ANAマイルで国内線/国際線特典航空券を発券する裏技。~スターアライアンス特典航空券編~

ANAマイルでの国際線/国内線特典航空券の発券ルールは、なかなか奥深いです。

さらに、通常のANAの特典航空券発券ルールに加え、スターアライアンス特典航空券の発券ルールをしっかり理解しておくことで、実は特典航空券を自由自在に活用することが可能です。

スターアライアンス特典航空券の発券ルールは全部ご紹介するととても大変なんですが、この記事では陸マイラーが絶対に抑えておくべき2つの発券ルールと、このルールを裏技的に活用して国際線・国内線特典航空券を発券しまくる方法をご紹介します。ANA陸マイラーには必須のメソッドだと思いますので、是非覚えておいていただければと思います。

スポンサーリンク

スターアライアンス特典航空券とは

まず、簡単にスターアライアンス特典航空券のご紹介から。

スターアライアンス特典航空券とは、ANAマイルで予約可能な、スターアライアンス加盟航空会社および提携航空会社のフライトを含む特典航空券のことを言います。旅程のうち一部(一区間)だけでもスターアライアンス加盟・提携航空会社のフライトが含まれている場合、「スターアライアンス特典航空券」として、ANA特典航空券とは異なるルールが適用されます。

異なるルールの一つが、特典航空券の所要マイル数です。下記は、日本出発の各目的地別の所要マイル数のチャートです。ちなみに、ANAのチャートはレギュラーシーズンのマイル数を表示しました。(※スターアライアンス特典航空券にはシーズンの設定はありません。)

目的地 クラス ANA スタアラ
韓国 15,000 18,000 3,000
30,000 33,000 3,000
54,000
東南アジア 20,000 23,000 3,000
40,000 43,000 3,000
69,000
その他アジア 35,000 38,000 3,000
60,000 63,000 3,000
105,000 114,000 9,000
ハワイ 40,000 43,000 3,000
65,000 68,000 3,000
120,000 129,000 9,000
北米 50,000 55,000 5,000
85,000 90,000 5,000
150,000 165,000 15,000
欧州 55,000 60,000 5,000
90,000 95,000 5,000
165,000 180,000 15,000
オセアニア 45,000 50,000 5,000
75,000 80,000 5,000
135,000 150,000 15,000

※Y:エコノミー、C:ビジネス、F:ファースト

スターアライアンス特典航空券の場合、ANA便のみのANA国際線特典航空券に比べ、アジア~ハワイの中~近距離路線で3,000~5,000ANAマイル、長距離路線で5,000~15,000マイルほど、所要マイルが多くなります

ただし、この数千マイルを上回る超絶メリットがスターアライアンス特典航空券にはあるんです。

スポンサーリンク

絶対に覚えておくべきスターアライアンス特典航空券のルール

それでは、早速超絶メリットが存在する、絶対に覚えておくべきスターアライアンス特典航空券のルールをご紹介します。一応、スターアライアンス特典航空券発券ルールの全貌をご紹介しますと、以下のとおりになります。

  1. 出発地からの必要マイル数が最も高い地点を目的地とする。
  2. 往路・復路それぞれの最初の都市、または最後の都市を経由することはできない。
  3. 乗り換え地点には一定の制限あり。(世界一周の旅程は除く)
  4. 出発地からの必要マイル数がより高いゾーンの都市を乗り換え地点にすることはできない。
    また、乗り換え地点から目的地までの必要マイル数が出発地から目的地の必要マイル数を上回るような乗り換えはできない。
  5. 出発地と最終帰着地が異なる場合、同一国内であることが必要。
  6. 往路到着地と復路出発地が異なる場合、同一エリア内であることが必要。
  7. 往路到着地と復路出発地が異なるゾーンになる場合、必要マイル数は各ゾーンで必要とされるマイル数の2分の1の合算になる。
  8. 日本発・海外発ともに途中降機(24時間を超える滞在)は、目的地以外に往路・復路いずれか1回可能。
  9. 乗り換えは、日本国内で往路・復路各2回まで可能。さらに、日本以外で往路・復路各2回まで可能。

正直、こんな9つのルールを全部理解しようとしてもよくわからないですよね。

それくらい、スターアライアンス特典航空券の発券には色々ごちゃごちゃしたルールがあるわけですがここで覚えておくべきは⑧と⑨ルール、この2点がメインになります。この2つのルールをうまく駆使することで、ANAマイルを利用して超絶お得に特典航空券を発券「しまくる」ことができるんです。

早速、解説していきます。

①途中降機(24時間を超える滞在)は、目的地以外に往路・復路いずれか1回可能

これ、かなり重要なルールです。スターアライアンス特典航空券に限り、途中降機(24時間を超える滞在)が、目的地以外に往路・復路1回可能なんです。ちなみに、ANA特典航空券では、日本発便の場合は途中降機はできないルールとなっています。(ただし、ANA特典航空券で海外発便の場合は、1回に限り可能)

このルールをうまく活用すれば、例えば下記のようにフランクフルトとタイに複数日(24時間以上)滞在する特典航空券を発券することも可能です。

こんな感じですね。4月9日~15日までフランクフルトに、そして16日から19日までバンコクに滞在できているのはお分かりでしょうか?

この24時間以上の滞在可能な都市は、同じエリア内には限らず、どのエリアでも2都市まで24時間以上の滞在が可能です。このため、ヨーロッパ内の2都市に24時間以上滞在する周遊特典航空券なんてのも発券できるわけです。

ウィーンとバルセロナという超観光都市に、それぞれ24時間以上滞在していることがお分かりでしょうか?この特典航空券の発券は、スターアライアンス便を含めたスターアライアンス特典航空券でしか発券できません。この「途中降機(24時間以上の滞在)が目的地以外に1回可能」というルールは、是非覚えておいて、有効に活用してください。

これが、スターアライアンス特典航空券のルールを利用した特典航空券をしまくる方法その①です。

②乗り換えは、日本国内で往路・復路各2回まで可能。さらに、日本以外で往路・復路各2回まで可能

そして、この②のルール・・これが超絶重要なルールになります。スターアライアンス特典航空券の場合、乗り換えが日本国内で往路・復路各2回まで、さらに日本以外で往路・復路各2回可能です。これ、どれだけ乗り継げるの?ってことです。

ちなみに、ANA特典航空券の場合、乗り換えは日本国内で往路・復路各2回までしかできません。国外での乗り換えは、ANA特典航空券ではできないんです。

このスターアライアンス特典を利用した乗り換えと、①の途中降機(24時間以上)が1回可能なルールを利用すると、理論的には例えば以下のような旅程も組むことが可能です。

出発地 目的地 適用
福岡 名古屋 国内1回目(往路)
名古屋 羽田 国内2回目(往路)
羽田 フランクフルト 海外1回目(乗り継ぎ・往路)
フランクフルト パリ 海外2回目(乗り継ぎ・往路・降機)
パリ バルセロナ 目的地(降機)
バルセロナ バンコク 海外1回目(乗り継ぎ・復路)
バンコク 羽田 海外2回目(乗り継ぎ・復路)
羽田 名古屋 国内1回目(復路)
名古屋 福岡 国内2回目(復路)

この飛行機乗りまくりの旅程が、同一の所要マイルで発券可能なんです。

ただ、これかなり飛行機乗りまくりの旅程ですので、よほどの飛行機マニア(乗りマニア)の方でないと、この旅程には魅力を感じないかもしれません。が、この後のメリットをご紹介するうえで重要ですので、ルールその②を利用すると、こういった乗り継ぎが可能である、ということを覚えておいてください。

スポンサーリンク

2ルールに無限の可能性を与えるルール

ここまでご紹介した2つのルールが、ANA特典航空券の使い勝手を完全に凌駕するルールであることはお分かりいただけましたでしょうか。そして、ここでここまでご紹介の2ルールに、無限の可能性を与えるもう一つのルールをご紹介します。

それが、③乗り換え地点のゾーン制限ルールと、④乗り換え地点のマイル制限ルールです。この乗り換え地点の制限ルールを理解することで、スターアライアンス特典を利用した特典航空券の予約の可能性は、飛躍的に高まります。

③乗り換え地点のゾーン制限ルール

このルールは、上記の表をご覧いただければわかりやすいかと思います。例えば、上記赤枠内をご覧ください。エリア3は、日本を含むアジア地域+グアムなどのリゾート地域です。

出発地がエリア3で、目的地がエリア3の場合、エリア1(北米・中米・南米・ハワイなど)およびエリア2(欧州・中東・アフリカなど)での乗り換えはできません。

これ、当たり前ですよね。目的地が近距離なのに、そんな遠距離での乗り継ぎは不可能なのは当たり前です。が、実はこれが超重要な意味を持ちます。これ、逆に読むと、目的地のエリア内であれば乗り換え地点の制限が無い、ってことなんです。ただ、この説明でもまだ真理にたどり着くにはもう一歩説明が足りません。さらに解説を続けます。

④乗り換え地点のマイル制限ルール

さあ、最後の重要ルールがこちら、④乗り換え地点のマイル制限ルールです。

このルールも、上記の例を見ながらの方が分かりやすいでしょう。ここでのポイントは、赤枠内です。乗り換え地点から目的地までの必要マイル数が出発地から目的地の必要マイル数を上回るような乗り換えはできない、となっています。

例えば、東京からソウルを経由してロサンゼルスへ行く乗り換えはできません。この理由は、赤枠内のとおり、乗り換え地点から目的地までの必要マイル数が、出発地から目的地の必要マイル数を上回るからです。

出発地 乗り換え地点 目的地 所要マイル(Y)
東京 ロサンゼルス 55,000
ソウル ロサンゼルス 60,000

東京から目的地であるロサンゼルスへの所要マイル数が55,000マイル。乗り換え地点であるソウルからロサンゼルスへの所要マイルが60,000マイルですので、乗り換え地点から目的地までの必要マイル数が、出発地から目的地の必要マイル数を上回っています。このため、この経路での乗り換えでの特典航空券の発券はできません。

これも当たり前のルールです。が、これもルール③と同様、逆説的に超重要な意味を持ちます。このルールを逆から読むと、乗り換え地点から目的地までの必要マイル数が、出発地から目的地の必要マイル数を上回らなければ、乗り換えできる、ということです。

③④のルール検証

③乗り換え地点のゾーン制限ルールと、④乗り換え地点のマイル制限ルール逆説的におさらいしましょう。

  • 乗り換え可能ゾーン内であれば、乗り換えは可能
  • 乗り換え地点から目的地までの必要マイル数が、出発地から目的地の必要マイル数を下回れば乗り換えは可能

このルールを頭に入れて、再度特典航空券のチャートを見て行きましょう。

ここでは本当に「例えば」ですが、赤枠内をご覧ください。日本からゾーン3であるアジア(中国、台湾、香港等)に行くためのビジネスクラスのマイル数は43,000マイル。一方、韓国からゾーン3に行く際に必要なマイル数は、42,000マイルです。韓国乗り換えの方が、マイル数が少ないですよね。

この場合、③乗り換え可能ゾーン内であり、かつ④乗り換え地点から目的地までの必要マイル数が、出発地から目的地の必要マイル数を下回ることになります。このため、日本発のゾーン3アジア行きの全ての旅程で、ソウルを往路・復路で合計4回経由地に加えることができるんです。

同じく、青枠内をご覧ください。青枠内は、ゾーン4である「その他アジア」・・シンガポールやジャカルタ、バンコクなどが目的地ですが、この場合、日本からの出発便からの所要マイル63,000マイルに対し、ゾーン2韓国およびゾーン3東南アジアの乗り換えがいずれも出発地から目的地の必要マイル数を下回ります。

つまり、日本発のゾーン4「その他アジア」行きの全ての旅程(所要63,000マイル)の場合、ソウルはもちろん、中国・台湾・マカオ・フィリピン・グアム等で、旅程を問わず往路・復路で合計4回経由地に加えることができるんです。

これ、凄まじい破壊力です。例えば、どういった利用方法があるのか?ちょっとだけ解説してみます。

スポンサーリンク

スターアライアンス特典航空券の裏技の利用価値

この裏技の応用方法・・つまり利用価値はそれこそ数限りなくありますので、代表的なものだけをご紹介しておきます。

①中~近距離便ビジネスクラスに乗りまくり、国際線を国内線代わりに利用する

一つめのご紹介が、例えばこんな使い方です。名古屋からシンガポールへ飛び、シンガポールから香港へ。さらに一旦香港から東京へ飛んだ後に、国際線ビジネスクラスを国内線代わりに利用して、名古屋へ戻っています。

本来、香港から東京到着後、名古屋までの間は国内線を利用する区間ですが、ここまで説明したルール上、ソウルは普通に乗り換え地点として含めることができますからね。同じマイル数でビジネスクラスに乗りまくり、さらに国際線ビジネスクラスを国内線代わりに利用するという芸当を実現することができます。

②近距離深夜便ビジネスクラスをホテル代わりに利用する

二つ目の使い方が、こんな使い方です。東京から香港へ飛び、香港での1泊分のホテル代を浮かすために深夜便利用でソウルへ。ソウルからは国内線代わりに台北(桃園)へ飛び、台北観光をしたのちに台北(松山)空港から東京へ戻る行程です。

ここでのポイントは2つです。一つは、深夜便を上手に利用していること。正直、近距離深夜便ではほとんど眠れないことも多いのでおすすめはできませんが、こういう方法も「あり」です。

もう一つのポイントは、フライトの旅程です。東京から香港(西)、香港からソウル(北)、ソウルから台北(東)、台北から東京(北)と、旅程としてはかなりクロスする旅程なんですよね。これ、本当に大丈夫?って旅程なんですが、ここまで紹介したルール内なので、余裕で発券できます。

これ、本当に上手に利用したいですよね。

③国内乗継+24時間以上降機ルールを利用する方法

スターアライアンス特典航空券のもう一つの特典である、国内乗継+24時間以上の降機1回可能なルールを利用すると、下記のような特典航空券が実際に発券できます。

国内での1週間旅行+ソウル旅行が、ソウルに行くだけの必要マイルで手配できるんです。

さらに、この特典航空券発券ルールを応用する・・つまり、ソウル滞在日と、国内滞在日を355日の期限内で分散すれば、国内線の予約を、国際線特典航空券と同じタイミング(=355日前)に、消費マイル数は全く同じで、国内線特典航空券を予約することもできてしまいます。

例えば、上記のような予約方法ですね。

つまり、国内旅行にソウル旅行をくっつけることができる・・逆を言えば国際線特典航空券の場合、355日前から予約可能というルールを利用して、国内線の早期予約をすることもできるということです。

ただし、国内線はマイルを使えば完全無料ですが、国際線経由の場合、空港利用利用料等が徴収されるので、完全無料にはなりません。しかしながら、かなり面白い旅程であるのは事実であると思います。

スポンサーリンク

まとめ

  • スターアライアンス特典航空券はANA特典航空券とは違う独自のルールがある
  • 途中降機ルール、乗り換えルールなど、スターアライアンス独自のルールを覚えておくと、選択肢の幅が広がる

この記事のまとめが、上記のとおりです。

スターアライアンス特典航空券のルールをしっかり覚え、活用することで実はマイルを使った特典航空券の発券の幅が大きく広がります。この記事も参考に、いろんなパターンでの特典航空券の発券を試してみていただければと思います。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日

私は夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2019年3月15日



AD