TOKYUルートでANAマイルを貯める方法&交換スケジュールまとめ【マイル交換率75%】

2019年6月にドットマネーからTOKYUポイントへの交換が開始され、陸マイラー界の新たなポイント交換ルートとして、「TOKYUルート」が活用できることになりました。

もちろん、ポイントサイトで貯めたポイントを最大価値でANAマイルに交換する「ポイント交換ルート」の核となるのは、依然として交換率81%のLINEルートです。

しかしながら、LINEルートより交換回数が少なくて済み、さらにポイントサイトのポイントを最短の日数でANAマイルに交換できる方法。それが、TOKYUポイントを経由してANAマイルを貯める方法です。

このTOKYUルートの1P=1ANAマイルへの交換レート(交換率)は、0.75倍です。

LINEルートの0.81倍に比べると若干見劣りはしますが、LINEルートの約2か月というANAマイルへの交換期間に比べ、ANAマイルへの交換が最短で約3週間と短くて済むことや、LINEルートで必須のANA To Me Card Pasmo(通称「ソラチカカード」)が不要、しかも毎月のANAマイルへの交換上限の設定がないなど、LINEルートにはない、多くのメリットがあります。

TOKYUポイントルートでANAマイルを貯める方法と、交換スケジュールを徹底的に解説します。※ドットマネーからTOKYUポイントへの交換方法と交換日数を追記しました。

スポンサーリンク

TOKYUルートの全体像

まず、TOKYUルートの全体像をご紹介します。

上記の図の一番左から、順に目で追ってください。

まず、各ポイントサイトからドットマネーには、1P=1円で等倍の交換ができます。さらにその右、ドットマネーから東急ポイントへも等倍で交換できます。(※2019年6月3日から、ドットマネーからTOKYUポイントへの交換が開始されました。)

そして、ここが最大のポイントですが、その右、最後の交換となる東急ポイントからANAマイルへの交換が、0.75倍なんです。つまり、このルートでポイント交換することにより、各ポイントサイトで貯めたポイントは1円=0.75ANAマイルに交換できることになります。

LINEルートの0.81倍に匹敵する、かなりの高額レートでの交換が可能なんです。

しかし・・このたった一つのポイント交換ルートの開通により、ソラチカルート封鎖以降、ANAマイラーからは全く見向きもされなかったドットマネーが、途端に重要ポイント交換サイトになるんですから・・ポイント交換業界はかなり奥深いですね。

スポンサーリンク

TOKYUポイントからANAマイルへ交換するために必要なカード

さて、この東急ポイントですが、東急カードであれば、どのカードのポイントプログラムからでもANAマイルに0.75倍で交換できるわけではありません。

TOKYUカードの種類(一例)
  1. TOKYU CARD ClubQ JMB
  2. JALカードTOKYU POINT Club Q
  3. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
  4. スーパーIC カード TOKYU POINT PASMO「三菱UFJ-VISA」

このように、TOKYUカードには様々な種類があるのですが、ANAマイルに0.75倍で交換できるのは、上記③の、赤字で記載した「ANA TOKYU Point ClubQ Pasmo」カードだけです。

正確には、このカードを保有したうえで、東急POINT WEBサービスに登録することで、ANA TOKYU Point ClubQ Pasmo会員専用メニューからANAマイルへ0.75倍でポイント交換できるんです。

このように、ANA TOKYU Point ClubQ Pasmo マスターカード所有者専用のWebサービスが用意されており、ANAカード以外のTOKYUカードWebサービスとは、入り口が異なります

ANA TOKYU Point ClubQ Pasmo所有者だけが加入できる、東急POINT WEBサービスからの交換限定で、ANAマイルへ1,000P(1,000円)=750ANAマイルに交換できるんです。

このように、TOKYUルートでANAマイルに0.75倍で交換できるクレジットカードは、唯一ANA TOKYU Point ClubQ Pasmoカードです。他のTOKYUカードを持っていても、1P=0.75ANAマイルに交換することはできませんので、お間違えの無いようにしてください。

TOKYUルートは、1月あたりのポイント交換制限がない

そして、地味ですが実は大きなメリットが、TOKYUポイントからANAマイルへの交換には、月間のポイント交換上限設定が無いことです。

上記の右から2番目の欄、「減算ポイント」をご覧ください。

東京メトロポイントの場合、ANAマイルに交換できるのは毎月20,000ポイント(18,000ANAマイル)が上限です。

一方、TOKYUポイントにはこのANAマイルへの交換上限がないので、毎月大量のANAマイルを貯めることができるんです。ただし、ドットマネーからTOKYUポイントへの交換は月10万ポイントまでが上限ですので、最大75,000ANAマイルまで、というのが最も正確な表現になるでしょうか。

