セントレア国内線エアラインラウンジとカードラウンジの違いは?時間帯別おすすめラウンジの選び方

中部国際空港「セントレア」は、充実したカードラウンジの存在で有名です。

国内線/国際線の出発制限エリア前にある各種カードラウンジでは、カードラウンジであるにも関わらずいずれも無料のアルコール&ソフトドリンク飲み放題ですし、簡単なおつまみも完備されています。

カードラウンジなのに、軒並みビールをはじめとしたアルコールドリンクが無料で飲み放題のサービスが用意されているラウンジって、国内空港でもセントレアくらいの、かなり希少な存在なのではないでしょうか。

この国内屈指の充実した設備を誇るカードラウンジと、航空会社が設置している国内線エアラインラウンジ。セントレアでは、この2つのうち一体どちらが訪問すべき価値のあるおすすめラウンジなのか?

実際に訪問した結果から、徹底比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

セントレアの国内線ラウンジの種類

セントレア国内線のラウンジは、上記のとおり保安検査前に設置されている「プレミアムラウンジ セントレア(含む「第2」)」&「クオリアラウンジ」と・・・

保安検査後に利用できる航空会社のラウンジである「セントレアエアラインラウンジ」が存在します。

国内線のラウンジは、ほとんどの国内空港で航空会社ラウンジの方が高級という位置づけですし、実際に航空会社ラウンジの方がサービスレベルが高いことが多いのですが、実はセントレアではその公式は当てはまらないんです。

カードラウンジのサービスがかなり凄い!

まずこちらが、カードラウンジである「プレミアムラウンジ・セントレア」のドリンク&スナックサービスです。

アルコールは生ビールはもちろんシードルやサワーもありますし、ソフトドリンクやおつまみ類も豊富にそろっています。

これ、結構すごくないですか?本当にカードラウンジ?ってくらい、超絶クオリティのラウンジです。カードラウンジなんですが、エアラインラウンジとそん色ないサービスのラウンジだと思います。

「クオリアラウンジ」はカードラウンジとして頭一つ抜けた存在

さらに、中部地域の絶対王者トヨタ自動車のお膝元であるセントレアには、トヨタ自動車系のカード会社「トヨタファイナンス」が発行する「TSキュービックカードゴールド」と「レクサスカード」保有者だけが入室できる、「クオリアラウンジ」も設置されています。

クオリアラウンジはこんな感じの超絶快適空間。

アルコール&ソフトドリンク飲み放題、おつまみ食べ放題のサービス・・つまり、プレミアムラウンジセントレアと同等のサービスは当然提供されています。

さらに、クオリアラウンジでは朝食時間帯に、上記サービスに加えおにぎり+ヨーグルトのサービスが行われていることもあるんです

国内空港のカードラウンジとしては、ほとんど最強スペックと言ってよいのではないでしょうか。

レクサスカードのメリットを徹底解説。ポイント還元率1.5%超、JALサクララウンジも使える超得プラチナカード

2018.06.17

対する国内線エアラインラウンジは?

セントレアのカードラウンジが、超絶スペックのサービスを提供していることはお分かりいただけましたか?

次に、これらカードラウンジと熾烈なサービス競争を繰り広げることとなる、エアラインラウンジのサービス内容をご紹介します。

これが・・・セントレアエアラインラウンジのサービスの全てです。

カードラウンジとの比較は、皆様のその目でご判断いただければと思いますが・・個人的には圧倒的にカードラウンジの勝ちだと思います。というか、誰が見てもカードラウンジの勝ちです。

しかも、このセントレアエアラインラウンジ、かなり手狭でいつ行っても滅茶苦茶超絶大混雑!

私が利用した日は羽田ーフランクフルト便ファーストクラスへの乗り継ぎ資格で入室したのですが、グランドスタッフの方から「申し訳ございません!ただいま満席でございまして・・」とかなり恐縮されました。

ANAファーストクラス搭乗記。NH223羽田ーフランクフルト12時間の快適フライトの全貌公開

2018.12.02

もちろん、満席なのはグランドスタッフさんの責任でもなんでもないので、「こちらこそ、お忙しい時間にお伺いしてすみません」って感じで入室したんですが・・・確かに超満席でした(笑)。

スポンサーリンク

セントレアでの国内線ラウンジの選択方法

ここまで、セントレア国内線の各種ラウンジのサービス内容をご紹介いたしました。

セントレアでは、カードラウンジであるプレミアムラウンジ&クオリアラウンジのクオリティが、本来ならカードラウンジより高級なはずのエアラインラウンジを、完全に凌駕しています。

このため、単純に「カードラウンジが最強なので、カードラウンジに行きましょう!」としてこのブログ記事をまとめておきたいところなんですが・・実は営業時間という盲点があるんですよね。

各ラウンジの営業時間

ラウンジ名称 営業時間
プレミアムラウンジセントレア 7:00~
第2プレミアムラウンジセントレア 7:20~
クオリアラウンジ 7:20~
セントレアエアラインラウンジ 6:00~

セントレアの国内線は、本当に早朝出発便が多いんです。

特に羽田/成田発の国際線に乗り継ぐ場合、7時台の出発便がほとんどです。また、ビジネス用途で九州、北陸、東北、北海道など各地にフライトする場合も、7時台は、かなり出発便が重なります。

そして、実はこの7時台の時間はカードラウンジが営業していないんです。

これ、かなりの盲点です。7時台の出発便の場合、ぎりぎりで使えそうなのはプレミアムラウンジセントレアですが、それでもかなり出発時間ぎりぎりですので、どうしても、朝6時から営業しているセントレアエアラインラウンジ(ANA/JAL)が便利なんですよ。

このため、早朝のエアラインラウンジは超大混雑のことが多いんですよね。

早朝出発便でラウンジを利用したい方は、エアラインラウンジ。早朝出発便以外の方は、カードラウンジ。

これが、ファイナルアンサーですね。

国際線利用者はスターアライアンスラウンジへ

セントレア(中部国際空港)国際線スターアライアンスラウンジ訪問記

2017.04.17

このように、かなり優れているカードラウンジですが、さすがに国際線の航空会社ラウンジである「スターアライアンスラウンジ」には一歩劣ります。

国際線利用者の方は、スターアライアンスラウンジへお越しください。

スポンサーリンク

セントレアの国内線ラウンジは、営業時間でカード/エアラインラウンジを使い分けよう

  • セントレアの国内線ラウンジのサービスは、カード/エアラインラウンジを比較すると、なんとほぼ同等
  • ただし、カードラウンジは早朝営業に対応していない。早朝出発便は、エアラインラウンジ一択
  • エアラインラウンジはカードラウンジと同等のサービスだが、超大混雑に注意

この記事の内容をまとめたものが、上記のとおりです。

セントレアの国内線ラウンジは、正直カードラウンジの方がエアラインラウンジと同等以上でかなりお得だと思います。

ただ、なんといっても残念な点は、早朝営業に対応していない点です。国際線への乗り継ぎや、地方都市へのビジネス便などは、早朝出発便が多いのですが、この場合「そもそもカードラウンジがオープンしていない」ことが多いんです。

一方、エアラインラウンジは早朝6:00~オープンしており、7時台の早朝出発便でも、十分利用できます。

ただ、超絶混雑している点には注意が必要なんですけどね。

カードラウンジか、それともエアラインラウンジか。出発便の時間も踏まえ、検討してみてください。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018.04.22

私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル以上貯める、たった2つの方法。

2016.12.22

ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!

JALマイルの貯め方!誰でも年間15万JALマイル貯められる方法を解説します

2018.07.15



AD