ANA国際線特典航空券の隠れ発券制限の裏ルール「エリア枠」とは?エラーコードE_A04P01_0001の理由

ANAマイルを利用した国際線特典航空券の発券には、もちろん提携航空会社(スターアライアンス)特典航空券も含め、一定のルールがあります。

このルールは、ANAのホームページに「ANA国際特典航空券」「提携航空会社特典航空券」それぞれの「ご利用条件」として明記されています。

でも、実はこのご利用条件に記載のない「裏制限ルール」があることはご存知ですか?

この裏制限ルール、普通にANAマイルで特典航空券を予約していると本当のシステムエラー以外では遭遇することはないと思いますが、ANAマイルを利用した提携航空会社(スターアライアンス)国際線特典航空券の仕組みを理解し始めると、たまに遭遇することもあるエラーです。

ANAやスターアライアンスのHPには記載のない、国際特典航空券の裏制限ルールである「エリア(ルート)枠」について解説します。

スポンサーリンク

ANA/提携航空会社国際線特典航空券の発券ルール

まず、超簡単にANAと提携国際線特典航空券の発券ルールをおさらいしておきます。これはこの記事の本題ではないので、本当に簡単に解説します。

①ANA国際線特典航空券の発券ルール

まず、ANA国際線特典航空券の発券ルールがこちらです。

  1. 日本発便の場合、目的地以外の途中降機(24時間を超える滞在)は不可。
  2. 乗り換えは、日本以外では不可。日本国内の場合往路・復路各2回まで可能。
  3. 搭乗クラスが複数ある場合は、往路・復路それぞれに必要なマイル数の2分の1を適用

ANA国際線特典航空券を利用する場合は、ANA便にしか搭乗しません(できません)ので、日本国外から日本国外を結ぶ路線(例:ソウルーシンガポール間のANA便)への搭乗はあり得ません。

このため必然的に途中降機と、日本以外での乗り換えは不可になります。

②提携航空会社国際線特典航空券の発券ルール

一方、提携航空会社の国際線特典航空券の発券ルールを抜粋したものがこちらです。

  1. 日本発・海外発ともに途中降機(24時間を超える滞在)は、目的地以外に往路・復路いずれか1回可能
  2. 乗り換えは、日本国内で往路・復路各2回まで可能。さらに、日本以外で往路・復路各2回まで可能
  3. 搭乗クラスが複数ある場合は、往路・復路それぞれに必要なマイル数の2分の1を適用

提携航空会社の航空券を利用すると、上記の例でいうと、ソウルーシンガポール間で、例えばアシアナ航空やシンガポール航空での発券が可能になるため、特典航空券発券の幅が格段に広がります。

しかも、提携航空会社特典航空券を利用すると、日本以外で往路・復路2回まで乗り換え可能ですし、24時間を超える滞在も1回可能になります。このルールを正確に理解すると、例えば下記のような特典航空券の発券も可能になります。

この旅程、凄くないですか?

最も遠い目的地であるバルセロナへの到着までの間(往路)に、途中ウィーンでの24時間以上の降機1回を挟み、往路2回(ウィーン、チューリヒ)、復路2回(フランクフルト、デュッセルドルフ)の乗り換えを行っています。

そしてこの旅程、実際に発券できるんです。この事実を知っちゃうと、なんかこれでもかと夢のある旅券を発券したくなっちゃうんですが、実は、このルール通りに発券しても、発券できない場合があるんです。

それが、ANA提携航空会社特典航空券の「裏制限ルール」です。

スポンサーリンク

特典航空券のルール内でも、発券できないケースがある

ここまで、ANA提携航空会社特典航空券の「正規ルール」はよろしかったでしょうか?では、この特典航空券を極限まで突き詰めて使ってみましょう

このルールをうまく利用すれば、例えば下記のような特典航空券も発券可能です。

この「東京ージャカルターシンガポールーバンコクー東京」という、東南アジアに向かう上記の旅程で、最も遠い「目的地」はジャカルタになります。このジャカルタには24時間以上滞在。その後、復路で2回(シンガポール、バンコク)乗り換えをして、日本に戻る行程です。ちなみに、バンコクの乗り換えは24時間以内のトランジットです。

ここまでご紹介したルール上では、楽勝発券可能な日程ということはお分かりいただけると思います。何しろ、この旅程の場合往路(ジャカルタまで)の乗り継ぎはありません。このため、往路での日本国外の乗り換えがあと2回できるくらいですからね。

ただ、よく見てください。復路の「ジャカルタ-シンガポール」と「バンコクー成田」の2回が、ファーストクラスの予約になっています。ただ、これも別にルール上違反しているわけではありません。というか、シンガポールーバンコク間は「ビジネスでごめんね」と謝られてもおかしくないくらいです。

というのも、復路にはファーストクラス相当のマイルを支払っているので、本来全区間ファーストでも予約できるんです。

この旅程に必要なマイル数は88,500マイル。往路はビジネスクラスの所要マイル63,000マイルの半額の31,500マイル。復路はファーストクラスの所要マイル114,000マイルの半額の57,000マイル。このトータルで88,500マイルです。

かっちり、正規のマイルを徴収されるので、普通にこの旅程は予約ができるはず・・なんですが、こういうケースで発動するのが「裏ルールなんです。

エラーコードE_A04P01_0001とは?

もう一度、上記の予約の画面を表示してみます。

ANAマイルで特典航空券を発券したことがある方ならお分かりかと思いますが、この画面に到達しているということは、「発券ルール内」であり、かつ「空席あり」ということなんです。発券ルール外であればこの画面への到達前に撥ねられますし、空席がない場合は空席待ちになってしまいます。

通常、この画面に到達したらめでたく予約OKってことなんです。

でも、この予約の場合ここから先どうやっても以下の画面が表示され、予約が完了できませんでした。

その画面がこちらです。「あいにく手続きを承れません」の表記とともに、エラーコード「E_A04P01_0001」が表示されています。

何度も言いますが、この発券は完全にルール内です。それなのに、手続きできない・・ってことは、これ、システムエラーかな?と思って、翌日にも試してみたんですが、翌日もダメ。というか、何度やってもダメです。

らちが明かないので、ANAに問い合わせしてみました。

エラーコードE_A04P01_0001に対するANAの回答

このエラーコードに対するANAの回答は、以下のとおりでした。

  • 特典航空券には、ルート・目的エリアごとに(ファースト)枠があり、確かにファーストに空席が確認できてもエリア(ルート)枠が満席である
  • このため、他の日程で検索していただきたい

あまりはっきりとした回答は得られなかったのですが、内容を意訳すると上記のような感じでしたね。

ルートというかエリアごとに・・これははっきりとはコメントが無かったのですがどうも「ファーストクラス」の搭乗回数に制限があるような感じでした。つまり、上記のケースでいうと、「日本ー東南アジア」の往復いずれかのファーストクラス搭乗回数は、1回が限界・・でも、これは日程によって違う・・ってことです。

「その制限って、どこかにルールとして明記されていますか?」と聞いてみましたが、「明文化されたものはなく、お客さまの搭乗ルートによって違う・・」とのことでした。

マジか。そんなルール・・あったんですね。

スポンサーリンク

エラーコードE_A04P01_0001の発生理由

ここから若干の想像も入ってくるんですが、このエラーの発生は、各航空会社のマイルの取り分によるところも大きいのかと思います。

例えば今回のケースでは、復路はファースト2回、ビジネス1回、国内線1回に乗るのですが、このルートで私が支払うANAマイル数は搭乗回数が多いとかそんなことは関係なく、57,000マイルと同一です。

しかも、シンガポール航空のファースト、タイ国際航空のファースト&ビジネス、ANAの国内線と、合計3社のカテゴリーの違う路線に乗るわけです。一方、顧客から徴収できるマイルは、ファースト1回搭乗でも、2回以上乗っても57,000マイルです。

今回のケースの場合、3社のファースト2回、ビジネス1回、国内線1回に搭乗して、同じ57,000マイルですから、これ、単純に配分しちゃうと採算に合わん!という会社もあることでしょう

このあたりが、このエラーコード「E_A04P01_0001」の発生の理由のような気がします。

ANA国際線提携航空会社の発券ルールが分かったからといって、特にファーストの場合、あまり詰め込みすぎ・乗りすぎはできませんよ、ということですね。

ちなみに、上記のケースの場合途中のシンガポールーバンコク間のシンガポール航空ファーストクラスを飛ばすと、問題なく発券できました。もちろん、日程は同じですので、「そういうこと」なんだと思います。

スポンサーリンク

提携航空会社特典航空券の「エリア枠」にご注意!

ANAマイルでの提携航空会社の国際線特典航空券の発券方法を覚えると、かなり自由自在に特典航空券を発券できるようになります。

しかしながら、提携航空会社特典航空券には、特にファーストクラスを中心に裏ルールと言える「エリア枠」が存在します。ルール内であれば、その回数乗り放題!というわけではないんです。

そして、この裏制限ルールはどこにも明文化されているわけではありません。

エラーコード「E_A04P01_0001」が表示されたら、まずはファーストクラスの旅程を詰め込みすぎてないか?を疑ってみるとよいかもしれませんね。

以上、ANA国際線提携航空会社特典航空券の「エリア枠(ルート枠)」についてご紹介しました。

ANAマイルで国内線/国際線特典航空券を発券する裏技。~スターアライアンス特典航空券編~

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018年7月15日



AD