それでも、これまで月間18,000ANAマイル上限だったのが、最大75,000ANAマイルまで跳ね上がるわけですから、これ、実は結構大きなメリットだと思います。

スポンサーリンク

TOKYUルートのポイント交換スケジュール

ここまで、TOKYUルートの全体像と、TOKYUルートでANAマイルを貯めるために必要なクレジットカードを解説しました。

そして、ここからこのTOKYUルートの最大の魅力、TOKYUルートのポイント交換スケジュールを解説します。これ、LINEルートに比べてかなり短くて済むんです。

じゃあ、LINEルートはどれくらいかかるのかというと、最大3か月、最短で2か月かかっていたんですよね。詳細は、以下関連記事をご覧ください。

【2019年最新】LINEルートでANAマイルを貯める方法。移行率0.81倍のソラチカ経由メインルート

【2019年最新】LINEルートのポイント交換スケジュール総まとめ。各ルートの締日とANAマイルへの最短交換方法

TOKYUルートの交換スケジュールの全体像

一方、TOKYUルートのポイント交換スケジュールの全体像がこちらです。

交換元 交換先 交換期間
ポイントサイト ドットマネー リアルタイム~最大5営業日
ドットマネー 東急ポイント 2週間~最大1か月
東急ポイント ANAマイル 約 1週間

ポイントサイトからドットマネーへの交換が最大5営業日、ドットマネーから東急ポイントの交換が最短2週間、東急ポイントからANAマイルへの交換が約1週間です。

ポイントサイトからドットマネーへの交換は、サイトによってはリアルタイムですので、最短約3週間あればANAマイルに交換できるスケジュールになります。

具体的に、時系列の図表に落とし込んだものがこちらです。

各ポイントサイトから当月15日までにドットマネーに交換を終え、同じく15日までに東急ポイントに交換できれば、翌月の月初にはANAマイルに交換ができる。そんなスケジュールです。※実際にドットマネーからTOKYUポイントに交換しましたが、6月14日に交換申込して、月末の6月27日に交換が完了しました。

ちなみに、東急ポイントからANAマイルへの交換は、特段締切日という概念はありません。交換がいつであったとしても、交換申込後約1週間でANAマイルに交換できます。※6月28日にTOKYUポイントからANAマイルに交換して、7月5日には交換が完了していました。

LINEルートも、Gポイントを経由することで約2か月でANAマイルに交換できますが、それよりもかなり迅速にANAマイルに交換できます

上記のとおり、6月15日に交換したポイントが、7月5日にはANAマイルに交換できていました。実際に、約3週間で交換できますよ!!

各ポイントサイト→ドットマネーの交換日数

上記のとおり、このTOKYUルートを利用して最短でANAマイルを交換するためには、15日までにドットマネーからTOKYUポイントへの交換を終える必要があります。

そのために必要となるのが、当然ですが15日までのドットマネーへのポイント交換です。このポイント交換の参考となる、各ポイントサイトからドットマネーへの交換日数を、以下にまとめておきます。

リアルタイム
  • ちょびリッチ
  • モッピー(スマホサイトのみ)
  • ポケフル
~3営業日
  • ハピタス
  • げん玉
  • ポイントインカム
  • ライフメディア
  • ワラウ
3営業日超
  • Getmoney!
  • i2iポイント

ドットマネーにリアルタイムで交換可能なちょびリッチとモッピーは・・さすが陸マイラー御用達サイトですね。15日ギリギリに動いても、余裕で、ドットマネー→東急ポイントの締め切りに間に合います。

ポイントサイトで大量ANAマイルを貯める方法

その他のサイトは、ドットマネーへの交換に3営業日、場合によっては3営業日超が必要になりますので、毎月15日までにドットマネーから東急ポイントに交換できるよう、スケジュールを意識するようにしてください。

スポンサーリンク

TOKYUルートのメリット・デメリット

ここまでご紹介したこのTOKYUルートのメリット・デメリットをまとめます。

まず、メリットは以下の3つになります。

TOKYUルートのメリット
  1. ANAマイルへの交換が約3週間と迅速!
  2. ポイント交換がたったの3回と簡単!
  3. 月間のポイント交換上限LINEルートの4倍強!

この3つのメリット、いずれも甲乙つけがたいメリットがあります。

まず、①と②について。これは、LINEルートに比べるとかなりのメリットです。

例えば、LINEルートでも比較的ポイント交換の回数が少なく、ANAマイルへの交換が迅速な部類である、Gポイントを経由したポイント交換の期間および交換回数が下記のとおりです。

各ポイントサイトからANAマイルへは4回の交換が必要となり、約2か月の日数が掛かります。

一方、TOKYUルートの場合、ポイント交換は3回で済み、ANAマイルへの交換は最短3週間なんです。これ、かなりのメリットです。

さらに、③のとおりTOKYUポイントからANAマイルへは月毎の交換上限がLINEルートの月間18,000ANAマイルの約4倍となる75,000ANAマイルなので、大量のポイントをANAマイルに交換することができます。

TOKYUルートのデメリット

TOKYUルートのデメリット
  1. ANAマイルへの交換率が0.75倍(LINEルートの場合0.81倍)

一方のTOKYUルートのデメリットはこちらです。

やっぱり、ANAマイルへの交換率が0.75倍というのはちょっと残念ですよね。たったの0.06倍ではありますが、やっぱり目減りするのは精神衛生上良くありませんね。

スポンサーリンク

実際の交換方法

では、このTOKYUルートでANAマイルを貯める方法を実際の画面で確認していきましょう。

ドットマネー→TOKYUポイント

まずは、ドットマネーからTOKYUポイントへの交換です。

ドットマネーの「マネーを使う」バナーから「TOKYUポイント」をクリック。

続いて「交換する」をクリック。

次の画面で、必要事項を入力します。

入力事項
  1. メールアドレス
  2. 生年月日
  3. 名前(カタカナ)
  4. カード番号上6桁
  5. 交換ポイント

入力事項はシンプルに上記の5項目です。こんな簡単な入力内容で本当にマッチするの?と結構心配になるくらいシンプルですね。

どうやらカード番号上6桁と、生年月日と名前で個人を特定しているようです。

入力項目が少なすぎるので、本当にこれで個人が特定できるのか?若干心配していましたが、無事、交換が完了しました。

TOKYUポイント→ANAマイル

さて、次はTOKYUポイントからANAマイルへの交換です。

TOKYUポイントサービスの「ポイントサービス」メニューから「ポイント交換」をクリック。

ANA TOKYU Point ClubQ Pasmoカードの会員のみ、交換メニューにANAマイレージクラブが表示されます。

交換画面では、お客さま番号(AMC番号)と口数を入力します。

AMC番号は、必ずANA TOKYU Point ClubQ Pasmoカードのものを入力する必要があります。ANA TOKYU Point ClubQ Pasmoカード発行後、他のANAカードを発行した場合、既にメインのAMC番号がANA TOKYU Point ClubQ Pasmoの番号から変わっている場合もあると思いますが、問題なく合算してマイルは加算されますので、ご安心ください。

また、ANAマイルへの交換は1,000Pを1口とした交換になります。今回の私の例のように3,800Pとかの場合、800PのままではANAマイルに交換できず、200Pを追加して1,000P単位での交換が必要になります。

無事、交換完了しました。交換完了後約1週間でANAマイルとして0.75倍で加算されます。

まとめ

以上、ポイントサイトの1円分のポイントを交換レート0.75倍でANAマイルに交換できる、TOKYUポイントルートについて解説しました。

このポイント交換ルートは、ANAマイルへの交換レートが0.81倍であるLINEルートに比べると、交換レートとしては0.75倍と若干見劣りはしますが、一方で、ANAマイルへの交換期間が約3週間と圧倒的に早く、また月間のANAマイルへの交換上限が75,000ANAマイルとLINEルートの約4倍になるなど、LINEルートにないメリットがあります。

これらメリット・デメリットをご理解の上、ANAマイルを貯めるルートの1つとして、このTOKYUルートも是非理解し、利用していただければと思います。

個人的には、LINEルートの方が依然としてANAマイルへの交換レートが高いので、メインはLINEルートを利用するつもりです。

どうしてもすぐにマイルが欲しい場合のサブルートとして、このANAマイル交換ルートも利用していきたいと思っています。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD