「マイルでハワイ旅行」の予約を実現!親子4人でビジネスクラスハワイ旅行はどれだけお得?

このブログで主に紹介しているのは、陸でマイルを貯める通称「陸マイラー」のメソッドと、マリオット・ボンヴォイのポイントを貯めてホテルに無料宿泊するマリオットポイントの貯め方・使い方です。

そして、マイルやマリオット・ポイントは貯めるだけでは意味がありません。折角なら夏休みにすべての陸マイラーの夢である「親子4人でビジネスクラスでハワイに行こう」と決め、陸で貯めたマイルやマリオット・ポイントを最大限に駆使して、ハワイ行きのビジネスクラス旅行を予約してみました。

ハワイ旅行に親子4人でビジネスクラスで旅行する場合、どのくらいのマイルやマリオットポイントが必要なのか?

そして、これらマイルやマリオット・ポイント使うと本当に無料で旅行できるのか?どれくらいお得なのか?について、実際に予約した結果をご紹介します。

スポンサーリンク

親子4人、7泊9日間のハワイ旅行の予約完了

前年の夏くらいからちょっとずつ、本当に少しずつ予約を開始した、夏休みのハワイ旅行の予約がついに完了しました。

これで全旅程の予約が完了したので、急病とかにならない限り、念願だった「ANAマイルとマリオットポイントでハワイ旅行」、しかもビジネスクラスでの旅行が実現します。

そもそも私自身、ANAマイルとマリオット・ポイントを貯めはじめなければ、旅費と宿泊費が高額すぎて、ハワイに行こうとも思わなかったと思います。これからANAマイルやマリオット・ポイントを貯める方のモチベーションになればとの思いもあり、本当に予約できるのか?そして本当にお得なのか?について私の事例をご紹介してみたいと思います。

  1. 航空機は親子4人で往復ビジネスクラス特典航空券
  2. ホテルはできる限りマリオット・ポイントを利用した無料宿泊

ちなみに、今回のハワイ旅行のマイ・ルールはこちらです。やっぱハワイにビジネスクラスで行くって、一度は実現したくないですか?その特典航空券がマイルを利用した特典航空券だったりしたら、さらにテンション上がりますもんね。

そして、ホテルはできる限りマリオット・ポイントを利用した無料宿泊で。何しろ、ワイキキ・ビーチの前にはシェラトン・ワイキキ、モアナサーフライダー、ロイヤルハワイアンなどマリオット系列の超高級ホテルがまさに「鈴なり」状態です。

これまで貯めたANAマイルとマリオット・ポイントを利用して、どれだけお得な旅行を実現できたのか?どれくらいのマイルが必要なのか?早速ご紹介していきます。

スポンサーリンク

ハワイ往復の所要マイル数

さて、まずお得なハワイ旅行の実現のために絶対に必要なのが、航空会社のマイルです。この記事のタイトルでもあり、すべてのマイラーの夢でもある「マイルでハワイ」のための、ハワイの往復に必要な各社のマイル数をまとめたものが、下記のとおりになります。

航空会社 エコノミー プレエコ ビジネス
ANA 35-43,000 53-61,000 60-68,000
ANA提携会社 40-43,000 65-68,000
JAL 40,000~ 60,000~ 80,000~
ユナイテッド 50,000 80-100,000
デルタ 60,000~ 130,000~

所要マイル数は各社各様ではありますが、エコノミークラスで大体1人あたり40,000~60,000マイル、ビジネスクラスで60,000~100,000マイル程度が必要になるのが大体の相場ですね。

まずは、この大量マイルを貯めることが「マイルでハワイ」の関門になります。ただ、このマイルを貯めることは実はそれほど難しくありません

難関なのは、特典航空券の「予約」なんです。特に、ビジネスクラスを予約する場合、そのハードルが極端に跳ね上がります。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

ポイントサイトで大量ANAマイルを貯める方法

スポンサーリンク

ビジネスクラスフライトの予約について

では、その難関のビジネスクラスのフライト予約方法について解説します。

国際線の特典航空券フライトの予約は、ANAの場合なんと約1年前の355日前のAM9:00~開始です。そして、ハワイ路線ビジネスクラスの場合ほとんどの日程で、この355日の9:00時点のほんの数秒で予約が埋まってしまいます

一方、2019年5月のANAのA380就航以降は、エコノミークラス・プレミアムエコノミークラスであればかなりの座席数が開放されていますので、355日前の9:00に予約に動けば、何とか、座席を確保することは可能でしょう。ただ、それでも春休み、夏休みなどの激戦期間中は、355日前のAM9:00から予約を取るよう動き出さないと、ほぼ予約はできないと思ってください。

ANAマイルでなかなか取れないハワイ路線特典航空券を予約する裏技!【超実践編】

このように、ただでさえ競争率の超高いビジネスクラスですが、さらに追い打ちをかけるように、AMC(ANAマイレージクラブ)の平会員である私には1便当たり2名までしか、ビジネスクラスの特典航空券は開放されていません

つまり、ANA便では親子4人でビジネスクラスハワイ!の実現可能性はほとんど0なんです。

このため、私は頭を切り替えて、ANAの提携航空会社特典を利用し、アシアナ航空による「ソウル発券」で親子4人分のビジネスクラスを予約しました。

所要マイルは、韓国発着のホノルル路線の場合往復で85,000マイルですので、4人合計で340,000マイル。サーチャージなどの支払い総額は79,080円でした。

ちなみにこの旅程を現金購入すると、11,312,800ウォン・・。まさかの1千万ウォン越えでビックリしますが、日本円換算では約111万です。(サーチャージ料金別)

つまり、サーチャージ等含め約120万円のチケットを、無料で貯めた34万ANAマイルを利用して、たったの約8万円で発券できた、ということになります。

ANAマイルで夏休みハワイ!ビジネスクラス特典航空券を家族4人分予約した方法とは?

ちなみに、ANAのエコノミークラスを通常購入してハワイに行った場合のチケットのお値段(夏休み期間中)は以下のとおりです。

エコノミークラス、サーチャージ含めずで42万円。サーチャージ等込みで約50万円です。でもこれ、エコノミークラスですからね。

ANAのビジネスクラスを通常購入して親子4人でハワイに行く場合、最も安い料金クラスでも約140万円です。

確かに、今回私が予約したのはアシアナ航空で、ANAのビジネスクラスではありません。

しかしながら、そもそもANAの平会員の場合、ANA便では親子4人のビジネスクラスの予約はできないことを考えると、なんというんでしょう、ANAマイルでビジネスクラスでハワイに行きたい4人家族向けの、無理しないソリューションとしては十分満足できる一つの回答なのではないかと個人的には思っています。

ソウルまでの往復費用

今回の私の旅程はソウル発券ですので、ソウルまでの特典航空券は別途用意する必要があります。ただ、実はこれ短距離路線ということもありそんなに高くありません。

もちろん、マイルを利用して発券しても良かったんですが、親子4人で往復約11万円と国内線ばりに格安でしたので、マイルは使わず普通にクレカで発券しました。

ソウルは非常に近いですし、私のような地方在住者の場合ANA便でホノルルまで行く場合、結局東京(成田/羽田)まで乗り継ぎフライトが必要になるので、ソウル乗継だろうが東京乗継だろうが「乗り継ぎ」という点では実はほとんど違いはないんですよね。

フライト フライト料金 別料金 合計
アシアナビジネス 約8万円 約12万円 約20万円
ANAエコノミー 約50万円 約50万円
ANAビジネス 約140万円 約140万円

この結果、まず、フライト料金はアシアナ航空のビジネスクラス利用で約20万円に抑えることができました

ちなみにこれ、家族4人分ですからね。アシアナ航空のビジネスクラスで夏休みにハワイに行って、親子4人で往復総額20万円って、これ安すぎだと思います。

ちなみに、ANAのエコノミークラスの場合約50万円、ビジネスクラスなら約140万円が必要となるわけですから、アシアナ航空ですが、ビジネスクラスの親子4人分のチケットがたったの20万円で発券できたのは個人的にはかなりの健闘だと・・勝手に思っています(笑)。

スポンサーリンク

ホテルの予約について

フライトに続き、ホテルの予約です。

ハワイのホテルは、先にご紹介したマイ・ルールのとおり極力マリオット・ボンヴォイの無料宿泊ポイントを利用して予約しました。

旅程 宿泊ホテル 無料宿泊
1日目 シェラトン・ワイキキ
2日目 シェラトン・ワイキキ
3日目 シェラトン・ワイキキ
4日目 モアナサーフライダー
5日目 アウラニ・ディズニーリゾート
6日目 アウラニ・ディズニーリゾート
7日目 アウラニ・ディズニーリゾート

旅程としてはこんな感じですね。個人的には全泊無料宿泊としたかったところなんですが、私を除く家族全員から「アウラニ・ディズニーリゾートに泊まりたい!」という猛烈なリクエストがあり、3泊はアウラニにしました。

アウラニ・ディズニーリゾートは泣く子も黙る超高級リゾートですので、結構な宿泊料金が掛かります。が、アウラニに宿泊できたのも、1~4泊目のシェラトンとモアナサーフライダーに無料宿泊できたお陰だと思ってます。

シェラトン・ワイキキの無料宿泊料金

まず、シェラトン・ワイキキには、1~3日目の3泊を無料宿泊で予約しました。シェラトン・ワイキキにはスライダーをはじめとした子ども向けのプールである「ヘルモア・プレイグラウンド」があり、子連れにはぴったりのホテルです。

この3泊の宿泊ポイントが上記のとおりです。上図の左側、最初の2泊はポイントを利用した無料宿泊で、右側の3泊目はSPGアメックスの継続特典である無料宿泊特典を利用しての無料宿泊になります。

このシェラトン・ワイキキはマリオットのカテゴリー6に該当する超高級ホテルですので、無料宿泊には6万ポイントが必要になります。

ちなみにこのホテル、普段でも1泊3万円超はするホテルですが、夏休みの場合1泊あたり4~5万円はくだらない超高級ホテルです。

この表示されている料金に、さらに税金および手数料とリゾートチャージが徴収されます。ちなみに、ポイントを使った無料宿泊には税金および手数料は含まれていますが、別途リゾートチャージは支払う必要があります。

このマリオット・ポイントと無料宿泊特典を利用した宿泊料金は以下のとおりにです。

宿泊料金+税 リゾートチャージ 合計
通常宿泊 約4万円 37.7$ 4万円+37.7$
ポイント宿泊 60,000P 37.7$ 37.7$

通常宿泊の場合、宿泊料金約4万円に追加してリゾートチャージ37.7ドルが掛かりますが、無料宿泊の場合実際に支払いが必要なのはポイントと37.7ドルだけです。

つまり、普通に宿泊したら3泊で約12万円+リゾートチャージ113ドルが掛かるこの高級ホテルシェラトン・ワイキキに、たったの113ドルで宿泊できることになります。シェラトンワイキキに3泊してたったの113ドルですからね。もうこれ、異常な安さといってよいと思います。

ちなみに、ホテルの予約は約半年前に行いました。半年以上前だとなかなか空室もでませんので、早すぎず、遅すぎずの半年前が絶妙のタイミングなのではないかと思います。

SPGアメックス無料宿泊特典はハワイで使うと超得!解約せずに2年目も継続した理由

モアナサーフライダーの無料宿泊

そして、次の1泊はワイキキビーチの「白亜の宮殿」こと、モアナサーフライダーの無料宿泊です。

モアナサーフライダーって、こんなんですからね。しかも名前も超カッコいい。

ワイキキビーチの目の前に位置する、普通にハワイに行ってもこんなホテル高級すぎて泊まれないだろ!って感じの超高級ホテルです。ちなみに、参考価格としてはやはりシェラトン・ワイキキと同じく1泊4万円程度です。

こちらも、リゾート料金別で約4万円のホテルに、たったのリゾート料金のみの38.75$で宿泊できます

あの憧れのモアナサーフライダーにたったの38.75$で泊まれる・・・これ、ほとんどおとぎ話の世界ですよ。

ちなみに、このシェラトン・ワイキキとモアナサーフライダーの「ほぼ」無料宿泊に必要なポイントの貯め方は、下記の関連記事をご参照ください。全4泊のうち1泊は無料宿泊特典、残りの3泊はポイントを利用した無料宿泊(180,000P)ですが、このくらいのポイントなら簡単に貯めることができますよ。

SPGアメックスの特典とメリットを完全解説。旅を愛するあなたにおすすめの3つの理由

SPGアメックスの宿泊ポイント付与時期や方法などルールまとめ。還元率18.5%の破壊力を徹底検証する

アウラニ・ディズニーリゾートの宿泊予約

本当はポイントのある限り無料宿泊して、そのまま日本に戻りたかったのですが(笑)、妻と子どもの強いリクエストによりアウラニ・ディズニーリゾートにもさらに3泊することにしました。

アウラニ・ディズニーリゾートはDVC(ディズニー・バケーション・クラブ)に入会でもしない限り、格安の宿泊はできません。

当然我が家はにはそんなお金はないので、個人手配で最安を誇る楽天トラベルから予約しました。

アウラニディズニーリゾートを個人手配で格安宿泊予約する方法

ちなみにお値段は3泊で約25万円です。高!!

でも、シェラトン・ワイキキとモアナサーフライダーにポイント等を利用した格安宿泊ができましたので、これで何とかお支払いができました。

こういうところにも、マイルの特典航空券とマリオット・ポイントによる無料宿泊の「余裕」が出てくるんですよね。

スポンサーリンク

ANAマイルとマリオット・ポイントを利用したビジネスクラスハワイ旅行の総費用は?

いかがでしたでしょうか?

今回の私の親子4人のビジネスクラスハワイ旅行のフライト・ホテルの総費用は、以下のとおりとなりました。

今回 アシアナビジネス ANAエコノミー ANAビジネス
フライト 20万円 120万円 50万円 140万円
シェラトン・ワイキキ 1万2千円 15万円
モアナサーフライダー 4千円 5万円
アウラニ・ディズニー 25万円
合 計 47万円 165万円 95万円 185万円

フライトがビジネスクラスを予約しても約20万円と超絶お得なことと、マリオットポイントを利用することで本来約20万円もするホテル料金が、たったのリゾート料金分の1万6千円程度で済んでしまうため、ビジネスクラスでハワイにフライトし、シェラトン3泊とモアナサーフライダーに1泊、さらにアウラニ・ディズニーに3泊して、合計金額が親子4人でなんと47万円で済みました。

1人当たりの旅行費用はなんと10万円強です。

今回私は結構無理してアシアナ航空のビジネスクラスの特典航空券を取りましたが、これを無理せずANAのA380プレミアムエコノミークラスで我慢し、さらに宿泊もアウラニには手を出さず、シェラトンに無料宿泊をもう2泊くらいにしておけば、フライト料金約8万円+ホテル料金2万円強、合計10万円強で、7泊9日のハワイ旅行ができる計算です。

この場合、1人当たり約3万円程度でハワイ旅行ができます。しかもビジネスクラス利用ですからね。しかも泊まっているホテルはシェラトンにモアナサーフライダーです。これ、凄すぎませんか?

ちなみに、JTBとかのツアーで、私が予約した行程を8月の夏休みシーズンに予約すると、航空便がエコノミークラスであっても余裕で1人あたり30~50万円はとられます。8月のシェラトン・ワイキキ7泊とかだと普通に1人当たり50万円です。これ、本当ですよ?

さらに、ビジネスクラスなんか利用しようものなら、1人当たり60~80万円は絶対かかります

ANAマイルを貯めてビジネスクラスでハワイに行き、さらにマリオット系の超高級ホテルに無料宿泊で4連泊!+アウラニにも3泊してその旅費が1人当たり約10万円強!

これ、本当に実現できます。

さらに、マリオット・ポイントの無料宿泊特典で浮いたお金を利用して、普段は宿泊することのできないアウラニ・ディズニーリゾートにも宿泊することもできるんですよ。

私的には、ANAマイルとマリオット・ポイントが無ければ、アウラニ・ディズニーリゾートには一生宿泊することはなかったと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ANAマイルとマリオット・ポイントを利用したハワイ旅行でも、どうしても燃油サーチャージや諸税、ホテルのリゾート料金などが加算されるため、完全に「無料」というわけにはいきません。

このため、完全無料にはなりませんが、それでも国内旅行の費用レベルでハワイに行けてしまうことは事実です。

今回の私のケースだと、「ソウル発券」「アウラニ3泊」というイレギュラーな旅程を組み込んだため4人で約50万円ほどかかってしまいましたが、このイレギュラーを排除すれば、4人で約10万円程度で5~6泊のハワイ旅行が実現する計算です。

そして、この「マイルと無料宿泊」の余裕があるからこそ、ビジネスクラスやアウラニなどの「オプション」を付けることができ、より旅をグレードアップできるんですよね。

マイルでハワイ!夢が膨らみましたか?

私にもできたんです。あなたにできないはずがありません。ANAマイルとマリオット・ポイントを貯めて「お得にハワイ」を是非実現してみてください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

SPGアメックスの特典とメリットを完全解説。旅を愛するあなたにおすすめの3つの理由

SPGアメックスの宿泊ポイント付与時期や方法などルールまとめ。還元率18.5%の破壊力を徹底検証する



AD