名古屋-香港NH875ビジネスクラス搭乗記。ANA短距離路線の座席と機内食をご紹介

ANAの名古屋ー香港NH875便ビジネスクラスのご紹介です。

名古屋ー香港は近距離路線なので、エコノミーでも十分・・と思ってしまいますが、やはりANAのビジネスクラスは最高なので、ついつい、搭乗してしまいます。

やっぱり、エコノミークラスとは、サービス、疲労度ともに段違いだと思います。疲労度が少ないので、到着後香港ディズニーランドにすぐ行っても、死ぬほど楽しめるのも、魅力の一つです。

セントレア(中部国際空港)国際線スターアライアンスラウンジ訪問記

2017年4月17日

この日も、まずはセントレアのスターアライアンスラウンジに立ち寄ったあと、名古屋発香港行きNH875便ビジネスクラスに搭乗です。

今回の目的地は、香港ディズニーランド。

名古屋ー香港路線のヘビーユーザーの私が、短距離路線でもビジネスクラスを激しくおすすめしたい理由を、渾身の搭乗記とともに紹介します。

スポンサーリンク

直前でも簡単に予約が取れる

「ビジネスクラスで香港ディズニーへ遊びに行こう」と思い立ったのは、実は1週間前なんですよね。

実は、ANAの国際線特典航空券は、1週間前とかにいきなり空席が出たりするので、直前予約もかなりおすすめの予約方法です。

そして、この名古屋ー香港を結ぶNH875便のビジネスクラスは、席数は8席と多くないんですが、何しろビジネスクラスの利用者が少ないので、結構簡単に予約が取れてしまう路線です。

ただし、例えばANAダイヤモンド会員などの特段のステータスを保有していない、いわゆる「平AMC(ANAマイレージクラブ)会員」の場合、この路線のビジネスクラス特典航空券は予約できる上限が2席と思われます

このため、家族4人でビジネスクラス搭乗は、まず無理だと思ってください。

一方、1人もしくは2人での旅行の場合、特典航空券でビジネスクラスの空席を見つけることは、意外に簡単にできます。1週間前とかでも簡単に予約できるので、陸マイラーにとって使い勝手の良い路線です。

スポンサーリンク

過疎ってて乗客が少なく、手厚いサービスが満喫できる!

搭乗開始時刻となり早速搭乗しますが・・・ビジネスクラスの優先搭乗後のボーディングブリッジ通路は、ご覧のとおりガラガラです。

通常はビジネスクラスより優遇される、ダイヤモンドメンバーの方も乳幼児連れもいません

ビジネスクラスの私が最初の搭乗なんですよね。

このプライオリティ感(過疎感とも言う)が名古屋発着ビジネスクラスの醍醐味・・・と言えるかもしれません。本当に、ビジネスクラスの乗客は少な目です。

この日の乗客も安定の私1人でした。

ほぼCAさんつきっきりのサービスが受けられる。これも、NH875便をおすすめする理由の一つですね。

スポンサーリンク

ウエルカムドリンクサービスはない

この名古屋ー香港路線をはじめ、近距離(アジア)路線では基本的にウエルカムドリンクサービスはないことがほとんどです。

でも、担当のCAさんの挨拶はありますし、新聞とかはもらえるので、読みたい新聞があったらお願いしてください。

ただ、(特に名古屋ー香港線の)この担当のCAさんの挨拶。

香港採用と思われる初々しいCAさんに挨拶していただけますが、これ・・もしかしたら日本語の練習してませんか?と勘繰りたくなる感じのご挨拶でちょっとびっくり。

実際の機内サービス担当はこの初々しい香港採用(と思われる)CAさんではなく、日本人のホスピタリティ溢れた素晴らしいCAさんについてもらえます。

どうやら名古屋ー香港路線は香港採用の新人CAさんの日本語教育の場になっているらしく、搭乗後のご挨拶には、実際に担当してくれるCAさんではない、香港採用の香港人CAさんが来てくれるんです。

これ、もちろん実際に話を聞いたわけではなく私の想像も含まれているんですが、多分、本当じゃないかなぁ??ゆっくり、丁寧に話をして、日本語の勉強に貢献して差し上げましょう。

