ビスポークホテル札幌ブログ宿泊記!朝食でいくら海鮮丼が魅力の立地最高ホテル!

この記事には広告が含まれています

名古屋の夏があまりにも暑すぎる(笑)ので、大量に保有しているANAマイルを利用して、週末札幌グルメ旅行に行ってきました!

そして・・宿泊したのが、ビジネスホテルっぽい値段設定ながら、なんと朝食でいくら丼(海鮮丼)が食べられてしまうという、超絶コスパを誇る・・。

ビスポークホテル札幌さんです。

このホテル2021年4月にオープンした非常に新しいホテルでして、とにかく内装・外装ともにスタイリッシュ

それでいてスタッフさんはフレンドリー、立地も最高で・・繰り返しですが朝食がビジネスホテルレベルではないという、かなりおすすめのホテルです。

早速、有り余るほどの大量ANAマイルを保有している陸マイラー的「思いつき」札幌旅行記ビスポークホテル札幌の旅行記をご紹介します!

スポンサーリンク

空港へ

ということで、この日もなにしろ年間50万ANAマイル以上貯めている陸マイラーとしての底力(笑)を遺憾なく発揮して・・。

空港施設利用料の支払いだけの特典航空券で、私の本拠地名古屋から週末札幌旅行に向かいます。

ということで、無料で貯めたANAマイルと、たった2,140円の空港施設利用料だけです(笑)。

あ、ちなみに今回子どもたちは祖父母のお家で週末お泊まりということになり、それなら家にいてもしょうがないね・・ということで、急遽発券した私たち夫婦だけの旅行です。

そして、こんなふうに陸マイラーの強みを妻に味わってもらうと、いろんな意味で陸マイラー活動への支援も期待できるという・・計算済み(笑)の計画でもあるんですけどね。

ただ、妻も実感してましたがこんな感じで、サクッとフライトを確保できるのが、ガチで陸マイラー最高の強みだと思います。

そして、空港到着後は2021年に完全無料で解脱したSFC修行の効果を遺憾なく発揮して、まずはANAプレミアムチェックインでサクッとチェックインしたのちに・・。

ANA SFC修行とは?スーパーフライヤーズカードのメリットを徹底解説!

ANAプラチナ会員に到達!完全無料でSFC修行「解脱」完了!

まずは、名古屋名物ひつまぶしの「○や本店」(まるや本店)で・・妻リクエストのひつまぶし(笑)。

なにしろ札幌までのフライトは、ANA特典航空券でのフライトのため、フライト代金が空港施設利用料で2人往復で約2,000円程度しかかからないので・・。

グルメで豪遊できるというのも、陸マイラーの超絶メリットです。

名古屋グルメは一長一短ありますが、このひつまぶしは地元民も文句なく美味しいと言える、おすすめグルメです(笑)。

当然、昼から黄金色の泡の出る液体もいただきます(笑)。

子どももおらず、荷物も少ないので今回は札幌まで鉄道(快速エアポート)の予定です。

北海道まで行って、レンタカーやバイクなど自分の交通手段なしって・・実は初めてです(笑)。1泊2日の札幌ツアーは本当に贅沢ですね・・。

その後、これもSFC修行の効果でANA便搭乗時であればいつでも利用できる「セントレアエアラインラウンジ」へ。

この優先チェックイン&ラウンジのSFC修行最強コンボは、妻はもとより私も「やっぱり修行しておいてよかった」って思える瞬間です(笑)。

ということで、札幌に向かいます。

この日は、エアドゥとのコードシェア便でした。

スポンサーリンク

ホテルへ

札幌到着後は・・そこは特典航空券、空席の関係からそんなに絶好の時間帯の便ではないので(笑)サクッと札幌駅経由でホテルに向かいます。

JR北海道の「快速エアポート」で、新千歳空港から札幌駅まで約50分ですね。

こちらが、本日宿泊するホテルである「ビスポークホテル札幌」です。

ここに決めた最大の理由は、ビジネスホテルくらいのお値段にもかかわらず、超絶充実の「朝食」「立地」です(笑)。

なにしろ、札幌駅から徒歩約20分で到着できちゃいますからね。

そしてこのホテル、2021年4月開業のホテルということもあり・・。

内装がめちゃくちゃ洗練されているのも特徴です。

この日宿泊したスタンダードツインルームがこちら。

部屋の大きさ的には20㎡あり、2人での利用なら狭さは全く感じません。

逆方向から。

とにかくスタイリッシュかつ機能的な印象です。

そして、お部屋にはこのような3人掛けのソファーがありまして・・。

実は、机はありません。

ビジネス用途的にはちょっと作業はしづらいのは事実なんですが・・。

こちら、2F朝食会場が11:00〜24:00の間フリースペースとして開放されますし、ドリンク等も用意されているので・・。

ビジネス用途の場合は、こちらを利用すると快適だと思います。

どこまでも、機能的に作られている!って印象ですね。

ユニットバスがこちら。

他のホテルには大浴場等が設置されているところもありますが、このホテルには残念ながら温泉や大浴場はありません。

ただ、機能的かつスタイリッシュなユニットバスであり、特に不自由は感じません。

ただ、アメニティ系は・・。

普通(笑)。というか、実はちょっとしょぼいですかね。

そこはまあ、ビジネスホテルに毛が生えた程度・・と考えておくと良いと思います。

部屋に用意されているアメニティは歯ブラシ、ボディスポンジ程度。

その他、ロビー階に櫛やT字カミソリ程度の最低限のアメニティはありますが、お世辞にも充実はしていないので、女性の方などはある程度持参した方が良いと思います。

その他の備品類も・・。

必要最小限です(笑)。ただ、決して足りなくて困る!ってことはなく、必要最小限のものは揃っている!って感じですかね。

氷は、最上階13Fに用意があるのでもらえますし、コーヒーなども2Fのフリースペースに行けば用意されています。

その他、空の冷蔵庫と金庫が用意されています。

とにかく機能的!って感じの内装&備品類ですね。

スポンサーリンク

立地は最高

関連ランキング:その他 | 狸小路駅西4丁目駅すすきの駅(市営)

そして、このホテルのもう一つの特徴が・・。とにかく、立地が最高なことです(笑)。

札幌駅からですと、約1.5km程度ですのでぶらぶらと歩いてきても約20分程度ですし、地下鉄で大通駅まで来れば、駅出口から約1分です。

さらに、アーケード「狸小路」は完全に隣(笑)ですし、海鮮市場「二条市場」も徒歩5分、さらにすすきのも徒歩5分程度なんですよね。

さらに、すすきのど真ん中ってわけではないので、喧騒からちょっと離れている!ってのも、おすすめポイントなんです。

これで朝食も最高でお値段もそこそこですから・・これはかなりおすすめできるホテルです。

スポンサーリンク

ジンギスカン「蝦夷屋」さんへ

そして、ホテルに荷物を置いたら・・。

夕食はジンギスカン(笑)ということで、すすきのでも評価の高いこちら「蝦夷屋」さんへ。

個人的にはどうせフライト料金はほぼ無料なんだし、せっかくならお鮨でも・・と私は思っていたんですが、妻は断然本場のジンギスカンが食べたい!とのこと(笑)。

鮨はどこでも美味しい!

でも、ジンギスカンがガチうまいのって、多分ススキノじゃね?という主張ですが、これ多分その通りですからね。

そもそもの目的は妻を陸マイラーの味方に引き入れることですので、ここは妻の意見を尊重です。

この日の注文は、こちらの蝦夷屋さん一番人気!食べ・飲み放題Bコースです。

お店のほとんど全てのドリンクが120分飲み放題!

さらに、お店のジンギスカン人気No1!である「なまら厚切りジンギスカン」「塩特上生ラム肩ロース」「やみつきジンギスカン」など、主要メニューも120分食べ放題なので・・。

ゆっくり、たっぷりジンギスカンを満喫したい!って方は、このコースめちゃおすすめです。

まずは、なんと言っても生ビールから。

札幌とは言え、暑いものは暑いので(笑)生ビールがたまりません。

ご注文は、まずはこちら塩特上生ラムロース

やばい。美味しそうすぎる・・。

お店一番人気の、「なまら厚切りジンギスカン」

ちょっと色がいまいち(笑)ですがこれやばいくらい美味しかった・・。

そして、やみつきジンギスカン。

まさに、やみつきです(笑)。

そして、やっぱ本場のジンギスカンが美味しいんだこれが・・。

フラッと土日に特典航空券で札幌に来て、地元ではまず食べられない美味しいジンギスカンをいただく・・。

まさにドラえもんのスネ夫状態なわけですが、実際にやってみると最高すぎる・・。

そして、塩味以外のジンギスカンは、こちらの蝦夷屋さん特製のジンギスカンのタレに・・。

自家製のやみつき七味を叩き込んでいただきます。

このタレがまずやばい。本気でやばい。

さらにこのやみつき七味が配合が最強すぎて、辛すぎなくて本当にやばい。

まずは、なまら厚切りジンギスカンから。

これ・・確かに厚切りでボリュームがあるのに、ものすごく柔らかくて食べ応えがあり・・一方で羊肉っぽい臭みは一切なく、ラム特有の脂の甘みを感じられ・・。

そこにこの蝦夷屋さん特製の濃厚なタレと唐辛子が合わさり、美味しい以外の言葉が見つかりません・・。

さすが本場のジンギスカン!美味しいですね・・。

一方の塩生ラムは、店員さんからのご指導により(笑)、絶対にタレにつけずにどうぞ!とのこと。

確かに、これはタレつけない方が美味しい!タレでこの生ラムの香りが消されてしまうのは勿体無い・・ってくらい、香りが豊かなんですよね。

というか、これはマジ美味しい。北海道まで食べに来た甲斐がありました(笑)。

そして、この蝦夷屋さん・・店員の方のレベルが半端なさすぎるくらい高い。

ドリンクや食事のオーダーなど、きめ細やかにフォローしていただけるので、食べ・飲み放題とは思えないくらい充実した時間を過ごせます。

こちらは、飲み放題メニューから、コーヒーハイボール

北海道には有名な焼酎に「珈琲酎」ってのがあるんですが、その流れを汲んだやつですかね。

コーヒーの香りがするハイボール・・これ決して糖類は入っていないはずなんですが、コーヒーの香りでハイボールが甘く感じるという、めちゃくちゃ美味しいハイボールです。

というか、これは飲んでおくべきですね。

120分飲み食いしたら、あとはススキノをぶらぶらしてホテルへ。

さすがに夕方以降は涼しいので、快適ですね〜。名古屋は夕方以降も屋外は「お風呂」状態ですので、札幌に来た甲斐がありました!!って感じですね。

あ、ちなみに蝦夷屋さんは私たちがお邪魔していた際も、予約なしではお断り状態の人気店ですので・・。

必ず、予約してから訪問するようにしてください。予約は、こちらからできます。

関連ランキング:ジンギスカン | すすきの駅(市営)豊水すすきの駅すすきの駅(市電)

スポンサーリンク

朝食がいくら丼!

ということで、すでにススキノのジンギスカンだけで札幌満喫状態なわけですが・・。

今回、このビスポークホテル札幌を選択したのは、朝食にも超絶期待していたってのもう一つの理由なんです。

なにしろ、このビスポークホテル札幌は・・朝食から海鮮丼が満喫できるホテルとして超絶有名なんです(笑)。

もちろん、札幌はホテル激戦区なので、他にも朝食で海鮮丼がいただけるホテルや、温泉大浴場!など特徴を持つホテルは数多くあるとは思いますが・・。

この宿泊料金で海鮮丼が満喫できるホテルって、かなりレアではないでしょうか。

このように、小鉢で用意された「サーモン」「甘エビ」「いくら」・・・。

まずここから、海鮮丼三銃士状態です(笑)。

その他、脇を固める脇役陣も超絶渋いメンツが揃っており・・。

ベテラン役者のネギトロ様は当然のこととして、たらことびっこ魚卵勢がめちゃくちゃいい仕事をしています。

さらに、山芋とろろホッキ黄金イカ塩辛の・・いざとなったら本命になれる脇役勢も豊富で超心強い(笑)。

これ・・見ただけで、あなた好みの海鮮丼が作れる!ってのは、簡単にお分かりいただけると思います。

その他、手前からウインナーやスクランブルエッグなどの定番系。

次にエビフリッターや新じゃが素揚げ、春巻き(笑)などの揚げ物系に・・その奥はチキンスープカレー&スープカレーの具材ですね(笑)。

さらに、お味噌汁とななつぼしのご飯がありました。

ちなみに、このチキンスープカレーもかなり美味しいです。

その他、天ぷらやサラダなどがありますが・・メインは海鮮丼ですので、海鮮丼で勝負しましょう(笑)。

ということで、海鮮丼・・。

というか、いくら丼メインでいただいた結果がこちら(笑)。あ、いくらの小鉢3つくらいいただけば、かなり立派ないくら丼がいただけます。

何度見ても・・ビジネスホテルの朝食レベルじゃないんですよね・・。

いくらもめちゃくちゃ粒が大きいですし、本日のオードブル(左上鮭のフレーク)も、ホッキの黄金も、たらこもしっかりしています。

そして、本命はこちらのいくら丼

ホッキ黄金とびっこたらこ甘エビネギトロとろろなど、気になる小鉢はありますが、いくら丼だけで攻めるのもありかと(笑)。

この宿泊料金で朝からいくら丼がいただけるホテルって、札幌でもあまりないので・・。

これはおすすめですね。

ビスポークホテル札幌の朝食!!

超絶おすすめですね!!

スポンサーリンク

大通り公園を散歩

そして、朝食後ちょっとゆっくりしたら・・。

ビスポークホテルからこれまた超絶至近の距離にある、札幌大通り公園をお散歩

夏ですので日差しの下は暑いですが・・木漏れ日の下は、風も通り抜けて超絶涼しい・・。

やっぱり、夏の北海道はいいな・・来て正解だった!って感じの超贅沢なひとときでした。

7月の札幌って、とにかく花盛りというか・・。

短い夏の、まさに最盛期なんですよね。この札幌に、ほぼ自由自在にフライトできる・・陸マイラーってすごいと本当に思いました(笑)。

スポンサーリンク

ANAラウンジへ

そして、特典航空券ということもあり(笑)絶好の時間は選べないので、時間に合わせて新千歳空港へ。

このあたりが陸マイラーの限界ですが・・この限界の中でどれだけ楽しめるかを追求するのもまた面白い!って感じですかね。

そもそもほとんど無料でフライトできている時点で超絶すごいので、あとは制限を楽しめるかどうかです(笑)。

ANAラウンジを楽しんで・・。

この楽しかった札幌1泊2日旅行も終了です。

スポンサーリンク

まとめ

以上、札幌観光に立地最高!

さらに、朝食が海鮮丼ありでめちゃくちゃ充実で、2021年4月開業のスタイリッシュホテル、「ビスポークホテル札幌」の宿泊記をご紹介しました!

正直、ビスポークホテル札幌さんのこのレベルの朝食を食べようとして二条市場まで行けば2,000円〜3,000円はかかっちゃいますから、ホテルの朝食で食べられるなら、これ、かなりお得です。

そして、札幌グルメも楽しんで・・こんな旅行が楽しめるのも、陸マイラー活動のおかげなんですけどね。

ANAマイルの貯め方は、以下の関連記事をご覧ください。

年間50万マイルを貯める。陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2023年9月21日



AD