航空会社のラウンジがどんなところかは、上記の関連記事をご参照ください。

航空会社 航空会社ラウンジ
ANA 〇(一部を除く)
JAL
シンガポール航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
ルフトハンザ ドイツ航空 △(有料)
アメリカン航空

このラウンジ利用サービスも、航空会社によってプレミアムエコノミーに搭乗する乗客向けのサービスに違いがあり、日系航空会社は当然ながらラウンジ利用可能ですが、欧米系の航空会社はラウンジ利用サービスが提供されない会社の方が多いです。

ANAのプレミアムエコノミー搭乗者が利用できるラウンジが「一部を除く」となっていますが、無料で利用できるラウンジの一覧は、こちらをご覧ください。

また、ルフトハンザの空港ラウンジ利用は「有料」ですが、「有料」でもラウンジが利用できるのは実は大きいんです。エコノミークラスの搭乗者は、その航空会社のビジネスクラス以上の乗客か、マイレージ会員のステータスを保有していない限り、航空会社ラウンジには原則入れません。

ANAの国際線有料ラウンジはどんなところ?サービス内容と利用料金・利用条件をご紹介

2018.05.24

ちなみに最近、ANAでは、エコノミークラス搭乗時でも、有料(事前予約時4,000円、当日6,000円)でラウンジを利用することができるようになりました。

この有料サービスが、プレエコの乗客には無料で付帯するということです。2人なら約1万円近い出費ですからね。結構大きいですよね。

プライオリティパスとは何か?使って分かったメリットと無料入手方法を徹底解説

2018.08.16

また、ラウンジアクセスサービスが付帯しない欧米系の航空会社の場合は、上記「プライオリティ・パス」を利用することで、うまく利用すれば完全無料でラウンジを利用することもできます。これはご参考まで。

個人的にはこの「航空会社のラウンジが使える」ことは、旅の満足度を大きく向上させてくれる大きなポイントだと思います。

日系の航空会社のプレミアムエコノミークラスに付帯する、このラウンジアクセスサービスはかなりおすすめのサービスです。

優先搭乗サービス

優先チェックインの次は、優先搭乗のサービスです。

正直言って、優先搭乗したからといって何か良いことがあるわけでもなんでもないのですが、いつもエコノミークラスで搭乗しており、優先搭乗の乗客をうらやましく見ていた方にとっては、ちょっぴり嬉しい瞬間なのは確かですね。

航空会社 優先搭乗サービス
ANA
JAL
シンガポール航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
ルフトハンザ ドイツ航空
アメリカン航空

各航空会社別の優先搭乗サービスの実施状況はこちらのとおりです。

日系2社は実施してませんが・・まあ、特に不便はないので構いませんよね。

スポンサーリンク

広いシートピッチ

プレミアムエコノミークラスの最大のメリットといえば、これですよね。

とにかく広いシートピッチ。エコノミークラスの狭さに苦しめられてきた方には、このメリットこそが何にも代えがたい魅力といえるのではないでしょうか。

航空会社 エコノミー プレエコ
ANA 約79~86cm 約97cm
JAL 約84~86cm 約107cm
シンガポール航空 約81cm 約97cm
ブリティッシュ・エアウェイズ 約79cm 約97cm
ルフトハンザ ドイツ航空 約80cm 約97cm
アメリカン航空 約79cm 約97cm

各社のエコノミークラスとプレエコクラスのシートピッチの違いがこちらです。

エコノミーの標準が約80cmであるのに比べ、プレエコは約97cmですので、約1.2倍シートピッチが拡大されています。

エコノミーだと大体こんなもんです。これはANAの最も狭いシートピッチ(79cm)の写真です。

一方、プレミアムエコノミーはこのピッチですからね。はっきりと目視できるほど縦方向に広くなります。

そして、各社の比較を表にはしませんでしたが、当然横幅も広くなっています。この横幅の拡大と併せて、この縦方向約1.2倍のシートピッチの拡大は、機内の快適性の向上に向けかなり大きいメリットであるのは事実です。

ただ・・そんなに馬鹿みたいに広いかというとそんなことはない、というのも正直なところですかね。特に、私のように180度フラットにならないとろくに眠れないです・・。という人や、女性や子どもなど小柄な方でエコノミーでも特に窮屈さを感じない、という方にとっては、実はあまり差がない、という言い方もできてしまうかもしれません。

これはANAのビジネスクラスのスタッガードシートです。これだと180度リクライニングで余裕でぐっすり眠れてしまいますが、プレエコだとさすがにそこまでの快適度はありません。

ただ、エコノミーの狭さに苦しめられている方にとってこの1.2倍のシートピッチ拡大はかなり大きいことも事実です。

そして、このように拡大したシートピッチを利用したフットレストの採用や、

このようにエコノミークラスよりも大型のスクリーンの設置などにより、エコノミーより格段に快適に過ごせることも事実です。

特に長距離路線の場合、この1.2倍のシートピッチと、このフットレストなどの各種ユーティリティー設備が、快適性に格段に違いを生み出すのは間違い無いと思います。

スポンサーリンク

食事・ドリンクの違い

食事・ドリンクについては、実は日系の航空会社の場合ほとんどエコノミークラスの食事・ドリンクと同じです。

特にメインディッシュとなる主食についてはエコノミーと同じだと思ってください。ただ、最近はエコノミークラスのお食事であっても上記のとおりものすごく美味しくなっていますので、特段不満を感じることはないと思います。

ただし、メインはエコノミーと同じですが、エコノミークラスの食事・ドリンクサービスに加えて、例えばANAの場合下記のサービスを受けることができます。

・スパークリングワイン
・スープ
・柚子香る鶏豚そばスープ(バンクーバー・メキシコ・ヨーロッパ・バンコク・デリー・ムンバイ・シンガポール)
・ミニうどん(北米・シドニー・クアラルンプール・ジャカルタ)
・ご搭乗便のビジネスクラスのシャンパン、ワイン、日本酒、梅酒、焼酎(水割り・ロック)、デザート

特に嬉しいサービスなのは、ビジネスクラスで提供されているのと同じシャンパンをはじめとしたアルコール類、ビジネスクラスと同じデザートを食べることができること。

そして、スープやミニうどん(どん兵衛ですが・・)を好きな時に食べることができることでしょうか。

メインディッシュはエコノミーと同じですが、ドリンクやデザートはビジネスクラスと同じものをサービスしてもらえます。これも、ラグジュアリー感が味わえて嬉しいサービスですよね。

このサービス内容はJALもほとんど同じです。エコノミーの食事+αのサービスを受けられるということですね。

スポンサーリンク

海外キャリアの場合、エコノミーから食事がアップグレード

このとおり、ANA、JALの国内キャリアの場合、メインの食事はエコノミーと同じです。

しかし、海外キャリアのプレミアムエコノミーの場合、なんとエコノミーとは違うメイン料理を食べることができます。例えば、上記料理人が勢ぞろいのシンガポール航空の場合、なんと、プレミアムエコノミークラスで、あの有名な「ブック・ザ・クック」を注文することができます。

SQ名物ブック・ザ・クックのおすすめメニューは?深夜便の朝食でも全メニューから選べます!

2017.05.29

さすがに、上記ビジネスクラスで注文したブック・ザ・クックほど注文できる料理数は多くありませんが、それでも、エコノミーとは全く違う上級料理を、事前注文できるんです。プレミアムエコノミークラスのブック・ザ・クックのメニューはこちらから確認できます。

  • ビーフブリスケットのローズマリーソース煮

  • ローストチキン ガーリッククリームソース

  • トマト&バジルのクリームソースのシーフードパスタ

  • ローストチキンライス

  • ピリ辛チキン・ナシブリヤニ

  • ナシレマッとフライドチキン(朝食のみ)

  • 点心の盛り合わせ(朝食のみ)

  • 皮蛋痩肉粥(豚ひき肉とピータン入り米粥)(朝食のみ)

  • メープルシロップ付きパンケーキとスクランブルエッグ(朝食のみ)

例えばシンガポール発着便の場合、上記「ブック・ザ・クック」メニューからお好きなメニューを事前に注文することができます。

また、ブック・ザ・クックを注文しない場合は、機内でなんと3種類のメニューからの選択が可能です。エコノミーの2種類じゃないんです。3種類から選択できるんです。

プレミアムエコノミークラスなのに・・凄いサービスですね。

ブリティッシュエアウェイズも、エコノミークラスとは全く違う食事を提供しています。

3種類から選べる食事で、しかもメインディッシュはビジネスクラスのメニュー2種類の中から、1つ選択することができます。

しかもカトラリーには高級陶器が使用され、紙ナプキンではなく、しっかりとした布ナプキンが提供されます。

イメージとしてはこんな感じです。

プレミアムエコノミーですが、十分すぎるサービス内容ですよね。

航空会社 メインのエコノミーとの違い 特 徴
ANA なし ビジネスと同じ飲み物・デザート+特別な軽食
JAL なし 特別な飲み物+デザート+軽食
シンガポール航空 あり ブック・ザ・クック
ブリティッシュ・エアウェイズ あり ビジネスクラスの食事+陶器の器
ルフトハンザ ドイツ航空 あり 特別な食事+陶器の器
アメリカン航空 あり 特別な食事+陶器の器

各社のプレミアムエコノミーの食事・ドリンクの特徴をまとめたものがこちらです。

日系の航空会社はメインのお食事はエコノミーと同じですが、飲み物・軽食・デザートがビジネスクラスと共通に設定されているなど、特別なサービスになっています。

一方、海外の航空会社の場合は、メイン料理ですでにプレミアムエコノミー専用の食事が用意されている会社が多いです。しかも、器もエコノミーとは違う、高級感ある陶器の器に盛りつけて提供されます。

さらに、ブリティッシュ・エアウェイズなんてシャンパンのウェルカムドリンクまでありますからね。食事・ドリンクについては海外の航空会社のプレミアムエコノミーに一日の長がありそうです。

スポンサーリンク

到着後の優先荷物ピックアップサービス

そして、無事目的地に到着後に地味に嬉しいサービス。それが、この手荷物優先ピックアップサービスです。

エコノミークラスの乗客よりも先に、機内預け入れした手荷物を優先的に返却してもらえるんです。

航空会社 優先手荷物返却サービス
ANA
JAL
シンガポール航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
ルフトハンザ ドイツ航空
アメリカン航空

手荷物優先ピックアップサービスの各社の提供状況をまとめたものがこちらです。

日系2社はもちろんのこと、海外の航空会社も比較的多くの会社でこの優先手荷物サービスを提供しています。特に長距離路線の場合は乗客が多いですから、この手荷物を優先的に返却してもらえるサービスは嬉しいですよね。

飛行機で現地に到着したら・・・便によっては一便あたり数百人規模の乗客がいるということです。その乗客が到着後一気に移動するのですから、早めに降機でき、早めに荷物をピックアップできるというのは、実は混雑緩和に非常に有効なサービスです。

プレミアムエコノミークラスの価格設定

さて、ここまでプレミアムエコノミークラスのメリット・違いについて、エコノミークラスと徹底的に比較して解説しました。

優先チェックイン、航空会社ラウンジ、広いシート、特別な食事とドリンク、手荷物優先ピックアップなど、かなりメリットがあることはお分かりいただけたのではないかと思います。

では、このプレミアムエコノミークラスの航空券と、エコノミークラスの航空券との価格差はどれくらいあるのでしょうか。

例えば、上記はANAのホームページで紹介されていたロサンゼルス行きエコノミー、サンフランシスコ行きプレミアムエコノミークラスの広告です。どちらも同じ北米行き路線と考えると、ほとんど同等の路線として比較してよいでしょう。

この2路線で比較した結果、価格が最も安い時期で、エコノミーとプレエコの価格差は約2倍強ということになります。

このとおり、大体エコノミークラスとの価格差は2~4倍くらい、というのがプレミアムエコノミークラスの標準的な価格設定です。

一方、JTBなどのパッケージ旅行の場合、プレエコの追加代金は北米・ヨーロッパの場合で1人あたり片道5~7万円くらいのお値段、というのが標準的なお値段になると思います。

上記のとおり、往復だと1人あたり12万円とかの追加のお値段、2名の場合20万円超の追加料金ですからね。ちょっと、躊躇してしまう値段であることも事実です。

ここまで比較してきたエコノミークラスとのサービスの違いも踏まえ、申し込むかどうかを判断すればよいのではないかと思います。

スポンサーリンク

ビジネスクラスとの価格差

一方、ビジネスクラスの場合、同じANAのロサンゼルス路線で最安約66万円。エコノミークラスと比べて約8倍の価格設定です。

JTBとかのパッケージプランでも、ビジネスクラス席の追加代金は破格のお値段。片道1人あたり20万円強の追加代金、往復で40万円もの追加料金を取られます。2人なら往復で80万円・・・。

これだけの追加料金を支払ったら、もう2人くらい旅行に行けますよ・・・。

このため、ビジネスクラスはちょっと無理・・でも、少しでも機内を快適に過ごしたい!という方向けのクラス設定。

それが、プレミアムエコノミークラスの存在意義だということだと思います。

プレミアムエコノミークラスはビジネス顧客向けのサービス?

このプレミアムエコノミーの価格設定からすると、ビジネス顧客ではなく何となく旅行者向け・・しかもシニア世代向けのクラス・価格設定のように感じますが、実はそうではありません。

このプレミアムエコノミークラスは、ビジネス顧客向けに生まれたクラスなんです。

上述のとおり、ビジネスクラスはエコノミーの約8倍もの超高額の価格設定です。このため、これまではビジネス顧客御用達のクラスだったのですが、全世界の企業のグローバル化の進展による従業員の方の海外出張機会の増加と、全世界的なコストダウンの一層の推進の流れから、海外出張時のビジネスクラスの利用禁止!という会社が結構増えています。

このため、このエコノミーとビジネスクラスの間を、ビジネス顧客向けに埋める存在として設定されたのが、プレミアムエコノミークラスといわれています。

一応カテゴリー的には「エコノミー」のカテゴリーに属しますし、ビジネスクラスほど高額でもない。

このため、海外出張時にビジネスクラスの利用はNGだけど、プレミアムエコノミーならOK、という会社も増えているんです。

どちらかというと、ビジネス顧客向けのクラスなんですね。

スポンサーリンク

プレミアム・エコノミーは航空会社にとって実は利益率が最も高いクラス

そして・・これは参考までの情報ですが、このプレミアム・エコノミークラスですが、実は航空会社にとって最も利益率が高いクラスなんです。

各社の路線にプレミアムエコノミークラスの設定が増えているのも、この理由からと言われています。

プレエコの利益率が高い理由。それはなんといってもその価格設定の割に、航空機内の面積の占有率が少ないということです。

例えば、ANAのB777-300ER機(264席仕様)の場合の、機体内の各クラスの座席配分がこちらです。

全座席数264席の約2割の60席しかないファースト・ビジネスクラスが、機体の約半分の面積を占有しています。

一方、プレエコはエコノミーと遜色のない面積で設置することができています。一説では、エコノミーに比べ、プレミアムエコノミーは面積比たったの50%増(1.5倍)で設置できるそうです。一方、ビジネスクラスの場合3倍の面積を利用するそうです。

エコノミーに比べ面積を占有しない割に、高い料金を取れる。しかも、エコノミーに比べて食事などのコストもそんなに大量にかかるわけではない。

このため、プレミアムエコノミークラスは航空会社にとって最も利益率の高いクラスなんです。

でも、一方で我々消費者にとっても、とても自腹では乗れそうにないビジネスクラスよりかなり快適で、しかも決して手の届かない価格ではないこのプレミアムエコノミークラスは実はかなり魅力的な存在です。

また、ビジネス客にとっても、高額のビジネスクラスは会社の経費での許可が出ないけど、このプレミアムエコノミーなら乗ることが可能。

そんな一般顧客、ビジネス顧客、航空会社の思惑が一致したクラス。それがこのプレミアムエコノミークラスだと思います。

今後、どんどん設置路線が増え、もう少し価格も下がり、予約も取りやすくなるかもしれませんね。

マイルを使ったプレミアムエコノミー特典航空券の予約可否

航空会社 プレエコ特典予約
ANA 不可
JAL
シンガポール航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
ルフトハンザ ドイツ航空 不可
アメリカン航空

各航空会社別のマイルプログラムでのプレミアムエコノミーの予約可否がこちらです。

ANAやルフトハンザは、アップグレードでの予約は可能ですが、特典航空券としての予約は不可です。

ワンワールド系(JAL、BA、アメリカン航空)は全般的に予約OKですね。一方、スターアライアンス系(ANA、シンガポール航空、ルフトハンザ)は会社ごとに対応がまちまちです。

正直、陸マイラーなら貯めたマイルでビジネスクラスに乗ることなんて造作もないことですので、わざわざ貯めたマイルでプレエコに乗ることは無いと思いますが、ご参考までに紹介しておきますね。

スポンサーリンク

プレミアムエコノミークラスはメリット多数!

プレミアムエコノミークラスとエコノミークラスとの違い、お分かりいただけましたでしょうか。

プレエコとエコノミーの間の価格差は、この記事でもご紹介のとおり2~4倍です。JTBなどのパッケージツアーの場合、追加料金が5~7万円が相場ですね。

この差額を支払うだけの価値があるか?については、この記事をご覧のあなたが、飛行機に何を求めるか?によると思います。

狭くて苦しくても、とにかく最安で目的地に行ければ良いのであれば、プレエコは全く選択する必要がなく、いっそLCCでもよいでしょう。

一方、少しの・・最小限の支出の追加で、エコノミーと段違いの快適性が欲しい。そんなあなたには、プレミアムエコノミークラスをおすすめしたいと思います。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちら▼から

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下▼にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ【2018年8月最新版】

2018.04.22

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちら▼も併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15



AD