bitFlyer(ビットフライヤー)のポイントサイト案件で12,000円!さらに口座開設だけで2,500円もらえる!

国内最大級の金融庁登録済み仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」が、口座開設だけ2,500円もらえる!という、超絶入会キャンペーンを開催中です!!

さらに、ポイントサイトでも大高騰しており、なんと、過去最高水準となる12,000円!ですからね。

なんと、合計最大14,500円ももらえる!という、超絶お得案件に仕上がってきました(笑)!!

実はこの案件、ポイントサイトの12,000円案件は、損失目安が7,000円ですので(笑)実は実際の収益は約5,000円というシビアな案件(笑)だったのですが・・。

ここにきて、公式サイトの爆得新規入会キャンペーンが炸裂中ですので(笑)、口座開設&取引しておくなら!って感じになっています!!

早速、リスクを最小限にポイントを獲得する方法と、お得度を解説します!

スポンサーリンク

案件相場

では、早速このbitFlyer案件のポイントサイトでの相場を確認していきましょう!

ご覧のとおり、超絶優良ポイントサイト「ハピタス」さんと、「モッピー」「ワラウ」さんで、12,000円過去最高水準を叩き出しています!

このbitFlyer案件は、実は2017年くらいからポイントサイトに出現している息の長い案件ですが・・。

この水準は多分過去最も高い水準ですね!

・・・その分、実はポイント獲得条件も悪化していますが(笑)。

あ、ちなみに「ハピタス」さん、「モッピー」「ワラウ」さんが同一ポイント、同一条件なら・・。

ポイントサイトの信頼度的にも、ゴールド会員ならポイント交換時に最大5%増量!神会員制度を持つ、ハピタスさん一択で良いでしょう(笑)。

ハピタスさんのポイントは、TOKYUルートでの業界最高倍率でのANAマイルへの交換も、手数料無料でのTポイントへの交換(ウエル活)、現金化も手数料無料可能な万能ポイントサイトです。

この記事では、ハピタスさんの案件を題材に、解説を続けます。

【会員ランク制度リニューアル!】ハピタスは安心・安全なおすすめポイントサイト!陸マイラー必見!

【ハピタス修行】ハピタスゴールド会員に最短でなる方法!ゴールド会員のメリットも!

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

スポンサーリンク

案件詳細

では、続いてハピタスさん案件の詳細も見ていきましょう。こちらですね。

ハピタスさん経由のbitFlyerの新規口座開設+取引で、12,000円分のハピタスポイントがもらえます。

ポイント獲得条件
  • 新規口座開設+仮想通貨を合計10万円以上購入完了
  • 初めて「bitFlyer」に申し込む方のみ対象
  • メールアドレス登録後、60日以内に取引所もしくは販売所にて仮想通貨を合計10万円以上購入
  • 条件達成からポイント付与までの間、総資産額を5万円以上保有
  • 個人口座、法人口座ともに対象
  • 口座開設手続きはウェブブラウザ上で完了必須。スマホアプリは成果反映されないケースあり

そして、ポイント獲得条件の詳細がこちら。

新規口座開設後、仮想通貨を合計10万円以上購入完了した方が対象です。

なお、仮想通貨の種類に指定はないので、bitFlyerで取扱いのあるいずれかの仮想通貨で、60日以内に10万円以上購入完了すればOKってことになります。

とはいえ、仮想通貨ならなんでもいいかというとそうではなく(笑)、後からご紹介する理由でビットコインで購入しておくのがおススメになります。

そして、ここが超重要なんですが・・。

条件達成からポイント付与までの間総資産額を5万円以上保有しておく必要があります。

総資産としての保有は値動きの大きな仮想通貨ではなく、現金での5万円以上の保有でもOKですので、現金を5万円以上口座に残しておく!ってのは忘れてはいけませんね。

また、取引の10万円は「一括10万円」という表現ではないので・・・最終的に保有しておかなければならない5万円の資産保有条件も踏まえると・・。

5万円超入金して、5万円×2回=10万円以上の取引完了!ってのが正攻法になりますかね。

あ、実際の入金額や取引方法等は、後程詳しくご説明します。

その他の条件としては・・初めてbitFlyerに申し込む方のみ対象なことと、口座開設手続きはWebブラウザでの手続きが推奨されていることのみ、ご注意ください。

スポンサーリンク

ポイント却下条件

同じく、ポイント却下条件も見ていきましょう!

色々とありますが(笑)・・細かいので、重要な物のみ以下に抜粋します。

ポイント却下条件
  • 不備・不正・虚偽・重複(同一IP・デバイス)・いたずら・未入金・キャンセル
  • 条件達成からポイント付与までの間、総資産額を5万円以上保有されなかった場合、もしくは口座解約・凍結をされた方 

ということで、いろいろとありますが重要なのはこれだけです(笑)。

まずは重複(同一IP・デバイス)は不可ですが、同一住所不可条件はないので、夫婦別々で申し込んで、それぞれポイントを獲得することも可能な案件です。

ただし、上記のとおり重複(同一IP・デバイス)は不可ですので、重複と見做されないよう、申込に利用する通信回線とデバイスを1人目は自宅PC+Wifi、2人目はスマホ+スマホ4G回線など、必ず分けるようにしてください。

さらに、これは繰り返しですがポイント付与までの間、総資産額を5万円以上保有していないとNGですので、うっかり出金しないよう、ご注意ください。

スポンサーリンク

新規入会キャンペーン

そして・・ポイントサイト案件だけじゃないんです!!

なんと、今ならbitflyer側の新規入会キャンペーンも重ねがけで適用でき、なんと口座開設だけ2,500円相当のビットコインがもらえちゃうんです!!

口座開設だけですからね!?

実際の取引などは必要ないので・・いや、ポイントサイトのポイントはめんどくさいからいらない・・って方でも、超お得ですね(笑)。

なお、キャンペーンの概要がこちら。

キャンペーン期間である2021年12月22日(水)〜2022年1月22日(土)の間に、エントリーして本人確認手続き(口座開設手続き)を完了した方全員に・・。

2,500円分のビットコインがプレゼントされます。

プレゼント時期は、2022年2月ごろとなっていますので、楽しみに待ちましょう(笑)。

そして、超絶重要なのが、上記でも赤太字で強調したとおり・・。

このキャンペーン、エントリーが必須ってことと、エントリーの順番を間違えちゃダメって事です。

エントリーは、上記のとおり条件(エントリー&キャンペーン期間中の口座開設完了)を満たせばよく、その条件達成には順番の設定はありません

そして、実はエントリーにはbitflyerアカウントの作成が必要になるため・・。

公式サイトから先にエントリーをしてしまうと、なんと上記の「既にbitflyerアカウントをお持ちの方」というNG条件に引っ掛かってしまうんです。

ということで、ポイントサイト案件との両取りを狙う方は、まずはポイントサイト案件から口座開設したのちに・・。

公式サイトからエントリーするようにしてください。

この順番を間違えるとポイントサイトのポイントは対象外になりますから、くれぐれもご注意を!

スポンサーリンク

攻略法

では、実際の取引方法を解説していきます。

まずは、ポイントサイトの案件を経由して、ビットフライヤーの口座を開設してください。

基本的に全てWebで完結しますので、入力を促されるままに個人情報等を入力していけば、特段引っかかるところなく口座開設はできると思います。

無事口座開設が完了したら・・。次は、入金です。

まず、ご注意いただきたいのが・・このbitFlyerですが、入金・出金に手数料がかかります。

まず、入金については住信SBIネット銀行からのクイック入金は完全無料ですが・・・。

その他の銀行等からの入金は、上記のとおり銀行振込の場合各金融機関の定める振込手数料が、そしてその他の振込方法ですと330円(税込)が掛かります。

住信SBIネット銀行をお持ちの方は、住信SBI銀行からクイック入金がおススメですね。

また、その他の銀行で振込手数料の優遇(月○回まで無料)をお持ちの場合は、その振込優遇サービスを利用して銀行振込するのがおススメです。

ただし、銀行振込の場合入金が即時反映ではないことにはご注意を。

また、出金時にも、今回の案件ではポイント獲得まで50,000円以上の資産保有が必要となるので・・。

30,000円以上の出金の場合、三井住友銀行への出金で440円(税込)三井住友銀行以外の場合770円(税込)が掛かります。

入出金手数料・・高!って感じですね。

最低でも440円(入金無料+三井住友銀行への出金440円)、最大1,100円(入金330円+三井住友銀行以外への出金770円)かかりますので・・。

この入出金手数料は、損失目安の計算に入れておきましょう(笑)。

そして、気になる入金額ですが・・。

上記のとおり、58,000円がおススメですね。

ここまでご紹介のとおり、ポイント獲得にはポイント獲得まで総資産50,000円以上の入金の維持が必要ですし・・。

後程ご紹介しますが、10万円のビットコイン取引の損失目安は6,000円(笑)ですからね。

取引完了後50,000円以上の総資産を口座に残しておくためには、余裕を見て58,000円の入金がおススメです。

スポンサーリンク

取引方法

ということで(笑)、無事58,000円の入金が完了したら・・。

次は、実際に取引していきます。

ちなみに、bitFlyerでの合計10万円以上の取引は、「販売所」「取引所」どちらでもOKですが・・。

この記事で推奨するのは、上記のとおり「販売所」取引です。

ちなみに、仮想通貨口座開設+取引のポイントサイト案件最大のリスクは、仮想通貨の価格(相場)変動リスクです。

このため、仮想通貨を条件量(この案件の場合10万円)以上購入し、価格変動する前に即座に売るというのが基本戦略となります。

ちょっと目を離した隙に、1日に5%相場が変動した!なんてこともあり得るのが、仮想通貨の怖さです(笑)。

10万円の5%って・・5,000円ですからね?

買ったら、即売る。これが仮想通貨ポイントサイト案件の鉄則です。

販売所と取引所の違い
  • 販売所:ユーザー(私たち)と運営会社(bitFlyer)が取引する場所
  • 取引所:ユーザー同士が取引する場所

そして、「販売所」と「取引所」の違いが上記の通りです。

販売所は、私たちと運営会社(ビットフライヤー)が取引する場所です。運営会社はいつでも売買に応じてくれるので、いつでも買って、即売る・・ということが可能です。

ただし、販売所では販売価格(私たちが買う値段)と売却価格(私たちが売る値段)の間に違い(値差)があり、この値差の事をスプレッドといいます。

そして、これがある日のビットフライヤーでの実際のビットコインのスプレッドです。

左が購入価格、右が売却価格ですが、なんと驚異の・・スプレッドが387,792円(6,675,166円-6,287,374円)もあります(笑)。

あ、当然このスプレッドは相場によって違うんですが、実は、ビットコインがビットフライヤーの取扱い仮想通貨の中では最安で、約6%スプレッドとなっています。

そして、ビットフライヤーではビットコインの相場に関係なく100円単位で取引ができるので、例えば10万円ぴったりの仮想通貨を購入し、瞬時に売却した場合の損失(理論値)は・・。

10万円×スプレッド6%=6,000円ってことに・・なるんですね(笑)。

ちなみに、取引所(ユーザー同士で取引する場所)での取引なら、もっと損失を抑えることもできるんですが・・。

こんな感じの取引板を見ながら、損しない水準で発注する必要があります。

もし、発注が約定(注文成立)しなかった場合、あれよあれよという間に損失が拡大するリスクもあります。

ということで、取引所取引を否定するものではありませんが、この記事では、損失がほぼ確定&限定できる販売所取引を推奨します。

もちろん、自信のある方は、取引所取引でも構いません。

はい。

ということで、ものすごく前置きが長くなりましたが(笑)、販売所での10万円取引方法を解説していきます。

まずは、前述のとおり1⃣販売所を選択して、2⃣BTC/JPY(ビットコインと日本円の取引)を選択します。

2⃣は、初期表示でBTC/JPYになっているので、確認するだけでOKです。

そして、まずはビットコインを3⃣買うをクリックします。

すると、このような買い注文画面に遷移するので・・。

4⃣購入する金額として50,100円を入力します。

50,000円ぴったりだと、注文中の価格変動で50,000円の購入に達しない場合があるので・・。

ここは必ず50,000円以上50,100円くらいがおススメです。

そして、5⃣買い注文に進むをクリック。

あとは、価格変動しないうちに、表示される確認画面で素早く「買い注文を確定する」をクリック

これで50,100円分のビットコインの購入ができたので・・後は、価格変動で損失が拡大しないうちに速やかに売却します。

上記「戻る」ボタンを押して、元の「販売所」取引画面に戻ります。

そして、即座に1⃣売るをクリックします。

こちらが、売り注文板です。

まずは、右下2⃣に注目してください。ここに、今購入したばかりの50,000円分のビットコイン、つまり現時点で保有するビットコインの数量が表示されているので・・。

即時に全額売るため(笑)、同額を3⃣売却BTCの数量枠に入力します。

入力したら、4⃣売り注文に進むをクリックし・・。

同じく表示される確認画面で、素早く「売り注文を確定する」をクリックしてください。

お疲れさまでした。これで、50,000円を少し超える金額のビットコインの購入&売却が完了しました。

この50,000円の即時売買による損失目安は、約3,000円(50,000円×6%)程度になります。

後はもう1回、この取引を繰り返してください(笑)。

これで、5万円×2回=10万円超の仮想通貨の取引が完了し・・損失目安はスプレッドである6,000円近辺に収まると思います。

後は最後に・・画面一番下にこのような「取引履歴」タブがあるので・・。

この取引履歴タブで、売買種別「買い」が、全部で10万円以上あるかを確認しておいてください。

上記のとおり、売買当時のビットコインの価格と、数量しか表示が無いので、必ず価格×数量で実際の購入価格を計算してください。

上記の事例ですと、購入したビットコインは6,662,690円×0.00750448BTCですので・・50,268円で、50,000円を超えてますね(笑)。

そして、売却したビットコインは6,271,680円×0.00750448BTCで、46,666円・・。

損失は、約3,600円でした(笑)。

このように、50,000円超の取引×2回があるかを、必ず確認してください。

スポンサーリンク

bitFlyerについて

そして、この記事でご紹介したビットフライヤーですが・・。

冒頭にもご紹介したとおり、国内最大級を誇る、超絶優良仮想通貨取引所です。

なんといっても取引量をはじめ数々の No.1実績がありますし、グローバルで利用者数が250 万人を突破するなど、多くの方に選ばれている仮想通貨取引所です。

また、これまでハッキングの被害が無いという信頼と安心のセキュリティを誇る今国内で最も長く仮想通貨取引所を運営する企業なんですよね!

また、私も実際に口座開設して驚いたのですが、なんとビットフライヤーでは、100円から仮想通貨の取引ができます(笑)。

ビットコインやリップル(XRP)、 モナコイン、イーサリアムなど人気仮想通貨が少額から売買できので、仮想通貨・・ちょっと試してみたい・・って方にもおすすめです。

また、土日祝日、いつでもどこでも取引可能!なのも凄く便利ですね。

24時間 / 365日パソコンからでも、スマホアプリからでも仮想通貨の売買ができます!

このように、多くのメリットを有する仮想通貨取引所さんですので、この案件を使ってみて気に入ったら・・。

是非、継続して利用してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ポイントサイトで過去最高水準を叩き出している、bitFlyer案件についてご紹介&攻略法を解説しました!

普段ですと、12,000円!おっ・・これは結構お得!って一瞬思いますが・・。

実は損失目安が7,000円(スプレッド6,000円+入出金手数料最大1,000円程度)という案件なので、手を出すのにちょっと躊躇する案件なんです(笑)

ですが・・公式新規入会キャンペーン開催中の今は違います(笑)からね!!

なにしろ、公式新規入会キャンペーンを利用すればさらに口座開設だけ2,500円分のビットコインが無料でもらえるので、破壊力が違いすぎます。

ポイントサイト案件は面倒!って方は、口座開設だけでも十分お得です(笑)。

この案件は、超優良ポイントサイトハピタスさんが最高額です。ハピタスさんに口座開設済みの方は、こちらから案件の利用ができます。

そして、まだハピタスさんに登録していない方はさらなる大チャンスです!!

現在ハピタスでは友達紹介からの入会キャンペーン中ですので、上記もしくは以下のバナーから12月31日までにハピタスへ新規登録を行い・・・。

登録後同じく12月31日までに500P以上のハピタスの広告を利用し、1月31日までに500P以上のポイント実際に獲得する(=有効判定される)ことで、なんと新規入会ボーナスとして合計1,000円分のポイントがもらえます。

このビットフライヤー案件は12,000円分のポイントですので、楽勝追加で1,000円分のポイントがもらえますね!

ハピタスへの登録がまだの方は、以下のバナーから是非お早目に登録をどうぞ。

口座開設後、ハピタスさんの案件検索窓から「bitfFlyer」で検索するか、こちらをクリックしてください。

【ハピタス修行】ハピタスゴールド会員に最短でなる方法!ゴールド会員のメリットも!

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



 

AD