コートヤード白馬「ラヴァロック(LavaRock)」で夕食!おすすめメニュー、コロナ対応は?

コートヤードbyマリオット白馬の、折角なら絶対に行ってみたい!と思っていたホテル併設レストラン「LavaRock」(ラヴァロック)でディナーを満喫してきました!

正直、もっと価格的には高くつくと思っていたんですが、価格とボリューム、そして肝心の「味」のバランスがとれていて、滅茶苦茶おススメのレストランでしたね。

コートヤード白馬にはルームサービスもあるにはありますが、正直満足度が段違いですので、絶対にラヴァロックの利用をおすすめしたいと思います。

また、メニューには記載されていない、料理のボリュームに関係するとある情報もあって・・この情報がかなりデカくて衝撃的なんですよね(笑)

実際の訪問結果を踏まえ、今後ラヴァロックに訪れてみたい!って方向けに、訪問記を渾身のブログ記事でご紹介したいと思います。

また併せて、コートヤード白馬の新型コロナ対策を踏まえた注意点も余さずご紹介していきます。

安曇野一休庵で大盛りそば!半年ぶりの国内旅行は信州へ!

スポンサーリンク

ラヴァロックとは?

この記事で訪問記をご紹介するラヴァロック(LavaRock)とは、コートヤードbyマリオット白馬の1Fにある、施設唯一のレストランです。

関連ランキング:ダイニングバー | 白馬駅飯森駅神城駅

ホテルから少しだけ歩くと白馬のペンション等が立ち並ぶ飲食店街はあるにはあるのですが、白馬のホテル街から若干奥まった場所に位置するコートヤード白馬から歩くとそれなりに距離があります。

そして、正直このラヴァロック、滅茶苦茶レベルが高いです。

このため、コートヤード白馬に宿泊し、かつ夕食を白馬地区で食べたい方は、絶対にこのラヴァロックを利用した方がお得かつおすすめだと思います。

他のペンション・ホテルから多くの方がこのラヴァロックに外来で訪問されるくらい、レベルの高いレストランです。

新型コロナ感染症特別対策について

そして、ここで2020年夏~後半にかけてのラヴァロック利用時の注意点を。

ラヴァロックでは、新型コロナウイルス感染症予防対策の一環として、各座席の間隔を2m以上空ける・・つまり、かなり座席を「間引いた」営業を行っています。

このため、レストランの利用については2020年6月以降完全予約制になっています。

私はそんなことは全く知らず16時チェックイン時に席の予約を慌ててお願いしましたが・・そもそも営業時間が短いこともあり、営業時間終了後の20時以降席の用意ができ次第の電話連絡・・とのことでした。

結局、運よく19時10分過ぎに部屋にお電話を頂き利用ができましたが、この新型コロナ対策による席数の大幅な減少&完全予約制への移行を踏まえ、できる限り早めの予約をおすすめします。

スポンサーリンク

ラヴァロックへ入店

この日は、上記の通り運よく19時10分過ぎに部屋に案内のコールがあり、事前予約なしで入店ができました。

このラヴァロックで、特徴的なのがなんといっても画面右のバーカウンターですね。

このバーカウンターやロビーラウンジでも本来アルコールと軽食が楽しめるんですが、新型コロナウイルス感染症予防対策のため、当面の間レストランのみ(18:00~20:00)の営業とのこと。

バーカウンターは上記の通り滅茶苦茶雰囲気が良いので、非常に残念ですね・・。

店内は、このように席と席の間隔が本当に2m以上空けられており、空間的にはガラガラ状態でした。

感染予防対策はバッチリ・・って感じですね。

ただ、その分利用客のキャパシティ的には減っていますので、希望の時間に必ず利用の予約をしてから訪問してください

スポンサーリンク

オーダー

では、早速まずはドリンクオーダーからですね。

ここで1つ注意点ですが、正直このラヴァロック、ドリンクメニューについては異様なほど高いです。ちなみに私のオーダー(手前)が、アサヒスーパードライのパイント(580ml)なんですが、なんと1,600円(税・サ別)もします。

妻(奥)オーダーの同じくスーパードライのラージ(435ml)で、1,200円(税・サ別)です。

トータルで、この2杯で3,000円超もするんです。

子ども達はソフトドリンクを注文。

このようなグラスに入れて提供されるため滅茶苦茶見栄えが良いです。しかも量もたっぷりありますが、ソフトドリンク1杯で650円(税・サ別)です。

雰囲気を加味すれば許容範囲ですが、それでも若干お値段的には高めですので、ドリンクは最小限にした方が飲食費の高騰を防ぐことができると思います。

料理はどれもボリューム十分

食事オーダー
  • 信州野菜のミックスサラダ(1,300円)
  • 白馬ハム工房から届いたソーセージプレート(2,100円)
  • ハンギングテンダー(3,200円)
  • 茸のガーリックソテー(500円)
  • マリオットバーガー(2,200円)
  • ラヴァロックステーキ丼(2,600円)

この日は当日の席のみ予約でしたので、コースではなくアラカルトメニューから料理を注文しました。

かなりの量注文したように見えますが、合計は約12,000円ですので親子4人だと一人あたり約3,000円ですからね。コースを頼むより断然お得です。

そして、量的には・・正直、「前菜」(サラダ)1品、グリル2品+付け合わせ1品、メイン2品ですので、十分親子4人で行ける量かと思っていたのですが、これが実はボリュームが凄かったんです。

ドリンクの戦略は成功でしたが、料理の注文は若干失敗しました。

まずは、信州野菜のミックスサラダ(信州リンゴドレッシング)。

これがもう美味しすぎる。瑞々しいにもほどがあるだろ・・って感じです。そもそも信州の採れたて野菜は美味しいんですが、もう鮮度が違いすぎなんです。圧倒的なおいしさですね。

お次が、白馬ハム工房から届いたソーセージプレート

これも美味い!大ぶりなソーセージ3本にベーコン・・そして大量のフレンチフライ!食べ応えがありすぎです。しかも当然ながらソーセージはハーブが効いたものなどもあり、ビールに滅茶苦茶合う!

そして、付け合わせのフレンチフライ(フライドポテト)がめっちゃ熱々でうまい!のですが、ポテトの量も多い!

そして・・ここで係の方から衝撃の一言が・・。

「ソーセージとハンギングテンダーにはライスかパンが付きますが、どちらにされますか?」

・・・えっ!?

いやいや・・別でパンやライスは注文できる(300円)ので、まさかソーセージやハンギングテンダーにライスとパンがついてくるとは思いもよらなかった!!

これは・・食べきれるか!?と思いつつ、子ども達はパンが欲しいというのでとりあえず「パン」を注文。

そして、これがパン。

そしてこのパンがもう馬鹿みたいに美味しい。熱々、しかも外はカリカリで中はモチモチ。

なにこの美味しいパン。反則じゃないですか?って感じです。この時点で、申し訳ありませんがフレンチフライ(ポテト)の完食はあきらめました。

部屋でつまみにしよう・・。

お次が、ハンギングテンダー(160g)

ハンギングテンダーとは、要は中落ち牛肉のステーキです。そしてこれまた滅茶苦茶美味しい。柔らかすぎる

私は何とか一枚確保しましたが、ほぼ全て子ども達の胃袋へと消えて行きました

そして、キノコのガーリックソテー(500円)。

これが、本当に500円の付け合わせとは思えないくらいに美味しいんですよね。

しかも小さめのスキレットで熱々のまま提供されるので、パンと滅茶苦茶合う。美味すぎる。

そして、来ました本日のメインその①、マリオットバーガー!!

そしてこれがまたヤバいんですよ。正直マリオットバーガーといえば3,000円くらいする印象があるんですが、このマリオットバーガーは2,200円とかなりお手ごろ。

にもかかわらず、ボリューム感、そして味ともに完全に「マリオットバーガー」です。

とにかくビーフパティが滅茶苦茶分厚くてジューシー

そしてチーズも熱々、トマトも激うま、レタスもシャキシャキで、こんなに美味しいマリオットバーガーなかなか無いと思います。

しかもこれで2,200円ですからね?お一人の場合、このバーガーと付け合わせのポテトで十分すぎるほど満腹になると思います。

ちなみにこのマリオットバーガーは、ほぼ全て下の息子&妻の胃袋へと消えて行きました(笑)

そして、最後にダブルメインの「トリ」を飾る、「ラヴァロックステーキ丼」です。

これもヤバいです。美味しすぎます。

お肉が少なく見えますが、香ばしくグリルされた薄切り牛ステーキが10枚以上は乗っています。

上に散らされた野菜と一緒に食べると、さっぱりしてこれがもう滅茶苦茶美味しい。下の息子(=マリオットバーガーのとりこ)を除く親子3人で、ぺろりといただきました

ここまでご紹介したとおり、ラヴァロックはお上品なレストラン・・というだけでなく、かなりのボリュームがあり、しかも値段的にもお手軽なレストランです。

くれぐれも、注文しすぎには注意してください。

スポンサーリンク

インルームダイニング(ルームサービス)について

このコートヤード白馬では、普段はインルームダイニング(ルームサービス)は無いのですが、新型コロナウイルス感染拡大防止によるレストランの営業縮小を踏まえ、簡単なルームサービスも実施しています

が・・上記の通り正直どうです?ちょっといかにも「弁当」って感じですよね。

個人的には、雰囲気、そして熱々を食べる!という観点からも、是非ラヴァロックを予約して訪問していただきたいと思います。

頼みすぎには注意していただければ、超お得に美味しい信州のディナーを味わうことができます

スポンサーリンク

SPGアメックスカードホルダーならさらに割引あり!

いかがでしたでしょうか?

コートヤード白馬のレストラン「ラヴァロック」の夕食(ディナー)での訪問記をご紹介しました。

正直ドリンク類は高額なので注意が必要ですが、料理は味や素材の質も高く、ボリュームもあるので頼みすぎに注意すれば十分ご満足いただけるのではないかと思います。

そして、ラヴァロックではSPGアメックスカード所有者がステータスマッチで保持することができるマリオット・ゴールドエリート会員資格による割引当然ながら適用れます。

上記のとおり、マリオット・ゴールドエリート会員の特典として、なんと飲食費から20%も割引してもらうことができました。

この記事の情報とSPGアメックスのゴールドエリート会員資格を駆使し、是非お得にコートヤード白馬の宿泊と、レストラン「ラヴァロック」をご利用いただければと思います。

SPGアメックスの特典とメリットを完全解説。超絶お得な3つの理由!

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD