モッピーからマリオット・ボンヴォイポイントへの交換開始!お得度を検証してみた

ポイントサイト業界的にかなり気になるポイント交換ルートが、2020年12月16日に開通しました!

それが、ポイントサイト「モッピー」から、マリオット・ボンヴォイポイントへの交換開始です!

このブログでも何度もご紹介していますが、ANAマイルを大量に貯める陸マイラーとかなり・・いや極めて相性が良いのがマリオットポイ活です。

だって、旅行といえば宿泊・ホテルが付きものですからね?

移動は貯めたANAマイルで飛行機無料!そして宿泊は高級ホテル系列「マリオット」に無料宿泊ってのが、正直陸マイラー界の王道なんです。

そして、そのマリオットポイ活に、なんとポイントサイトからのポイント交換という新しい交換ルートが開通した!と聞けば、当然喜ばしいことではあるんですが・・。

果たして、本当にお得なのか?早速、モッピーポイントからマリオットポイントへの交換、そのお得度を検証します。

スポンサーリンク

交換の概要

では、早速このモッピーーマリオット間のポイント交換の概要をご紹介していきます。

交換の概要
  • 2020年12月16日(水)12時から交換開始
  • 交換レート:1P(円)=1マリオット・ボンヴォイポイント
  • 交換手数料:無料
  • 交換日数:1~2日
  • 交換可能ポイント:1,000P~50,000P

気になる交換ルートの概要がこちらですね。

交換レートはモッピーの1P(1円)=1マリオット・ボンヴォイポイントとなっています。この後詳しくご紹介しますが・・そもそもSPGアメックスカードを利用すれば、マリオット・ポイントは100円利用で3P付与されるポイントですからね?

正直、あまり交換率としては良くないな・・というのが第一印象ですね。

その他、交換手数料は無料、交換日数は1~2日と一般的です。

スポンサーリンク

この交換ルートは果たしてお得か?

では、第一印象はさておき(笑)、このポイント交換のお得度を深堀して検証してみたいと思います。

まず、前述のとおり・・・実はマリオット・ボンヴォイポイントはSPGアメックスカードを利用すると100円のカード利用につき3P貯まるポイントです。

クレジットカードのポイントの還元率は1%(100円利用で1円)が一般的と言われています。このため、100円利用で3Pもらえるマリオット・ポイント1Pの価値は、0.33円程度というのが「相場」というか、一つの目安となる「価値」にはなると思います。

冒頭で第一印象として「交換率が良くない」と感じたのは、この理由によります。

だって、SPGアメックスのカード利用100円で3P手に入るポイントが、1円=1Pで交換ですからね?直観的には・・「ちょっと、レート悪くね?」って感じてしまいますよね。

ただ・・マリオット・ボンヴォイポイントは実はホテルの宿泊で利用するとポイントの価値以上で利用できるポイントとして有名ですからね。

もう少し、その損得について深堀して検討してみたいと思います。

スポンサーリンク

ポイント無料宿泊

では、まずはマリオット・ボンヴォイポイントの利用方法のまさに「本命」と言える、ポイント無料宿泊での損得についての検証です。

そして、個人的な感覚から言って、このマリオット・ボンヴォイポイントでの無料宿泊は、マリオット・ボンヴォイのホテルカテゴリーが高くなればなるほど、ポイント宿泊の方がお得になる計算です。

例えば、上記ザ・リッツ・カールトン東京(国内最高のカテゴリー「8」)の場合、無料宿泊に必要なポイントが70,000P。

一方で、宿泊料金は最低でも86,700円ですから、モッピーポイントからマリオット・ボンヴォイポイントに1円=1Pで交換しても、余裕で元が取れる計算になります。

やっぱり!超お得じゃん!じゃあ、モッピーポイントをどしどしマリオット・ボンヴォイポイントに交換しよう!

ってのは・・。実は、「ちょっと待った方が良い」と思います。

と、ここでストップをかける理由のその①が、モッピーポイントは別に無理にマリオットポイントに交換しなくても、ANAマイルやJALマイル、さらには現金化もできる・・という理由です。

例えばこの事例でご紹介したモッピーポイント70,000Pですが、ANAマイルにTOKYUルートで交換すると0.75倍の交換率となり、52,500ANAマイルに交換できます。

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

52,500マイルは、正直ハワイにビジネスクラスで旅行できるマイル数です。ANAでハワイにビジネスクラスで旅行しようとすると、1人25万円くらいは平気で必要ですからね?

つまり、ANAマイルに交換すれば、モッピーの1Pは・・3円以上の価値で使える(70,000P=25 万円以上の価値)ことになります。

さらに、理由その②としては・・。繰り返しですがマリオットポイントは、SPGアメックスカードを利用すれば100円利用=3Pで貯まる・・あえて言うと、かなり貯まりやすいポイントですからね??

そう考えると・・・正直わざわざモッピーのポイントを1円=1Pで交換する価値があるのか?は・・ちょっと疑問です。

少なくとも、全額ポイント宿泊するために、数万ポイントを大量投入してポイント交換するのはやめておいた方が良い、と言えるのではないでしょうか。

マイルへの交換もあまりお得ではない

そして、もう一つお得なマリオット・ポイントの利用方法として航空会社マイルへの交換があるのですが・・。

正直、航空会社のマイルへの交換も交換レート的には全くおすすめできません。

マリオット・ポイントのマイル交換レート
  • 3P=1マイルが基本
  • 60,000Pを一括で交換すると、5,000マイル追加
  • 60,000P=25,000マイル

マリオット・ポイントのマイル交換レートがこちら。

3P=1マイルが基本なので・・例えばモッピーの1円(P)をマイルに交換すると、3円=1マイルの計算になります。

このレートで計算すると、モッピーの1円(P)=0.33マイルにしか交換できないことになります。

そして、これ繰り返しですが、モッピーのポイントは、ANAならTOKYUルートで1P=0.75ANAマイルに、そしてJALならドリームキャンペーンを活用すれば1P=0.8JALマイルに交換できますからね。

60,000Pの一括交換で、5,000マイル増量!を利用しても、交換率は約42%にしか達しませんので、正直、75%(TOKYUルート)や80%(JALドリームキャンペーン)に比べると、全く問題にならないほど低いマイル交換率です。

モッピーポイントをマリオットポイントに交換してからマイルに交換するルートは、正直やめておいたほうが無難だと思います。

スポンサーリンク

モッピーからマリオットPへの交換の利用価値

ということで・・モッピーからマリオット・ポイントへのポイント交換自体がはじまったこと自体は非常に喜ばしいのですが・・。

正直、ポイント交換率的にはあまりおすすめできない・・という検証結果になりました。

何しろ、そもそもマリオット・ポイントはSPGアメックスカードなら100円利用=3P貯まるポイントです。そのポイントに、1P=1円の価値を持つモッピーポイントから1P=1マリオットポイントでしか交換できないというのは・・。

マリオットポイントの利便性と価値を十二分に評価しても、やはりちょっと交換価値的に見劣りすると思います。

お得な利用方法としては・・ポイント交換まで約1~2日というポイント交換の速さを活用して、ちょっとだけ足りないポイント(ポイント無料宿泊、マイルへの交換ボーナスがもらえる60,000P等)を緊急避難&補助的に交換/充当するという方法でしょうか。

真正面から交換しても正直ポイント価値としては損ですので・・ちょっとだけ足りない!なんて時に覚えておくとよいポイント交換方法・・って感じですかね。

以上、モッピーポイントからマリオットポイントへのポイント交換のお得度の検証結果をお伝えしました。

正直、マリオットポイントを貯めるなら、モッピーポイントを交換するよりSPGアメックスを利用した方が絶対に貯まるので、発行がまだの方は、是非以下の関連記事もご覧ください。

SPGアメックスの特典とメリットを完全解説。超絶お得な3つの理由!

SPGアメックスの宿泊ポイントは本当に18.5%還元?確認結果と計算方法

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

2021年夏のANAハワイ・ホノルル行きA380ビジネスクラス航空券親子4人分をマイルで発券しました

2020年9月6日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD