ロイヤルハワイアンで優雅に朝食!ピンクパンケーキと絶品エッグベネディクト【サーフラナイ】

ハワイ旅行4日目。

滞在しているホテルであるシェラトン・ワイキキに隣接する「ロイヤルハワイアン」のレストラン「サーフラナイ」に足を延ばし、名物ピンクパレスパンケーキと絶品エッグベネディクトの優雅な朝食を楽しんできました。

シェラトン・ワイキキやロイヤルハワイアン近辺に宿泊されている方は、宿泊者じゃなくても朝食だけの利用ができるので、名物のピンクパンケーキと絶品エッグベネディクトを食べに、足を運んでみてはいかがでしょうか??絶対おすすめですよ?

ロイヤルハワイアンの優雅な朝食、その全貌をご紹介します。

スポンサーリンク

歴史と伝統の「ピンクパレス」で朝食を

ロイヤルハワイアンホテルは、1927年創業のワイキキの超老舗ホテルです。

創業以来「太平洋のピンク・パレス」の愛称で親しまれているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?超高級ホテルですし、雰囲気も抜群に良いので、ハネムーナーなどにも人気のホテルですよね。

場所はこちら。私が宿泊したシェラトン・ワイキキから歩いて約2分の、いわゆる「お隣さん」ホテルです。

同じマリオット系列のホテルですので、ロイヤルハワイアンホテルの宿泊者はシェラトン・ワイキキのプールが利用できたり、ロイヤルハワイアンの食事代金をシェラトンの部屋付けにできたりします。

ロイヤルハワイアンホテルの入口です。これ、本当にホテルの入口?ってくらい、超開放的ですし、歴史を感じずにはいられない作りになっています。何しろエントランスにドアとか一切ないですからね。風が吹き抜ける作りになっているんです。

ここがロビー。なんすかこれ・・素敵すぎですよね・・・。

とにかく、もうため息しかでません・・。今回私は子連れ旅行だったのでシェラトン・ワイキキに宿泊しましたが、このロイヤルハワイアンにもいつか絶対に宿泊してみたいですね・・。

そして、ロビーを通り抜けると、すぐそこは美しいワイキキ・ビーチです。この立地最高すぎませんか?

振り返ると、ピンクパレスの全景が。やっぱり美しいホテルですね・・。

そして、このビーチに隣接するビーチフロントに、この日朝食でお邪魔した「サーフラナイ」があります。

こちらですね。夜はレストラン「アズーア・レストラン」として、そして朝と昼はレストラン「サーフラナイ」として営業しています。

スポンサーリンク

朝食は予約不要。待ち時間も少な目

このサーフラナイですが、朝食時間帯は事前の座席の予約はできません。この日は親子4人で来訪の旨を告げると、「5分くらいで案内できるからちょっと待ってて!」とのこと。

こちらの、「マイタイ・バー」にほど近いテラスでゆったり待ちますが・・朝は日陰となるテラスに、さわやかな風が吹き抜けて本当に気持ちいい・・・。もう5分とは言わず1時間でも待っていたいくらいです・・。

頭上を仰げば、ロイヤルハワイアンのシンボル・ツリーであるヤシの木が風に揺れています。まさに「ザ・ハワイ」です。待ち時間なんて、あっという間ですよ。

スポンサーリンク

朝食はアラカルトかビュッフェの選択

ロイヤルハワイアンの朝食は、メイン1品が選べるビュッフェ(大人42ドル)、もしくはアラカルトから選ぶことができます。個人的なおすすめは絶対にアラカルトです。

ハワイの食事はとにかく1品1品のボリュームがあるので、朝食ならアラカルトで十分です。ビュッフェを頼んでも絶対にそんなに食べられません。

私は、卵料理から「クラシック・エッグベネディクト」(23ドル)をオーダー。

そして妻はロイヤルハワイアン名物である「ピンクパレス・パンケーキ」(18ドル)をオーダー。

そして、ロイヤル・ハワイアンの朝食アラカルトにはケイキ(子ども)メニューもあるのですが、下の息子はなぜか青枠内の「トースト」をオーダー。折角ならもっと何かほかに頼めば?子どもメニューもあるよ?と聞いたのですが、「いつも家では朝食はトーストだから」とのこと。欲のないやつだ・・。

上の娘はお子様用パンケーキをオーダー。姉弟そろって冒険しない子たちだ・・。

ちなみに、店内の様子がこちら。もうね・・素敵すぎる空間です。朝食でこの雰囲気は最高すぎでしょう。

スポンサーリンク

名物ピンクパレス・パンケーキと絶品エッグベネディクト

では早速、朝食メニューをご紹介します。まずは、妻が注文した、ロイヤルハワイアン名物の「ピンクパレス・パンケーキ」から。とにかく、とにかく美しい。インスタ映えしまくる一品ですね。

別の角度から見てみましょう。ベリーが練りこまれ、薄く焼かれた甘酸っぱいパンケーキが5枚層をなしています。美味しそうすぎる!

あまり甘すぎず、そしてベリーの酸味が効いているので重くもなく、ペロッと食べられます。ただそうは言っても若干量が多いので、こればっかり食べていると飽きてきます。私は途中で妻とエッグベネディクトを取りかえっこ。お互いに飽きることなく完食できました。

当然、このパンケーキだけで完全に満腹になるボリュームですよ。

そして、私が注文したのがこちら。クラシック・エッグベネディクトです。そしてこれがもう超絶絶品のエッグベネディクトなんですよ!!

まず、イングリッシュ・マフィンの上にカナディアン・ベーコンとポーチド・エッグとオランデーズソースだけという、シンプルな構成がいいんです。

そして、ポーチドエッグに入刀!!緊張の一瞬です・・・。

完璧。もうエッグベネディクトの模範と言ってもよい出来です。ここからの卵黄の素晴らしいムーブは、動画で是非ご覧ください。

そしてこのエッグベネディクトが本当に美味しい。申し訳ないんですが、ピンクパレス・パンケーキより絶対こっちの方が美味しい。本当に絶品でしたね。夫婦で行かれる方などは私のように途中で交換すると、飽きずに食べられると思いますよ。

そして、下の息子が注文したトーストがこちら。

「美味しい!美味しい!」と言って食べてました。欲のない奴め・・。

そして、こちらが上の娘が注文したキッズパンケーキ。これが12ドル・・これならピンクパレスパンケーキ(18ドル)の方がましかも??

ジャムやバターを付けて食べればよいのに、何故かそのまま食べる娘。「プレーンが美味しいから」とのことですが・・これまた欲のない奴め・・って感じですね。

ビュッフェ・メニュー

ちなみに、私のおすすめは絶対にアラカルトですが、一応ビュッフェ・メニューも簡単にご紹介します。

左上から、フルーツ、ホテル特製パン、ご飯と味噌汁、フレンチトースト。しかし、ご飯と味噌汁はどこに行ってもありますね(笑)。

そしておかず系は定番のスクランブルエッグにカリカリベーコン、ハム、ソーセージ2種類。更にハッシュブラウンにワッフル、自家製グラノーラなどがありました。そして、サーフラナイの朝食ビュッフェでは、メインの一品をこのビュッフェとは別に注文することができます。

そのメニューがこちらです。

ここまでご紹介したとおり、ピンクパレス・パンケーキやクラシックエッグベネディクト、それ一品だけで十分満足できるボリュームがあります。ここまでを参考に、アラカルトにするか?ビュッフェにするか?注文内容を決めていただければと思います。

スポンサーリンク

ロイヤルハワイアンの優雅な朝食は絶対おすすめ!

いかがでしたでしょうか?ロイヤルハワイアンホテル1F「サーフラナイ」の絶品朝食についてご紹介しました。

ロイヤルハワイアン宿泊者でなくても利用できるので、機会があれば是非利用していただければと思います。とにかくロイヤルハワイアンの雰囲気が最高、味も最高、ボリュームも最高で、絶対お楽しみいただけますよ。

そして、おススメはなんといってもピンクパレス・パンケーキと・・

エッグベネディクト!

この記事も参考に、是非ロイヤルハワイアンで優雅な朝食をお楽しみいただければ幸いです。

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD