ANAのB777-300ER機ビジネスクラス・ファーストクラスシートが個室化!カップル・ファミリーにもおすすめな理由

ANAのビジネスクラス・ファーストクラスシートがより便利に生まれ変わります

欧州路線をはじめとした長距離路線に投入するB777-300ER機のビジネスクラス・ファーストクラスのシートを2019年8月以降、全面的に一新。なんと、ファーストクラスはもちろん、ビジネスクラスシートも含め扉付きの完全個室化し、さらにゴージャスな仕様に生まれ変わることになりました。

しかも、個室化というパーソナリティ性を追求しながら、カップル・ファミリーへの優しさと、使いやすさを両立しているって、これすごい進化です。個人的にはシンガポール航空のラグジュアリーシート群と比べても、遜色のないレベルなんじゃないかと思います。

ANAの新しいビジネスクラス・ファーストクラスシートをご紹介します。

スポンサーリンク

ビジネスクラス~個室化しシートピッチ(横幅)が大幅に拡大~

まず、ビジネスクラスのシートについてご紹介します。

コンセプトは「THE ROOM」。つまり「部屋」です。空の上で「部屋」ですからね。凄すぎます。

シートを俯瞰した感じはこんな感じ。

特に今回の新型シートの大きな特徴が、最大横幅が現行シートの約 2 倍となる ANA 史上最大の広さを実現したワイドシートです。

現行のANAビジネスクラス「スタッガードシート」に比べると、明らかに超絶広くなっていることが分かります。確かに、2倍の幅はありそうな感じですね。

そして、この広さを生み出した秘訣が、進行方向向きのシートと、進行方向と逆向きのシートと前後の向きを互い違いに配列したことです。

ビジネスクラスのシートでどうしてもスペースをとってしまうのが、フルフラットにするための「足を延ばすスペース」です。このスペースを前後互い違いに配席することでうまく利用しており、最大限のスペースを生み出すことに成功しています。

さらに、 このビジネスクラスシート、ANA 初となる全席ドア付の個室型シートなんです。まさに「THE Room」。完全なプライベート空間を実現しています。

さらに、モニターも超絶進化しています。なんと24 インチの大型モニター、かつ、機内のパーソナルモニターとしては世界初となる 4Kならびにフル HD 画質にて機内番組が視聴できるんです。

現行のスタッガードシートに搭載されている17インチモニターでも既に笑っちゃうくらい大きいんですが、24インチって・・・無茶苦茶なワイドモニターです。この画面で映画見たら・・・滅茶苦茶没頭できそうですよね。

さらに、1-2-1のアブレストのうち、中央2のアブレストは、全て上記のようなペア利用にも対応できるカップルシートになっています。これにより、プライベート空間を確保しつつ、ペアやカップル、ファミリーで会話や食事を簡単に楽しめるようになりました。

これまでのスタッガードシートの場合、確かにパーソナル感は凄いのですが、一方でカップルやペア、ファミリーでの旅行の場合、隣りあわせに座れる席を探す方が大変なくらいでしたからね。

これはカップルやファミリーにも嬉しい仕様変更だと思います。というか、子連れマイラーの私には嬉しすぎます。

もちろん、中央座席の間には可動式パーティションがありますので、ビジネス利用時などに見知らぬ旅人と隣り合わせになっても、気まずい思いをすることはありません。

スポンサーリンク

ファーストクラス~個室化と大型モニターによる完全プライベート化を実現~

次に、ファーストクラスのシートです。

ファーストクラスのコンセプトは「Suite」(スイート)です。

Suiteには、本来「揃った」といったニュアンスの意味があります。すべてが「揃った」シートということですね。

シートを俯瞰した感じはこんな感じ。

ぱっと見の広さやスペース感は現行のファーストクラスと変わりませんが、やはり色合いやファブリック含め、高級感がかなり向上しているように感じますよね。

そして、ビジネスクラスと同じく最大の特徴となるのが、ANA として最大となる広さを実現したドア付個室型シートファーストクラスもビジネスクラスと同じく全席ドア付個室スタイルで、完全なプライベート空間を実現しています。

さらに、 凄いのがなんと43 インチの大型モニター。こちらも、機内のパーソナルモニターとしては世界初となる 4Kもしくはフル HD 画質にて機内番組を見ることができます。

シートピッチが広すぎるので43インチでも小さく見えてしまいますが、冷静に考えてください。機内のパーソナルモニターが43インチって、どうなってんの?って感じですよね。家かっ!!って感じですよね。まさにパーソナル映画館状態です。

現行のB777ファーストクラスのパーソナルモニターは23インチですが、これでも正直滅茶苦茶大きかったですからね。その約2倍の大きさのモニター・・これ、正直持て余すんじゃないか?ってくらい大きいです。

そして、ビジネスクラスと同じくペアでの旅行に嬉しいのが、可動式パーティションによってペア利用にも対応していること(中央席のみ)です。

ファーストクラスでもプライベート空間で、会話や食事などが楽しめます。この写真だけ見ているととても空の上とは思えませんが、これ、機上の出来事です。凄すぎますよね。

スポンサーリンク

エントランス・バーカウンターなど

ビジネスクラス・ファーストクラスシートの刷新に合わせ、機内の装飾についても改良が施されています。

アーチ型の天井で開放感のあるエントランスエリアには、大型のウェルカムモニターや雲をイメージしたローラーブラインドを設置し、すっきりとした空間に変貌を遂げています。

ビジネスクラスには、ワインやその他の飲み物などが自由に取れる、冷蔵機能を備えたバーカウンターが新たに設置されました。

バーカウンターに設置されたパネルはライトを照らすことにより和紙のデザインが映し出されるなど、日本らしさを感じられる演出となっています。個人的にはCAさんのお手を煩わせることなく、気兼ねなくドリンクなどを飲みたい派の人間なので、このバーカウンターの設置は、私的にも、そしてCAさん的にも嬉しい改良だと思います。

スポンサーリンク

新ビジネス・新ファーストクラスに乗りたい!楽しみがまた増えた

個人的に、ANAのファーストクラス、ビジネスクラスにはもう何度も乗りましたので、結構「やり尽くした」感があったのですが、この新ビジネスクラスシート、新ファーストクラスシートはかなり興味津々ですね。

というか、滅茶苦茶乗りたいです。

ANAファーストクラス搭乗記。NH223羽田ーフランクフルト12時間の快適フライトの全貌公開

ANAビジネスクラス搭乗記 羽田ーバンコク NH847便機内食の全て。和食と洋食どちらがおすすめ?

ANAビジネスクラス搭乗記。NH841便羽田ーシンガポールの機内食の全て

そして、陸でANAマイルを貯めてビジネスクラス、ファーストクラスに乗るのは実は簡単なんです。例えば、下記のクレカ2枚のキャンペーンをクリアすれば、欧州路線のビジネスクラスなら余裕で乗れます。

【2019年9月最新】ANAアメックスの入会キャンペーンが強烈!最大81,000ANAマイルもらえる!

【2019年9月最新】最大95,000ANAマイルに大増額!ANAダイナース入会キャンペーンの全貌公開

また、ポイントサイトを利用すれば大量ANAマイルを貯めまくることは容易ですからね。この新型ビジネスクラス・ファーストクラスへの搭乗も全く夢ではありません。

ポイントサイトで大量ANAマイルを貯める方法

是非、ANAマイルを貯めて超絶ゴージャスな旅に出てみましょう!きっと、これまで知らなかった新たな世界が、あなたを待っていることと思います。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル貯める、たった2つの方法

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方、使い方、価値を徹底解説。年間50万マイル簡単に貯める方法まとめ

2018年4月22日



AD