スポンサーリンク

ドリンクサービスは手抜きなしのフルボトルで。完璧なサービス

飛行機が水平飛行に移ると、まずは温かいおしぼりサービスの後、ウェルカムドリンクサービスから、サービス開始です。

ANAのビジネスクラスといえば、まずはシャンパンがド定番ですよね。

今日のシャンパンはこちらです。

シャンパーニュ・コレ ブリュット アール・デコ。

銘柄のこととかはよくわかんないんですけど、アマゾンで買っても1本1万円以上のシャンパンですからね。

おいそれと飲むことができない高級シャンパンを、機内で飲み放題でいただける。これ、最高ですよね。

そして、CAさんの写真映りを研究しつくされたシャンパンの持ち方も最高です。私の写真リクエストに応えてくださって、ありがとうございます。美味しく頂きます。

そしてお決まりのシャンパンショット。

陸マイラーやっててよかったと思える瞬間です。

食事の提供は若干タイミングが早いが、内容は完璧

このファーストドリンク提供後、すぐにランチのサービスが始まります。

日本時間で10時過ぎ。つまり香港現地時間で9時過ぎです。この食事提供時間・・・これがもうちょっと何とかならないものか・・とはいつも思います。

ラウンジで食事を食べてると、いきなりは食べられないんですよ。私はラウンジの食事の量を制限+ラウンジ訪問時間の前倒しで対応しています。

食事内容はいつも安定・安心のおいしさ

今回のメニューは上記のとおりです。

私は、日本発のANA便の場合基本的に和食を選択することにしています。絶対に、和食の方が手が込んでいて繊細で美味しいですからね。

でも、例外的にガッツリステーキの場合は話は別です・・。

ANAビジネスクラス搭乗記。NH841便羽田ーシンガポールの機内食の全て

2019年1月12日

今回の機内食「和食」がこちらです。

本当に見るからに美味しそうですよね。今回も期待できそうです。

まず、こちらが前菜です。

とにかく、見た目からまずめちゃくちゃ美しいですよね。

まさに日本が誇る料理の芸術品だと思います。このクオリティの和食を機内で食べられるって、これとんでもないことですよ。

左上がお造りの「炙りサーモントラウト昆布〆」。

そして、口取りもお酒が進む一品ばかり。口取りの中でも美味しかったのが、右上の「松茸握りずし」と、左下「青さ海苔と焼き蟹の土佐酢和え」、右下「だし巻き卵」。

もちろん、鶏柚子胡椒焼きと銀杏の串打ちも忘れてはいけません。

松茸の良い香りのする松茸握りずしを、シャンパンで流す。これ、本当に最高です。

メインも手抜きなしで美味い

もちろん、メインも最高です。一切の手抜きなし。超絶美味しいです。

今日のメインは、ふろふき大根/松阪牛のそぼろ味噌+カラスカレイ西京焼き+蛸飯。特に蛸飯が一番おいしかったですね。

松阪牛のふろふき大根は滅茶苦茶ジューシー。そして、カラスカレイの西京焼きも、肉厚で柔らかく最高。

長ネギと厚揚げのお味噌汁も秀逸。機上の熱々お味噌汁は贅沢品ですね。

スポンサーリンク

食事終了後は、マンツーマンならではのCAさんとの真剣勝負

無事食事も終了しました。いつもながら大満足です。

そして、機内食終了後は、ドリンクサービスという名のCAさんとの真剣勝負の開始です。何しろ、今日のビジネスクラスの搭乗客は、私1人だけなんです。ここからは、CAさんのサービス精神とガチンコ勝負です。

まずはCAさんから「到着まで、お飲みものはいかがでしょうか?」との提案がありましたので、とりあえず、シーバスリーガル12年のソーダ割をオーダーしました。

食事終了した時間でも、ちょうど、鹿児島上空を通過したところ。

薩摩半島の名峰開聞岳と麓の池田湖がきれいに見えます。

名古屋ー香港NH875便には、座席背面にモニターの設置はなく、ビジネスクラスではおなじみのPMP(ポータブル・メディア・プレイヤー)というタブレットみたいな端末でエンターテイメントを楽しむことになります。

実はこれ、手元に画面があるので結構便利という(笑)。映画を見ながら、ゆっくり30分程度かけて飲み干すと、またまた待ってましたとばかりCAさん登場。

「到着までまだお時間がありますので、良ければ次はカクテルなどいかがですか?」

貯めたマイルで乗っている私なんかのために、お気遣いいただき本当にありがとうございます。

ということで、ジントニックいただきました。

これもちょっと甘めですが、機上でいただくとは思えないほど美味しかったです。

その後、さらにもう1杯シーバスリーガルのソーダ割をもらい、香港到着1時間前からは、ノンアルコールのゼロコーラ+お茶で酔い覚まし。

つかず、離れず。でも、完璧な心遣いでした。ANAのCAさんのホスピタリティには脱帽です。

スポンサーリンク

定刻どおり香港到着 香港ディズニーへ向かう

到着後は、当然ながら真っ先に降機。香港ディズニーランドへ向かいます。

ちなみに、香港ディズニー以降の旅程は、香港→羽田→北京→名古屋を約半日、すべてビジネスクラス利用で制覇するとんでもない変態路線。

香港国際空港シルバークリスラウンジ訪問記。ANAビジネスクラス搭乗者におすすめな4つの理由

2018年6月8日

ANA NH822香港ー羽田ビジネスクラス搭乗記。ビジネスクラス深夜便はホテル代わりになる?

2017年11月17日

帰国便のANANH822便ビジネスクラスの搭乗記と、香港国際空港シルバークリスラウンジ訪問記は、上記関連記事からどうぞ。

香港ディズニーへの旅行記は、以下をご参照ください。

気になる混雑状況は?香港ディズニーランドを遊び倒す!アトラクションの待ち時間も紹介

2017年4月22日

陸マイラーならビジネスクラスに乗れる!

文中にも記載のとおり、私はこのANA875便ビジネスクラスには陸で貯めたマイルで搭乗しました。

正直、名古屋ー香港間ならビジネスクラスでもたったの40,000マイルですからね。下手すると1か月で40,000マイルなら貯めることができます

そうなんです。陸マイラーなら特典航空券でビジネスクラスに簡単に乗れてしまうんです。それくらい、陸マイラーの破壊力はすさまじいんです。

ANAファーストクラス搭乗記。NH223羽田ーフランクフルト12時間の快適フライトの全貌公開

2018年12月2日

ビジネスクラスどころか、往復200万円超という超絶プラチナチケット、ANAファーストクラスに乗ることもできてしまいますからね

ANAマイルの貯め方は、以下の関連記事で詳しく解説しています。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

年間50万ANAマイルを貯める超実践的な方法を解説しています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひ下記関連記事をご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2019年3月15日
当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD