【終了】セントラル短資FXがポイントサイトで25,000円!損失目安4,000円!家族申込も可能!

※アメフリの25,000円水準は一旦終了しました。再開をお待ちください。

ポイントサイトのFX案件は、一撃で大量ポイントが手に入る陸マイラー御用達案件です。

そんなFX案件でも屈指のお得度を誇るセントラル短資FX案件が、2020年11月以来、約半年ぶりの大爆発です。

今回の大復活前・・2020年11月の爆発水準は27,000P(円)でしたが、今回の爆発もこの水準に肉薄する水準ですので、十分お得水準と言って良いでしょう

ただ、この半年間の間にちょっとした改悪が行われており(笑)、これまでポイント獲得に200万通貨の取引が必要だったんですが、2021年5月復活後は、なんと300万通貨の取引が必要になっています。

ですが・・ご安心ください。

実はセントラル短資さんは「メキシコペソ/円取引」という必殺技が使えるので、300万通貨の取引がなんとたった12回の取引で終了でき、さらに取引に必要な損失目安も約4,000円程度で済むんですよね。

セントラル短資FX案件がまだの方には、十分狙い目の水準だと思います。

この25,000円分のポイントはTOKYUルートでANAマイルに交換するとなんと最大18,750ANAマイルに交換できます。また、ウェル活なら37,500円分のTポイントですからね?

以下、早速このセントラル短資案件の攻略法をご紹介します。

スポンサーリンク

セントラル短資FX口座開設+取引で25,000円!

では早速、ポイントサイト横断案件比較検索サイト「どこ得」さんでの検索結果から見ていきましょう。

ご覧のとおり、ポイントサイト「アメフリ」さんで25,000円の最高ポイントを叩き出しています。

アメフリさんはTOKYUルートでのANAマイルへの交換も可能なポイントサイトですので、アメフリさんでこの案件をこなしても問題はありませんが・・・。

ただ、一つだけ注意点としては、この案件の過去最高水準は、冒頭記載のとおり27,000Pです。

過去最高水準には・・残念ながらちょっとだけ未達なんですよ。まだ。

ということで、半年ぶりに爆発したばかりですので、もう少しだけ高騰を待つのも・・ありかもしれませんね。

ただ、25,000Pでも十分高い水準ですし、私なんてこのセントラル短資確か12,500Pの時にこなしましたからね(笑)。それに、またまた半年間消えてしまうかもしれず、簡単にいうと将来のことは誰にも分からないので・・。

この水準であれば、口座開設しても惜しくはない水準だと思います。

この記事では、アメフリさんの案件を題材に、解説を続けます。

スポンサーリンク

案件詳細

では早速案件の詳細を見ていきましょう。「アメフリ」さんのセントラル短資案件がこちらですね。

セントラル短資案件では納得の水準と言える、25,000Pを叩き出しています。

さらに、ここから詳しくご紹介しますが、なんといってもセントラル短資はメキシコペソ/円のスプレッドが超低水準ですので、実質20,000円超の儲けは確実に狙える案件なんです。

ポイント獲得条件は超単純です。

口座開設後60日以内に新規300万通貨以上の取引完了でOKです。

これ、2020年11月までは200万通貨でしたので・・改悪してきましたね(笑)。

この300万通貨の取引は・・普通のFX案件の場合で、かつ米ドル/円での取引の場合なんと1万通貨単位で300回の取引が必要と、正直ちょっと大変なんですが・・。

この記事でご紹介する方法ならたったの12回の取引で済むので・・実は非常に簡単なんです。

同じく、ポイント却下条件がこちら。

特に難しい却下条件はありませんが、申込から60日以内に取引を完了させる必要があるのでご注意下さい。また、当然ですが既にセントラル短資FXに口座開設したことがある方は、対象外となっています。

また、同一住所不可条件が無いので、夫婦申込も可能な案件です。

ポイントサイトのFX案件では「世帯一回限り」という案件が増えてきているので、これはかなり嬉しいポイントです。ただし、上記のとおり、「同一ユーザー、同一IPアドレス」の場合は却下となっていますので、ご注意ください。

何を、どう注意すればいいのか?の具体例が下記のとおりですね。

IPアドレス重複を避ける方法
  • 申込時の通信回線を分ける
  • 例:夫:自宅WIFI 妻:携帯4G回線 or 夫、妻ともに別々の携帯4G回線 等

例えば上記のように、夫婦申し込みの場合は意図的にIPアドレスを分けるなど、まずは条件にも記載があるとおり、申込が同一IPアドレスにならないようくれぐれもご注意ください。

また、同一ユーザーと見做されないようにするためには登録するEメールのアドレスを別々にするパスワードは別々にするなどの注意が必要です。

この別IPにしたり、パスワードを分けるというちょっとの工夫により、夫婦そろってセントラル短資案件でポイントが獲得できるので、なんと夫婦合算で50,000円分のポイントがもらえてしまいます。

50,000円・・・トンでもない金額ですよね。これ、TOKYUルートでANAマイルに交換すると最大37,500ANAマイルになります。

凄すぎる・・。このFX案件だけでエコノミークラスでハワイに行けてしまう・・・。まさに強烈な破壊力ですね。

あ、ちなみにアメフリのポイントを業界最大倍率でANAマイルに交換する「TOKYUルート」については、下記関連記事をご参照ください。

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

そして、最後の注意点としては、これもFX案件のお約束ですがポイント確定まで出金をしないこと。この点にはくれぐれもご注意ください。

スポンサーリンク

おすすめの取引通貨と損失目安

では、次に実際の取引のおすすめ通貨と損失目安を解説します。

まず、このセントラル短資FXでの取引のおすすめ通貨ペアは、ズバリ「メキシコペソ/円」です。

その理由は、なんといっても取引回数が超絶少なく抑えられるから・・なんですよね!

どうして取引回数が少なくて済むのか?の解説のために・・ここで、簡単にFXの仕組みをおさらいしてみます。

FX(外国為替証拠金取引の仕組み)
  • 証拠金を預け入れることで、証拠金の最大25倍までの外国通貨の売買が可能(=レバレッジ(てこ)効果)
  • 例えば5万円の証拠金なら、5万円×25倍=125万円までの外国通貨が売買できる
  • 売買手数料は無料だが、売買の価格には単価差(スプレッド)がある

FXの仕組みが上記のとおりですね。

例えば、FX口座に5万円の証拠金を預け入れると、レバレッジ効果により最大25倍となる125万円分の外国通貨が売買できます。

ドル/円のレートが110円の場合、1万ドル分(110万円分)なら余裕で売買できる計算になりますね。

そして、FXの売買の手数料は無料ですので、外国通貨を買って即座に売却すれば基本的に手数料はかかりません。ですが、実は、この買いと売りの間には単価差(スプレッド)があり、このスプレッドがFX業者の実質的な儲け=手数料になります。

例えば米ドル/円の場合スプレッドは0.2銭(0.002円)という業者が多いです。

つまり、1ドルを110円で買って・・すぐ売ろうとしても実は109.998円でしか売れないんです。単位1万ドルで売買した場合だと、1,100,000円(110万円)で買って、即座に売ると1,099,980円になる計算になりますね。

差し引き、この取引で発生する損失は、20円ということになります。

つまり、FXではスプレッド×通貨取引量=1取引当たりの損失目安という計算になるんです。

スプレッドが0.2銭(0.002円)の場合、1万通貨の損失目安は0.002円×10,000通貨=20円になります。

FXで即時に取引した場合の損失目安は、スプレッド×通貨取引量。これ、かなり使える計算式ですので、ご存知ない方は覚えておいてください。

何故メキシコペソ/円がお得か?

メキシコペソ/円取引がお得な理由
  1. スプレッドが業界最狭水準0.2銭!
  2. 新規口座開設キャンペーンの対象!
  3. メキシコペソ/円は安い!6万円の証拠金で25万通貨の取引が可能!

さて、ここまでFXの仕組みをご理解いただいたうえで、セントラル短資FXでメキシコペソ/円での取引がお得な理由を解説していきます。

まず1点目のお得ポイントが、スプレッド(単価差)が、なんとメキシコペソ/円としては業界最狭水準である0.2銭なんですよね。

ここで思い出してください。スプレッド×取引通貨の量=実質的な手数料(損失目安)でしたよね??

取引量 スプレッド 損失目安
300万通貨 0.2銭 6,000円

このセントラル短資FX案件でポイントを獲得するために必要な300万通貨の損失目安は、上記の通りスプレッド0.2銭なら6,000円(300万×0.002円)になります。

そして実は、セントラル短資FXでの米ドル/円のスプレッドはなんと0.1銭なので、本当は米ドル円の方が損失目安は少ない(0.1銭×300万=3,000円)なんですが・・。

このスプレッド差を一気に帳消しにするのがこちら。

セントラル短資FXの新規口座開設キャンペーンなんです。

キャッシュバック額がこちらですね。

ポイント獲得条件である300万通貨の取引を行うことで、2,000円のキャッシュバックがもらえます。

これにより、損失目安は300万通貨の取引で一旦▲6,000円となりますが、その後キャッシュバックで2,000円が戻ってきますので、▲4,000円まで縮小することができるんです。

そして、ここが最大のポイントですが・・・新規入会キャッシュバックキャンペーンの対象となる通貨ペアがこちらです。

赤枠のとおりメキシコペソ/円は含まれていますが、ドル/円は含まれていません

このキャンペーンの利用により、300万通貨の取引での損失目安は、メキシコペソ/円の場合前述のとおり▲4,000円(▲6,000円+キャンペーン2,000円)、米ドル/円の場合▲3,000円となります

なお、このキャッシュバックをもらうためには特にエントリー等は必要ありませんが、口座開設の翌月末までの取引が必要なこと、またキャッシュバックをもらうまで出金しないことにご注意ください。

メキシコペソ/円の方が取引が簡単

ということで、ここまで解説した通り実は損失目安は米ドル/円が▲3,000円、メキシコペソ/円が▲4,000円ですので、実は米ドル/円の方が少ないのですが・・。

もう一つ、メキシコペソ/円をおすすめする重要なポイントがあるんです。

それが、メキシコペソ/円の300万通貨の取引達成までの取引回数をかなり減らすことができることです。

何しろメキシコペソ/円は、1メキシコペソ=約5.45円程度(2021年5月現在)と米ドルに比べて滅茶苦茶安い通貨です。このため、レバレッジ効果(最大25倍)を利用すると大量のメキシコペソを一気に取引することができるんです。

例えば、6万円の証拠金で購入できる通貨は150万円分ですが・・米ドルなら1万通貨(約110万円)しか買えませんが、メキシコペソなら25万通貨(約136万円)分買えます

5.45メキシコペソ/円×250,000通貨=1,362,500円ですからね?

このセントラル短資案件の300万通貨取引条件をクリアするために60,000円の証拠金を入金した場合・・・米ドル/円なら1回1万通貨しか取引できないので・・・。

なんと300回の取引が必要になります。300回・・苦行か!って感じです。

一方、メキシコペソ/円なら1回25万通貨を一気に取引できるので、なんとたった12回の取引で300万通貨の取引をこなすことができるんです。

通貨ペア 取引回数 損失目安
米ドル/円 300回 3,000円
メキシコペソ/円 12回 4,000円

6万円の証拠金での取引回数と損失目安を比較したものがこちらですね。

メキシコペソ/円の取引の方が損失目安は若干多いのですが、取引回数が何しろたったの12回、米ドル/円の25分の1回ですむので、このセントラル短資案件が死ぬほど攻略しやすくなることがお分かりいただけるかと思います。

なお、ここまで読んでFXについてもうちょっと深く知りたい・・という方は、以下の関連記事をご覧ください。

FX案件でポイントを貯める。具体的な方法を完全解説

スポンサーリンク

セントラル短資FX案件の攻略方法

では、続いてセントラル短資案件でポイント獲得条件をクリアする取引方法を簡単にご紹介しておきます。

まず、セントラル短資FX案件でのポイント獲得条件は、取引ツール「FXダイレクト+(プラス)」の利用に限られています。

口座開設後、PCサイトでログインした場合「取引ツール」として上記の2つが表示されますが、下段の「セントラルミラートレーダー」ではなく、上段の「FXダイレクトプラス」の「ログイン」ボタンを押下し、取引してください

次に、証拠金の入金です。

まず、ポイントサイトでのポイント獲得条件には、一定額以上の入金という条件はありませんので、入金金額は自由です。

ただし、取引通貨は上記で力説した通りメキシコペソ/円、一回あたりの取引数量は25万通貨を狙っていきたいところですので・・証拠金は6万円の入金がおすすめです。

FXはレバレッジ(てこ)効果により、入金した金額の25倍の取引が可能です。

つまり、6万円×25倍=1,500,000円(150万円)分の外貨取引が可能になる、ってことですね。

メキシコペソ25万通貨の取引に必要な取引金額は5.45円×25万通貨=1,362,500円ですので、5万円では125万円の取引しかできないので、25万ペソ作戦の場合、証拠金が不足します。

まあ、5万円入金で20万ペソ取引×15回も・・ありですけどね。(5万円入金で125万円取引可能。20万ペソは約110万円。)

ただ、できるだけ取引を少なくするためにわざわざメキシコペソ/円を選択しているので(笑)、この記事では60,000円の入金をおすすめします。

実際の取引方法

では、実際の取引方法についても簡単にご紹介しておきます。こちらが実際のPC版「FXダイレクトプラス」の取引画面です。

画面に見える情報量が多いので戸惑いますが、あわてないでください

画面中央下「新規注文」タブに必要情報を入力しつつ、下記の手順で取引すれば簡単に25万通貨の取引は完了します。

FXダイレクトの取引手順
  1. 取引通貨で「MXN/JPY」を選択(メキシコペソ/円)
  2. 注文数量に「250」を入力(1=1,000通貨のため、250=25万通貨)
  3. 「売」もしくは「買」を選択(赤色に変化)
  4. 「注文する」で注文 → 新規注文(確認画面を省略しますにチェックをしておくとよりスムーズ)
  5. 即座に「一括決済」ボタンで決済 → 決済注文

たったのこれだけです。これだけの作業で、メキシコペソ/円の25万通貨の取引が完了です。

冒頭にもご紹介した通り、メキシコペソ/円のスプレッドは0.2銭ですので、瞬時に取引を行えば損失は500円(25万通貨×0.002円)程度に収まります。

実際にやってみるとすぐに分かると思いますが、このメキシコペソ/円あまり為替相場の変動が大きくありません

このため、ほぼこの500円の損失目安の範囲に収まると思います。

後は③~⑤を残りの11回繰り返せばOKです。(上記最初の1回を含めると、全12回)

これが米ドル/円だとなんと300回も取引が必要なんですが、メキシコペソ/円なら一回で25万通貨の取引が可能なのでたった12回で済むのはめちゃ楽々だと思います。

スポンサーリンク

セントラル短資FXの魅力

では次に、このセントラル短資FXを「使ってみたから分かった」メリットを、簡単にご紹介します。

まずはなんといってもメリットとして大きいのがこちら。充実のお客さまサービスです。

FX取引の肝となるのはなんといっても「取引手数料(スプレッド)」ですが、ここまでご紹介した通り、ドル/円の場合業界最小水準の0.1銭ですからね。

また、メキシコペソ/円も業界最安となる0.2銭ですから、かなり業界最安スプレッドを意識してくれているFXサイトです。

このため、使い続けることで、そのメリットが十分感じられるFXサイトだと思います。

次のメリットがこちら。FX業界最高水準の取引システムです。

これは、このライフメディア案件で一度利用してみればすぐにお分かりになると思います。

ダイレクトプラスの取引システムは非常に使いやすいシステムです。こういった取引システムの利便性が体感できるのも、ポイントサイトのFX案件の良いところですね。

最後のメリットがこちらです。万一に備えた全額信託保全「セキュリティートラスト」。預け入れした証拠金は、三井住友銀行に全額信託保全されているので安心ですね。

このように、かなりおススメのセントラル短資FX。

是非試してみて、気に入ったら継続して利用してみてください!

スポンサーリンク

FX案件は「期間限定」。申し込みはお早めに

いかがでしたでしょうか?

2020年11月以来、約半年ぶりに過去最大に迫る25,000ポイントまで爆発したセントラル短資FX案件をご紹介しました。

ただ、冒頭の繰り返しにはなりますが、この案件の過去最高水準は27,000Pです。このため、27,000Pまでもう少し爆発を待っても・・良いかもしれませんね。

一方で、このセントラル短資はポイントサイト業界でも有名な「神出鬼没案件」ですし、すぐに水準が下がる可能性もありますので・・まあ、簡単に言えば未来のことは誰にも分からないってことです(笑)。

25,000円という水準は、約半年ぶりの十分なお得水準だと思いますので、気になる方は是非挑戦してみてください!!

アメフリさんのセントラル短資FX案件は、こちらからご利用をどうぞ。

また、アメフリへの登録がまだの方は、下記のバナーから登録ができます。登録完了後、検索窓から「セントラル短資」で検索してみてください。

話題のポイ活はじめてみませんか?登録無料!スキマ時間でどんどんポイント貯まります!

TOKYUルートでANAマイルを貯める方法、交換スケジュールまとめ【交換率75%】

FX案件の陸マイラー的相場情報まとめ【2021年最新】お得な口座開設のタイミングと難易度を解説

貯めたマイルでハワイに無料で行ける!陸マイラーのはじめ方はこちらから

私は普段の生活にちょっとの工夫をするだけで、年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

【ANAマイルの貯め方】年間50万マイル!陸マイラーがマイルの貯め方を徹底解説

2019年3月15日

当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券を発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

ANAマイルの貯め方・使い方などマイルに関する記事まとめ

2018年4月22日



AD