ハワイ旅行3日目 ノースショアドライブとおすすめB級グルメ

ハワイ旅行3日目。この日は2日目のシェラトン・ワイキキ引きこもり生活に終止符を打って、ノースショアドライブとB級グルメの旅に出かけました。

お目当てのおすすめB級グルメはほぼ制覇できて大満足だったんですが、一方でドライブは通行止めに大雨と、波乱の一日となったハワイ旅行3日目を振り返ります。

ハワイ旅行2日目 シェラトンワイキキの一日をカイマーケットのディナービュッフェで締めくくる

定刻6:30に起床

3日目も私の定刻であるAM6:30に起床。ここまで完全に時差ボケなく旅行できています。これもビジネスクラスで熟睡できたお陰ですね。

ワイキキビーチはちょっと雲多めではありますがまずまずのお天気。この後ノースショアでは天気がトンでもないことになるのですが、とりあえずワイキキは平穏無事な感じです。

子ども達には今日はAM8:00には出発するよ!と言っておいたのですが、当然起きる気配なし。7:30頃にさすがに少し小腹が空いたのでシェラトン・ワイキキ1Fにあるローソンでスパムむすびを購入。

ホットコーナーの手巻きスパムむすびが2.8ドル。レジ横のホットケースに入ったスパムむすびが2.2ドル。この2つの何が違うのか?手巻きとそうじゃない違いなのか?イマイチよくわかりませんが、何となくアメリカンな感じのレジ横のスパムむすびを購入。味は安定のおいしさでした。

結局、子ども達を起こして出発したのはAM8:30。まあ、許容範囲でしょうか。ちなみに、シェラトン・ワイキキの駐車料金はセルフ駐車で1日35ドルです。1日35ドル払えばあとは出し入れし放題。チェックイン時にフロントでもらえる宿泊者証明を出庫時に駐車係の方に見せると、駐車券なしで出庫できます。

スポンサーリンク

レナーズのマラサダで朝ごはん

妻と子どもたちは朝食がまだなので、まずは本日1発目のB級グルメ「マラサダ」を食べに、レナーズ・ベーカリーへ。

レナーズまではワイキキ中心部から車で約10分くらい。運よく駐車場も空いており、揚げたてのマラサダで朝食です。私は既にスパムおむすびを食べましたが、気にせず更に食べます。

このマラサダ、滅茶苦茶デカくてボリューム満点ですし、本当に冷めると美味しさが半減します。注文しすぎには本当に注意してください。というか、私は注文しすぎて食べきるのに苦労しました。翌日に食べようとすると、かなり油ギッシュでヘビーになります。

レナーズの絶品マラサダで朝食を!行き方、メニュー、注文方法完全ガイド

スポンサーリンク

ラニカイ・ビーチへ

レナーズでマラサダを食べた後は、「天国の海」ともいわれる東海岸のラニカイ・ビーチを目指します。ちなみに、今回のノースショアドライブのカーナビは、安定の「グーグルマップ」(笑)。

こんなスタイルで運転です。グーグルマップは全て日本語でナビしてくれて、しかも車線の案内までしてくれる優れもの。レンタカー会社で1日10ドルくらいする性能の低い謎のカーナビを借りる必要は全くないですね。

事前にグーグルマップでハワイの地図をダウンロードしていけばオフラインでも大丈夫、という情報を見たこともありますが、オフラインだとGPSの精度がめちゃ下がって、ナビとしてはほぼ機能しませんでした。Wi-fiもしくは4Gの接続が必須ですね。

そして、スマホをカーナビ代わりにするためには、こういった車載のスマホホルダーが必要です。このスマホホルダーはさすが楽天ランキング1位、吸盤の粘着力をはじめ、十分にカーナビとして機能してくれました。

また、スマホをカーナビ代わりに利用すると信じられないくらいバッテリーを食うので、USB充電器も必携です。1つのシガーソケットで2つ充電できるタイプもありますが、こういうのはローテクなやつの方が信頼感があります

1ソケットで1充電ソケットタイプがおススメです。

レナーズからカイルア・ビーチのルート探索結果がこんな感じ。

ただ・・良くご覧ください。真ん中の61号線が通行止めになっていますよね??これ、日本に帰国してから検索するとナビに反映されて迂回ルート(H3経由)が表示されたんですが、当日はこの61号線を案内されたんです。

んで、まさかの通行止めですよ。ちょうど61の表示があるあたりでいきなり通行止め。見知らぬ外国の地で、日本でもあまりないこんなバカでかい幹線道路の通行止めに遭遇すると、かなり焦りますね。今考えれば63号とかH3 とかに迂回すればよかったんですが、ちょっと動転して、とりあえずハレイワを目指すことに。

こんなルートでとりあえずハレイワを目指してドライブを再開です。カイルア・ビーチには行ってみたかったですし、子ども達もビーチで泳ぎたかったそうなんですが、また次の機会にしましょう。ただ、実はこの日の東海岸は命の危険を感じるほどの大雨だったんで、行っても意味がなかった・・というのは後から分かること。当日はちょっと残念でした。

スポンサーリンク

ハレイワ・タウンへ

気を取り直して、H2ハイウェイを北上し、ハレイワ・タウンへ。

ナビが案内した803号を走っていると、行く手にノース・ショアが。テンション上がりますね!しかし今回の相棒ジープ・ラングラー・・私にはポジションが合わないのか、長時間運転していると腰が痛くなって困りました。

ハレイワの「Haleiwa Store Lots」に到着。日本の・・そうですね「道の駅」みたいな感じで駐車場も店舗もしっかり整備されていました。

とりあえずトイレにでも・・と思ったら、なんと鍵がかかってる(笑)。

ショッピングセンター内で買い物をした方でないと、トイレの扉を開く暗証番号は教えてもらえないそうです。

この後紹介するマツモト・シェイブアイスを食べれば、レジの前に暗証番号が貼っているあるのですぐにわかります。手っ取り早くトイレに行きたい方は、マツモト・シェイブアイスでかき氷食べましょう。スモール3ドルですから多分これが一番安い。

マツモト・シェイブアイス

ハレイワ・タウンのB級グルメといえば、ジョバンニハレイワ店のガーリックシュリンプと、マツモト・シェイブアイス。レナーズのマラサダに続く本日2つめのB級グルメは、まさに「10時のおやつ」にぴったりのマツモト・シェイブアイスです。

こっちは、グッズショップの入口でした。反対側に、シェイブアイスの入口がありますが、店舗は中でつながっているのでどちらから入ってもOK。入り口の外まで行列が並んでいることもありますが、かき氷ってすぐにできるので、回転は滅茶苦茶良いです。

メニューがこちら。スモールで3ドル、ラージで3.5ドルです。アメリカでラージはやめておいた方が良いというのが鉄則なので、当然スモールで。味はいろいろありますが、まずは「コンビネーション」の「レインボー」か「ハワイアン」あたりがおススメです。

店員さん2人の見事なコンビネーションでサクッと完成。

シンプルなレインボーのコンビにしました。スモールで親子4人で食べてちょうどよいくらいの量でした。

シェイブアイスを食べたらショッピング。しかし・・本当に今年のハワイは暑いです。子どもはちょっと歩いただけで暑い・・暑い・・の連呼。あと、日本人が滅茶苦茶多かったですね。ここは日本人街か?ってくらいです。中国人とか韓国人は全くいませんでした。

折角だからガーリックシュリンプの食べ比べでもしようか?と思ってジョバンニハレイワ店まで行ってみましたが、ものすごい行列+駐車場の空きもなかったので断念。当初予定通り、カフクのジョバンニを目指します。

距離は約24km、30分の道のりです。

スポンサーリンク

ジョバンニカフク本店へ

ハレイワ・タウンを出発し、カフクへ向かいます。ロードサイドには美しいノース・ショアが広がり、テンション上がります。

途中、ウミガメで有名なラニアケア・ビーチのそばを通りますが、ロードサイドに駐車する車が多く、信号のない一本道であるにも関わらず何故か渋滞(笑)。こんなところで渋滞するとは・・。

スペースがあったら停めてみようかな?とも思ったのですが、車が多すぎで断念。そして、実はこれがノースショアのビーチに降り立つラストチャンスになりました。

というのも、ここから急激に天候が悪化し、東に行くほどに超大雨に。ここはガーリックシュリンプの名店「フミズ」の前ですが、もう凄い雨。

一応ジョバンニカフク本店ではギリギリ雨が上がりましたが、ちょうどガーリックシュリンプを受け取ったあたりからまたかなり降りだしました。

スポンサーリンク

ジョバンニ・カフク本店でガーリックシュリンプ

約30分ほどドライブして、ジョバンニ・ガーリックシュリンプに到着。おー、これこれ。この落書きびっしりのトラック、テレビでよく見るやつですね!

ここで一旦雨はあがりましたが、いつ降り出してもおかしくない感じ。

あと、このジョバンニカフク本店、駐車場は広いですが、未舗装ですし、しかもアメリカンな車がガンガン来るためか駐車場内にタイヤの轍跡と思われる大穴がボコボコあいてます。車高の低いセダンなんかだと底を擦っちゃうんじゃね?ってくらいボッコボコです。しかし、私は何しろジープ・ラングラーですから余裕(笑)。ついにこの車の真価が発揮されました。そんなつもりはありませんでしたが。

そして、本日3発目のB級グルメ、ガーリックシュリンプ!凄まじいガーリック臭がたまりません。

これはめちゃ美味しかった。本場のガーリックシュリンプって、こういう味だったんだ!!って感じ。家でもとにかくガーリックを大量に使えば作れそうなんですが、でも実際に作ってみると、頭では分かっていてもやっぱりこんなにガーリックとオイルって入れないと思うので、やっぱジョバンニでしか出せない味なのかもしれませんね・・。とにかく滅茶苦茶美味しかった。B級グルメではもうダントツ1位です。リピ決定ですね。

ジョバンニ(Giovanni’s)のガーリックシュリンプ!カフク本店は本当に世界一だった

スポンサーリンク

豪雨の東海岸をホノルルへ

本当は天気がよければここからノースショアもしくは東海岸のビーチで泳ぐ予定だったのですが・・もの凄い豪雨で断念。ハレイワ方面に戻っても、雲を見る感じどんどん降りそうだったので、東海岸を南下してホノルルへ戻ることに。

結局、ノースショアのビーチには行けずじまい。これも次回の楽しみになりました。

こんな感じの東海岸ルートで、ホノルルに戻ります。一般道ですが、信号なんてほとんどないので、快適に南下することができるんです。目指すは、ホノルルのホールフーズ。買い出しとお土産を物色する予定・・だったんですが。

ここから本当にバケツをひっくり返したような大豪雨。命の危険を感じるくらいの大雨。もう凄すぎる。前の車の水しぶきと対向車の跳ね上げる水しぶきで、ほとんど視界0状態になることもしばしば。

これは、まだ可愛い時期に撮影した動画ですが、一番凄かった時は本当に目の前が見えませんでしたからね。しかも路肩の水たまりが10cmくらいあって、自分のタイヤが巻き上げた水しぶきがフロントガラスにも大量に掛かって危ない危ない。

クアロア・ランチ付近でようやく雨はあがりましたが・・本当に死ぬかと思いました。そして、ここでも活躍したのが・・ジープ・ラングラー(笑)。こういう悪天候時の走破性はさすが。・・・そんなつもりで借りたわけじゃないんですが、よくわかんないもんですね。

スポンサーリンク

ホノルルは快晴

東海岸を離れ、63号で一山超えるとホノルルは快晴。やっぱり地域によってかなり天気に差があるんですね。ホールフーズで買い物をして、ホテルに戻ります。

そして、ホテルでまたまたプール。子ども達的には本当は東海岸もしくはノースショアで泳ぐ予定だったのに、泳げなかったからかなりご不満の様子なので仕方ありませんね。

あと、この日はこのプール結構芸能人がいました。さすがハワイ。

スポンサーリンク

まとめ

この日はレナーズのマラサダ、マツモト・シェイブアイス、そしてジョバンニカフク本店のガーリックシュリンプと、B級グルメを食べまくった1日でした。豪雨の東海岸と61号線の通行止めは誤算でしたが、これも旅!ってことですね。

ちょっとスタートダッシュの2日間で食費を使いすぎたので、3日目の夕食はタダで(SPGの特典で)もらったレアヒ・ラウンジで済ませることにします。

シェラトンワイキキのレアヒ・ラウンジとカイ・マーケットはどちらがお得?徹底比較した結果

ハワイ旅行4日目 ドン・キホーテでお土産まとめ買い。ホテル移動日の時間の使い方

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD