【2019年7月最新】ニュージーランド航空特典航空券減額マイルキャンペーン開始。ANAマイルなら30%お得に!

ANAマイルを利用すれば、ANAはもとよりスターアライアンス提携航空会社の特典航空券も発券できることは、当然ご存知ですよね?

そして、スターアライアンス提携航空会社であるニュージーランド航空の特典航空券をANAマイルで発券する際に絶対に利用したいのが、不定期(近年は年1~2回)に開催される「減額マイルキャンペーン」です。

これ、その名のとおり、特典航空航空券発券に必要なマイル数が減額されるキャンペーンです。もらえるマイルが増える「増額」キャンペーンはよく聞きますが、「減額」という逆方向のキャンペーンも・・あるんです。

もちろん、増額でも減額でも効果は同じなんですが、より少ないマイルで特典航空券を発券できるので、減額の方が有利といっても言い過ぎではないのでしょうか。

そしてこのキャンペーン、2019年も7月1日(月)から開始されることになりました。

ニュージーランドまでの特典航空券発券に必要なANAマイルが30%減額という、かなり破壊力があるキャンペーンです。しかも、キャンペーンでのフライト予約可能期間は11月~12月と、日本人的にはローシーズンですが、ニュージーランドはちょうど春~初夏。

まさに絶好の観光シーズンなんですよね。

ニュージーランド航空特典航空券減額キャンペーンの全貌を解説します。

スポンサーリンク

ニュージーランド航空マイル減額キャンペーンについて

では早速、ニュージーランド航空「減額マイルキャンペーン」の全貌を解説していきます。

このキャンペーンを利用することで、成田・関空発ーニュージーランド行きの特典航空券の発券に必要なANAマイル数が、減額キャンペーンによりなんと30%オフになります。これ、マイル業界では前代未聞と言ってもよいくらい、かなりの値引き率だと思います。

所要マイル(減額前→減額後)

このキャンペーンにより、所要マイルは以下のとおり3割も大減額されます。

所要マイル(往復)
  • エコノミー:(通常)45,000 (減額後)31,500
  • ビジネス:(通常)75,000 (減額後)52,500

どうですか?これ、滅茶苦茶お得じゃないですか??

ビジネスクラスの減額後なんて、ニュージーランドまでの往復で52,500ANAマイルですからね。東南アジア行きのビジネスクラス往復は63,000ANAマイル(レギュラーシーズン)ですから、これに比べても激安すぎます。

ニュージーランドに行ってみたかった方にとっては、正直、絶好の渡航チャンスだと思います。ニュージーランド航空の特典航空券は、是非このANAマイルでの減額キャンペーン期間中を狙いましょう

適用条件

発券(キャンペーン)期間

2019年7月1日(月)14:00(日本時間)~2019年8月31日(土)23:59(予約・発券する国の時間)

※発売時間は全世界一斉(日本時間14:00~)。終了時間は現地時間。

では、今回の2019年7月のキャンペーンの適用条件を順にみていきましょう。

まず発券期間は上記のとおりです。

予約開始~終了の期間は、上記のとおり7月1日(月)14:00~予約開始(全世界一斉)、2019年8月31日(土)23:59までです。この後ご紹介する11月~12月の搭乗期間中の連休等競争率の高い日程に、しかもビジネスクラスで搭乗したい場合は予約開始当日14:00~の予約が必須でしょう。

対象搭乗期間

2019年11月5日(火)~2019年12月12日(木)

一方この7月~8月末のキャンペーン期間中に予約できる、キャンペーンの対象となる搭乗期間は上記のとおりです。

前述のとおり、この11月~12月は、ニュージーランドは春~初夏の絶好の観光シーズンです。この期間であれば、ニュージーランド旅行を計画する際にはまさにベストシーズンと言って良いと思います。

対象便・クラス

続いて、キャンペーンの適用対象となる、対象便・クラスがこちらです。

基本となるのが成田・関空-オークランド便。そして、オークランド到着以降のニュージーランド国内線での「ウェリントン」「クライストチャーチ」「クイーンズタウン」「ダニーデン」までの移動と、日本国内線での成田・関空までの移動(ANA便に限る)は、この減額キャンペーンの対象になります。

日本国内線はANA便限定、そして国際線及びニュージーランド国内線はニュージーランド航空利用便限定となりますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

予約は電話のみ

そして、このニュージーランド航空の特典航空券減額キャンペーンを利用しての特典航空券の予約は、ANAマイレージクラブ・サービスセンターへの電話予約限定となっています。

というか、そもそもANAマイルを利用したニュージーランド航空の特典航空券の予約は、ほぼ電話でしかできません(Webでの発券はほぼ不可能)ので、電話でしか予約できないんだ・・とか、落ち込む必要は一切ありません。

これは、ほぼ通常通りの対応です。

ただ、電話での申し込みの場合発券手数料が1名あたり2,160円(税込)かかりますので、その点だけはお含み置きいただきたいと思います。繰り返しですが、キャンペーン対象であろうとなかろうとニュージーランド航空の特典航空券の予約は電話予約が基本なので、ここはやむを得ないと割り切ってください。

スポンサーリンク

ニュージーランドの魅力

さて、ここまでご紹介したニュージーランド航空特典航空券減額キャンペーン。いかがでしたか?もし迷っておられる方がいらっしゃるなら、是非、一度ご利用されることをおすすめしたいと思います。

というのも、ニュージーランドの魅力といえば、なんといっても大自然。これ、是非一度観光してみていただきたいと思います。本当に、素晴らしい体験ができますよ。

これは、ニュージーランド南島、クイーンズタウンよりさらに南下して、「ミルフォードサウンド」に向かう道の途中ですね。

どこの映画のロケ地?って感じの、本当に雄大な大自然が続きます。北海道ももちろん素晴らしいですが、ニュージーランド南島は、日本っぽくない・・カナダみたいな素晴らしいロケーションが続きます。

本当に素晴らしい大自然です。

さて、クイーンズタウンを出発して約3時間。やっとミルフォードサウンドに到着しました。

ミルフォードサウンドといえば、なんといってもクルーズ。これ、一生忘れられない思い出になることと思います。

そして、クイーンズタウン近郊の、ミルブルック・リゾートでゴルフなんてのも最高です。これ、私自身実際に体験してきましたが、滅茶苦茶最高でした。

もちろん、芝生へのカートの乗り入れOKですからね。凄すぎます。

そして、特に南島は大都市であっても、その規模はほとんど田舎町に毛が生えたようなもの。ちょっと郊外に出れば、普通に幹線道路のど真ん中で羊の大移動に取り囲まれるのも・・それも当たり前。

そんなのどかな環境が、ニュージーランド。そして、それが本当にかけがえのない魅力なんですよね。

スポンサーリンク

ニュージーランド航空のサービスレベルは?

そして、このキャンペーンの対象となるニュージーランド航空は、そもそもサービスレベルが高い航空会社として有名です。

上記のとおりエコノミークラスでもかなり広いシートピッチを誇ります。

エコノミークラスの食事(往路)
  • 夕食:鶏肉のソテー or すき焼き+ご飯
  • 朝食:鮭塩焼き+ご飯 or オムレツ+ハッシュドポテト

エコノミークラスの往路のお食事はこんな感じでした。

器も陶器だし、十分って感じですよね。

エコノミークラスの食事(往路)
  • 朝食:鮭塩焼き+ご飯 or オムレツ+ハッシュドポテト
  • 夕食:チキンピラフ or 牛すき焼き+ご飯

復路のお食事がこちら。いずれも、エコノミークラスとしては十分すぎるといっても良いお食事だだと思います。

メニューが往復若干似ているのは・・それはまあご愛敬といったところでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ANAマイルでのニュージーランド航空特典航空券減額マイルキャンペーンについて解説しました。

このキャンペーン、年1~2回ほど開催されていますので、ニュージーランド航空でニュージーランドに行ってみたかった方は是非この機会をご利用いただければ、かなりお得にニュージーランド旅行ができるのではないかと思います。

何しろ、十分快適なエコノミークラスで、往復31,500ANAマイルでニュージーランドに行けてしまうんです。東南アジアに比べると、倍近く遠い、四季が反対の国に、このマイル数で渡航出来てしまうというのは驚異的です。

是非、この機会にニュージーランド航空の特典航空券を発券してみてください。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



 

AD