台湾桃園空港エバー航空ラウンジ訪問記!ラウンジの種類とANA便での入室条件を解説!

エバー航空のビジネスクラス搭乗時に、エバー航空の本拠地である台湾・桃園国際空港のエバー航空ラウンジに訪問してまいりました!!

そして、この桃園空港のエバー航空ラウンジが・・なんと4つもあり(笑)、一体どこが自分のフライトで入場できる対象ラウンジなのか分かりにくいんですよね。

ただ、ここから詳しくご紹介しますが、エバー航空やANAをはじめとしたスターアライアンス加盟航空会社のビジネスクラス便に搭乗する場合は・・エバー航空「infinityラウンジ」が正解なんです。

桃園空港のエバー航空ラウンジの種類入室条件と、ビジネスクラス搭乗者が入室できるインフィニティラウンジについてご紹介します!

スポンサーリンク

桃園空港のエバー航空ラウンジ(4種類)

ということで、桃園国際空港のエバー航空ラウンジをご紹介する上で・・。

まず解説が必要なのが・・エバー航空ラウンジの種類と入室条件です(笑)。

なにしろ、桃園国際空港(第二ターミナル)には、エバー航空のラウンジが4種類もありますからね。

名称 営業時間 入室条件
The Garden 5:30-23:30
  • Infinity MileageLandsのダイヤモンド会員
The Infinity 4:30-23:30
  • エバー航空ロイヤルローレル/プレミアムローレル/ビジネスクラス
  • スターアライアンスのファーストクラス/ビジネスクラスの搭乗者
The Star 4:30-23:30
  • BrInfinity MileageLandsのゴールド会員
  • スターアライアンスゴールド会員
The Club ※運行状況による
  •  Infinity MileageLandsのシルバー会員

そして、桃園国際空港にあるエバー航空のラウンジがこの4種類なわけですが・・

まず、この桃園空港のエバー航空ラウンジの最高峰に位置するのが、「The Garden」ですね。

このThe Gardenラウンジに入室できるのは、エバー航空独自のマイレージプログラムである「Infinity MileageLands」のダイヤモンド会員だけ・・ということになっています。

あ、ちなみにエバー航空のダイヤモンド会員になるためには、ゴールド会員(12ヶ月以内に50,000マイル搭乗)達成後12ヶ月以内に120,000マイル積算もしくは100回以上のエバー航空便への搭乗が必要となります。

多分、台湾にもダイヤモンド修行とかあるんでしょうかね(笑)。

このラウンジは、エバー航空の自社会員・・しかもいわゆる「おダイヤ様(笑)」しか利用できないラウンジですので・。

外国の方が入室するチャンスはなかなかないラウンジだと思います。

そして、エバー航空の会員資格と関係なくエバー航空のビジネスクラス以上、もしくはスターアライアンスのファーストもしくはビジネスクラス以上に搭乗する際に利用できるのが・・。

こちらの、「Infinity(インフィニティ)」ラウンジですね。

ANAのビジネスクラス搭乗時にも利用できるので、ANA陸マイラーをはじめとした多くの方が利用する機会があるのが、こちらのInfinityラウンジだと思います。

名称 営業時間 入室条件
The Garden 5:30-23:30
  • Infinity MileageLandsのダイヤモンド会員
The Infinity 4:30-23:30
  • エバー航空ロイヤルローレル/プレミアムローレル/ビジネスクラス
  • スターアライアンスのファーストクラス/ビジネスクラスの搭乗者
The Star 4:30-23:30
  • BrInfinity MileageLandsのゴールド会員
  • スターアライアンスゴールド会員
The Club ※運行状況による
  •  Infinity MileageLandsのシルバー会員

そしてのインフィニティラウンジと入口を共有している「The Star」ラウンジは・・。

エバー航空のマイレージ会員資格「BrInfinity MileageLands」のゴールド会員、もしくはスターアライアンスゴールド会員が利用できるラウンジになります。

会員資格があればチケット種別は関係ないので、エコノミークラス搭乗時にも利用できるラウンジですね。

スターアライアンスゴールド会員なら利用できるので・・。

SFC会員なら、エコノミークラスに搭乗する場合でも普通に利用できちゃうラウンジです。

ANA SFC修行とは?スーパーフライヤーズカードのメリットを徹底解説!

そして、最後にご紹介するのが、「The Club」ラウンジ

こちらは、エバー航空独自のマイレージ会員資格「Infinity MileageLands」のシルバー会員以上の方が入室できるラウンジですので、「The Garden」ラウンジと合わせ、多分外国人が立ち寄ることはあまりないラウンジだと思います。

ということで、桃園国際空港に訪れた際にメインとなるのは「The Infinity」「The Star」ラウンジだと思います。

今回私はエバー航空の最上級クラスロイヤルローレルクラスに搭乗予定ですので・・インフィニティラウンジにお世話になりました(笑)。

スポンサーリンク

インフィニティラウンジ

この日は、早朝出発便ということで台北中央駅を6:00始発のMRT空港線で桃園国際空港に到着し・・。

サクッと出国審査してラウンジに直行です。

ここまでご紹介したとおり、桃園国際空港には4つのエバー空港ラウンジがあり、中でも「The Garden」と「The Infinity」「The Star」ラウンジは向かい合った立地になってますが・・。

予習済みですので、インフィニティラウンジに訪問です。

インフィニティラウンジとスターラウンジは入り口が共通になっており、向かって右がインフィニティ左がスターラウンジになっています。

ちなみに、インフィニティラウンジの写真は、上が公式HPの画像、下が実際の画像ですが・・。

当然ですがほとんど、同じですね(笑)。

あ、当然ながらビジネスセンターにロッカーもあり・・。

エバー航空の本拠地台湾実質的なメインラウンジにふさわしい、なかなかの豪華ラウンジになっております。

当然ではございますが、シャワールームも完備です。

シャワーは4部屋あり、どこが空いているか一目瞭然でわかるのは素晴らしいですね。利用したい場合は、フロントのカウンターで搭乗券と引き換えで借りられるカードキーで入室できます。

ラウンジ内はギラギラしているようで・・そうでもない(笑)。

適度な装飾感で、なかなかゆったりできるラウンジでございました。

スポンサーリンク

軽食&ドリンク

そして、ちょっとゆったりした後は・・エバー航空の軽食&ドリンクをちょっとだけチラ見します。

あ、この後エバー航空ロイヤルローレルクラス(ビジネスクラス)で帰国の予定超絶豪華な機内食が待っているので、軽くチラ見するだけです(笑)。

まず、軽食はこれがないと始まらない!サラダ系から。

・・しかし、ライトアップの色がすごいですね(笑)。

地元の方の朝食メインは、なんと言ってもこちらのお粥。

肉鬆(ローソン)もしっかり用意されていますね。地元の方はこちらのお粥と・・。

こちらの豆乳がメインの朝食!って感じでした。

やっぱり、国や地域によってメイン朝食というものは違うんですね(笑)。

その他、地元の食材といえば飲茶(点心)系も充実。

こちらは肉まんとカスタードまんですね。カスタードまん・・にしか見えませんでしたが、違っていたらすみません。

あとは、こちらのタロイモの蒸しまんじゅう。

タロイモの蒸し饅頭・・なかなか日本ではお目にかかりません。

そして、こちらはまさかの・・焼き芋です(笑)。

素食者(ベジタリアン)専用・・との表記がありましたので、ベジタリアンの方の主食・・ってことなんですかね。

あとは、パン類に・・。

ミルクにシリアル類の定番洋食メニューも用意もバッチリでした。

ホットミールは、上段から順にパンケーキエリンギのオリーブオイル炒めマカロニ炒め・・。

りんごとパイナップルのグリルに、スクランブルエッグです。

その他、エッグタルトヨーグルトに・・。

まさかの朝からフルーツシャーベット&アイスに、フルーツまでありました。フルーツ・・特にリンゴを丸ごと一個食べる欧米の方を見ていると、ああ・・国際線に戻ってきたな・・と感慨深いですね(笑)。

ドリンク

ドリンクは、このような大きめの冷蔵庫にドーンと・・・。

ジュース類炭酸水ビールまでたっぷり提供されています。

朝からしっかりビールもあるので、旅行気分を味わうのにはもってこいです。

ワインやスピリッツ系の用意も朝から万端です(笑)。

やっぱ航空会社ラウンジを知ってしまうと、もうやめられませんね(笑)。

洋酒の準備も万端ですし、なんとライムの輪切りまで置いてあるという・・。

かなり芸が細かいことになっています。

その他、コーヒー紅茶の用意も万端です。

正直、若干手狭感は否めませんが、なかなかレベルの高いラウンジだと思いますね。

この後のフライトを考えて食べない予定でしたが・・。

あまりにも肉まんとビールが美味しそうなので、ちょっとだけつまみ食い(笑)。なかなか美味しかったです・・。

スポンサーリンク

まとめ

以上、想像以上にレベルが高かった(笑)、台湾・桃園国際空港エバー航空インフィニティラウンジの訪問記をご紹介しました。

このラウンジはエバー航空のビジネスクラス(ロイヤルローレル、プレミアムローレル)搭乗時はもちろん、ANAビジネスクラス搭乗時にも利用できるので、ANA陸マイラーとしては覚えておいて損はないラウンジだと思います。

軽食&ドリンクも充実、シャワーもありますので、台湾観光の締めくくりに、立ち寄っておいて損はないと思いますよ!!

ということで、この後はエバー航空ロイヤルローレルクラスで、日本へ帰国です(笑)。

エバー航空台北ー福岡ビジネスクラス搭乗記!BR106機内食は和食がおすすめ!

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ



AD